ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

ドス黒いデジタル麻雀

2015042419gm-00a9-0000-fee31399tw=2ts=1.jpg

そろそろチーしてケイテンを取りたいところでしたが、
テンパイで出て行く牌がどちらも危険牌だったので自重しました。


2015042419gm-00a9-0000-fee31399tw=2ts=1_20150424201550de1.jpg

門前テンパイなら話は別なので、4萬を切ってぶん曲げました。
直前の8萬で思いっきり腰を使って5-8萬待ちという、フリーなら出禁を喰らいそうな待ちです。
局の結果は対面と2人テンパイで流局でした。


2015042419gm-00a9-0000-fee31399tw=2ts=4.jpg

自称門前派としてはこんな9筒鳴きたくはないのですが、
ドラそば&親番という2条件があるなら渋々チーテンを取ります。
早い巡目の9筒チー發バックという手順はどこかで見たことあるなと思って考えてみたら、
『麻雀小僧』1巻の非童貞ファッキンリア充主人公(※1巻時点では童貞)のクソ鳴きでした。

hatubakku.jpg


2015042419gm-00a9-0000-fee31399tw=2ts=4_20150424202724e45.jpg

現実はそう上手く行かず、2軒リーチのスジを追って2,600に刺さりました。


2015042419gm-00a9-0000-fee31399tw=2ts=7.jpg

ドラ3テンパイのこの状況で5萬をツモ切りするのは素人です。
せっかくこちらの待ちがスジ待ちになっている以上、
この5萬は3~5秒ほど少考しつつ空切りするのが西園寺家のセオリーです。
相手に露骨にテンパイアッピールをすることで、先スジの3筒を釣り出そうとする狙いです。


2015042419gm-00a9-0000-fee31399tw=2ts=7_201504242033031f4.jpg

ダメ押しの手出し5萬です。
「ドラポンしてから手出しで5萬トイツ落とし……?」と
相手を惑わせてしまえばこっちのものです。


2015042419gm-00a9-0000-fee31399tw=2ts=7_20150424203520010.jpg

私の3筒はまだ山に3枚あるのに一発でラスト1枚の中を引くあたり、
いい感じにつのだへの殺意が芽生えますね。


04/24 | 牌譜 | 鳳南喰赤 |
4位 C:西園寺靖子(-43.0) D:奈落の王(-16.0) A:lamb(+50.0) B:ケイト(+9.0)

ラスでした。また明日頑張ります。


人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

コメント

たいありでした!58mは笑いましたわww

超絶腰からのモギリー一発チートイデバサイにて宅割ったことならありますw

>lambさん
お疲れ様でした。8萬腰牌は我ながらマナ悪でしたw

>kobozさん
それは出すほうにも責任ありますねw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yasuko329.blog25.fc2.com/tb.php/677-9df196cf

 | HOME | 

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビのプロ対局は土曜の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いしますm(__)m

次回プロ対局募集予定日:未定

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (46)
ジャンナビ(四麻) (72)
ジャンナビ(プロ対局) (74)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん