ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

近代麻雀感想・39

注意!
こちらの記事は近代麻雀の最新号の感想を口の悪いJKが書いたものですが、
感想を書く気がしないコラムや記事は存在自体ないものとして華麗にスルーしています。
麻雀プロ団体や20年間無敗の人の最新情報を知りたい方は自力で何とかしてください。


■近代麻雀 2012年6月15日号



・表紙
ドヤ顔でリーチ棒を出す人鬼さんがメイン。
ゆるふわ愛されパーマに上目遣いにアヒル口と、
無駄に女子力が高い人鬼さんが素敵です。

人鬼さん以外ではバードさんに真田さんに梨田さんと、
なかなかのイケメン主人公勢が揃っています。

★★★☆☆


・病葉流れて―泡沫の闘牌―
梨田さんがテコのぬくもりを捨てて菩薩とサカる話。
単行本第1巻発売記念の巻頭カラーなのはいいんですけど、
色つきで菩薩さんとの濃厚なセクロス描写は正直お腹いっぱいです。

とにかく今回はひたすら菩薩さんとのセクロス回でした。
ただでさえ電車内で近代麻雀を読むJKは奇異な目で見られるのに、
今回はいつも以上の羞恥プレイが堪能できました。勘弁して下さい。
特に後半の丸1ページ使った万札をまき散らしながらの後背位は
完全に漫画ローレンス(※リンク先エロ注意)の世界でした。

麻雀パートもあるにはありましたが、
今回は圧倒的菩薩回なので闘牌には触れないことにします。

★★★☆☆


・麒麟児の一打
麒麟児その1鉄鳴き
『超速の鳴き』。赤牌ありルールにおける鳴き判断について。
完全にクソ鳴きガターになってしまった今の私には
これを鳴かない選択肢が思いつきません。
赤含みの喰い変えに関しては、
テンパイしたら鳴きをOFFにするクセのある人は気を付けないといけない所です。

麒麟児その2鉄守備
『魔人の守備』。守備を意識した鳴きについて。
「裸単騎はリーチより安全度が高い」はガチで名言だと思います。
「リーチしてたから振るのはしょうがない」は甘えです。リーチをかける前に鳴いとけと。
例題も地味な内容ですが覚えておいて損はない良問です。

麒麟児への道
東南戦に慣れると鳴きの反応が鈍ってしまうという話。
この漫画の牌姿は東南戦でも鳴きが正解でしょうけど、
シビアな場に身を置き続けてないと鳴き判断が甘くなるというのは同意です。
鳳東にしか出没しない一部のバケモノ勢はこのことをよくわかってます。
私は雀力を上げることより段位を上げることの方が大事だと思っているので鳳東は打ちませんけども。

★★★★★


・バード 雀界天使VS天才魔術師
バードさんの天和がまさかの不発に終わる話。
遂に天羽院姉妹の一角の濡れ場ですよオクサン!
病葉⇒バードの連続セクロスは確実に近麻編集の悪意を感じます。

男にしか勃起(エレクト)しないはずの不破さんが、
バードさんのお陰でちゃんと女性にも勃つようになって良かったですね。
ED治療にはイケメンの驚き顔がいいそうです。※ただし狂人に限る。

まあ不破さんが読者サービスで男色家設定を捨てたとも思えないので、
実は天羽院姉妹は元男性だったというムーもびっくりのトンデモ説を提唱しておきます。

濡れ場感想で行数を使ってしまったので、
天和不発の闘牌シーンの感想は省略させて頂きます。
病葉に引き続き、もはや麻雀雑誌としてのレビューを完全に放棄しています。

★★★★☆


・ろんばけ
アホ毛貧乳セーラーJKが妖怪との麻雀勝負に駆り出される話。
ここ最近の近麻にはなかった正統派萌え主人公です。
こういうのはユキヒョウのJSティクビを解禁したという噂の近オリでやればいいんじゃないですかね?
近麻におけるライトな絵柄のファンタジー路線は、
少し前に打ち切られた『卓上のコビト』を彷彿とさせて嫌な予感がプンプンします。

内容の方はグダグダと今後の勝負の説明をしただけで終わりでした。
ギャグも勢いが弱く、今のところあまり期待できない感じです。

★★☆☆☆


・鉄火場のシン
シンヤ君と耕平さんが陣内さんに挑む話。
遂にシンヤ君が父の仇の陣内さんと初対面しました。
陣内さんはボスの風格が漂うなかなか良いビジュアルだと思います。
麻雀シーンも主人公側の様子見リーチに対して
不気味な打ち回しを見せる陣内さんがいい感じで、
緒戦ながら今後の展開に期待が持てます。

★★★★★


・ぴんきり
金田先輩がある決断を和美さんに伝える話。
いつも通りマンション麻雀の薀蓄を垂れつつメインは感動路線でした( ;∀;) イイハナシダナー
取り立てて面白いというわけでもないですがツッコミどころもなく綺麗にまとまってます。
もういっそこれで最終回でもいい気がします。

★★★☆☆


・ムダヅモ無き改革~獅子の血族編~
真田さんが新必殺技で鳩山総理から直撃を取る話。
なるほど、圧倒的な画力で『ノーマーク爆牌党』の爆牌を描写するとこうなるんですね。
かっこいいかどうかは微妙な所ですが勢いだけは文句なくナンバーワンです。
ちなみにこの技のタネはおそらく、
牌をツモるのと同時に対面の鳩山総理のツモ牌を轟盲牌で白に変えるという内容だと思います。
無茶やろとかありえへんとかそういうツッコミは今更誰からも言われないのがこの漫画の強みです。

★★★☆☆


・むだづもっ!!!
三頭身のムダヅモキャラの学園4コマ。
つまらない上に圧倒的に中身がないです。
巷で溢れている日常系萌え4コマを皮肉るのが目的ならば
それは成功していると思います。

★☆☆☆☆


・HERO アカギの遺志を継ぐ男
ひろゆきさんが遂に敵コンビのトリックに気付く話。
「右手の絆創膏」と「煙の揺らめき」が決定的なヒントらしいです。
よく見るとニット帽の男の左手にも絆創膏が描かれてますし、
卓の下で牌を投げ渡してると考えるのが妥当でしょうか。

そこそこ面白いのは確かですが、月1連載にしては展開が遅いのがややネックです。
まあ兄弟スピンオフ作品の某闇に降り立った天才氏に比べれば100倍早いですけど。

★★★☆☆


・3年B組一八先生
訴えられたら負けるレベルでどこかの教師に似ている教師が不良生徒を麻雀で指導する話。
主人公が完全に出オチのためにギャグ漫画としての笑いどころは少なめですが、
センス自体は悪くなく絵も見やすいです。
短編の読みきり漫画としては文句は付けようがないです。

★★★☆☆


・麻雀小僧
まー坊が3人同時の差しウマ対決で苦戦する話。
前回までの若手選抜編に続き、まー坊が相変わらずリスキーな提案をかましました。
あんまり主人公補正で調子に乗ってるとそのうち痛い目に遭いますよ?
主人公が作者の手に負えなくなっていつの間にか主人公が入れ変わってることなんて
麻雀漫画ではよくあることですから(例:天-天和通りの快男児-、ダイナマイトダンディ)。

麻雀パートではある意味自業自得で苦戦していました。
もはやまー坊のメンゼン手牌は雑魚相手以外だと死亡フラグにしか見えません。

★★★☆☆


・むこうぶち
1戦目が終わり人鬼さんのツキ具合を雀ゴロ3人が必死に考える話。
雀ゴロ3人がそれぞれ独自の対人鬼さんの対策を考えていますが、
橋場さんの「ぼくわるいスライムじゃないよ作戦(仮名)」
群を抜いてヘナチョコすぎて泣けてきます。
今回のメンツで唯一人鬼さんと2回戦ってるキャラなので心までヘタレてしまってます。

内容の感想としては、
「ナガレがある世界で打ってる雀士は考えることが多くて大変ですね」で片付きます。
まあ一打一打を同卓者全員に執拗に観察されて
ニヤニヤしてる構ってちゃんの人鬼さんが楽しそうなので何よりです。

ここ最近のむこうぶちにしては結構長いストーリーになってますが、
次号でヘタレの橋場さんあたりが人鬼さんの清老頭の餌食になってラストだと予想します。

★★★★☆


・第18回燃えよ!!青龍會
ナガレや調子の悪さを感じたときのちょっとした亜空間チーについて。
私の知り合いに鳴き率が異常に高いのに和了り率はイマイチな打ち手がいるのですが、
その人はむこうぶちを全巻揃えるほどの熱狂的人鬼ファンなので
こういうわけのわからん仕掛けを日常的にしてるんじゃないかと勝手に思っています。

★☆☆☆☆


・実戦によく出る100の基本
読者参加型懸賞クイズ。
前号の1巡目後付けポンはスルーが正解でした。
福地さんがダンサーになるまでは信者だった私ならば当然ですが、
今回まで余裕で全問正解中です。

そして、この問題の正解者の賞金獲得確率は10/32だったそうです。
つまりハガキを出した正解者の賞金獲得期待値は1562.5円なわけで、
ハガキ代50円を差し引いても大幅に期待値プラスです。
さすがの私も面倒くさがらず送らなければいけない気がしてきました。

今回の問題はハネ満愚形テンパイの手で加カンをするかどうかというものです。
えーっと、こちらは大物手のテンパイですから、
ツモ回数を1回でも増やすために自己都合で加カンするのが正解……なんですかね?
情けないですが今回は自信がまったくないです。

★★★☆☆




人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

コメント

不破さんは男にしか反応しないけど,反応した後のはけ口は何でもよかったんですね,きっと。

隣にいたもう一人の方とヤるのは,さすがの不破さんもためらわれたのでしょう。

麻雀を数年やってきても、病葉流れての様に女とイチャイチャした記憶がないんですけど!
むさ苦しいオッサンらと朝まで麻雀打って「3万負けか……」って展開しかないですよ!

多分本来はもんたが掘られてた。
それを編集部が病葉と合わせてエロ路線にした、はず。おのれ竹書房!

不破さんは両性にエレクト出来るようになれば蛇の高みに近づける

バードに反応→はけ口は瑠璃、の流れはまあ認められるんですが
それに瑠璃が慣れているように見えるのが疑問でした

しかし、姉妹は兄弟(戸籍的にも竿的にも)だった説で解決しました
さすがです!

あとブログの件、ご指摘ありがとうございましたー

今回初めてそこそこまともにコンビニで立ち読みしました(`・ω・´)
あれ、ホリエの感想がない・・・(´・ω・`)
萌え系のそれらはきっと別にギャグの積りでやってないでしょうから個人的には好印象でした。多分。

裸単騎はリーチより安全度が高い、は至高の名言ですね。読んでて「おおっ!」て思いました。

セットでドヤ顔で言いたい台詞ですね。

>名無しさん
さすがにみの○んたとの濃厚な絡みは誰得すぎますし、妥当な判断ですね。

>マサキさん
あら、お久しぶりです。
とりあえず高レートで和服の美女の前でイケメンな麻雀を打つことから始めましょう。
オッサンと打っても何も生まれません。

>顔2さん
確かにもんたとやるのが自然な流れのはずですね。
まさかここにも竹書房の陰謀が隠されていようとは予想外でした。

>メガネ部長さん
日常的に不破さんがこの行為をしているとなると、
さらに敵キャラとしての嫌われ度が増すことになりますね。
昨今の男の娘ブームに乗っかった青山先生の感覚は流石だと思います。

>ななしさん
ホリエスルーは意図的です。
あれはもう私の中で終わった漫画です。

>ふたつきさん
よく考えれば当たり前のことなのですが、
ここまで明確に言い切った渋川さんはすげーと思います。
セットだと面白みがないので、
フリーで裸単騎で出和了りした際に指一本で倒牌をしつつドヤ顔で言うことをオススメします。
その後のトラブルには一切の責任は持ちませんけども。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yasuko329.blog25.fc2.com/tb.php/287-75adc4b9

 | HOME | 

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビ四麻:六段
ジャンナビ三麻:六段
天鳳四麻:六段

ジャンナビのプロ対局は日曜の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いします。

次回プロ対局募集予定日:11月26日(日)

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (49)
ジャンナビ(四麻) (72)
ジャンナビ(プロ対局) (76)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん