ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

近代麻雀オリジナル感想・8

■近代麻雀オリジナル 2011年7月号

・表紙

素敵な笑顔の堂嶋さんがメイン。
笑いジワまでキッチリ描かれていますけど、
実は堂嶋さんって結構歳いってるんですかね?


・巻頭特集
『強者の決断力7か条』。
高レートで勝っているおじさん達の打ち方について。
私はネット麻雀で打ってきた人なので、
謎のタイミングでのツモ切りリーチを掛けてきた相手には
その瞬間に心の中で勝手に鉄板オカルト雀士認定をしています。
高レートで勝てなくて、
安手良形やカンチャンドラ1をダマる福地さんの意志の弱さに萌えます。


・シャモア~孤高の闘牌~
滝沢さんがZOOに入園したときの話。
角フレームメガネ・無造作オールバック・無地の白Tシャツの
若き日の滝沢さんが登場しました。
私の感覚ではかなりダサいように感じますが、
きっと世の中の若者的にはオシャレなのかもしれません。

闘牌は、自動卓の特性を掴んだリンシャン裏8は面白かったです。
ただ、この能力で言うなら、『むこうぶち』の矢沢晴夫さんも
「牌玉戦法」という名で似たようなことをしていたので、
滝沢さんは晴夫さんと同程度の雀力しかないということになりやや残念です。


・トップ4割に挑戦
麻雀の戦術のシステム化について。
単にこの女流プロのシステムが
あまりに大雑把かつ無意味なおバカシステムなだけの話で、
純粋に勝ちに近づく確率を高めることが出来る戦術であれば、
可能な限りたくさんシステム化するべきですよね。

現状で麻雀プロになるのは期待値がほぼ100%マイナスというのは同意です。
女流プロなら若いうちは雀荘のゲストなんかでそれなりに美味しいかもしれませんけど、
大半の男性プロはよくわからんリーグ戦や大会にお金を払うだけの人ですからね。


・牌王伝説ライオン
堂嶋さんが100時間耐久麻雀で苦戦する話。
ガリガリのおじさんの作戦がいい感じに姑息です。
それとヘロヘロの堂嶋さんのリアクションが相当普通の人くさくて、
アカギさんや人鬼さんとは別ベクトルの麻雀漫画の主人公像を確立しつつあります。


・バビィの捨て牌読み講座
早いリーチに対して暗刻の牌を切ろうという話。
『おしえて!科学する麻雀』に載っている、
「リーチに対して危険牌しかないのにオリたい状況」
での対処と同じ内容ですね。
オカルト麻雀の梶本さんの理論が
とつげき東北さんとバッティングするのは面白いですね。


・ワシズ~閻魔の闘牌~
驚運を操る美佐さんの正体が判明する話。
『選択の科学』の引用をして真面目な話をアッピールしたかと思えば
いきなり「美佐はアタシだよォォ!!!!」ですからね。
この作者の漫画の魅せ方は本当に凄いと思います。
この本当の美佐さんの言葉遣いがジョジョっぽいのが見所です。
それと相変わらず「選ばない」青年のアゴがヤバいです。


・鬼ヅモ無双
秀吉の弟が活躍したり江さんがバツ2になったりする話。
人鬼さん風の秀長さんが面白いです。
戦国時代だと御無礼が超自然ですね。
後半の秀吉と江さんのドツキ漫才も無駄に安定感があります。


・GAMBLER!―勝負師―
拉致られた勝さんが自ら不利な命がけの勝負に持ち込む話。
この漫画も結構キチガイがたくさん出てきますけど、
実は主人公が一番イっちゃってる気がしてきました。
ギャンブラーというよりただのリスクジャンキーですよこの人。


・二階堂亜樹のパッと見牌効率
テンパイで待ちになったときにより良い方を残しましょうという話。
基本すぎて欠伸が出るレベルです。
後半、プレゼントとして紹介されている
「麻雀の教科書―守備の基本―」
は立ち読みで全部読みましたが、
値段の割には超絶的にうっすい内容なので、
連盟信者以外は買わないのが賢明だと思います。


・aki
亜樹さんが自業自得で拉致られかける話。
前号でヤンキーに絡まれた亜樹さんを助けた
オシャレメガネは実はグルでしたという展開でした。
ご都合主義かつベタベタなお涙頂戴でやや萎えます。これで
「※この物語は、実話を元にしたフィクションです」とか、
どんだけ脚色したらこうなるんだよとツッコみたくなります。
小学生の瑠美お姉ちゃんのシスコン丸出しの表情はちょっと萌えました。


・ジャンケット
ショーさんがアグレッシブプレイヤーに苦戦する話。
ポーカーのルールをほとんど知らないので
正直何をやってるのかよくわかりません。
とりあえず最終コマのショーさんの悪人面が過去最高でした。


・ひるドラ
かほるさんがトイレに行っている間にリーチの待ちを考える話。
人妻のかほるさんのお尻が色んな角度から堪能できますが、
これで興奮できる男性がいたら相当欲求不満だと思います。
九索タンキを読み切れる涼さんは軽く超能力入ってます。


・まんが麻雀昔ばなし
麻雀漫画版かぐや姫。
物凄く小奇麗にまとまった読み切り漫画です。
父の元から逃げてきたはずなのに、
実は1コマ目でマネージャーの車で雀荘まで来ていることがわかり、
さりげなくどんでん返しのオチの伏線になってたりします。
話の完成度としては今月号の中で一番なんでしょうけど、
一回読んだらお腹一杯になりました。


・GOOD LUCK HUNTER~幸運の狩人~
スネークさんが巧みな話術で銀河さんを追い詰める話。
いつも通り打ち切り漫画臭がプンプンします。
もはやつまるとかつまらないとかそういう次元の話ではなく、
「何故竹書房はこの漫画の連載にGOサインを出したのか」
という疑問を抱かざるを得ないレベルです。
とりあえず作者が開口マスクを理解していないことだけは判りました。


・つぶやき広場
読者投稿コーナー。
各団体のタイトル戦のDVDとか欠片もいらないんで、
その分面白い漫画でも連載してください。
まぁ来月で福地さんの連載も終わるらしいので、
どのみち再来月からは近オリは買わない予定ですけど。


・嫁のいぬ間に
金本さんが連盟の板川さんにボロ負けした話。
単なる結果としてのアガリ逃しで動揺した時点で負けですね。
こんな手は即リー後に三六九筒をたくさん引いてアガリを逃すこともあれば
ダマテンの直後に一発で四七索を引いてハネ満を逃すこともあるんですから、
自分の決めた選択に自信を持つことが大事です。


・近オリ式麻雀都市伝説
『第一打牌に全ての鍵あり』。
狙って描いてるのはわかりますが、絵がキモすぎです。


・広告ページ
ZOO池袋店の場代150円キャンペーンが素敵ですね。
歳を偽って小銭稼ぎに行きたくなるレベルです。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yasuko329.blog25.fc2.com/tb.php/82-a95ee22e

 | HOME | 

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビのプロ対局は土曜の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いしますm(__)m

次回プロ対局募集予定日:8月19日(土)

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (40)
ジャンナビ(四麻) (69)
ジャンナビ(プロ対局) (69)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん