ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

近代麻雀感想・38

注意!
こちらの記事は近代麻雀の最新号の感想を口の悪いJKが書いたものですが、
感想を書く気がしないコラムや記事は存在自体ないものとして華麗にスルーしています。
麻雀プロ団体や20年間無敗の人の最新情報を知りたい方は自力で何とかしてください。


■近代麻雀 2012年6月1日号



・表紙
謎のアングルのアカギさんと顔面真っ青な鷲巣様がメイン。
バードさんやシンヤさんなどの中堅漫画に押されて
人鬼さんの姿が完全に消えた点が見所です。

★★★☆☆


・付録
『麻雀プロ試験2012』。連盟・協会・最高位戦のプロ試験の過去問です。
まだちゃんと読んではいないのですが、パラパラとめくったら
『前田敦子』『フライングゲット』などの解答が載っていました。
どうやらAKB48について知っていることが今の麻雀プロの条件らしいです。大変ですね。

★☆☆☆☆


・バード 雀界天使VS天才魔術師
バードさんがエロ姉妹の謎を解くきっかけを掴む話。
いきなりイカサマなしの三件ダブリースタートです。
二件ダブリーすらあり得ないと言っていた井川ひろゆきさんマジ涙目です。

物語自体はコナンで言う証拠探しのところなので比較的地味でした。
しかし全体に地味だからこそ、不破さんと鯨岡さんの
「のけい!!」「なうっ!!!」のやり取りが余計にシュールでした。

それと、鳴き三色同刻ドラ1が700・1300なのはちょっと安すぎる気がします。


★★★☆☆


・麒麟児の一打
麒麟児その1鉄鳴き
『超速の鳴き』。喰い三色、喰い一通のコツについて。
愚形まみれの手牌における手役探しはセンスが問われますね。
この例題程度ならいいんですけど、
突き詰めるとこんな5索まで鳴かなきゃいけなくなるので奥が深いです。

麒麟児その2鉄読み
『魔人の守備』。他家の不思議な仕掛けを読む方法。
渋川さんは引き出しの多さの重要性を語ってますが、
我々凡人はその引き出しから
瞬時に必要な知識を引っ張り出せないから困っているのですo(`ω´*)oプンスカ!!

麒麟児への道
作者が異端の鳴きをして5連勝する話。
マジレスするとさすがにこの仕掛けは
受け入れも増えずスピードも上がらない無意味な仕掛けな気がします。

★★★★☆


・鉄火場のシン
シンヤさんが牌の力学()さんからお金を借りて父の仇の待つ広島に行く話。
前号で牌の力学さんが言ってた「あいつはここでは勝てない」の理由は
「勝ちすぎてあっさり卓が割れてしまうから」という圧倒的に地味な理由でした。

闘牌はドラポンのドラスジ待ちやフリテンリーチ高目ツモといった、
荒ジャスティスが過去作品で10回ぐらいは使ってそうな定番ネタでした。

それ以外では、ちはるさんのパンチラと最終ページのチームおシャレメガネが見所です。

★★★★☆


・ぴんきり
知美さんと金田先輩が過去を思い出して和解する話。
金田先輩の「お前はオレのカワイイ後輩だ!」発言で、
腐のつく人たちが準備運動を始めた気がしますが、
金田先輩の顔がさすがにアレなので江崎×後堂ほどの人気は出ないと思います。

全体的には( ;∀;) イイハナシダナーなお話でした。
金田先輩が胡散臭すぎて別に感動はしませんでしたけど。

★★★☆☆


・病葉流れて―泡沫の闘牌―
梨田さんがレフティに完敗する話。
闘牌のクオリティは今号の作品の中で文句なくナンバーワンです。
レフティの冷徹な押し引き判断による放銃回避に
片和了りから純正リャンメンへの鳴き変えと、
作品自体のピリピリとした緊張感と見事に合っています。

そしてラストの菩薩の圧倒的存在感。
美女のエロシーンなのに一欠片も興奮できません。
そりゃあ梨田さんが( ゚д゚)←こんな顔をするのも無理はないです。

★★★★★


・県立リュウハ高校女子麻雀部
高1のJKが麻雀部に入部する話。
おそらく巷にある萌え4コマ路線を狙ったんでしょうけど、
この作者の画風的にドストレートな萌えキャラは土台無理ですし、
内容もギャグに締まりがなくて全体に中途半端な印象でした。
せめてオチはちゃんとオトしてください。

★★☆☆☆


・ムダヅモ無き改革~獅子の血族編~
真田さんがヤンチャをしていた中学の頃の話。
麻雀漫画だと思ったら実はヤンキー漫画で、
ギャグ漫画だと思ったら実はバトル漫画でした。
いつも以上に大ゴマ連発の圧倒的スピード感なので、
「Don't Think. Feel!!」の精神で頭を空っぽにして読むのがベストです。

★★★☆☆


・アカギ 闇に降り立った天才
鷲巣様が6,400点のロン牌を出すもアカギさんが華麗にスルーする話。
今号の仰木さんの心の声を一部引用します。

「入った!入った!入った!入った!入った!黒っ!黒っ!黒っ!黒っ!黒が入った!」
「来たっ!来たっ!来たっ!来たぁ~~っ!!」
「決着っ!決着っ!決着っ!決着っ!」
「が…!が…!が…!が…!が…!が…!が…!が…!が…!が…!が…!が…!が…!」
「え…!?ええ~っ!?ええ~~っ!?」

いつにも増してリピートが酷いです。これを引き伸ばしと言わずして何と言いますか。
アカギがクソ漫画になった(断定)原因の半分は間違いなく仰木さんのせいです。

しかもこんな同じセリフと展開を繰り返しているだけなのに
3ページ目で『アガギ 手牌』の誤植です。もっと頑張りましょう。

★☆☆☆☆


・牌龍 異能の闘牌
双子幼女との対決の決着編。
月1連載なだけあって、予想より早く決着が付きました。
主人公側が既存の能力でほぼ苦戦することなく勝利したこの戦いに意味はあったんでしょうか。

それとキャラクターの造形なんですけど、
この漫画に出てくるキャラって全員眉毛の形が同じなんですね。
女性キャラに至っては幼女含め全員顔が完全に同じという典型的ハンコ絵です。
読んでいるときに感じていた違和感にようやく気付きました。

それ以外では、新たな敵キャラのパンモロメガネ似非ナースの喋り方が
双子幼女に引き続きクソウザイのと、
幼女の退場シーンが割と本気でグロいのが見所です。

★★☆☆☆


・ホリエ戦記
ホリエさんがオカルトな打ち方で勝利する話。
近オリで連載していた『グッドラックハンター』は
ゴミ漫画なりにネタとして弄れる部分は辛うじてありましたが、
こちらはネタにして楽しむことすらできない最悪のつまらなさです。

例えるなら『麻雀姉妹(ジャンシス)』の感想を毎号書けと言われているようなもので、
麻雀ブロガーとしてはある意味最凶の拷問と言えるでしょう。

とは言え毎回この漫画に罵詈雑言を吐くのもアレですし、
次号以降は存在自体ないものとして扱う予定です。いやぁいい最終回でした。

☆☆☆☆☆


・麻雀小僧
若手選抜戦の決着がつき新たな戦いが始まる話。
まー坊が優勝を辞退したことでアッサリと勝負が終わってしまいました。
最後の最後までただのかませだった米津さんがある意味素敵でした。

それと、まー坊のフリーでのマナーが酷いです。

・携帯電話で話しながら対局する
・無発声でツモ和了る
・片手倒牌
・裏ドラを自分だけ見る
・「優勝○○様!←自分の名前」で他家を煽る
・ラス半を告げずに卓抜け

わずか2ページ半でここまでやってます。こんなの出禁ですよ出禁。
良い子と良い雀士は決して真似をしないでくださいね。

★★★☆☆


・むこうぶち
人鬼さんに過去にやられた雀ゴロ3人が再戦する話。
3人が席決めでグダってるのを見て帰りたくなっちゃった人鬼さんに萌えます。
早く麻雀打ちたくてしょうがないんですね人鬼さん(*´д`*)

内容の方は、誰が先に失言もしくは失着をして
人鬼さんにフルボッコにされるのかを予想して楽しむ漫画になってます。
このままだと、序盤のツキを失ってしまった橋場さんか、
人鬼さんの3副露を読み違えた桐生さんのどちらかがやられそうです。
と言うことは、この先生きのこるのはジャージメガネ坊主ってことじゃないですかーやだー。

★★★★★


・第17回燃えよ!!青龍會
ボーッとしてるとポンの声が出なさそうな牌姿の話。
会話パートはどっかのHENTAI兄妹ブログ並に茶番ですが、
麻雀パートはそこそこ良問だと思います。

★★★☆☆


・実戦によく出る100の基本
読者参加型懸賞クイズ。
前号の問題はオリが正解でした。
私も合ってたので誰か5,000円くださ……って、
前号の正解者の当選確率が25%というかなりの高期待値だったみたいです。
面倒くさがらずに毎回送っていればそのうち普通に当たりそうですねこれ。

今号の問題は1巡目の後付け仕掛けについてです。
これはおそらくスルーが正解でしょう。
雀頭がない状態で後付けしてもスピードは微妙ですし、
このまとまり具合ならメンゼンでもそこそこ何とかなります。
クソ鳴きガターの私ですらスルー推奨なんですから、
これを鳴く人は確実にマイノリティです。

★★★☆☆




人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

コメント

闘牌は須田プロか押川雲太朗さんに任せればはずれはないって事ですね、わかりますし同意です。
しかしまー坊のあのマナ悪に対し卓に突っ伏すだけとはマナーのいい客ですね
大沢さんなんか一巻でまー坊がただ鳴いただけで愚痴ってたのに彼に何があったんだ

リアル闘牌の点でその方々が最強なのは間違いないですが、
漫画的な面白さではケネスさんの闘牌も嫌いじゃないです。

大沢さんはまー坊に弱みでも握られてるんでしょう。
たぶんここには書けない腐の人に喜ばれそうな理由で。

個人的に橋場さんが完全な調子こき過ぎキャラになっちゃったのが残念
アガリ気我慢出来るとか言ってたのはもう過去の話

橋場も御苦労さんも最近出た中ではかなり良キャラだと思うんで潰れて欲しくないなぁ…

作者が後堂を描き過ぎたせいかメガネ坊主の顔が後堂寄りになってますね
黒ペンで頭をベタ塗ってみたら完全に一致すぎてやばいです

まー坊は鳴いてるときはいいとしてもリーチかけたときはフランケンと化してますね。裏ドラのるのが当たり前とかw

まー坊に屠られてたケツアゴがどっかで見たことあるなと思ったら近オリで竹井にやられてたやつと激似でした。やられキャラカワイソス。

アカギのセリフリピートはもはや様式美のようなもので、漫画でみる際にはあまり違和感を感じないのですが、セリフだけ抜き出すとひどいですね(笑)
アガギ、僕は気がつきませんでした。もう一回チェックしてみようと思います。

>ピヨ鬼さん
橋場さんは初登場時があまりにキモかったので、
多少調子こいていても個人的には今の方が好きですw

>すらさん
言われてみれば確かに後堂さんにそっくりですね。
初登場時は人鬼さんに憧れるピュアな青年だったのに随分と老けてしまったもんです。

>Frank Jaegerさん
この裏ドラ率なら門前リーチキャラの方が強いんじゃね?というツッコミは野暮ですねw

>ふたつきさん
アカギのリピートはDJによるスクラッチを彷彿とさせます。
アカギの誤植に関しては、記事のアップの直前に
近麻つっこみスレに書かれているのを見て急いで付け足したのは内緒です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yasuko329.blog25.fc2.com/tb.php/266-acbb7796

 | HOME | 

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビのプロ対局は土曜の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いしますm(__)m

次回プロ対局募集予定日:未定

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (45)
ジャンナビ(四麻) (72)
ジャンナビ(プロ対局) (74)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん