ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

近代麻雀感想・5

結局前回の感想以降まったくブログを更新してませんでした。前のブログでもたまに起こったのですが、「何かを書きたい」という文章欲が低下しているような状態です。まぁ過去の経験上、そのうち治ると思います。とりあえず近代麻雀の感想だけは真面目に書いていきます。


■近代麻雀 2011年1月15日号

・表紙

なに人かわからない顔立ちをした人鬼さんがメイン。裏表紙にもまったく同じ人鬼さんがいらっしゃいます。
どうもセガのMJ4の「近代麻雀CUP」をプッシュしているようですが、お兄ちゃんから「ゲームセンターは金持ちの遊び場だから行っちゃダメだよ」と言われているので、この大会に私が参加することはまずありません。


・巻頭特集
「私を麻雀博物館に連れてって」。要は麻雀博物館の特集。
「至高の守備」がキャッチフレーズのプロ協会の人が、この上なくどこにでもいそうなただのおじさんな点が印象的です。
博物館自体が面白そうなのは記事で伝わりますが、わざわざJRとタクシーを使ってまで行こうとは思わないのが残念です。


・野口恭一郎会長を偲ぶ
馬場プロが昨年お亡くなりになられた野口氏との思い出を語ったコラム。
功績だけを見ても相当麻雀界に影響を与えた人物らしいですね。
「むこうぶち」の劉さんといい、「ホッホッホッ」と笑う男性は大概大物だということがわかりました。


・HERO~逆境の闘牌~
市川さんからの謎の国士直撃の解決編。
市川さんが偽物だという証拠を語るシーンで、限定ジャンケンのときのカイジが船井を追いつめるシーンを思い出しました。
ひろさんの謎の行動の理由が次々に明かされるのは読んでて気持ちいいですね。
市川さんがほぼ偽物だと確定してしまい、次回で市川編が完結するみたいです。
勝負の方はお互いほぼ飛ぶ可能性がなくなってしまいましたが、どう収拾をつけるのか楽しみです。


・満潮!ツモクラテス
富良さんと五条さんによるガキの喧嘩対決の後編。
今号の最初の富良さんの手牌が、風王位戦の波溜さんの最初の手牌とほとんど同じだったような気がします。よっぽど作者のお気に入りの何切る問題なんでしょうかね。
ちなみにこの何切るは、1990年発行の天野晴夫さんの『リーチ麻雀論改革派』の時点で同じ解答(微妙に牌姿は違いますが)なので、知ってる人にとっては完全に化石レベルだったりします。

対決の方は、五条さんが悲観主義に陥って自滅していました。
「麻雀はよけいな事を考える人間が負けるようにできているからね」と、『リスキーエッジ』の松永さんも言っていたので、その通りの結果になっただけですね。
まぁその松永さん本人も後半よけいな事を考えて自滅してましたけど。


・グッドプレイヤーズ講座
落牌に関しての話。その怒鳴った人は9割方説教臭い40代のおじさんか理屈っぽそうな20代後半のピザ男です。てきとうですけど。
いずれにせよ、人の親切を無下にするような人は大抵ゴミのような考え方しか持てない人なので、極力スルーするのが無難ですね。


・第15回何切るアカデミー
満貫条件の何切る問題5問。例題は二階堂姉の緑一色決め打ち手順。
魅せる麻雀の人達はアガれずとも高目追求だけしてれば目的達成なので、たまに羨ましく思うことが……いや、ないですね別に。
何切るの方は初見では2問目が不正解でした。このタイミングで打一筒をセレクトするのは我ながらちょっと自棄になりすぎです。


・哭きの竜外伝
スッタンテンパイの眼鏡の打牌が情けないほど見逃され続けたり、目が死んでる裏プロのおじさんがすり替えをしたりする話。
国士見逃しとか連続カンとか、もはや常人には何が何なのかサッパリわからない闘牌になってきました。面白いのかどうかすらわかりません。
それと裏プロさんは、すり替えはともかく先ヅモはよくないと思います。これではグッドプレイヤーになれないですよ。

そして唐突に次回で最終回です。このままだと最終戦は竜さんの話を肴にしただけで、完全に主人公不在のまま終わってしまいそうですね。沖本さんもビックリの冷遇っぷりです。


・私利私欲!まあじゃん入門
賭け麻雀と賭博罪に関する話。確かにパチンコや競馬に比べて雀荘の扱いは酷いですよね。どちらも堕落した人間がやる不毛で非生産的な娯楽という点では同じだと思うのですが。
私が将来ピン東風で女雀ゴロをやるためにも、この委員会には是非頑張っていただきたいです。


・インスタントジョンソンじゃいのギャンブル生活
赤3手牌の何切る問題についてのコラム。
とりあえず赤6枚入りのフリー雀荘が怖すぎます。若者の街でそんな破戒的なインフレ雀荘が本当にあるんでしょうか。オチの大四喜放銃と合わせると、ますます作者の作り話と思えてしまうんですけど。
何切るの方は、私ならカンチャンチーで打六萬とします。勝負手なら、少しでも外側に近いタンキ待ちで待った方がいいと思うので。というかほとんどの人がこれを選びますよね。


・鉄火場のシン
主人公が錦糸町のマンション麻雀でフルボッコにされる話。話の展開が近代麻雀オリジナルの麻雀革命児シュートとほとんど同じです。まぁタネ銭が尽きてとっとと退散してたら麻雀漫画として成り立ちませんしね。
牌の力学(笑)のおじさんが実は思いのほかヤバい人だと判明。主人公の師匠格になる面倒見の良いおじさんキャラだと思ってたのでちょっと意外でした。


・雀くま
パンダ師匠と着ぐるみウサギが渋谷で対決する話。着ぐるみのうさタンがまるで可愛くないです。例えるなら、ディズニーのスティッチ的な可愛くなさです。話は逸れますが、スティッチのぬいぐるみを鞄に付けてる同級生の気持ちがまるで理解できません。あのキモい生物のどこに魅力があるんですか?
それはともかく、この4コマ漫画自体は、基本に忠実な普通に読める漫画でした。絵の上手さは置いといて。


・ムダヅモ無き改革 勃発!"神々の黄昏"大戦
小泉さんが国士リャンシャンテンを力技でテンパイにしてアガる話。初見の時点で「二索と九索じゃ竹の大きさが違うじゃん」と思ったのですが、見開きの神(ゴッド)盲牌のインパクトの前では些細すぎてツッコミにもなりません。
ちなみに麻雀打ちが日ごろ気軽に使っている「ロン」という言葉は、「万物の始まりと終末をあらわす神聖な言魂」らしいです。ものは言いようとは正にこのことです。


・バイヅケ!!
作者が原稿料を賭けて麻雀大会に参加する話。いつも通り「雀くま」の人と同レベルの落書き絵ですが、じゃいさんのウザさだけはよく伝わりました。
女性による落書き絵のノンフィクション麻雀漫画は西原理恵子さんが一応成功してますが、この人は毒が少なくて微妙な気がします。


・ガチンコ4すくみコラムバトル

1.最強位のとり方
『ロスを無くそう!』。2度受けに関してと、裏目牌でタンピン三色になるという何切る問題は超超基本ですが、最後の裏目牌でフリテン3面張になるという問題だけはちょっと珍しかったです。
しかし、最近はコラムというより初心者向けの麻雀講座になってる気がします。
元最強位に求められているのはたぶんこういうのじゃないと思います。

2.天鳳→リアル
『楽しい動画配信』。コラムの大半が「飽きっぽい私」に関してのもので、タイトルに偽りありです。
この人とは逆に、私は物事に飽きなさすぎる傾向があるみたいです。麻雀はクソゲーだと思いつつも止めずに続けてしまっていますし、「お兄ちゃん大好きー」なんて下手したら幼稚園ぐらいのときから言ってますからね。


3.麻雀アナログ必勝法
『トイトイ』。俺クラスの超上級者は鳴いてもいいが、青二才はスルーしとけやという話。相変わらず深い話をしているようですが、残念ながら私には寝言しか聞こえません。


4.もし女子高生が牌譜を見たら
『麻雀打ちに胸キュン!』。エクスクラメーションマークが多すぎて読んでて疲れます。こんな女子高生はラノベにしかいないです。
タイトルからして書いてるのはそこらのオッサンの可能性が高いわけですが、3号ぐらいで打ち切られると勝手に予想しておきます。


・第11回モンド杯
手役好きプロが場況を読み違えて小三元を逃した話。そういえばこの人の戦術本が完全に本棚の肥やしになってます。デジタル以外の麻雀本を買うときはよく読んでから買いましょうねという教訓をくれた人です。
このレポートの四筒ツモ切り選択は、いかにも麻雀ぷろ的な選択だと思います。連盟のベテランぷろなら全員これを選択するんじゃないですかね。状態やら勢いやらでたまにテンパイも取るんでしょうけど。


・麻雀小僧
沼井さんとの10万差しウマ勝負の初戦の後編。メンホンやタンピン三色を夢想しない、主人公の現実味溢れる闘牌は見ていて気持ちいいです。勝負師に必要なのは大物手を狙う想像力よりも、現実と冷静に向き合う心の強さです。今私いいことを書きました。


・キンマ大喜利
読者投稿コーナー。グレート巨砲さんはアルティマ否定派ですが、自動卓ゆとり世代のお兄ちゃんは、「アルティマでなければリアル麻雀を打つ気がしない」とまで言ってました。私が雀ゴロになる頃には、理牌まで自動でやってくれる超ゆとり版アルティマなんかが出ているといいなと思ってます。


・兎―野生の闘牌―
黒人のイケジジイに惚れた10代の少女があの手この手でジジイを陥落させようとする話。どんな漫画ですか。
表紙のアイディアは面白いです。最初見たときはこの影に気付きませんでした。
超人麻雀を繰り広げている2人に対し、完全に凡人化してしまった山口さんの奮闘ぶりが見所です。


・角刈りすずめ
麻雀のあらゆるものがタテになっている雀荘の話。いつも通りの変態雀荘です。
設定の細かさとシュールさはもはや職人芸というぐらいの、安定した面白さです。
見開きを使ったオチも予想の斜め上を行ってます。


・麻雀群狼記ゴロ
ブラフ鳴きで流れを変えた安斉さんが満貫をツモアガったり、イケメン2人がムダヅモ無き改革をしたりする話。
こういう安斉さんの鳴きは、「むこうぶち」では基本戦術の一つと化してたりしますけど、来賀さんの漫画では結構珍しいですね。現代の絞り?何それ?の自己中麻雀ではまるで通用する気はしませんけど。
イケメン2人の対決の方は、攻めだの受けだのと、腐女子の妄想を掻き立てる気満々なのが素敵です。ちなみにお兄ちゃんは誘い受けです。


・全国麻雀最強戦加盟店MAP
連盟の王位戦の結果とか上野のぷろが経営するお店のリニューアル情報とか。
そもそも前王位が荒好きイケメンでないことを初めて知ったぐらいタイトル戦に興味がないです。


・むこうぶち
派遣の若者がピンの手積み麻雀を打つ話。だいぶ前に人鬼さんにフルボッコにされた須賀さんが再登場。あまり記憶にないのですが、人鬼さんに九蓮宝燈をアガられてフリーターになってた人だったような気がします。
話の方は、手積み卓特有の自山記憶による闘牌。完全伏牌じゃない洗牌での手積み麻雀は、麻雀に見せかけた別のゲームですからね。正直いつものビンタ麻雀の方が読んでて面白いです。

須賀さんがレート倍の卓に移り、髭男に倍満を一発でツモられて以下次号。
魅力的なキャラがいない上に人鬼さんも出て来ないおかげでいまいち盛り上がりに欠けてます。


・我れ悪党なり
読みません。


・でかぴん麻雀入門
高レートの麻雀を打つ方法に関するコラム。高レート麻雀のメンツはマイナーな東風戦の店で探せとか、いっそ自分でプロデュースしちゃえとか、なかなか高難易度な提案をしてきます。私やお兄ちゃんクラスの守銭奴には、点ピンまででお腹いっぱいです。
それと西原さんのイラストが、これっぽっちもコラムに関係なくてむしろ清々しいです。


・タミーラの麻雀クイズ
読みません。


・ためになる麻雀用語辞典
回し打ちについて。数巡前の自分の思考を否定するということは自分の麻雀にブレがあるということなので、メンタル面での改善の余地が多分にあります……って、5コマ漫画にマジレスしてどうするんですか私。


・広告ページ
今更ですが、全店舗でスタッフを大募集しすぎです。お兄ちゃんも現在の給料を時給換算してガチ凹みしてましたし、雀荘業界はもう少し雇用対策をするべきだと思います。



ようやく感想を書き終えたので、心おきなく最新号が読めます。4日後には既に最新号じゃなくなってますけど。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

おぉ

凄い、詳細な感想ですね。

「ホッホッホッ」と笑う男性は大概大物。
言えてますね(笑)

No title

初めまして。たぶん占いページ以外は全ての感想を書いているはずです。
これからもよろしくお願いします。

感動しました

>私は物事に飽きなさすぎる傾向があるみたいです。
>「お兄ちゃん大好きー」なんて下手したら幼稚園ぐらいのときから言ってますからね。
管理人さんは一途で素晴らしいですね。
これからもその想いを貫いていただけると私も励みになります。

No title

初めまして。こんなただのブラコン女のつぶやきでも何かの励みになっているなら何よりです。
これからもよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: それにしても

ありがとうございます。
まぁ竹書房さんはこんなマイナーブログなんぞ存在すら知らないと思います。

相互リンクは喜んでお受けいたします。
今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yasuko329.blog25.fc2.com/tb.php/46-0520b092

 | HOME | 

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビのプロ対局は土曜の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いしますm(__)m

次回プロ対局募集予定日:8月19日(土)

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (40)
ジャンナビ(四麻) (69)
ジャンナビ(プロ対局) (69)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん