ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

近代麻雀オリジナル感想・2

新年あけまして最初の日記が近代麻雀オリジナルの感想です。もうあと4日ほどで最新号が出てしまいます。
年末年始は北海道の実家にも帰っていないためお年玉もありませんし、特に何もおめでたくありません。


■近代麻雀オリジナル 2011年1月号

・表紙

ダサいポーズをした七三高校生と、バックにいるモノクロの人鬼さんがメインです。
ということは、先月号の表紙のお兄さんも実は人鬼さんだったんですね。
線の細さがない天獅子先生の絵は思いのほか没個性的だということがわかりました。


・巻頭特集
月10万勝ちを実現する鬼オリ必勝法。簡単に言えばリーチに対してイーシャンテン以下ならオリとけって話です。
例題程度のオリなら私は何の未練も持たずに行えるので、わりかしメンタルは強い方かもしれません。
それと小島せんせえの回答が予想通りの時代錯誤っぷりで素敵だと思います。7巡目リーチで下の三色て。


・ナナヲチートイツ
父親に騙された男子高校生が謎の美女に売られて慰み者になる話。
M属性のある男性なら既にハッピーエンドで最終話なわけですが、この高校生はそうじゃないらしいのでここから話が続くらしいです。
内容自体は現時点ではただの2流エロ漫画なのですが、一索の柄のチャイナドレスとお父さんのサングラスの形状はなかなかハイセンスだと思いました。


・「鬼オリ」をマスターするための厳選何を切る!?
福地先生が作った何切る問題5問。
どれも良い問題なのですが、キッキー木山さんの描いた福地先生がいちいちムカつきます。
問1,2,4はオリの超基本で、これぐらいなら今の私でもデフォルトで行っています。
問3は無スジ端牌トイツを落としていくいかにも現代麻雀らしい選択で、問5はほぼ通る牌をトイツで落としてのテンパイ取らずという相当我慢強い打ち方が要求されるので、このあたりを瞬間的に出来るようになるとレベルアップ出来るんじゃないかと勝手に思っています。


・今どきの雀ゴロになるために!!
福地先生へのインタビュー。「場代分以上に勝てなければ実質的な場代を安くすればいいじゃない」という、マリーアントワネット的な考え方が平成の雀ゴロになるコツのようです。
私も高校を卒業した後はうっかり雀ゴロになっている可能性も否定できないので、今の内に勉強しておきます。


・牌王伝説ライオン
堂嶋さんと黒田さんの対決の最終局面。初期の『天牌外伝』で汚ギャルショップのおじさんが言ってた「博徒の究極の強さは負け面のよさ」を地で行く話でした。
展開がわかりやすい熱さで、読後感はなかなかスッキリしてます。内容もスッキリしているというのは禁句です。
それとラスト1コマのオチはかなり意表を付かれました。男の人が身ぐるみをはがされてもあまり誰も得しないと思います。


・シャモア~孤高の闘牌~
滝沢さんがカルト教団と対決する話。滝沢さんの無駄な博識ぶりと百人麻雀のアップテンポ感がいい感じに脳にキます。
麻雀は脳のスポーツとかたまに言われますけど、ここまでオーバーアクションだと普通に体のスポーツとしてもイケると思います。


・麻雀革命児シュート
主人公がマンション麻雀で苦戦する話。むこうぶち以外で「配原ビンタ」というフレーズを初めて見ました。
熊田さんのツモ切りリーチはもっともらしい理由がありますが、フリー雀荘のおじさんがよくやるツモ切りリーチは9割方何も考えていないと思われます。

主人公がツイてない初戦ラスで心が折れて3連敗、持ち金が尽きた所で金貸しの青木さんからの悪魔の誘い、で以下次号。
まぁ前号を見る限り主人公は普通にお金は沢山持ってるみたいなので、おとなしく家から持ってくればいいと思います。

しかし、第3話にしてこの展開の早さは何なんですかね。次号でサクッとマンション麻雀のリベンジが終わったら、もう何も描くことがなくなりそうなんですけど。
とりあえず「シュート~競技麻雀編~」だけは勘弁して頂きたいです。


・ひるドラ
人妻4人が昼間からまったりとコタツで麻雀を打つ話。とりあえず花田さんとかほるさんの体型がなかなか人外です。
内容自体は、日常の会話をうまいこと麻雀用語に例えてるだけの内容です。
上手く言えませんが、コンビニにおいてある4コマ漫画誌と同じような空気を感じます。内容の無さ的な意味で。


・二階堂亜樹のパッと見牌効率
裏目の牌の利用に関する牌効率と、連盟監修の麻雀本の宣伝。
裏目になったときにタンヤオや三色で使えるという効率は、そこそこ真面目に麻雀の勉強をしてきた人にとっては超基本レベルです。
実戦で頻発するかと言ったら全然ですけど、頭の片隅に置いておいても害はないです。

このコラムで宣伝している『イメージする麻雀観』は休日に本屋さんでたまに立ち読みしてますけど、買う気は1ミリもありません。
回答者5人全員が見事にオカルティなので、デジタル派にとってはお金の割に得るものがあまりになさすぎます。
ただ、デジタル否定発言の内容の陳腐さとわけのわからない流れ論は読んでてそれなりに失笑できるので、死ぬほど暇だけど遊ぶお金がないという人は立ち読みをすればいいと思います。


・バビィの捨て牌読み講座
小島せんせえのツモ切りリーチに関するコラム。「4枚目の六萬を引いたから七萬の出を期待してツモ切りリーチ」とか、確かに罠の臭いがプンプンして、七萬が本命になりますね。


・ワシズ~閻魔の闘牌~
満貫逆縛り麻雀の後編。隼さんの速攻がかっこいいです。これが後の鈴木になるのは明らかに無理があると思いますが、まぁアカギの世界とは別次元の話なので問題はないです。
話の方も、4カン流れで流局、と思わせておいて数え役満をアガって敗北、と思わせといて実は勝負前から既に決着がついていた……という、読者の予想の斜め上を行く展開は読んでて心地よいです。正にベテラン漫画家の為せる技といったところでしょうか。


・GAMBLER!
主人公が「トビありでしたね(笑)ルール」(仮)を利用して見逃しツモをする話。
確かにここまで飛び祝儀が大きいルールなら、ある意味合理的な戦略かもしれません。
「人間味の薄い主人公が強すぎて負ける気がしない麻雀漫画」は、既に人鬼さんやアカギさんが成功しているジャンルなのですが、いつ打ち切られてもおかしくない地味な雰囲気がこの漫画の特徴かもしれません。
先月号の感想でこの漫画を華麗にスルーしていたのは完全に素です。


・ジャンケット
主人公が3対1の不利な麻雀で苦戦する話。
敵側の動揺を誘うためとは言え、相手の性癖暴露とはなかなか主人公も鬼畜なことをしてきます。敵側の3人中2人が特殊性癖持ちなのは自業自得な感じもしますけど。
8巡目国士テンパイによる決着はちょっと無理やり感が出てますが、次号への引きは悪くないと思います。


・むこうぶち外伝 EZAKI
野上の秀との対戦の後編。第一打赤5筒切りによるブラフや、赤5筒切りの3筒釣り出しは、正に「むこうぶち」といった感じの戦術で、それだけに最終局面の赤のみ2000点が際立った印象を与えます。
秀さんに加えて劉さんまで出てきて、完全にむこうぶちの同人誌と化してきました。


・麻雀忍法帳
字牌の暗刻があるときの鳴きに関するコラム。役牌暗刻落としでリーチに凌げるというのは当然ですが、ドラを何枚引いても使い切れるという考えは思いつきませんでした。
「状態が良くなっていけば~」とか「ツモ山を変えてしまう~」とか、端々でオカルト発言が出てきますが、コラムを読む限り、この人はオカルト雀士の中では比較的まともな方だと思います。


・トップ4割に挑戦
最強戦での何切る問題の解説と亜空間の人についてのコラム。
この何切る問題は近代麻雀の方でネマタさんのコラムでも取り上げられていました。1問目の打一筒は、オカルトイケメンと超デジタルのネマタさんが、回りまわって同じ回答になったのはなかなか面白いと思いました。
亜空間の人は、相当生き急いだ感のある人みたいですね。10代後半にして既に枯れ始めている私も見習いたいものです。


・つぶやき広場
読者投稿コーナー。「したくもないのにマネマンしてるのなんでだろ~」という、つまらないと書くこと自体が無意味なネタで1万円を貰えるのがどうしても理解できないので、これは竹書房の自作自演なんだと勝手に思い込んでおきます。


・負け犬のおたけび
編集部の人が漫画家と高レートセット麻雀をした話。
こういうしょうがない国士放銃は気にしないのが一番です。ここでメンタルがぶれるかどうかが勝ち組と負け組の差だと思います。よくわかりませんけど。
ちなみにお勧め本の『君がオヤジになる前に』は休日に本屋さんで立ち読みしています。役に立つかはともかく、堀江さんの人生観がよくわかる本です。


・近オリ式麻雀都市伝説
「西南は災難」という都市伝説について。
前号同様お下劣4コマですが、ツッコミがちゃんとしているだけ前号よりはマシです。


・広告ページ
雀荘と 包茎治療と 出会い系 (5・7・5調で)



次回の更新は前号の近代麻雀の感想になると思います。感想が完全に後手後手に回っているのは仕様です。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

麻雀の現時点での社会的評価を考えると麻雀すること自体が
すでにデジタルアウトだと思うのですが、その辺デジタルJKはどう考えられますか?

No title

私もそう思います。まぁ将来的に麻雀の社会的評価が上がった場合、それなりに実力がある方が素敵じゃないですか。
ちなみに私の場合は今更他の趣味を1から始めるのが面倒くさいだけです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yasuko329.blog25.fc2.com/tb.php/45-70cdc413

 | HOME | 

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビのプロ対局は土日の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いしますm(__)m

次回プロ対局募集予定日:10月29日(日)

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (46)
ジャンナビ(四麻) (72)
ジャンナビ(プロ対局) (74)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん