ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

"実妹"は味が違うんだよ…

akadora1.jpg

正義(以下兄)「順番的に今回は『バカでも勝てる閃光の赤ドラ攻略法』より牌姿を引用させて頂いた。ちなみにこの回から『月10万勝ち』というフレーズが突如として無くなったのだが、たぶん大人の事情ってやつだろうから深く詮索しないのが優しさだと思う」

靖子(以下妹)「そこまでわかってるなら何も言わず黙ってるのが真の優しさだと思うんですけど」

兄「うるさい、話を進めるぞ。子の8巡目で何を切る? リーチ? ダマ?」

妹「赤5筒切りリーチ一択ですね」

兄「……まあ天鳳ルールだとあまり悩む余地がないよな。この特集だと赤につく祝儀との兼ね合いで8筒切りとの比較がされているが、祝儀なしなら9筒が3枚以上枯れてでもいない限りリャンメンで曲げる方が圧倒的に有利だろう」

妹「じゃあ今回の特集も語ることはなしということで、前回の先行チー理論と同様に飛ばしちゃう感じですか?」

兄「いや、今回はもうちょっとだけ続く。祝儀なしルールにおける赤ドラの扱いについてなら少しぐらい語りたいことはあるし」

妹「ほー」

兄「とりあえず大前提として、赤ドラはただのドラだという認識を持つこと。フリー雀荘バージンの靖子は大丈夫だろうけど、フリーの麻雀を打ち慣れているとなかなか赤牌への特別な意識が抜けないもんなんだよ。赤3枚の手をバシッとツモって野口英世先生がたくさんやって来るときの快感は何物にも代えがたいものがあるからな……フヒヒ…………」

妹「お兄ちゃん、ヨダレ垂れてますよ」

兄「おっと失礼。まあ要するに『赤牌だからといって特別な意識はない』という考えを持とうってことだ」

妹「スノボーの國母和宏『五輪だからといって特別な意識はない』的な感じですかね」

兄「逆にわかりづらいがたぶんそんな感じだ。意識しない、ということの具体例を挙げるなら、『くっつきイーシャンテンで3か6を切りたいときは赤引きより待ちの良さ重視で6を切る』とか『チートイツテンパイで赤5か端牌の単騎選択なら端牌待ちでリーチ』とかかな」

妹「なるほど。要は赤牌を意識してアガリ率を下げる選択は基本的に御法度ということですね」

兄「そう、そういうことだ。赤牌はそりゃもちろんいつだって魅力的な牌だけど、祝儀がないなら多少素っ気ないぐらいで構わない。ネト麻とリア麻の2つのフィールドで戦ってる打ち手の場合は、西園寺システムNo.62『ピン東とネト麻の赤牌は、実妹と義妹クラスの大差!』を思い出せばその差を意識できるはずだ」

妹「実妹と義妹を比較する機会なんてエロゲぐらいしか無いと思うんですけど……」





1.子の8巡目
akadora1_20140307010814acb.jpg


兄「光の速さで3筒切りリーチ。目の前にメンタンピン赤ドラの純正3面張があるというのに何が悲しくて高め三色エントツ待ちを選ばなければならないのか。この手で7筒切りリーチを選ぶ局面はオーラスでラス回避に倍満ツモが必要なときぐらい」

妹「私クラスのドジっ娘だと三色があることに気付けないので確実に3筒切りリーチを選べます!」ドヤッ

兄「威張って言えることかそれ!?」




2.子の7巡目
akadora2.jpg


兄「天鳳ルールなら7萬切り一択。ちなみに福地さんはフリーの鳴き祝儀ありなら3萬切りを正解としていて、メンゼン志向の7萬切りは甘いと書いているが、俺は鳴き祝儀ありでも7萬を選ぶ。このぐらい整ってる手ならメンゼン手と鳴き手の中間的な進行で1-4萬受けを残すのも悪くないと思う。もちろん鳴ける牌は大体全部鳴くけどな」

妹「そんな教科書通りの麻雀で大丈夫なんですか?」

兄「大丈夫だ、問題ない……と思う」



3.子の8巡目
akadora3.jpg


兄「ノータイムでチー。愚形処理しつつ2,000点の3面張テンパイなら特に不満はない。打点が不満だからという理由でスルーする人はちょっと完璧主義すぎるんじゃないかと思う。むしろこの設問の8巡目という条件なら、俺は2-5-8萬からでも他家の仕掛け次第で鳴くまである」

妹「夢も希望もあったもんじゃないですね」

兄「夢や希望っていうのはこんな絵合わせゲームをやってる最中に抱くもんではなく、現実の生活の中で抱くべきだろ?」

妹「現実で夢も希望もない生活を送ってる人が言うと言葉の重みが違いますね……」



4.子の7巡目 北家ではない
akadora4.jpg


兄「解説では点5・祝儀なしなら6筒切りと書いてるけど、むしろこの手なら赤5筒から先に切りたい。ペンチャンターツを落とす際に内側から切るのと同じ感覚で」

妹「鳴かれやすい赤5筒を1巡でも長く絞るという発想はないんですか?」

兄「ない。こちらは十分な勝負手だし、どうせいつか切る牌なら1巡でも早く切る方が鳴かれる確率も放銃の確率も下がるだろ」

妹「その見切りの早さを実生活でも活かせれば……」

兄「活かしてたら今以上にジョブホッパーになってるだけだと思うが」



5.子の8巡目
akadora5.jpg

兄「チーしてテンパイを取る。中盤の愚形含みドラドライーシャンテンでチーテンをスルーするとか勝つ気あんのかよってレベル」

妹「これって赤が無くてチーすると2,000点の手だとしても鳴きます?」

兄「んー、多少モチベーションは下がるけど鳴くことは鳴くかな。6筒チーは赤牌処理と言うよりも愚形処理が一番重要な目的なわけだし」

妹「まあシステム的に言うなら祝儀なしの赤牌は所詮義妹ですもんね」

兄「そういうことだ。義妹がいるならそれにこしたことはないけど、どうしたって実妹よりも重要度は下がるだろ。例えば仮に靖子が実妹ではなく義妹だとしたら、俺は『……血ぃ繋がってないしまあいっか』と思ってとっくの昔に靖子を襲ってるだろうよ。実妹だからこそ大切に思って、倫理的な意味でのブレーキもちゃんと掛かるわけだ」

妹「…………それはそれで良くないですか?」

兄「全然良くねえよ。ネット上では真面目に麻雀について語っておいてリアルでは毎日のように濃厚なセクロスをしてる兄妹ブログなんて嫌すぎるだろ。ネットもリアルも適度にイチャコラしてるぐらいでちょうどいいんだよ」

妹「そうですね。お兄ちゃんが仕事で精神的に参ってた時期にこんな感じのことをリアルでしてたぐらいがちょうどいいのかもしれないですね。去年の夏ぐらいでしたっけ?」


ityaitya.png
※こんな感じのこと


兄「おいおいおいおい!! それをこのタイミングで言うのはいくらなんでも鬼畜すぎるんじゃないか!?」

妹「前回の仕返しです」


人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

コメント

ああ、赤に血塗ってたガン辰さんか
難易度星一つですね

実妹と「おにいちゃん」って呼んでくる幼馴染ぐらい違うと思います

1.4筒切り・・三色?
3.子のタンヤオドラ1は2000点です。

あとリア充は爆発しろ。

>名無しさん
ハードルが高すぎます。

>名無しさん
血のつながりどころか法的なつながりすらない幼馴染など論外もいいとこですね。

>名無しさん
おおう、盛大にミスってましたね。急いで直しました、あざます。
友達すらいなくて身内で乳繰り合ってる西園寺家がリア充と言うのなら全世界の七割ぐらいの人がリア充です。

雀荘バージンはいつ頃捨てる予定ですか?

目立つだろうから身バレしそうな気もしますが……

4はフリーもネトマも東風中心だからか見た瞬間2s切っちゃいます。でも天鳳は南入条件厳しいしピンズ払いなのかな。

>ホワイトさん
雀荘バージンは来月の頭ぐらいに捨てる予定です。
最初はお兄ちゃんと一緒に某動物園にでも行こうかなと思ってます。

>菜っ葉さん
5ブロック理論では北切りですが、いずれ切る2索なら安牌候補の北トイツは残しておきたいって発想ですかね。

動物園デート楽しんで来てくださいww

結果報告を楽しみにしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yasuko329.blog25.fc2.com/tb.php/501-c44fc558

 | HOME | 

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビのプロ対局は水・木・日曜の20時から不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いしますm(__)m

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (40)
ジャンナビ(四麻) (47)
ジャンナビ(プロ対局) (59)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

Template by たけやん