ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

トップ目の奴ってのは、いつだって傍観者だ

top30p.jpg

正義(以下兄)「今回は『バカでも勝てるトップ率30%確定打法』から引用させて頂いた。南3局の親番11巡目、2着と11,000差のトップ目。ラス目からのリーチ一発目で現物は2萬のみ。さてどうする?」

靖子(以下妹)「親番のドラありリャンメンテンパイで降りるなんて打撃系としてはあり得ない選択なので、ここは正々堂々と7索切り追っかけリーチです!」

兄「うん、そうだね。ここは2萬を中抜きして降りるのが正解だね」

妹「まさかの全スルー!?」

兄「いや、まさか追っかけるという答えが返って来るとは思わなくてつい……。ここで追っかけるのは損だという感覚は最低限持っていて欲しいな」

妹「ダメですかね、追っかけリーチ……」

兄「追っかけがダメだという具体的な理由はこの特集に詳しく書かれているからそれを再度読んでもらうとして、俺は別の方向からアプローチをして行こうと思う」

妹「お願いします」

兄「まず、『南場トップ目』というポジションがどれぐらい重要なのかを理解して欲しい」

妹「はい」

兄「麻雀というゲームの目的は半荘をトップで終えることだ。東4局という折り返し地点を過ぎて最も点棒を持っているというのは、もはや目的の半分を達成していると言っても過言ではない」

妹「はい」

兄「つまり南場のトップ目というのはそれだけ素晴らしくかけがえのない立ち位置・存在であると言える。これは美少女JSと同じぐらい素晴らしくかけがえのない存在と言えるだろう」

妹「はい。………………はい? 今何て?」

兄「また、『リーチに対して危険牌を出す』という行為はかなりリスクを伴う行為だ。それと同じく何かを出すことにリスクを伴う行為としては、『路上で下半身を出す』という行為が同質のものとして挙げられるだろう」

妹「いやいやいやいやいや」

兄「つまり『南場トップ目で危険牌を出す』ということは『美少女JSに下半身を出す』のと同じぐらい危険な行為だということだ」

妹「いやその理屈はおかしい」

兄「美少女JSという存在は言ってしまえば天使なわけだから、そんな存在に対して粗末で汚いブツを見せつける輩はすべからく死刑になるべきだと思う」

妹「落ち着いてください。発言内容が近麻に出てきたこのオッサンみたいになってますよ」


masayoshi.jpg
※このオッサン


兄「おっと失礼。このブログでの俺のイメージにそぐわない発言だったかな」


BgBPXOhCQAAqw02.jpg
※ブログでの兄のイメージ画像(自称)


妹「過去の数々の変態発言からお兄ちゃんがイケメンだと思える人が何人いると思ってるんですか……」

兄「別に俺がイケメンかどうかなんてどうでもいいことだ。俺は靖子にだけモテればそれでいいんだからな」

妹「ま、まあシスコンガチ勢なのは私としては一向に構わないですけど……。そ、それで、今回の内容に合った西園寺システムは何かあるんですか?」

兄「あるよ。西園寺システムNo.38『デカトップもデカオッパイも不要!』あたりがそうかな。60,000点オーバーのデカトップも30,000点の僅差トップも同じトップでどちらも素晴らしいことに変わりはない。同様に、FカップのオッパイもAカップのオッパイも同じオッパイでどちらも素晴らしいということだ。なあ! そうだろ!? 靖子!!」

妹「それを私に問いかけるな! 殺されたいんですかッッ!?」


人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

"実妹"は味が違うんだよ…

akadora1.jpg

正義(以下兄)「順番的に今回は『バカでも勝てる閃光の赤ドラ攻略法』より牌姿を引用させて頂いた。ちなみにこの回から『月10万勝ち』というフレーズが突如として無くなったのだが、たぶん大人の事情ってやつだろうから深く詮索しないのが優しさだと思う」

靖子(以下妹)「そこまでわかってるなら何も言わず黙ってるのが真の優しさだと思うんですけど」

兄「うるさい、話を進めるぞ。子の8巡目で何を切る? リーチ? ダマ?」

妹「赤5筒切りリーチ一択ですね」

兄「……まあ天鳳ルールだとあまり悩む余地がないよな。この特集だと赤につく祝儀との兼ね合いで8筒切りとの比較がされているが、祝儀なしなら9筒が3枚以上枯れてでもいない限りリャンメンで曲げる方が圧倒的に有利だろう」

妹「じゃあ今回の特集も語ることはなしということで、前回の先行チー理論と同様に飛ばしちゃう感じですか?」

兄「いや、今回はもうちょっとだけ続く。祝儀なしルールにおける赤ドラの扱いについてなら少しぐらい語りたいことはあるし」

妹「ほー」

兄「とりあえず大前提として、赤ドラはただのドラだという認識を持つこと。フリー雀荘バージンの靖子は大丈夫だろうけど、フリーの麻雀を打ち慣れているとなかなか赤牌への特別な意識が抜けないもんなんだよ。赤3枚の手をバシッとツモって野口英世先生がたくさんやって来るときの快感は何物にも代えがたいものがあるからな……フヒヒ…………」

妹「お兄ちゃん、ヨダレ垂れてますよ」

兄「おっと失礼。まあ要するに『赤牌だからといって特別な意識はない』という考えを持とうってことだ」

妹「スノボーの國母和宏『五輪だからといって特別な意識はない』的な感じですかね」

兄「逆にわかりづらいがたぶんそんな感じだ。意識しない、ということの具体例を挙げるなら、『くっつきイーシャンテンで3か6を切りたいときは赤引きより待ちの良さ重視で6を切る』とか『チートイツテンパイで赤5か端牌の単騎選択なら端牌待ちでリーチ』とかかな」

妹「なるほど。要は赤牌を意識してアガリ率を下げる選択は基本的に御法度ということですね」

兄「そう、そういうことだ。赤牌はそりゃもちろんいつだって魅力的な牌だけど、祝儀がないなら多少素っ気ないぐらいで構わない。ネト麻とリア麻の2つのフィールドで戦ってる打ち手の場合は、西園寺システムNo.62『ピン東とネト麻の赤牌は、実妹と義妹クラスの大差!』を思い出せばその差を意識できるはずだ」

妹「実妹と義妹を比較する機会なんてエロゲぐらいしか無いと思うんですけど……」

続きを読む »

お兄ちゃんへの愛は後付けじゃない

senkochi1.jpg

正義(以下兄)「子の2巡目で8索を鳴くかどうかという問題。順序的に今回は『月10万勝ちを極める先行チー最強理論』から引っ張って来たんだけど……」

靖子(以下妹)「けど?」

兄「この特集についての解説は全部飛ばそうと思ってるんだけど、いいかな?」

妹「何故ですか?」

兄「とりあえず先に聞くけど、靖子、これ鳴くだろ?」

妹「ええ、もちろんです。8索はこの手の急所ですし、鳴けばテンパイですから、たとえ2巡目だろうと鳴かない道理がないです」

兄「だろ? この問題はさ、後付けに対して苦手意識や嫌悪感を持ってる人に対する内容であって、そういう気持ちを一切持っていない西園寺家にとってはあまり意味を成さないと思うんだよ。最後の何切る5問も今回は福地さんの解答と全部同じだし、正直俺が語れる部分がほとんどない」

妹「確かに、私はともかくお兄ちゃんも昭和生まれのアラサーのくせに後付けは全然普通にしますからね」

兄「アラサー関係ねえし。そもそもこの特集を書いた福地さんなんてアラフィフだし。しかし、そう考えると福地さんの麻雀の若々しさは相当やばいな。松田聖子的な狂気を感じる」

妹「その例えは色々な意味で危険なので止めてください」

兄「まあ最低限の務めとして、今回の特集に合ったシステムだけ言っておこうか。強いて言えば西園寺システムNo.32『後付けだけど役さえあれば関係ないよねっ』あたりが妥当かな」

妹「どこのブラコンラノベのタイトルですか……」

兄「そういうわけで先行チー最強理論はこのブログとしては取り上げないことにする。戦術記事としてブログ上に晒してはいるものの、俺が靖子に麻雀を教えるという名目でやってる以上、靖子のためにならないことを語るのは趣旨に反するからな」

妹「どうしても内容が気になる人は、福地さんの『麻雀テクニック』を買って読んでくださいってことですね」

兄「そういうことだな。少なくとも兄妹でイチャコラやってるだけのこんなブログを読んでるよりも10倍強くなれる」

妹「と言っても最近はそのイチャコラ成分も足りてない気がしますけどね」

兄「いや、この会話を始める前の段階で『寒いからもうちょっと寄ってよたっくん』とか言われて近づいたらものっそい勢いでしがみつかれて、さらにこの会話をしてる間ずっとあーちゃんが俺の膝の上に乗っかって俺が後ろから抱き抱えてる状態が今も続いてることを考えれば十分イチャコラしてるとは思うんだが……」

妹「ちょっ、待って! それバラすって人としてどうなの!?」

兄「ちょっとツンツンしてる靖子っていう敬語妹キャラも好きだけど、やっぱりリアルのデレデレなあーちゃんが可愛いよね」

妹「そ、それ以上は本気で止めて…………恥ずかしくて死んじゃう…………」


人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

実妹のリーチに対する愚兄テンパイの押し引き判断

nanikiru1.jpg


正義(以下兄)「前回と同様に数年前の近代麻雀オリジナルの巻頭特集から引用した。タイトルは『月10万勝ちを実現する鬼オリ必勝理論』。東1局親番、対面のリーチ一発目で何を切る?」

靖子(以下妹)「うーん、親でピンフドラ2のイーシャンテンですか……。受け入れもそこそこありますし巡目も比較的早いので押したいところですが、基本的にノーテンでリーチに押すのは不利なことが多いですから……えーと…………」

兄「はい残念、不正解」

妹「ちょっ、まだ回答してないんですけど!!」

兄「こんな問題悩んだ時点で即失格だから。ノータイムで現物の8索切ってオリ。それ以外ない」

妹「せっかくの親番でドラ2の手を降りるのはちょっと抵抗があるんですけど……」

兄「ハッキリ言って、先手を取られた時点でもうこの手は勝負手じゃない。喰い仕掛け不可の時点で追いつける気がしないし、運良く追いついたとしてもリャンカン含みのせいで2分の1の確率で愚形テンパイ勝負をしなきゃいけなくなる。こんなところで分の悪い喧嘩をするのは確実に命を粗末にしすぎてる。『命はもっと粗末に扱うべきなのだっ……!』の兵藤会長ですら軽く引くレベル」

妹「そ、そこまでですか……。それなら、先制リーチにイーシャンテンで押していい基準というかボーダーラインみたいなものはあるんですか?」

兄「んー、東1局の親番という条件で言えば『タンヤオドラ2の完全イーシャンテン』ぐらい? ここで言う完全イーシャンテンとはリャンメンターツ+リャンメントイツが残ってる形のことで、ペンチャントイツ(112や889の形)やカンチャントイツ(224や668の形)を含む形は該当しない」

妹「愚形含みはそんなにダメですか?」

兄「統計的に見て愚形追っかけリーチのアガリ率と放銃率がどっこいどっこいということは、言い換えれば愚形含みの手から強引に押してテンパイしても旨味が少ないってことだろ? それならサッサと降りて、ベタオリした際のマイナス1,500点の失点期待値を受け入れる方がマシだと思う」

妹「牌の後先に一喜一憂する不毛な捲り合いをたくさんする方が、麻雀を打ってる!って実感が持てて楽しくないですか?」

兄「そういうギャンブルがしたいならオンラインカジノでも始めてくれ。勝つための麻雀はそういうゲームじゃない。もちろん麻雀の性質上捲り合いを避けることはできないが、無駄な捲り合いを回避するのも実力の内だ」

妹「なるほど……ちなみに今回の押し引きを活用するための西園寺システムはあるんですか?」

兄「あるよ。西園寺システム№75『リャンカン含みのゼンツは兄妹へのゼンツと同レベルの愚行!』。これを覚えておけば愚形含みの無駄ゼンツも減るだろう」

妹「キスしたり緊縛したりで清々しいぐらい妹にゼンツをかましてるお兄ちゃんがそれを言うのもどうかと思うんですけど……」

兄「コミュ障のアラサー童貞なんて南3局の親なしダンラスみたいなもんなんだから、多少のゼンツは仕方ない。俺はこれでもベタオリしようと努力はしたんだ……したんだよ…………」

妹「フッ、つまり結局は私の魅力に屈したわけですね」

兄「そういうことになってしまうのか。ああ、酒飲みで麻雀好きで主食が牛丼のオッサンみたいな妹に何で惚れてしまったんだ俺は……」

妹「オッサン言うなし。そんな部分をひっくるめての私なんですから、こんな私を丸ごと愛してください」

兄「『恋人は心の応援団』のフレーズが自然と出て来る時点で何かもうオッサン臭いもの」

妹「…………」

兄「…………」

妹「……鬼オリ特集の何切る5問の解説をお願いします」

兄「……了解」

続きを読む »

カンチャンズッポシという言葉の下品さは異常

何切る1


正義(以下兄)「東1局の9巡目として何を切る? テンパイ取るならリーチ? ダマ?」

靖子(以下妹)「7筒切って即リーチ…………ですよね?」

兄「はい、正解」

妹「えっ? 何か引っ掛けとか無いんですか?」

兄「特にないけど」

妹「……何故今更こんな当たり前の問題を出したんですか? 私が七段まで落ちたからってバカにしてるんですか!? 童貞のくせにバカにしやがってよぉぉぉ!!」バンッ!

兄「ま、まあとりあえず落ちつけよ。今、靖子は"当たり前"って言ったよな?」

妹「ええ! それが何か!?」

兄「この問題で7筒切り即リーが正解なのが"当たり前"だと知っている打ち手は麻雀人口の何割ぐらいいると思う?」

妹「え…………?」

兄「鳳凰卓なんていう麻雀オタクの巣窟で毎日遊んでると感覚が麻痺するだろうが、おそらく2割もいないと思うぜ? ルールと役を知ってるだけの初心者、キャリアだけが無駄に長い自称上級者サマ、過去に習い覚えたテクが最強だと信じて疑わない昭和雀士、魅せる麻雀とやらに縛られてセコい麻雀を打てない自称プロ雀士…………誰一人この"当たり前"の選択をできず、日々の麻雀で不利な打牌をし続けてるわけだ」

妹「言ってることはわかりますけど全方位的に毒を吐かないでください! アンチが湧きます!」

兄「つまり何が言いたいのかというと、麻雀の必勝法は"当たり前"の打牌を延々と選択し続けるという、ただそれだけだということだ。それだけでベテランにも麻雀プロにも勝てる」

妹「何か『鉄鳴きの麒麟児』のカンダタさんみたいな結論になりましたね」

兄「まあ口で言うほど簡単ではないんだけどね。そもそも何が当たり前なのかわからない局面だってたくさんあるし、"思い込み"が悪化して"当たり前"になってしまうことだってある。毎日コツコツと優良な麻雀戦術本を読んだり強い人の意見を聞いたりして勝つための技術を自分自身に定着させ、本当の意味での"当たり前"を増やしていくことが強くなるために一番大切なんだと思う」

妹「…………なるほど。今更こんな基本的な牌姿を出して来たのはこのことを私に伝えるためだったんですね」

兄「いや、ただ単に部屋の隅に山のように積み上がってる近麻と近オリの切り抜きで、一番上にあったのがこの福地さんの『月10万勝ちを実現するカンチャン即リー最強理論』だったから、とりあえずそれを読んで強引に話を広げていっただけだけど。冒頭の牌姿もこの特集の問題をそのまま使ってるし」

妹「完全にパクリじゃないですか……」

兄「パクリついでにこの特集の最後のページの何切る5問もやっちゃおうか」

妹「もうやだこの兄」

続きを読む »

« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビのプロ対局は木曜か日曜の20時から不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いしますm(__)m

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (40)
ジャンナビ(四麻) (53)
ジャンナビ(プロ対局) (62)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん