ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

近代麻雀感想・41

注意!
こちらの記事は近代麻雀の最新号の感想を口の悪いJKが書いたものですが、
感想を書く気がしないコラムや記事は存在自体ないものとして華麗にスルーしています。
麻雀プロ団体や20年間無敗の人の最新情報を知りたい方は自力で何とかしてください。


■近代麻雀 2012年7月15日号



・表紙
ライジングサンを決める真田さんがメイン。
「この国は俺が護るッ!!」と言いながらも、
現在の対戦相手は日本の内閣総理大臣というのはなかなか高度な皮肉ですね。

★★☆☆☆


・鉄火場のシン
シンヤ君のリーチ攻勢を陣内さんが上手いこといなす話。
いきなりシンヤ君がリスキーエッジの吉岡さん並のリーチマシーンになりました。
「原作:荒ジャスティス」の得意パターンなんだと思いますが、
いかんせん単調になるのはどうしようもないです。

それと、対戦メンツの中で主人公だけが喫煙者というのは
麻雀漫画においてはちょっと珍しい気がします。
タバコはオツムの回転が悪くなるから云々と
伝説の凡作漫画『ヘイハチ』の主人公も言ってましたよ?

シンヤ君のオーラスリーチをうけて、陣内さんの切り番で以下次号です。
捨て牌を見る限り、敢えてリャンメンを嫌ったノーチャンスのカンチャン4萬待ちあたりで
陣内さんがメンタン一発の5,200を放銃してしまいそうな雰囲気が漂ってます。

★★★★☆


・鉄鳴きの麒麟児
鈴司さんがネト麻で鍛えた守備技術を駆使するも苦戦を続ける話。
こういう現実感のあるレートでアワアワする漫画は麻雀雑誌を謳うなら1つは必要ですよね。
最初はテンピンのメンバーだったまー坊も、今や万単位の麻雀を打っちゃってますし。
現実的な闘牌とテンポの良い展開はやや地味ながら読んでて気持ちいいです。

和了による収支を「日払い派遣1日分の給料と同じ」と例えるのはなかなか上手いと思います。
世の中の大半の打ち手にとって、千点100円ご祝儀1000円の麻雀は高レートだということがよく伝わります。

それと、ネト麻強者のはずの主人公が、
タネ銭の少なさのせいでメンタルがボロボロになっている描写は非常に上手いと思います。
デジタル雀士が「オーラもないオッサン」とか言ったら完全に死亡フラグです。

★★★★★


・麒麟児の一打
麒麟児その1鉄守備
『魔人の守備』。現代における「牌の絞り」の重要性について。
例題の場況を自身が闘牌監修をしている『鉄鳴きの麒麟児』と合わせてくるのは良いですね。
一見手抜きに感じられますが、漫画の戦術の説得力をコラムでフォローするという点で非常に合理的です。
内容自体は「早い巡目に切った牌の外側は通る」というありふれたものですが、
これを実戦で実行できれば失点はだいぶ減ると思います。

麒麟児その2鉄鳴き
『超速の鳴き』。三面張含みのイーシャンテンと後付けテンパイの比較について。
西園寺家のDNAは脳が命令する0.5秒よりも早くポンテン・チーテンを取るまでに進化してるので、
これはもう圧倒的なレベルで鉄チーです。
むしろ条件戦以外でこれをスルーする感覚がもはや私の中にありません。

麒麟児への道
作者が三鷹市の雀荘からの挑戦を受けた話。
マジレスすると配牌の良さと実力はあまり関係がない気がしますが、
なかなかハイテンションで面白かったです。
それと第一印象で幸薄そうと思われたメンバーはちょっとかわいそうだと思いました。

★★★★☆


・兎―野生の闘牌―
D・Dとヴィヴィアンの最強コンビの力を見て武田さんの心が折れた話。
おそらく武田さんは心は折れておらず真の覚醒の前段階なんでしょうけど、
瞳孔開きっぱなしの武田さんがなかなかキモいです。

闘牌の方は、「不合理に打てなくなってきている」と言いながらも
ユキヒョウさんが切った5萬でタンヤオドラ2の親の7,700をロンしなかった
ヴィヴィアンさんの打ち方は十分に不合理だと思います。
単行本で修正できるんですかこれ?

★★★☆☆


・ぴんきり
和美さんが仕事師の存在に気付き対策を講じる話。
山場も何もなく登場人物たちがダラダラと会話してるだけの回でした。
会話自体もしょぼい薀蓄や無駄台詞が多く、間延びしてる感が否めません。

★☆☆☆☆


・ムダヅモ無き改革~獅子の血族編~
鳩山さんがファイヤー立直対策をしたつもりが返り討ちに遭う話。
対局中にリバーブローをしたりミュージカルが始まったりと、
いつも通りハイテンションでした。
麻雀の必殺技の解説で「弾着予測」「対空防御」などいう単語が出てくるのは、
今一度冷静になって考えてみるとやはり頭おかしいです(褒め言葉)。

★★★★☆


・病葉流れて―泡沫の闘牌―
菩薩パワーを得た梨田さんがレフティさんに反撃する話。
ぶっこ抜きをされたことに気づいてもいない梨田さんに放銃してしまう
レフティさんが絶妙にダサいです。
そしてその際の梨田さんの「おっおおおおっロン」という
謎の慟哭があまりにシュールです。

闘牌の方は、『東大を出たけれど』であった「和了らずのポン」の牌姿や
柔軟なテンパイ取らずの選択など、なかなか見所は多いです。

梨田さんの反撃にレフティさんがイラつきつつ次号最終回です。
伏線も特にないですし綺麗にまとまるとは思いますが、
あまりにあっさりまとまりすぎて記憶には残らない漫画になりそうです。

★★★★☆


・ろんばけ
真子さんが妖怪の世界に足を踏み入れる話。
主人公が喰えない性格すぎて萌えることも感情移入することもできません。
笑いどころもシリアスシーンも中途半端で、
現状では何がしたいのかまったくわからない状態です。
とりあえず今号の見所はJKの宙吊りパンチラシーンのみです。

★☆☆☆☆


・HERO アカギの遺志を継ぐ男
道産子コンビのすり替えの正体を見破ったひろさんが反撃の準備をする話。
1ゲームの間でひろさんに手が入りすぎじゃね?という疑問はありますが、
そこはまあイケメン主人公補正ということで納得しましょう。

今回は道産子コンビのすり替えの解説とひろさんの仕込みの準備回なので
盛り上がりはさほどありませんが、
来月の反撃編に向けて程よくざわざわ感が高まってると思います。

おそらく次回、ひろさんがコンビのパスの邪魔をして
9筒を自分の手牌に加えて清老頭を和了るのだと思いますが、
具体的な方法は検討がつかないので1ヶ月ほどお待ちください。

★★★☆☆


・麻雀小僧
まー坊が3対1の包囲網を突破したり田中さんが客船の麻雀の参加の糸口を掴んだりする話。
まー坊は無双状態になってもカッコカワイイので素敵です。
トドメの和了りが2副露のドラ含みダブルバックでも許されるのは愛され系主人公の証拠ですね。
どこぞの麻雀飛竜伝説だと主人公が出てくるだけでスレが荒れだすのにえらい違いです。

まー坊無双と同時進行で田中さんの方の話もだいぶ進んできました。
師匠の小池さんの優しさと田中さんの麻雀に対する真摯な気持ちがなかなか熱いことになってます。
これは『ダイナマイトダンディ』みたいに田中さんが主人公の座を奪う展開がワンチャンありますよ。
そうなった際はまー坊はヒロインポジションにでも入ってもらえばシックリくると思います。

★★★★★


・むこうぶち
雀ゴロ3人がそれぞれミスをして人鬼さんが仕上がってしまう話。
3人のうち誰か1人ぐらいは浮きに回るのかと思ったら全員が惨敗でした。
もうこの3人は本編に出てくることはないんでしょうね……。

闘牌の方は、橋場さんは手なり手順での裏目なので仕方ないですが、
他2人はウマぶった打牌選択ゆえの和了逃しなので自業自得感が漂いまくります。
三者三様のガ━━(;゚Д゚)━━ン!!の表情がなかなか面白かったです。

★★★★☆


・第20回燃えよ!!青龍會
チートイツのシャンテンと普通手の分岐点での何切る問題。
まあまあ面白い3問ですが、私の回答が全部チャイニーズと被ったのは個人的に解せません。

そしてオチの矢沢晴男さん登場はちょっと意表を突かれました。
近麻読者で牌玉戦法ネタを知ってる人なんて全体で半分もいないと思うんですけど、
こんな1ページコラムまで入念に読んでるマニアックな読者に限定するなら
7~8割ぐらいは知ってるのかもしれません。

★★★☆☆


・実戦によく出る100の基本
読者参加型懸賞クイズ。
前号の問題はホンイツに行かず手なり進行が正解とのことなので、
前回の感想での私の回答は見事にハズレでした。
しかし福地さんの解説はメンホンチートイ狙いがダメだとしか書いておらず、
私は12348筒と發の鳴ける牌は全部鳴いて他家を足止めしつつ、
力技でテンパイ流局、あわよくば和了るというスタンスなので、
一概にダメとは言えないんじゃないかなあと強がっておくことにします。

今号の問題はメンツ候補が足りてない状態で中膨れ形を鳴くかどうかという問題です。
これはクソ鳴きガターの私でもスルーします。
門前で満貫まで見える手牌をこの巡目で1,000~2,000点程度に決めてしまうのはさすがに悪手だと思います。

それと、この企画の当選者発表は前号の応募者を次号で発表する形式なのですが、
応募締め切りが最新号発売の5日ほど前なのに可能なんですかね?
印刷・出版を相当な無理なスピードで行わないと間に合わない気がするんですけど。
某大型掲示板でこの当選者は捏造なんじゃないかみたいなことが書かれてたのを見て、
無垢なJKの私としてはちょっとだけ気になりました。

★★☆☆☆





人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

コメント

今回はバードさんお休みですか?

バードさんはお休みでした(;д;)

タイゾーが更にお荷物臭を上げてきた背景にはアノ
件が関わってるだろうね
このままポッポに消し飛ばされて感動のご逝去とならないかな
HEROの4枚立てカンツを見るとアカギのタンヤオドラ2を思い出すが、まさか・・・

田中ちゃん主人公まー坊ヒロインで国枝との三角関係ですか。一部には売れそうです。
脇にコウやタミーでも入れますか。
キューピッドに野口さんや沼井さんがいれば完璧。

>ピヨ鬼さん
タイゾーさんのお荷物化とリアルの出来事の関連はさすがに深読みし過ぎな気がしますw
確かに3副露4枚同種牌持ちはどこかのまるで白痴の人との闘いを彷彿とさせますね。
上手いことストーリーと絡むと鳥肌モノです。

>表裏裏さん
まあ同人としてなら夏コミにでも行けば3冊ぐらいはありそうな内容ですねw
カップリング的にはまー坊×タミーの組み合わせが、ひろ×赤木的な感じで自然だと思います。

鉄鳴きの麒麟児は東風戦の慌しさが感じられて好きです。学生時代に興味本位で打ちに行ったことが何度かありますがかなり緊張しました。
やっぱピン東って普通の人からすると高いですよね。

リンク先見て初めて知ったのですが、隆さんて「悲運の哀戦士」だったんですね。
ガンダムっぽいw

ピン東風はある程度リアル麻雀慣れしていないと雰囲気に飲まれてしまうらしいですね。
お兄ちゃんが言ってました。

悲運の哀戦士のガンダムっぽさはもはや完全にネタですが、
個人的には孤高の博狼牙さんのイミフぶりも見逃せません。

感想が上がると、あ立ち読みにいかにゃあと思いますので大変重宝しておりますw
ところで、せっかく太字にしてある「無垢なJKの私」に、どなたも触れられていないのは優しさなんでしょうか、何かのプレイでしょうか?

竹書房の経営が危ないらしいので懐に余裕があれば買ってあげてください。
ウチのアフィからじゃなくても全然いいですからw

このブログの訪問者様はよく訓練されているので、
「無垢なJK?当たり前じゃん」と思いつつMの私のために放置プレイをしてくれているのです。

牌玉戦法ってフレーズを聞くともう梅雨だなぁって感じがしますよね。

そんな季節の風物詩になるほど晴男さんは有名人なですかw

表紙の真田さん「この国(竹書房)は俺が護る!」って言ってますよね。かっこいいです。

なるほど、そんな解釈もできますか。
しかしムダヅモが頑張ってメジャー漫画になってしまうと
色んな方面の圧力が強くなる気がするのでほどほどでいいと思いますw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yasuko329.blog25.fc2.com/tb.php/312-3ea4e566

 | HOME | 

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビのプロ対局は土曜の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いしますm(__)m

次回プロ対局募集予定日:9月23日(土)

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (42)
ジャンナビ(四麻) (72)
ジャンナビ(プロ対局) (72)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん