ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

近代麻雀感想・13

■近代麻雀 2011年5月15日号

・表紙

艶めかしい手で牌をツモっている人鬼さんがメイン。
春→桜→ピンクという単純なロジックなのでしょうけど、
麻雀雑誌の表紙のメインカラーがピンクなのはちょっと気色悪いです。
真っ黒な人鬼さんや兎さんともイマイチ噛み合っていないですし。


・巻頭特集
麻雀最強戦の女流プロ選抜戦の選手紹介。
連盟のオバサンと機嫌悪そうなおねーさんと協会の雰囲気美人よりは、
酒豪で元キャバ嬢の大崎さんあたりが勝つと良いと思います。
「卓上のひまわり」という通り名が劇的にダサいのがアレですけど。

私はニコニコ動画のアカウントは持っていますけど、
土曜は余裕でバイトを入れるので放送自体は9割方見ません。


・麻雀小僧
田中さんが四暗刻をツモる話。
相手が手牌を倒す前に点棒を投げるというマナ悪の極みの国枝さんがナイスです。
こんなことされたら0.5秒でラス半コールします。
リーチ後に意志を貫いてのロン牌見逃しや、
自分の好きな道を行こうとする田中さんがやたらかっこいいです。

とてもどうでもいいんですけど、
田中さんがお兄ちゃんの数少ない友達の一人(埼玉在住・天鳳六段・オカルト派)に激似で、
かっこいいことを言うたびにいちいち笑いそうになります。


・MJ4近代麻雀企画!!

・押川雲太郎編
麻雀小僧と絵柄が違いすぎます。
最初見たとき『でろでろ』の作者の人かと思いました。
内容も正直意味不明です。

・片山まさゆき編
相変わらずトイレの落書きみたいな自画像です。
「プレイヤースピードがまったくないっ!」「どんくさくて見てられませんねっ」
の妄想やりとりがMJの実況ボイスで脳内変換されて笑えました。
実際にこんな暴言吐かれたら私ですら筐体クラッシュします。


・バイヅケ!!
MJ4の近代麻雀CUPの参加レポート。
些細なツッコミをしてるだけの内容です。
髪を下ろした状態の作者が無駄に可愛い点だけが見所です。


・私利私欲!まあじゃん入門
MJ4の近代麻雀CUPの参加レポート。
おしっこ我慢戦法がお馬鹿すぎです。
お兄ちゃんもお腹の調子がすごい悪いときに雀荘に行って大勝したことがあるらしいですが、
さすがに限界が来たときのリスクが半端ないので素人にはお薦め出来ないです。
それと橘悟史プロ3連戦のくだりはドリフのお約束的なノリでちょっと面白いです。


・バード―最凶雀士vs天才魔術師―
蛇さんがカルテット役満をアガって鳥さんがビックリする話。
今回の表紙は沙羅さんが自動卓の上でセクシー下着をつけて誘惑しています。
沙羅さんはバイニンだったりマジシャンだったりストリッパーだったり忙しいですね。

第7話にして、初めて鳥さんの顔から汗が出る描写が登場しました。
さすがに自動卓天和はこの漫画の主題の技なので、
ここで動揺せずにいつ動揺するよ?といったところですね。


・第五回名人戦
人の良さそうなおじさんがタンヤオテンパイを拒否して倍満を作る話。
ダマにするか即リーするかはおいといて、
確かにこのテンパイ外しは常人には絶対に出来ないですね。
真似する気もありませんけど。

東パツでこの奇跡の倍満をアガるも、小島おじいちゃんのバカヅキで結局3着終了。
オカルト的に言うなら、場に合わない不自然なアガリで流れを歪めたからなんでしょうかね。
ちょっと自分で書いてて意味が判りません。


・ヘイハチ 麻雀けもの道
主人公が誤ポンを30回されて逆転負けを喰らう話。
この展開をギャグでやってるのか真面目にやってるのかガチでわかりません。
どちらにせよ、真っ先に「くだらねー」という感情が出てくる時点でアウトだと思います。

次回、誤ポンを罰符ではなくアガリ放棄にするルールに変えて逆転勝利!ラスト!!
という展開で最終回にならないことを祈っています。


・インスタントジョンソンじゃいのギャンブル生活
アプリの「雀計簿」を使って成績を管理してみた話。
攻撃型は1着と4着が多く、守備型は2着と3着が多いのが分かるって、
そんなのはいちいち雀計簿を使うまでもなく誰でも把握していることだと思います。
1ページコラムにも関わらずダラダラと助長な感じの文章で、
途中で読む気がなくなるのはある意味この人の文才なんだと思います。
素直にお笑いだけやってればいいんじゃないでしょうか。


・ガチンコ4すくみコラムバトル

1.最強位のとり方
『テンパイ外し』。度が過ぎたクソリーはダメよという話。
こういう手牌でとりあえずテンパイ取ってのダマという選択肢が最悪なだけで、
即リーチも絶対悪ではないと思います。

2.天鳳→リアル
『牌効率を生かす』。場に出ている牌の枚数も見て打牌しようという話。
この何切るで345の三色に欠片も触れていないのが逆に斬新です。
場に六九索があまり見えていなくても78索落としが正着です。
牌効率よりも先に手役を覚えた方がいいんじゃ……
というツッコミは嫌味すぎるので控えておきます。

ちなみに三色目がなくて69索も見えていないなら、
34索落としで純粋リャンメン2つを固定するのが実戦の牌効率です。
いずれの場合でも打2索が正着になることはほぼありません。お疲れさまでした。

3.麻雀アナログ必勝法
『型を捨てる』。実戦においてのミスから生じた流れの修正法。
麻雀上達のための第一歩は、「ミスと結果論は別物」という事実を
認識することだと私は思っているのですが、
この人は結果論をミスだの罪だの型ズレだのと一人騒いでます。
存在しないものと戦うのは大変でしょうけど頑張ってください。

4.最強位への道
『理想に近づけるために(番外編)』。グランプリMAXというタイトル戦の話。
上の立場の人を「先生」と呼ぶ連盟の風習が心底気持ち悪いです。
お兄ちゃんも連盟にいたときに、
「俺、このジジイの生徒になった記憶は一度もないんだけど、
なんで先生って呼ばなきゃいけないの?」
とつぶやいていた記憶があります。
麻雀という非生産的な運ゲーを茶道や書道と同一視したいんでしょうね上層部は。
ほんと気持ち悪いです。
幸いアンケート人気も無いみたいなので、次回ぐらいで消えていると思われます。


・鉄火場のシン
主人公がヒデさんにトドメを刺すか苦悩する話。
この漫画、連載開始当初は結構クソ漫画だと思っていたんですけど、
ここ最近はだいぶ面白くなってますね。
若い麻雀打ち2人の葛藤、ヒデさんの足掻き、
そして最後の諦観したような笑みと、
なかなか魅せる漫画になっていると思います。
それと主人公に説教をする石田サンが渋くて相当かっこいいです。
お兄ちゃんにもこういうダンディズムが備わればもっと好きになるんですけども。


・全国麻雀最強戦加盟店MAP
梶本さんの若いときの最強戦の話。
梶本さんは当時の最強戦のビデオテープを擦り切れるまで観ていたらしいです。
私は近麻オリジナルの付録DVDはブログで感想を書くために観てからは2度と観ていません。
現代は麻雀を楽しむためのコンテンツが色々ありますから、
わざわざ麻雀プロ氏の決め打ち手順を観るのは時間の無駄だと思ってしまっています。


・HERO~逆境の闘牌~
ひろさんが川尻さんの通しに苦戦する話。
解決までのモヤッとした展開も面白いことは面白いのですが、
川尻さんが終始ウザ気持ち悪いので、
それ以外がまったく印象に残らない内容になっています。


・兎―野生の闘牌―
シャモアさんが兎さんに振り込んで悦に浸る話。
とりあえずシャモアさんが色々始まりすぎてやばいです。
登場人物紹介の「冷静で牌効率を重視した打ち手」という下りが
高度なギャグにしか見えません。

私も大概ドMなので、微妙に気持ちがわからないじゃないのが悔しいです。
振り込んだときって、何かアガったときとは別次元の快感がありますよね?
誰か同意してください。


・キンマ大喜利
読者投稿コーナー。
実は私もあまり東南戦は好きじゃありません。
こんなクソゲーに1ゲーム30分以上かけたくないので。
じゃあやるなよというツッコミは受け付けます。


・満潮!ツモクラテス
出島さんが挑発を受けて小ミスを連発する話。
常時薄ら笑いを浮かべている新知恵さんがかなり不気味です。
ここ数号の間、新知恵さんが勝ってるシーンしか見てないのですけど、
上げに上げて一気に落とすつもりなんですかね作者は。


・グッドプレイヤーズ講座
パオはマナー違反かどうかという話。
大三元パオというごく稀にしか起こらないことのために
自分の手を曲げるのはアホらしいので、
私なら普通にリーチをかけます。

わざチョンとか三味線とか違って
これは個人の主観が多分に含まれているので、
こういう事でグチグチ文句を言う人は
人間としての器が小さいと思われても文句は言えません。


・第23回何切るアカデミー
ホンイツ形の何切る問題5問。
例題は漫画家の蛭子さんの手順。
トイトイ三暗刻の可能性を消してリャンシャンテンに戻すのは
普通に悪手以外の何物でもないので、
良い子は真似をしちゃいけません。

何切るの方は2問目以外は正解しました。
2問目は現状で既にテンパイしているというのを見逃したうっかりミスです。
ただ、こういう問題は時間をかければ誰でも出来るので、
実戦できちんと正しく鳴けるかどうかだけが肝要です。


・麻雀群狼記ゴロ
安斉さんがジェットコースターのような麻雀を打つ話。
いつも通りの来賀節と嶺岸マジックで、
私のようなドサンピンが取り立てて書くべき感想もありません。


・角刈りすずめ
角刈りさんが登山麻雀の説明を受ける話。
説明を受けているときの角刈りさんのリアクションがシュールです。
今までの物語そのものを前フリにした衝撃のオチが見所です。


・むこうぶち
爬虫類顔のリーマンが人鬼さんに真剣勝負を挑む話。
このリーマン、予想以上に早い再登場ですね。
見た目は初期の山岡士郎みたいになって強そうになりましたが、
雀力的にもビジュアル的にも微妙なこのキャラは
サクッと殺っちゃおうというのが作者の気持ちでしょうか。

闘牌の方は、初登場時の江崎さんですらやっていたノーテンブラフを
やれなかった時点で死亡フラグがビンビンに立っています。


・我れ悪党なり
じゃんきさまのご尊顔3連発が視界に入って吐きそうになりました。


・でかぴん麻雀入門
禁煙の難しさとギャンブル依存に関する話。
私はおろか、お兄ちゃんも人生で1度もタバコは吸っていません。
健康がどうとか言うよりは、純粋にお金の問題です。
1日1箱で年間約15万円とか考えるだけで一生吸わねーという気持ちになります。
ギャンブルの方は、正直自分でも今後どうなるか判りません。
ピン東風で4万とか5万とか負けたらどんな気持ちになるんでしょうね。


・タミーラの麻雀クイズ
読んでません。


・ためになる麻雀用語辞典
ラス半について。
言われてみれば確かに東風戦でラス半コールはおかしいですね。
笑っていいのかわからない深いオチが素敵です。


・広告ページ
女流プロまみれの広告の中で
ひときわ輝く曽木達志プロの男臭さがナイスです。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは、近代麻雀漫○生活の方から流れてきました

GPCの状況、俺はリーチ打ってしまうのですが、そのことを周りに言ったら迷惑野郎といじめられました
しょぼくれてましたが>>私なら普通にリーチをかけます。
の一文に勇気を貰えたのでコメントした次第です。ありがとうございます

今後も毒舌を楽しみにしつつひっそり拝見させて頂きます。

・振り込んだときには上がったとき以上の快感がある。


超分かります。

絶対に切れないと思う半面、切って自分が正しいか確かめたいという衝動。

絶頂ですね。

何を言っているんだ俺は。

>振り込んだ時の快感
うまく差し込めた時なら全面的に同意です。
それ以外はわからない。蛇風に言えばエレクトしません。何を言ってるんだろう

No title

片瀬さんのコラム、受け入れ枚数で言えば打2sが圧倒的に多いですが、それでも34sや78s落しが正着なんでしょうか?
それをわかっておらず2s落しが「牌効率」だって言ってるこのコラムの主張はアレなんですけどねw

勝ちたいと思うのも

打ちのめされたいと思うのも
どちらも自然なことなのです。
ウ○コは汚いが、出した後はつい見てしまうアレの心理ですね。

No title

>すらさん
こんにちは。
デジタル的には『迷惑』という言葉自体がナンセンスも甚だしいので、
いじめられても気にしない方がよろしいと思います。
これからも応援よろしくお願いします。

>春さん
私はどちらかと言えば序盤の交通事故の方が好きですね。
今自分がやってる遊戯はクソゲーなんだと再確認出来るので。

>表裏裏さん
早いリーチに安牌がなくて、
おもむろに端牌トイツを切ったらメンピン一発ドラ1の親マン放銃、
あたりが自分の好きなシチュエーションです。
イラッとするどころか逆にニヤニヤが止まらなくなります。変態です。

>名無しさん
受け入れ枚数=絶対のジャスティスではないです。
打2sのリャンメンターツ2つ残しだとタンキ待ちの仮テンになる確率が6割ぐらいあるので、
それなら頭を固定して遊び牌を1枚持つ方が優秀、という感じです。

>スペシャルフリークさん
打ちのめされたいという気持ちを赤木しげる的に言うなら、
「破滅…それ自体を求める心…!」という感じですね。

>早いリーチに安牌がなくて端牌トイツを切ったらメンピン一発ドラ1に放銃
オカルティでありましたね、そんなの
岬か百舌かどっちか忘れましたけど

No title

確か岬さんが被害に遭ってましたね。
あの梨積さんのチャンタ軽視手順は結構好きです。

No title

ホリエモンが最強戦の著名人大会に名を連ねていたのを見て、「さすが3流出版社のクソゲー雑誌は世間の目とか全然気にならないんだな」と思っていたら案の定当の本人ブタ箱逝きですね。
でもブレずにキンマには彼を大会に出してほしいです。

No title

どう考えても堀江さんは物理的に参加が不可能になりましたね。
まぁイロモノ要因以外の何者でもなかったので、
その3流出版社的にはさほど問題はないと思われます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yasuko329.blog25.fc2.com/tb.php/69-2544353a

 | HOME | 

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビのプロ対局は日曜の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いしますm(__)m

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (40)
ジャンナビ(四麻) (60)
ジャンナビ(プロ対局) (65)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん