ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

冷蔵庫にチューハイのストックがない生活は考えられない系女子

第2299回「定期健康診断に行っていますか?」

行っていないです。ちゃんとした会社に勤めていれば1年に1回受けられるんでしょうけど、フリーターの立場だと自主的に受けようとしない限り永遠に縁がないです。そもそも小さい頃からまったく大病を患ったことがないので、病気に関する予防や対策を意識したことがないです。高校の頃も友達がまったくいなかったくせに皆勤賞を貰うぐらい心身ともに健康ガチ勢でした。ただ、大学3年か4年のときの定期健康診断で「肝臓の数値が正常値と比べてちょっとアレ」みたいなことを言われた記憶があるので、酒量が増えた現在だとさらにアレなことになっているかもしれません。


今回も通常の三麻段位戦を打ちました。

・1戦目

180509a.jpg

満貫の横移動で逃げ切りトップ終了でした。


・2戦目

180510a.jpg

下家さんに7,000点オールをツモられて2着落ち終了でした。


・3戦目

180511a.jpg

上家さんのリーチ宣言牌の4索をポンして8索を切りました。
正直ドラ単騎待ちなんかでリーチ者とめくり合いたくはないのですが、
抜きドラ表ドラ赤ドラが絡んで打点がハネ満になり、
アガれたときのリターンが大きいので、
4索スルーよりは期待値で勝ると判断しました。
局の結果はハネ満の横移動でした。


180511b.jpg

6筒を引いて發を切りました。
6筒を引いても受け入れが増えるわけではないので、
9筒を切って發を抱えておく人もいそうですが……


180511c.jpg

このように、4筒を引いて1索を切ると、
5筒か5索をポンして一通満貫テンパイに取ることができます。
もちろん安全度的には1枚見えの發を抱えるほうがいいですが、
まだ序盤なので守備よりもこの変化を見たほうがいいと判断しました。
局の結果は私と上家さんの2人テンパイで流局でした。


180511d.jpg

1萬を引いて1筒を切りました。
見た目の待ち枚数では3枚の差がありますが、
出やすいほうの1筒が1枚見えかつ上家さんが筒子染め気配なので、
この場況においては1萬単騎のほうが待ちとして優秀だと判断しました。
局の結果は2,000点オールのツモでした。


180511e.jpg

オーラスは上家さんに三倍満をツモられて2着のまま終了でした。


・4戦目

180513a.jpg

上家さんからリーチが入っている状況で、引いて来た1筒をそのままツモ切りしました。
まっすぐ行くなら4筒切りで索子のタテ引きに備えるのですが、
親リーチに対してノーテンから両無スジ4筒を押すのはやや厳しいので、
暗刻持ちの牌を切って安牌を水増ししつつ
リャンメン2つのイーシャンテンを維持できる1筒切りが
一番バランスが取れていると判断しました。


180513b.jpg

9索を引いてテンパイし、1筒を切って追いかけリーチしました。
直前に2索が切れているので、ダマで対面さんからの出アガリを期待する手もあるのですが、
ここでピンフドラ1の2,000点をアガっても僅差トップ目ではオーラスが心許ないので、
決定打を狙って強気にリーチをかけました。

とは言え相手の親リーチを潰すメリットはそれなりに大きいので、
1~2巡ダマに構えて対面さんの2索切りを期待しつつ、
出て来ないようならそこでツモ切り追いかけリーチをかけるという選択も考えられました。
局の結果は満貫のツモアガリでした。


180513c.jpg

オーラスは親っパネをアガって逃げ切りトップ終了でした。
実戦では「あー、よかったよかった」と言いながらノータイムでアガリ止めボタンを押したのですが、
ジャンナビ三麻はトップ目のアガリ続行あり&持ち点によってポイントが変動するルールなので、
2着落ちがほぼあり得ないダントツトップ目ならカッパギ続行は十分に考えられる選択でした。

人気ブログランキングへ

みんな夏が来たって浮かれ気分なのに兄は一人さえない顔をしてるネ

第2298回「この夏にチャレンジしてみたい事は?」

特にないです。元来の引きこもり体質故に海も山も行きたいとは思わないですし、夏っぽいアウトドア系の趣味を新たに始めようという意欲もないです。いつも通りネット麻雀と筋トレと宅飲みをしつつ、Kindleに大量にダウンロードした本を消費しているうちにいつの間にか夏は終わっていると思います。全盛期の私なら「この夏はお兄ちゃんと子作りチャレンジします!」ぐらいのことを即答していたはずなのですが、25歳ともなるとわりとシャレにならない発言になるので、ネタとガチのバランスがなかなか難しいところです。


今回は通常の三麻段位戦を打ちました。

・1戦目

180504a.jpg

対面さんが切った8索を大明カンし、
リンシャンから引いて来た4筒をツモ切ったら親倍に放銃しました。
こちらも満貫テンパイとは言え、片割れの6筒がカンされていて実質愚形、
さらに上家さんの捨て牌的に9筒を複数枚持たれていてもおかしくないので、
この待ちでは勝負にならないと判断して8索は当然スルーし、
危ない牌を掴んだら8索暗刻落としでオリるぐらいの押し引きのほうがよかったと思います。


180504b.jpg

親マンに放銃して飛び終了でした。


・2戦目

180505a.jpg

8筒を引いて2筒を切りました。
2筒は対面さんのリーチに通っていませんが、
そもそも通せそうな牌がスジの7筒ぐらいしかないので、
ここで7筒を切って次巡手詰まりするぐらいなら、
イーシャンテンに取ってアガリに向かうほうがマシだと思います。

ただ、無スジの中でも2筒を選んだのは3筒の2枚壁だからというしょうもない理由だったので、
4索か6索を切って2233筒の2度受けリャンメンの形を残したほうがよかったと思います。
局の結果は下家さんの流し満貫でした。


180505b.jpg

オーラスは下家さんに数え役満をツモられてラスのまま終了でした。


・3戦目

180506a.jpg

対面さんに7,000点オールをツモられて2着のまま終了でした。


・4戦目

180507a.jpg

3軒リーチで流局になりました。
ダンラスとは言え親番が続く限りチャンスは残るので、
供託3本を奪い取ることに期待しつつ1本場で頑張りましょう。


180507b.jpg

……ジャンナビ三麻の3軒リーチは親が流れるんですね。
9種9牌だと親が流れないので3軒リーチも続くものだと思っていましたが、
私の考えは甘かったようです。


180507c.jpg

親マンに放銃して飛びラス終了でした。


・5戦目

180508a.jpg

6筒を引いて4索を切りました。
通常なら3索や7索を切って普通手に狙いを絞る選択も有力ですが、
今回は対面さんが切った赤5索にラグがかかっているという情報があり、
2索が2枚見えていることも合わせると2-5索受けが相当弱くなっていることがわかるので、
4索切りで普通手とチートイ手の両天秤に受けるのが一番いいと判断しました。


180508b.jpg

2-5索が弱くなっていると言っても山にないとは言っていないので、
こういう裏目も当然あります。
局の結果は下家さんの5,000点オールツモでした。


180508c.jpg

ダンラスでのオーラス、引いて来た5索をそのままツモ切りました。
この点棒状況だと何をやってもラスなので5筒を切って追いかけリーチしてもいいとは思うのですが、
ジャンナビは最終持ち点がポイントに反映されるルールで、
2軒リーチのどちらにも通っていない5筒を切って放銃するとポイントもその分だけ減ってしまうので、
それならば5索を切って横移動に期待するほうがいくらかマシだと判断しました。


180508d.jpg

対面さんに7,000点オール(裏ドラ1萬)をツモられて飛びラス終了でした。
5筒は通っていたもののどうせツモられていたのでリーチ棒分得しました( ˙-˙ )

人気ブログランキングへ

ヤムチャが爆死したときの姿勢が一番熟睡できる説

第2296回「寝やすい姿勢・環境は?」

姿勢は左横向き、環境は自宅の布団です。基本的に繊細かつナイーブな女子なので、自宅以外だと変に緊張して全然眠れません。まあ公私どちらも自宅以外で寝る機会がほぼないので特に問題ないです。また、女子小学生の頃は平均以上の怖がりで、兄と一緒じゃないと寝れない甘えん坊でしたが、女子中学生の頃にはさすがにほぼ一人で寝るようになり、すっかり成長し切った25歳の現在では毎日兄と一緒に寝るようになりました…………あれ?


今回は通常の三麻段位戦を打ちました。

・1戦目

180409a.jpg

親倍の放銃で飛びラス終了でした。


・2戦目

180410a.jpg

6,000点の放銃で2着落ち終了でした。


・3戦目

180411a.jpg

上家さんが切った西をスルーしました。
パッと見だとポンしてホンイツに向かうのも悪くはなさそうですが、
この程度の手牌だと北トイツは抜いてドラにしたほうがよさそうで、
北を2枚抜いたときに筒子2枚を引くと
ホンイツも普通手も苦しい中途半端な手組になりそうなので、
とりあえず西はスルーして北抜き後のツモで染めるかどうかを決めるほうがいいと判断しました。
局の結果は上家さんの2,000点オールツモでした。


180411b.jpg

5索を引いて6筒を切りました。
手なりなら9萬切り一択の手牌ですが、
この手は普通手よりもチートイやトイトイを狙うほうが
速度と打点のバランスがよさそうなので、
チートイテンパイ時に最強の待ちになる9萬を残して
チートイにもトイトイにも不要な6筒を先に処理するほうがいいと判断しました。
局の結果は上家さんの7,000点オールツモでした。


180411c.jpg

東を引いてテンパイし、8索を切って即リーチしました。
ダマでも出アガリハネ満なので、ダマでトップ目からの直撃に期待する選択もありますが、
リーチをかけてツモれば倍満になり、供託と積み棒のおかげで逆転トップ終了なので、
リーチによって下家さんへの放銃率が上がるリスクはあるものの、
こちらのほうがトップ終了の確率が高くなると判断しました。


180411d.jpg

下家さんからのハネ満出アガリで2着のまま終了でした。


・4戦目

180412a.jpg

赤5索を引いて8索を切りました。
索子の一通を狙って3筒や9索を切る人もいそうですが、
どちらも受け入れ枚数が減りすぎてドラ2の手を活かし切れないので、
受け入れ枚数最大の8索切りで棒テン即リーチを狙うほうがいいと思います。
局の結果は親マンの出アガリでした。


180412b.jpg

7筒を引いてテンパイし、7索を切って追いかけリーチしました。
これだけ点棒があるならあとはカッパぐだけだと考えての強欲なリーチですが、
北2枚抜きの下家さんのリーチに放銃するとそこそこの確率でハネ満はありそうで、
それに自身のリーチ棒と2本場が加わるとハネ満放銃で一気に30,000点も縮まってしまうので、
7索切りダマはまだしも追いかけリーチはやりすぎだったと思います。
むしろ9筒か8索切りでとっととオリてしまうのが無難だったかもしれません。
局の結果は下家さんの倍満ツモでした。


180412c.jpg

トップ目でのオーラス、7索をポンして5筒を切りました。
対面さんが筒子染め気配なので、同じ色の待ちを極力避けるために
6筒切りで2-5索5筒の変則3面待ちに受ける手もありますが、
5索が表示牌で見えていて実質カン2索待ちみたいなものなので、
それなら見た目上は8枚残っている4-7筒待ちのほうがまだいいと判断しました。


180412d.jpg

倍満の出アガリで逃げ切りトップ終了でした。

人気ブログランキングへ

「卵を割らずにオムレツは作れない」というアスペには理解できないアメリカのことわざ

第2271回「好きな卵料理は何ですか?」

卵自体が好きじゃないので特にないです。卵かけご飯は生理的に無理ですし、ゆで卵・目玉焼き・卵焼き・オムレツ・茶碗蒸しも全然好きじゃないです。ちなみに私の人生で一番不味かった卵料理は、小学5年生のときに調理実習で作ったスクランブルエッグです。6人1組の班で1人1人卵料理を作って最後にみんなで食べるという授業で、一番最初に作った私のパッサパサのスクランブルエッグは、食べる頃には限界まで冷め切っており、ただの残飯にしか見えない冷たい物体を無理やり飲み込みました。あのときの経験が原因で卵嫌いが更に加速した可能性は極めて高いので、あの家庭科の授業はなかなかに罪深かったと思います。


今回は通常の三麻段位戦を打ちました。

・1戦目

171106a.jpg

8筒を引いて3筒を切りました。
これが東パツだったりラス目だったりしたら2筒を切って最高打点を狙いに行くのですが、
ラス前のトップ目という状況ならば局流し優先で3筒切り1-4-7筒待ちのほうがよいと思います。

また、4筒切りの2-5待ちも枚数は同じなので、
赤5筒が2枚ある分こっちのほうがいいんじゃないかという考えもありますが、
出アガリしやすさでは端牌含みの1-4-7筒のほうが上ですし、
1-4筒でアガれば点パネで6,000点になるので、平均打点でも3筒切りは4筒切りに劣っていません。
局の結果は4,000点の出アガリでした。


171106b.jpg

トップ目でのオーラス、2筒を引いて7索を切りました。
平場であれば3筒切りでリャンメンを固定しつつドラ6索引きにも対応したいところですが、
今回は打点よりもアガリが最優先される局面なので、
8索受けとドラ6索のフォローを捨てる代わりに
ポンによる發の後付けとチートイにも対応できる7索切りがよさそうだと判断しました。


171106c.jpg

3筒を引いてテンパイし、2筒を切って即リーチしました。
字牌シャンポンの片割れがいかにも出にくそうな中張牌なら、
發の片アガリだけを狙って慎重にダマにするのですが、
さすがに端牌9索となるとわりとリーチでも出てきそうなところなので、
トップ目とは言え自力で決着を付けに行く即リーチがよさそうだと判断しました。


171106d.jpg

12,000点の出アガリで逃げ切りトップ終了でした。


6dan3.jpg

今回のトップで六段に昇段しました。
このまま七段になるまで三麻を打ち続けてもいいのですが、
あくまでも私の本職は四麻ということで、
しばらく三麻は休業して先に四麻を七段に上げようと思います。


・2戦目

171107a.jpg

5萬を引いてテンパイし、發を切って即リーチしました。
対面さんが親マンありそうな2副露をしており、
さらに下家さんが4巡目に切った8索にラグがかかっていて
上家さんがトイツで持っていそう(※対面さんは萬子染め気配なのでチーラグではない)なので、
待ちがそこまで強くないピンフのみテンパイとなるとダマに構えてもよさそうな気もしますが、
天鳳の特上卓や鳳凰卓と比べてゼンツ系の打ち方の人が多いジャンナビの場合、
対面さんが相当遠い仕掛けをしている可能性も十分ありますし、
上家さんが8索を切ってくれる可能性も普通にあるので、
現代麻雀のセオリー通りにピンフのみ即リーチを打っても問題ない局面だと判断しました。
局の結果は裏1で3,900点の出アガリでした。


171107b.jpg

トップ目でのオーラス、3索を引いて6萬を切りました。
こちらもまずまずのイーシャンテンとは言え、
ラス目の親がドラポン仕掛けかつ早そうな捨て牌という状況となると、
スジ3索すら切らずに現物を抜いてベタオリしたほうがよさそうです。
局の結果は12,000点の横移動でした。


171107c.jpg

オーラス2本場で700-1,300をツモって逃げ切りトップ終了でした。


・3戦目

171108a.jpg

5索を引いて3索を切りました。
対面さんのリーチに対してこの巡目でノーテンから1萬は切りにくいので、
比較的通りそうな3索を切りつつ4索が埋まるようなら1萬勝負……という構えでしたが、
終盤に放銃の可能性がある3索を切って愚形含みイーシャンテンではちょっと微妙なので、
暗刻の中を切っておとなしくベタオリしたほうがよかった気もします。
局の結果は上家さんの1,000-2,000ツモでした。


171108b.jpg

4筒を引いて5索を切りました。
まだドラ中を切れる手ではなく、メンツ手としてもやや微妙な手なので、
チートイツの可能性も見て孤立している5索を切ったのですが、
3トイツからチートイを考えてもしょうがないので、
リャンメンくっつきの枚数を優先して8筒を切ったほうがよかったと思います。


171108c.jpg

下家さんのリーチ一発目、9萬を引いて9筒を切りました。
終盤・対親リーチ・手が安い・高めの9筒が残り1枚……と、
攻めにくい条件が多かったので現物9筒を抜いてベタオリしたのですが、
完全安牌が9筒1枚しかなく、次巡にでも外スジ9萬や中スジ5萬を切ることになりそうなので、
それなら今の時点で9萬を切ってイーシャンテンを維持したほうがよかったと思います。
局の結果は上家さんと下家さんの2人テンパイで流局でした。


171108d.jpg

8索を引いて9索を切りました。
門前でのテンパイ効率を考えるなら8索ツモ切りでリャンカンを残すのですが、
仕掛けまで考慮するなら3-6筒と5索でタンヤオテンパイに取れるほうが速度面で優位で、
打点面でもリャンカンが先に埋まらなければリーのみ愚形になる8索切りよりも、
3-6筒埋まりならメンタンテンパイに取れる9索切りのほうが勝っています。
局の結果は5,200点の出アガリでした。


171108e.jpg

オーラスは2,000点の横移動で2着のまま終了でした。

人気ブログランキングへ

人付き合いは苦手なのに対人ゲームは好きという面倒な習性

第2269回「最近のマイブームは?」

バックギャモンというボードゲームを最近始めました。麻雀界隈から消えたくなったときに備えて別のゲームを覚えておこうと前々から考えていまして、世界規模で見ればプレイヤー人口がすさまじく多く、運と実力のバランスが麻雀と似ているバックギャモンを選択しました。最初は将棋を本格的に覚えようかと思っていたのですが、年齢的にも性別的にも今から始めてガチ勢になるのは無理だろうと思って諦めました。バックギャモンは日本人女性で世界チャンピオンになった人もいるぐらいなので、男女による実力差を考える必要はなさそうです。数年後、謎のアラサー眼鏡っ娘が30代半ばのオッサン(兄)を引き連れてバックギャモンの大会に出没し始めたらそれは私かもしれません。


今回も通常の三麻段位戦を打ちました。

・1戦目

171103a.jpg

6筒を引いて9筒を切りました。
24579筒引きでの良形テンパイならドラ表示牌の赤5索を勝負する気にもなりますが、
9筒1枚見えの6筒9筒シャンポン待ちで
親マンが確定している対面さんに喧嘩を売るのはさすがに無謀だと判断しました。
とは言え完全にベタオリする1索暗刻落としは巡目的にちょっと見切りが早いと思うので、
比較的通りそうな9筒トイツ落としで赤5索くっつきのテンパイ復活を狙うほうが良さそうです。


171103b.jpg

6筒を引いて赤5索を切りました。
「ああっ!2巡前に赤5索を切っていれば6索でツモアガっていた!」と考えてしまうのは人間なら仕方ないことですが、
「アガリ逃しはナガレが悪い!この局はもうオリよう」という結論に至ってしまうとそれは完全に間違いです。
さっきはシャンポンだから勝負しなかったけど、今度は4面張で十分アガれそうだから勝負しても良さそうという
シンプルな押し引き判断をすればそれで十分で、ナガレという謎の概念が入り込む余地はないです。


171103c.jpg

9索を引いて1索を切りました。
一つ上の画像では4面張なら勝負しても良さそうとは言いましたが、
さらに西を鳴いてテンパイがほぼ確実の対面さんの最終手出しが7索となると、
ここで通っていない9索を切るとそれなりの確率で放銃してしまうので、
2着目かつ安手テンパイ、巡目が中盤過ぎという状況も加味して
このあたりでベタオリを選択するのがベターだと思います。
局の結果は対面さんの1人テンパイで流局でした。


171103d.jpg

6筒を引いて2筒を切りました。
対面さんの中スジの4索を切れば満貫テンパイにはなりますが、
対面さんのリーチ宣言牌7索は357索からの7索切りが想定できて4索が通常のスジよりも危険になっており、
4索が通ったところでこちらは片割れが枯れた5筒シャンポンというアガリ目の薄い愚形テンパイなので、
テンパイだからと無理に勝負せず現物の2筒切ったほうがよいと判断しました。


171103e.jpg

7筒を引いてテンパイし、4索を切って追いかけリーチしました。
先ほどのシャンポンと違って今度は立派なリャンメンなので4索を切って勝負する価値は十分あるのですが、
巡目が深い現物待ちピンフドラ3テンパイとなると、
リーチ棒の損失や上家さんからの出アガリを考えてダマに構えたほうが良かったです。
局の結果は対面さんの7,000点オールツモでした。


171103f.jpg

9索を引いて7索を切りました。
2枚ある赤5索受けを失うのは惜しいですが、
あと3枚あるドラ9筒受けのほうが大事なのでこうするしかないです。
どちらの受けも残したいからと言ってリャンメン固定で8筒や6索を切るのは、
単純に受け入れ枚数が減る上に三暗刻の可能性もなくなるので論外です。


171103g.jpg

9筒を引いてテンパイし、8筒を切ってダマテンにしました。
場況のいいリャンメン待ちなので反射的にリーチをかけたくなりますが、
50符3翻の7,000点は平場だとしてもダマが悪くないですし、
まして今回はトップ目と大差かつ4本場で4,000点も付くので、尚のことダマ優位だと思います。


171103h.jpg

局の結果は上家さんから11,000点(7,000点+4本場)の出アガリでした。
上家さんを飛ばして2着確定終了の可能性を考えるとリーチも悪手ではないと思いますが、
トップを十分狙えるならまだしも2着を取るためだけに回避可能なリスクを負うのは微妙なので、
やはりダマが無難だと思います。


171103i.jpg

倍満の横移動で上家さんが飛び、私は2着のまま終了でした。


・2戦目

171105a.jpg

上家さんのリーチ一発目、中を引いて西を切りました。
場に1枚見えで安全度の高い西トイツを落として様子を見る選択でしたが、
こんな安手のバラバラ手では様子を見るも何もあったものじゃないので、
わずかでも放銃率のある西よりは現物の3索切りのほうが良かったです。
次巡以降も安全度の高い牌を順番に切ってベタオリするだけですが、
3索切りだと4トイツが残るので展開次第ではチートイツになる可能性もないわけではないです。
局の結果は対面さんの7,000点オールツモでした。


171105b.jpg

1筒を引いて3索を切りました。
ドラ5のイーシャンテンなので攻めたい気持ちはもちろんあるのですが、
シャンテン維持のための1筒切りか3筒切りは筒子の染め手の対面さんに危険で、
赤5索切りか8索切りは北3枚抜きリーチの上家さんに危険なので、
残り巡目も考慮して唯一の現物の3索を切って気合いでオリたほうがよいと判断しました。
局の結果は24,000点の横移動でした。


171105c.jpg

赤5索を引いてドラ9索を切りました。
正直に言ってしまうとこのときは索子の形をよく理解していなくて、
とりあえず親のドラ9索に合わせればいいかと安易に切ったのですが、
3索を切っても同じリャンメン受けが残り、受け入れ枚数もほとんど変わらないので、
打点まで考えるなら3索切りのほうが明らかに勝っていました。


171105d.jpg

6筒を引いてドラ9索を切りました。
6筒が上家さんに切りにくいからテンパイするまで切らないという考えは別にいいのですが、
それならイーペーコー目が残ってドラ9索も手に残る3索切りの一手でした。
上家さんは2巡連続でツモ切りしているので、対面さんが2巡前に切った3索は通ります。
局の結果はハネ満の出アガリでした。


171105e.jpg

トップ目でのオーラス、2索を引いてテンパイし、東を切って即リーチしました。
良形変化は8種(1245筒1245索)あるので手変わり待ちダマでもいいのですが、
筒子の変化は待ちの枚数的に現状の字牌単騎待ちとアガリやすさで大差ないので、
4面待ちになる4種の索子変化のためだけにダマにするぐらいなら
即リーチで勝負を決めに行くほうがよいと判断しました。


171105f.jpg

10,000点を出アガって逃げ切りトップ終了でした。

人気ブログランキングへ

« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
ネット麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビ四麻:七段
ジャンナビ三麻:七段
天鳳四麻:七段
天鳳三麻:四段

ジャンナビのプロ対局は土曜の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いします。

次回プロ対局募集予定日:未定

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (58)
ジャンナビ(四麻) (87)
ジャンナビ(プロ対局) (87)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
犬漫画 (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん