ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

ストレートな恋愛漫画や青春漫画を読むと吐き気をもよおす系女子

第2287回「今までで一番高かった買い物は何ですか?」

以前似たような質問に回答した気がすると思って調べてみたら、1年以上前の記事にありました。前回の記事を書いてから約1年間で、10,000円を超える買い物ですらamazonで買ったちょっと高めのKindle(18,000円ぐらい)の1回だけなので、今までで一番高かった買い物は前回の記事と同じく50,000円のノートパソコンのまま変わらずです。ちなみに新しく買ったKindleに今入っている漫画は、『ザ・シェフ』『喰いしん坊!』『大市民』『牌賊!オカルティ』『鉄火場のシン』と、見事にオッサン向け漫画まみれで女子力低めな内容になっているので、今後はもう少し女子向けっぽい漫画も入れて行きたいと思っています。ボーイズラブ系とか。


今回は通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

180302a.jpg

3索を引いてテンパイし、6索を切って即リーチしました。
リーのみ愚形かつ一手変わり三色で、
上家さんが高そうな仕掛けをしていることも含めると、
慎重にダマに構えたい気持ちはかなり強いのですが、
対面さんが回線切れでオールツモ切り状態になっている以上、
手変わりの少ない役なしテンパイはすべて即リーチしたほうがいいと思います。
局の結果は上家さんの満貫ツモでした。


180302b.jpg

7萬を引いて9萬を切りました。
東のポンテンに備えつつあわよくば赤5萬を使い切ろうとする選択ですが、
2筒が2枚見えかつ上家さんが筒子染め気配の状況を考えると、
この段階で3筒→1筒と落として萬子の染め手に向かうほうがよかったと思います。


180302c.jpg

最期のツモで引いて来た4筒をそのままツモ切りました。
4筒は上家さんの仕掛けにかなりヤバい牌ですが、
これさえ通ればもうツモ番はなくてテンパイ料を確実にもらえますし、
回線切れの対面さんがハイテイでアタリ牌を切る可能性も十分あるので、
刺さったときのダメージよりも通ったときのリターンのほうが大きいと判断しました。
局の結果は上家さんと私の2人テンパイで流局でした。


180302d.jpg

3索をチーして9索を切りました。
門前でカン8索テンパイになるよりは鳴いて完全イーシャンテンにしたほうがいいと考えたのですが、
門前で萬子が埋まってのテンパイなら9索切りでテンパイを崩せばいいですし、
ここでクイタン赤1をアガっても着順は2着のままでオーラスのトップ条件はあまり変わらないので、
3索はスルーして門前で良形リーチを狙ってもよかった気がします。
局の結果は500-1,000のツモアガリでした。


180302e.jpg

オーラスは2,000点を出アガリして逆転トップ終了でした。


・2戦目

180303a.jpg

1巡目、3索をチーして1筒を切りました。
バラバラの手で1,000点がほぼ確定する仕掛けを
1巡目から入れるのは頭がおかしいと思う人もいそうですが、
こんな手を門前でチンタラ進めても大体ろくな結果にならないので、
急所のカンチャンが出た以上は巡目に関係なく鳴いたほうがいいと判断しました。
ただ、鳴いた後に切るのは1筒ではなくドラ1萬のほうがよかったです。
局の結果は1,000点の出アガリでした。


180303b.jpg

3着目でのオーラス、1索をチーして2索を切りました。
リャンシャンテンがイーシャンテンになるので致命的な悪手というわけではないのですが、
鳴く前の索子の形は22344で、1メンツ1雀頭を作るには申し分のない形なので、
仕掛けは急所からという基本を考えると
索子はスルーしてツモによる変化を見たほうがよかったかもしれません。


180303c.jpg

下家さんに一発で6,000点オールをツモられて3着のまま終了でした。


・3戦目

180304a.jpg

2筒を引いて2萬を切りました。
リャンペーコーまで見えるなら筒子の中ぶくれ形を残したほうがいいと思っての選択ですが、
局面は中盤に入りつつあり他家の仕掛けも入っていて手作りの余裕はあまりなさそうなので、
7索8索でポンテンを取れるように手なりで7筒を切ったほうがよかったかもしれません。
局の結果は下家さんの6,000点オールツモでした。


180304b.jpg

オーラスは満貫の横移動で3着のまま終了でした。

人気ブログランキングへ

私が幼女だった頃に某料理漫画で『マロンケーキの牛肉包み焼き』を初めて見たときの衝撃

第2285回「食べてみたいものは何ですか?」

特に思い浮かばないです。グルメ漫画や料理漫画はわりとよく読むほうなんですけど、その割には外食も自炊も好きじゃないという、食に関心があるんだかないんだか自分でもよくわからない状態です。よほど酷い物じゃない限りは大体何を食べてもそれなりに美味しいと感じる貧乏舌なので、高いお金を出したり遠出をしたりしてまで美味しい物を求める意欲が湧かない、というのもあります。一応これでも地元の北海道では社長令嬢として生まれ育ったリアルお嬢様のはずなのですが、どうしてこうなったんですかね。本来ならお嬢様らしく「こんな庶民の食べ物なんて食べられませんわ!」などと言えるキャラになりたいのですが、現実ではスーパーの割引惣菜を食べて、「こんなうめえ飯食ったの初めてですわ!」などと言いながら缶チューハイを飲む毎日です。


今回も通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

180209a.jpg

9筒をチーして5筒を切りました。
イーシャンテン変わらずの鳴きで打点も落ちてしまいますが、
この巡目のこの手で門前アガリを目指すのはだいぶ厳しいので、
本気でアガリを目指す気があるなら
チーして一通赤々の鳴けるイーシャンテン形にしたほうがいいと判断しました。
局の結果は私と対面さんの2人テンパイで流局でした。


180209b.jpg

3索を引いて8萬を切りました。
リャンメンとリャンカンの選択なので通常なら特にこれで問題はないのですが、
今回は上家さんが2巡目に切った2萬にポンラグが入っていたという情報がありました。
そうなると2-5萬受け入れの強さがだいぶ薄れてしまうので、
678の三色目で打点がある分3萬切りのほうがよかったです。
局の結果は3,900点の出アガリでした。


180209c.jpg

下家さんのリーチ一発目、2索を引いて9筒を切りました。
これが平場なら何も考えず8萬切りで追いかけリーチをかけるのですが、
今回はラス前トップ目という状況かつラス目からのリーチなので、
ここに一発で無スジを切るのはだいぶ微妙です。

スジの7萬を切ってリーチもしくはダマ、現物を中抜きしてベタオリも選択肢にありますが、
単騎待ち以外には刺さらない9筒トイツを落として7萬へのくっつきを目指すのが
攻守のバランス的に一番よさそうだと判断しました。

ちなみにスジ7萬やリーチの現物の4萬を切ると親に5,800点を放銃しているので、
結果論的に考えても9筒切りは悪くない選択だったと思います。
局の結果はハネ満の横移動でした。


180209d.jpg

オーラスは2,600点の横移動で2着のまま終了でした。


・2戦目

180210a.jpg

2着目でのオーラス、引いて来た5索をそのままツモ切りしました。
筒子のノベタンが待ちになったら強そうだと考えての選択でしたが、
タンヤオ変化を見て1筒を切るほうがアガリ率は上だったと思います。


180210b.jpg

上家さんに700-1,300をツモられて2着のまま終了でした。


・3戦目

180211a.jpg

4筒をチーして2筒を切りました。
中の後付けテンパイから役なしフリテンカンチャンにするという、
アガリを目指す気があるならあり得ない鳴きですが、
危険牌を引いてオリるリスクをテンパイを維持したまま避けつつ、
ハイテイ牌をリーチ者からずらすことができるので、
この巡目なら鳴かないと逆にダメなレベルの仕掛けだと思います。
局の結果は全員テンパイで流局でした。


180211b.jpg

2着目でのオーラス、2索をポンして發を切りました。
平場ならスルーしたほうがよさそうな牌ですが、
今回はトップ目との点差が離れすぎているオーラスなので、
2着逃げ切りを狙って打点を気にせず仕掛けるほうがいいと判断しました。

また、2副露している対面さんにハネ満を打ったらラス落ちしてしまいますが、
確率的には圧倒的にレアケースなので、
終盤でよっぽどヤバそうな牌を掴まない限りは無視します。


180211c.jpg

300-500をツモって2着のまま終了でした。


・4戦目

180212a.jpg

7筒を引いて8筒を切りました。
受け入れ枚数ではチートイがある分ドラ8索切りが一番多いですが、
ドラ8索を切ってしまうと打点が一気に落ちてチートイツを狙うメリットが薄れますし、
かと言ってここから普通手のイーシャンテンを捨てて
チートイ決め打ちをするのは並のデジタル雀士には無理な話なので、
普通手一本に絞りつつ7索や8索引きの変化の目を残すのが一番バランスがいいと判断しました。
局の結果は親マンの出アガリでした。


180212b.jpg

南を引いて3索を切りました。
見かけ上の待ち枚数は6枚から2枚に減ってしまいますが、
他家に流れても抱えられる可能性の高いドラスジ3-6索よりは、
トイツで持たれていない限り誰が引いてもツモ切るであろう1枚切れの南のほうが
アガリ率は若干高いと思います。
局の結果は親マンの出アガリでした。


180212c.jpg

6萬をポンして3索を切りました。
さすがにこの巡目でアガリを期待するのは厳しいので、
素直に形テンを取りに行く一手だと思います。
3索切りは下家さんのダマテンをケアしたつもりの一打でしたが、
ポンテンの可能性や1-4筒引きテンパイ時に危険牌の3筒が出て行くことを考えると、
6萬ポンでの打牌は、同じ現物でも3索より2筒のほうがよかったと思います。


180212d.jpg

下家さんのモギリー高めパッツモ6,000点オールで上家さんが飛び、私は2着落ちで終了でした。

人気ブログランキングへ

恥の多い生涯を送って来た系女子

第2284回「最近恥ずかしかった事は何ですか?」

最近は特にないです。数年前なら、「大学を卒業したのに定職に就かずバイトで食いつないでる」こととか、「西園寺靖子とかいうわけわからん偽名で兄とイチャコラしてるだけの麻雀本を出した」こととかはわりと恥ずかしかった事と言えなくもないですね。前者は親に伝えて半分諦められているのでさほど問題ない(?)のですが、後者に関しては未だに親に伝えられていないです。まあ現代の情報化社会だとどこかから情報が流れて親にとっくに知られている可能性もなくはないので、そのときは開き直って「あんたの娘の靖子(偽名)が帰って来たぞー!」と言いながら父親と酒でも酌み交わします。


今回は通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

180205a.jpg

白をポンして7索を切りました。
良形変化を考えるなら中を切る一手ですが、
それよりは中重なりからホンイツ移行の可能性を残すほうが魅力的だと思います。


180205b.jpg

6筒をチーして中を切りました。
ドラ3索単騎よりは場に1枚切れの中単騎のほうが圧倒的にアガりやすいですが、
1,500点と5,800点で打点差が約4倍となると、
多少のアガりにくさよりは打点を追ったほうがいいと思います。


180205c.jpg

4萬を引いてドラ3索を切りました。
同じ打点の中単騎には受けなかったのに1-4-7萬待ちに受けるのは一貫性がないように見えますが、
さすがに3面張のアガリやすさならドラ3索単騎の打点的魅力を上回るだろうと判断しました。
局の結果は1,500点の出アガリでした。


180205d.jpg

上家さんが切った5萬をスルーしました。
チーして8萬を切れば良形確定の完全イーシャンテンになりますが、
打点がほぼ2,900点で確定するシャンテン数の変わらない仕掛けは打点と速度のバランス的に微妙なので、
ポンテンやチーテンは取るにしてもそれ以外の牌はスルーするほうがいいと判断しました。
局の結果は上家さんの1,000-2,000ツモでした。


180205e.jpg

3着目でのオーラス、3筒ツモ切りで対面さんに2,000点を放銃して南入しました。
自力アガリで連対を取りに行きたい持ち点状況とは言え、
終盤のチートイイーシャンテンでアガリを期待するのは現実的にはかなり厳しいので、
1萬トイツ落としで我慢のベタオリを選択したほうがよかったとおもいます。


180205f.jpg

南入後のオーラスは、満貫の横移動で3着に浮上して終了しました。


・2戦目

180206a.jpg

2着目でのオーラス、下家さんに満貫を放銃して3着落ち終了でした。
ノーテン罰符でも3着落ちする点数状況なので押しが悪いとは言えませんが、
下家さんが筒子ホンイツでテンパイしていた場合、
通っていない筒子の本数で考えるとかなりの確率でこの5筒は刺さってしまうので、
上家さんか対面さんがアガることを期待してオリに回る選択肢も十分あったと思います。


・3戦目

180207a.jpg

下家さんのリーチ一発目、1筒をポンして2筒を切りました。
スルーすれば安牌には困らない状況なのに
1,000点テンパイを取ってリーチ者とめくり合うのは微妙だと思う人もいそうですが、
安牌を切っての現物待ちリャンメンテンパイなら勝算は十分なので、
ド終盤に両無スジを引くまでは押しても問題ないと判断しました。
局の結果は1,000点の出アガリでした。


180207b.jpg

南入後のオーラスはダマ満貫を放銃してラス落ち終了でした。


・4戦目

180208a.jpg

トップ目でのオーラス、8索をチーして9萬を切りました。
この手を門前で作ろうとしても他家に速度で負けて2着落ち終了するのがオチだと思い、
8索を鳴いて索子のホンイツ・食い一通・役牌後々付けの両天秤に取ってみました。
こういう仕掛けは一昔前の天鳳で東風戦の強い人がよくやっていた印象がありますが、
正直こういう仕掛けをして上手くアガれた経験が全然ないので、
正しいかどうかは私にはわかりません。


180208b.jpg

当初狙っていた役はすべてなくなって最終的にフリテン役なしの形テンになり、
ハイテイで5索を切ったら対面さんに5,200点を放銃して南入しました。


180208c.jpg

南入後のオーラス、8萬をポンして發を切りました。
鳴きやすさだけを考えるなら發トイツを残すほうがいいですが、
片アガリのテンパイ形でフリテンになるリスクを考えると、
發トイツ落としでタンヤオを狙うほうが無難だと思います。


180208d.jpg

2,000点オールツモで逆転トップ終了でした。

人気ブログランキングへ

雨の日は会えない、晴れた日は兄を想う

第2282回「雨の日はどのようにテンションを上げますか?」

『雨の日にテンションを上げないといけない状況』になったことがないのでわかりません。仕事の日なら天気が晴れだろうと雨だろうとテンションは元々上がらないですし、休みの日なら大体引きこもっているので天気が晴れだろうと雨だろうとどうでもいいです。『雨の日にテンションを上げないといけない状況』というのは、要するに「これから渋谷のクラブでパリピとウェイウェイする予定なのに雨でテンションが上がらねえぜ……」みたいな状況ってことですよね。そんな状況は今後も私の人生で一度も訪れないとは思いますが、もし万が一訪れた場合は、ストロングゼロのロング缶を1本キメてから渋谷に行くんじゃないかと思います。


今回も通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

180201a.jpg

3着目でのオーラス、8筒を引いてテンパイし、北を切ってダマテンにしました。
ダマ5,200点だと下家さんからの出アガリでは2着にすらなれない点数状況ですが、
片割れの南が枯れた中ぶくれ3筒待ちでリーチは厳しいというレベルを超えてるので、
さすがにダマで変化を待つ一手です。


180201b.jpg

8筒をチーして南を切りました。
門前なら12458筒引きでリーチをかける予定でしたが、
鳴きチンイツでも逆転条件は満たすので、
一度イーシャンテンに戻す価値は十分にあります。


180201c.jpg

満貫放銃でラス落ち終了でした。
9萬は対面さんにかなり危険(刺さったのは上家さんでしたが)な牌でしたが、
アガれば3着→トップになれる良形テンパイだったのでさすがに仕方ないです。
これが天鳳ならここから1筒を切って3着で甘んじる選択でいいと思います。


・2戦目

180202a.jpg

白をポンして6筒を切りました。
5萬を切れば2,000点リャンメンテンパイに取れますが、
ラス前3着目で点数状況的に満貫をアガる価値が非常に大きく、
巡目的にもまだ余裕があるので、
テンパイ取らずで満貫を狙いに行くほうがいいと思います。


180202b.jpg

局の結果は7筒で上家さんに満貫一発放銃でした。
東切りでの回し打ちや5萬切りでの3,900点テンパイ取りも選択肢にありましたが、
こんな満貫のチャンス手が次局オーラスで来る確率は低いので、
ここが勝負所と見なしてゴリ押しするのがいいと判断しました。
結果は満貫放銃ですが後悔はないです。


180202c.jpg

オーラスはピンフのみ1,000点を出アガって3着のまま終了でした。


・3戦目

180203a.jpg

9筒を引いてテンパイし、3筒を切って即リーチしました。
アガれたときの打点が高い4筒切りフリテンリャンメンリーチという選択肢もありますが、
ゼンツ傾向の強いメンツなら愚形でも出アガリできるほうが優位だと判断しました。
局の結果は5,200点の出アガリでした。


180203b.jpg

トップ目でのオーラス、4索を引いて8筒を切りました。
この手で速攻でアガろうとして狙える手役はトイトイかクイタンで、
いずれにせよ仕掛けが必要なら、この段階でどちらの手役にも不要な9筒受けを捨てて、
トイトイとクイタンの両天秤に受けられるメンツオーバーの形にするのが一番いいと判断しました。
局の結果は満貫の横移動で南入しました。


180203c.jpg

南入後のオーラスは、対面さんにハネ満をツモられて2着落ち終了でした。


・4戦目

180204a.jpg

3筒をチーして西を切りました。
形はそこまで悪くないのでリャンメンからは鳴かない人も多そうですが、
7巡目の普通手3シャンテンでは他家に速度で負けている可能性が高いので、
せっかくの赤2枚の手で門前に固執して先手を取られてしまうよりは、
シビアに3,900点をアガりに行くほうがいいと判断しました。
局の結果は1,000-2,000のツモアガリでした。


180204b.jpg

4筒を引いて8索を切りました。
一応5トイツでチートイツのイーシャンテンでもあるのですが、
2筒123索のどれを切っても普通手イーシャンテンが壊れてしまうので、
テンパイ速度を考えて普通手を狙うのが基本にして王道だと思います。


180204c.jpg

9筒を引いて2索を切りました。
手なりで打つなら9筒をツモ切る一手なのですが、
8筒の壁ができているにもかかわらず場に1枚も見えていない9筒はいかにも不気味で、
ロンはまだにしてもポンは確実にされるだろうと考えて押さえてみました。
とは言え他家にトイツ以上で持たれているのなら9筒を抱えていても苦しいだけなので、
鳴かれるのを覚悟で9筒を切ってしまってもよかった気もします。


180204d.jpg

前巡に9筒単騎でテンパイし、2索切りでツモ切りリーチをかけました。
山にあるか微妙な9筒でリーチをかけるはどうだろうと最初は思ったのですが、
どうせ切れない9筒なら他家が8筒の壁を見て切ってくれることを期待しつつ、
3枚ある裏ドラによる打点アップを狙って曲げるほうが得だろうという結論を出すのに1巡かかった感じです。


180204e.jpg

局の結果はカンが4つ入って途中流局でした。
この途中流局のルールでリーチを潰されたのは私の麻雀人生の中で初めてかもしれません(^^;


180204f.jpg

3着目でのオーラス、5筒を引いて6萬を切りました。
手なりで打つなら当然2枚切れの中を切るのですが、
2着目と3,300点離れている状況で萬子のリャンメンを活かして1,000点をアガってもしょうがないので、
持っていても意味のない萬子リャンメンよりは守備に使える中を残したほうがいいという理屈です。


180204g.jpg

親マンを放銃してラス落ち終了でした。

人気ブログランキングへ

西園寺靖子は静かに暮らしたい

第2281回「最近嬉しかった事は何ですか?」

最近嬉しかった事……うーん…………普段より答えやすそうな質問なのに何も思い浮かばないです。天鳳の段位は六段のまま一向に動かず、仕事で何か劇的な変化があるわけでもなく、兄との生活もまあ普通……と、日常生活での喜怒哀楽が以前に比べて明らかに少なくなっています。とは言え、天鳳でラスるたびに自分に全力で腹パンしたり鉄鳴○の麒麟児をビリビリに引き裂いたり、仕事中にボールペンをバッキバキに折ってぶん投げたり、ウイスキーのロックを毎日ガバガバ飲んだりしていた時期に比べれば明らかに今は健やかに暮らせているので、人生で大事なのは「嬉しい事がどれだけたくさんあるか」ではなく「嬉しくない事がいかに少ないか」だと思います。


今回は通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

180110a.jpg

8索を引いて發を切りました。
ドラ雀頭でリャンメン2つの十分なイーシャンテンなので、
これが中盤なら他家の攻撃に備えて孤立7萬を切って1枚切れの發を抱えておくのですが、
まだ3巡目で他家の攻撃が来る可能性が低い状況ならば、
8萬引きの789三色や6萬引きの一手変わり678三色を期待して7萬を抱えるのがよいと思います。


180110b.jpg

9筒をチーして8萬を切りました。
門前なら三倍満まで見える手牌で片アガリテンパイに取るのはもったいないと思う人もいそうですが、
逆転トップがかなり絶望的かつラス目が瀕死という点棒状況を考慮に入れるなら、
目先の満貫テンパイを取って2着狙いをするのが実戦的な選択だと思います。


180110c.jpg

満貫ツモで上家さんを飛ばして逆転2着終了でした。


・2戦目

180111a.jpg

5萬をチーして東を切りました。
生牌の東はテンパイ気配の対面さんにも索子染めの下家さんにも危険なのですが、
こちらも一応役ありテンパイなら押してもギリ許されるだろうと判断しました。
東風段位戦ではわりととんでもない鳴きを入れる人も一定数いるので、
全体として見るなら他家の仕掛けに対する押し引きは
わりと強気に行くほうが好結果につながりやすいと思います。


180111b.jpg

上家さんの親リーチ一発目、7筒を引いて南を切りました。
赤5筒切りリーチなら4-7筒待ちはほぼないとは言え、
筒子の上が場に高くてペンチャン待ちの可能性を否定できないので
無理せず1枚切れの南トイツ落としで回し打ったのですが、
萬子リャンメンや索子カンチャンを嫌っている親の捨て牌で
2枚切れのペン7筒受けが残っているパターンは考えにくい(ただし8999筒の変則2面待ちはあり得る)ので、
7筒が刺さるのはレアケースと判断して7筒切りでテンパイを維持してもよかった気がします。
局の結果は親マンの横移動でした。


180111c.jpg

オーラスは5,200点の横移動で逃げ切りトップ終了でした。


・3戦目

180112a.jpg

發をポンして1萬を切りました。
手なりで6萬を切ってイーシャンテンに受ける人も多いと思いますが、
こんな序盤で愚形2つのイーシャンテンに受けるよりは、
一度ペンチャンを外して6萬と赤5索へのリャンメンくっつきを期待するほうが
アガリまでの速度は上だと思います。
局の結果は2,000点の出アガリでした。


180112b.jpg

東を引いて4筒を切りました。
字牌を切ってリャンメンターツを2つ残すほうが単純な受け入れ枚数では多いのですが、
鳴きを含めると役牌トイツ2組を残すほうがテンパイ速度は明らかに速くなり、
次に萬子の孤立牌を引いて3筒を切ればホンイツ変化も狙えて打点面でも優位になります。


180112c.jpg

9筒をチーして3筒を切りました。
門前でテンパイしても裏が乗らなければ2,600点の手なら
さっさと鳴いてテンパイに取ったほうがいいかと思ってのチーですが、
まだ8巡目で6-9筒が薄くなったわけでもないこの場況なら、
1枚目の9筒はスルーして門前テンパイへの色気をもう少し出してもよかったと思います。
局の結果は下家さんのハネ満ツモでした。


180112d.jpg

3萬を引いて8萬を切りました。
6索を切ってあわよくばのホンイツ移行を狙う選択もあるのですが、
よっぽどツモや鳴きに恵まれない限り役牌赤1の2,000点で終わってしまうので、
それなら6索を雀頭にした役役赤1の3,900点を狙えそうな萬子カンチャン外しのほうが
打点と速度のバランスで勝っていると判断しました。


180112e.jpg

引いて来た5索をそのままツモ切りしました。
場況によっては6索切りでリャンメン待ちに受け変える選択も当然あるのですが、
今回は4-7索が3枚見えており、5枚待ちのリャンメンと4枚待ちの役牌含みシャンポンなら、
後者のほうがアガリやすさも打点も上だと判断しました。
局の結果は下家さんの満貫ツモでした。


180112f.jpg

3着目でのオーラス親番、赤5筒を引いて2索を切りました。
リーチをかけている上家さんに5,200点以上を放銃したらラス落ちなので、
ラスのポイント減が大きい天鳳であれば迷わず現物を抜いてベタオリするのですが、
ジャンナビ段位戦は3着→2着のポイント増が3着→ラスのポイント減より大きいので、
今回のような局面ではラス落ちのリスクを負ってでも強気に前に出たほうがよいと判断しました。
局の結果は対面さん以外の3人テンパイで流局でした。


180112g.jpg

3本場まで粘ったものの、最後は3,900点の横移動で3着のまま終了でした。

人気ブログランキングへ

« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
ネット麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビ四麻:七段
ジャンナビ三麻:七段
天鳳四麻:七段
天鳳三麻:四段

ジャンナビのプロ対局は土曜の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いします。

次回プロ対局募集予定日:未定

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (58)
ジャンナビ(四麻) (87)
ジャンナビ(プロ対局) (87)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
犬漫画 (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん