ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

第73話『蜜の味』 ヤスコ-鳳南に降り立ったJK-

http://tenhou.net/0/?log=2012072613gm-00a9-0000-22aa404d&tw=3

2012072613gm-00a9-0000-22aa404dtw=3ts=2.jpg

靖子(以下妹)「九段サマの中膨れシャンポンリーチです!」

正義(以下兄)「さすがにリーチはやりすぎだろ。安めの西でも6,400あるんだし、一手変わりでメンホントイトイ三暗刻のダマッパネになる」

妹「四暗刻というフレーズを使わないあたりはさすが夢の無さに定評のあるお兄ちゃんですね」


2012072613gm-00a9-0000-22aa404dtw=3ts=2_20120726142749.jpg

妹「フッ、私はこの手牌においての最速ハネ満の手順を踏んだだけですよ」ファサ

兄「ラス牌の高めで和了るとかどんだけだよ」




2012072613gm-00a9-0000-22aa404dtw=3ts=10.jpg

兄「これはハッキリと手順ミスだな。ポン材残しで1筒か5筒を切るのが正解」

妹「1枚切れの2筒か0枚見えの4筒のどっちの受けを残すか迷ってしまって、中途半端な選択をしてしまいました」

兄「んー、親の現物の1筒を残しつつスジ引っ掛けにもなる5筒切りが俺の好みかな」

妹「わかりました。お兄ちゃん好みの女になれるように頑張ります!」

兄「いや、ぶっちゃけ貧乳眼鏡っ娘JKとか正直ドストライクだから大丈夫だ。できれば血の繋がった妹じゃなければよかったんだけど」

妹「DNAレベルで否定しないでください!」





人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

コメント

西の出アガリ期待してリーチでも悪くないとは思いますけどまぁダマですよね。まさかの7s一発ロンでしたけどw


むしろ妹だからこそいいんじゃないんですか・・・

「どうせ手変わりする前に西ぐらい出るだろうから、それならリーチで満貫にした方がお得やん?」
という恐ろしい強欲発想でぶん曲げましたが、さすがに次からはダマりますw

お兄ちゃんは近親の背徳感による快楽を見くびってますよね。

お兄ちゃんとの間にもし子供ができたら,二人の麻雀の才能に遺伝的な異常が加わり,それこそアカギのような天才が誕生するかも知れませんね・・・

最初のリーチは凄いですねw

貧乳眼鏡っ娘JKで萌えない奴は人間じゃないです。
照れた時の表情見たら、私は死にますね。

>名無しさん
どう考えても西園寺兄妹は凡人なので、
遺伝的な異常が生じてもニセアカギ程度の凡夫しか生まれない気がします。

>マサキさん
「字牌シャンポンは良形」と偉大なるとつげき東北氏も言ってたので、
基本的にほとんどの状況で即リーしてしまいますw

世間一般ではJKはともかく貧乳と眼鏡っ娘は日陰の分野なので、
今後もニッチなジャンルを攻めていきます。
私の照れ顔は基本お兄ちゃんにしか見せないので、
頑張って他の方を探してください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yasuko329.blog25.fc2.com/tb.php/344-9223982e

 | HOME | 

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビのプロ対局は木曜か日曜の20時から不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いしますm(__)m

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (40)
ジャンナビ(四麻) (53)
ジャンナビ(プロ対局) (61)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん