ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

近代麻雀オリジナル感想・3

相変わらずのマイペース更新です。人間はちょっと暇なぐらいがちょうどいいと思います。もっと私に自由な時間とお金とお兄ちゃんの愛をください。



■近代麻雀オリジナル 2011年2月号

・表紙

付録のDVDの紹介と上から目線の人鬼さんがメイン。私はSかMかで言えば超ドMなので、このぐらいの角度から見下ろされるのは嫌いじゃないです。何を言っているのか自分でもわかりません。


・第21回麻雀最強戦準決勝ベストバトルDVD
前最強位の福田さんと連盟のイケメン滝沢さんの直接対決を収めたDVD。60分かけて全部観ました。
とりあえず解説役の連盟プロ2人がちょっと色々酷いです。二階堂姉はそこらの素人でも言えるような感想をぼやいていただけですし、荒ジャスティスはそこらの居酒屋にいる酔っ払いオヤジでした。
そもそもベストバトルと銘打っているものの、試合内容自体は滝沢さんのワンサイドゲームでそこまで面白くないというのもなかなか痛いです。オチの時間切れ打ち切りで多少の失笑は出来ますけど。
まぁこれを60分もかけて観るぐらいなら、天鳳で鳳凰卓の観戦でもする方が100倍有意義で面白いです。


・巻頭特集
月10万勝ちを極める先行チー最強理論。一言で言えば、ポンテンチーテンは見逃すなという話です。
私はどちらかと言えば鳴きすぎ病の側の人間なので、シャンテン数を下げる"だけ"の無理鳴きは慎むようにしようとこの特集を読んで思いました。
ちなみに西園寺家の麻雀は、雀荘メンバーとして見ると超タコ鳴き麻雀扱いされることをお兄ちゃんがリアルタイムで証明してくれています。

ちなみに、「点5で100万勝った男」が通っていた雀荘は、キャッシュバックの内容を見る限り明らかに今お兄ちゃんが働いている雀荘です。
当然メンバーにはキャッシュバックはまったくないので、普通に毎月場代負けしているみたいです。


・牌王伝説ライオン
堂嶋さんが点3の雀荘で1から出直しする話。
前回までの黒田さんとの対決とはうってかわって完全にギャグ回ですが、かなり面白いです。
この作者はストーリー漫画よりもギャグ漫画の方が向いてる気がします。
点3のメンツがあまりに爽やかです。既に私も「麻雀を楽しむ」という気持ちを忘れかけているので、色々と考えさせられました。でも実際、麻雀ってどこが面白いんですか?
それと、イッシーさんの汁男優デビューの感想が無駄に生生しいです。誰の実体験ですか。


・GAMBLER!
主人公が染め場の流れの中から端牌の流れを嗅ぎつける話。
5巡目メンゼンチンイツとか3巡目純チャン3色同刻とか、麻雀打つってレベルじゃないです。
闘牌の路線が「兎」とか「ムダヅモ無き改革」の方向に進んでいます。今ならギリギリ変更できますよ?
主人公の倍満ツモで、ダサいジャケットのチャラ男(一応仲間)の持ち点を0点にして以下次号。
それにこのままぶら下がり2着を続けても永遠に吉川さんの資金は減らせませんし、ある意味人鬼さん以上に主人公の考えていることがわからない漫画です。


・二階堂亜樹のパッと見牌効率
2度受けを残すことで三色になるチャンスが増える手牌について。
私クラスの麻雀戦術本オタクだと、この程度の牌効率は目が腐るほど見てきてます。
ですが私の経験上では、この牌理が実戦で活かされた記憶が1度もないので、知らなくてもさほど問題ないと思います。
それとコラムで使われている写真を見て思ったこととしては、連盟の有名女流ぷろが随分とお局的な雰囲気になっているということです。
あまり知らないし知る気もないんですけど、二階堂姉妹の歳って普通に三十路リーチぐらいなんですよね?


・バビィの捨て牌読み講座
リーチ宣言牌の傍のシャンポン待ちについて。
中級以上を名乗るのであれば知っておかなければならない知識の一つではあると思いますが、リーチには入り目というものがある以上、ここだけ押さえて他は全勝負!というわけにもいかないんですよね。
ベタオリする際の「切ってはいけないスジ」ぐらいの感覚で十分だと思います。


・ナナヲチートイツ
主人公が父親に騙されてお姐さんに売られるまでの話。
主人公が醜悪な老人に買われて調教されるのもアリだと思いますが、あまりにニーズがなさそうなので仕方ないですね。
前回同様ドM向けの漫画で、麻雀シーンが本当にただのおまけにしか見えません。


・麻雀革命児シュート
主人公がマンション麻雀でフルボッコにされてストレスで嘔吐する話。
アツくなって自滅して引き際を失って負けに負けるというギャンブルの典型的破滅パターンがよく描けていると思います。
主人公は麻雀は強いですが勝負事には向いてないタイプですね。
それと「ロン、親満ですか?」「ですかじゃねーよ!」の下りがちょっと面白かったです。「~ですか?」はお兄ちゃんもフリー雀荘でアガったときに、初心者のフリをしてたまに使ってるらしいですが、トラブル回避のためにも自重するべきだと思います。


・ひるドラ
かほるさんが旦那さんと実家に帰省する話。
何よりもかほるさんの親戚の女性全員が、巨乳というか奇乳なのが凄まじいです。
胸の大きさが遺伝なら、努力ではどうにもならないですね。いや、別に私が貧乳とかそういう話じゃなくて。


・麻雀忍法帳
ツイてないときの鳴き方のコツについてのコラム。
今回で唐突に最終回です。マイナーな麻雀ぷろによる、デジタルにもオカルトにも媚びない中途半端な内容のコラムだったので仕方ないと思います。
内容自体は、不調のときは極力鳴きを避けて仕掛け倒れを防ごうというものでした。まぁ頑張ってください。
それと、「麻雀は4人で行うゲーム、自分の手でゲームを壊す事が最も嫌なのだ。」の下りは正に昭和の精神論プロといった感じです。そりゃあ意図的なチョンボやほぼ無意味なアガラスなんかは問題あるでしょうけど、「自分が鳴いて他家にリーチが入った」なんて偶然以外の何物でもないですよね。逆に、自分が鳴くべき牌をスルーしたおかげでテンパイが入らなかった人にとってはスルーされると迷惑になるわけで、結局何をしようとも誰かしらに迷惑がかかるという実に不毛な話です。


・ワシズ~閻魔の闘牌~
つばめ返し使いのバイニンが技を封印して真面目に生きていこうとする話。
ワシズ様の大暴れはちょっとお休みで、隼(後の鈴木)さんのターンです。
1話完結の麻雀漫画として文句なく面白いです。ハッピーエンドというにはあまりに衝撃的なラスト1ページも見所です。


・鬼ヅモ無双
織田信長の姪っ子の江さんが活躍する話。
江さんが徹底的に黒い女として描かれており、キャラ設定が明確で妙な安心感すらあります。
画力も必要十分で、4コマ漫画としても綺麗にまとまっています。
ただ、これらの評価と笑えるかどうかという点はまったく別の話ですが。


・むこうぶち外伝 EZAKI
江崎さんが振り込んだらアガった人に殴られるというルールの麻雀を打つ話。
2号ぐらい前の「シャモア~孤高の闘牌~」でほとんど同じルールの麻雀がありました。
暴力と麻雀を一番判り易く組み合わせると必然こんなルールになりますからしょうがないんですかね。
ボディ対策でベルトの位置をずらすトリックはちょっと面白かったですが、いかんせんルールの奥が浅すぎて盛り上がりに欠けてます。


・シャモア~孤高の闘牌~
滝沢さんが美少年を助けるためにカルト教団の教祖と対決する話。
教祖の手牌読み能力とか滝沢さんの逆転劇とか、何故そうなっているのかの理由が無さすぎて拍子抜けします。
いい意味でも悪い意味でも、ただ眼鏡美男子が麻雀を打っているだけの漫画です。


・ジャンケット
主人公が豚の餌になりかけたり大物にビビって勝負から降りたりアガラスしたりする話。
話自体はそこそこ面白いですが、コールだのAAだの、無駄にポーカー用語が会話に出てきてウザいです。
それと尖閣諸島問題は日本人なら知っておくべき問題なので皆さん勉強しましょう。


・トップ4割に挑戦
最強戦の準決勝で戦った福田さんに難癖をつけるコラム。
トップ以外意味がないというルールなら、イケメンの言うとおり確かにゴリ押しするしかなさそうですね。
これが普通のフリー雀荘でなら、ドラポン含めて仕掛けが3つ入っており、こちらはノミ手のリャンシャンテンなので、デジタル的には押すという選択肢すらありません。まぁフリーなら上家の55000点越えか下家の飛びで既にゲーム自体が終わってますけど。
ページ左下のおまけコラムは、イケメンの流れに対する言及。世の中の大多数のオカルト派にとっての「流れ」とは、ほとんどが「既に終わったことに対する結果論の終着点」ですから、イケメンただ一人が「僕は流れはこれこれこういうものだと捉えている」と言っていてもちょっと意味がないです。


・つぶやき広場
読者投稿コーナー。「勝ったら成績つけたくなるのはなんでだろ~」に1万円を進呈する竹書房はお金を舐めすぎです。福沢諭吉はもっと尊いです。


・負け犬のおたけび
キンオリ編集部の人が『中学生失格』の編集の人と麻雀を打った話。
とりあえず『中学生失格』のamazonの評価が低すぎて笑えました。
私は世の中のロリコン氏の夢を打ち砕くには十分な表紙を見ただけでお腹いっぱいなので、買う気も読む気もありません。
コラムの内容は麻雀で感じる不条理さへの愚痴みたいなもの。極めて普通です。


・近オリ式麻雀都市伝説
「ドラは出世の妨げ」。お下劣漫画定番の童貞ネタです。高校卒業以降の童貞は、存在それ自体がネタになる極めて不遇な世の中ですね。お兄ちゃんも齢24にして真性童て……おっと、誰か来たようです。


・広告ページ
3分の2が麻雀に欠片も関係ない包茎治療だの出会い系だので埋まっています。読者のニーズに合わせているつもりなのか知りませんが、麻雀打ちは舐められすぎです。



ようやく書き終えました。次は前号の近代麻雀です。天鳳?何ですかそれ?


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

>でも実際、麻雀ってどこが面白いんですか?
どこだろうね~。

>二階堂姉妹の歳って普通に三十路リーチぐらいなんですよね?
24の二本場と26の一本場だよ確か

>福沢諭吉はもっと尊いです。
今年点5ですでに6人の諭吉さんに別れを告げました。
しかも29のDTです。

No title

ちょっと前までなら、麻雀ってどこが面白いの?と言いつつも毎日天鳳をやってツンデレアピールが出来たのですが、今はガチで2ヶ月ぐらい天鳳をつけていないので何も出来ません。

あの姉妹は相当昔から祭り上げられている印象があったのですが、思っていたより若いですね。

取ったり取られたりできっちりゲーム代分負けるのが正しいお客の在り方ですね。
あんまり強者が点5に来すぎるとお兄ちゃんの月給が残りません。

その情報が本当なら今年中に魔法使いになれるわけですね。
ヒロポンなしで牌が透けて見えるようになったらご連絡ください。

No title

>もっと私に自由な時間とお金とお兄ちゃんの愛をください。
私も管理者様たちの兄妹愛を見たいですよ。
こちらで紹介されているのは麻雀関連のシビアな会話ばかりですが、肩を寄せあって暮らす仲のいい兄妹の心温まるやりとりはないでしょうか?

いつも拝見してます

はじめまして。
いつもこっそりと拝見しています!
これからも、更新楽しみにしていますね♪

No title

>斎藤さん
確かに現時点ではこのブログの様々な武器(「兄と2人暮らし」「女子高生」「鳳凰民」etc…)を無駄に封印している状態ですからね。
やる気が上がり次第何とかします。


>のぶのぶさん
はじめまして。これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yasuko329.blog25.fc2.com/tb.php/47-f2fb95bb

 | HOME | 

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビのプロ対局は日曜の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いしますm(__)m

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (40)
ジャンナビ(四麻) (60)
ジャンナビ(プロ対局) (65)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん