ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

近代麻雀感想・36

注意!
こちらの記事は近代麻雀の最新号の感想を口の悪いJKが書いたものですが、
感想を書く気がしないコラムや記事は存在自体ないものとして華麗にスルーしています。
麻雀プロ団体や20年間無敗の人の最新情報を知りたい方は自力で何とかしてください。


■近代麻雀 2012年5月1日号



・表紙
流し目アカギさんと天地逆転の鷲巣様がメイン。
ドジっ子コンビニ店員だとうっかり上下逆に置いてしまいそうな表紙です。
それと、バードさんが単行本が発売されるわけでも巻頭カラーでもないのに普通に表紙にいるのがやや謎です。
イケメンだからか!?イケメンだからなのか!?

★★★☆☆


・むこうぶち
田舎の避難所での高レート麻雀の決着編。
バクチ狂いのオッサンがアツくなって自滅したおかげで、
カッペ小僧こと健二さんが壊滅的な負けを回避しました。
それはともかく「せば!」とか「だびょ!」とか、
もはや訛りっていうレベルじゃない気がします。

そして最後で条二さんが再登場しました。
明らかに初登場時からイケメンになっていて、この漫画にしては珍しいキャラです。
これはあかねママとの毎日の情事で男を磨いているおかげだと思われます。

闘牌の方は主に人鬼さんがチート染め手で無双してるだけでした。

★★★★☆


・第15回燃えよ!!青龍會
5メンチャンのダマテンで、すべて和了り点が異なる牌姿についての話。
多方面からのアプローチは麻雀において重要だと書かれていますが、
正直こういうマニアックな問題は麻雀団体に興味がある人以外はあまり意味を成さないです。

★★★☆☆


・麒麟児の一打
麒麟児その1鉄鳴き
『超速の鳴き』。ダブリーチャンス手からのシャンテン数の変わらない鳴きについて。
実に私好みの鳴きです。ダブリーなんてロマン派の打ち手に任せておけばいいのです。
それと、東パツ1,000点をアガった人の順位分布のデータが、
トップ率<2着率なのはちょっと不思議な気がします。
これはスピード系の現代麻雀をしてる人は2確和了りも積極的にするから、という理由でしょうか?

麒麟児その2鉄合わせ打ち
『魔人の守備』。合わせ打ちについて。
とりあえず挿絵へのツッコミを。ヨシロウそれ魔神ちゃう、電人ザボーガーや。
何故女子高生が30年以上前の特撮キャラを知っているのかはおいといて、
内容の方は非常に繊細な守備の話でした。
「チーされるのは仕方ない」や「リスクの少ないターツ選択」など、
レベルアップのための考え方がたくさん載っています。

麒麟児への道
作者がいつもネタキャラ扱いしている渋川さんと対決する話。
強くなるには髪の毛をモッサモサにしろということですね分かります。

★★★★★


・バード 雀界天使VS天才魔術師
バードさんが2年半ぶりに不破さんと相対する話。
とりあえず敵キャラのファッションがとても素敵すぎます。
谷間ボーンで超ミニスカなエロチャイナ服の天羽院姉妹は見慣れてきたのでいいとして、
どこぞの世紀末覇者みたいな雰囲気の不破さんがヤバいです。
シャツと革パンにマントの組み合わせはピーコも発狂するレベルです。

闘牌の方はバードさんが大三元と天和をアガってました。
今回のバードさんの自動卓天和はタネの説明はあるんでしょうかね。
このまま何のフォローもなくアッサリと天和をしてしまっては、
前回の敵だった蛇さんの立場がなさすぎる気がします。

★★★☆☆


・ぴんきり
金田先輩の本性が明らかになる話。
ギャンブル依存症は麻雀打ちにとっては身近な問題ですね。
お兄ちゃんは客観的に見るとわりと人間のクズですけど、
ギャンブルに興味がないことだけは救いです。

物語としては信じていた先輩の裏切りを皮切りに、
これからいい感じにドス黒くなっていきそうです。
まぁマンション麻雀がテーマの時点でハッピーエンドは望むべくもないのですが。

★★★☆☆


・鉄火場のシン
四郎サンが新人王を狙う話。
今回の敵役の芝村さんの脇役オーラがすごいです。
仮にこのニコニコ動画風の生放送で芝村さんが優勝してたら、
コメントで「空気読めよ」「イケメンざまあwww」などと書かれてたでしょうね。

闘牌の方は、四郎サンがフリテン倍満ツモをしたり、
表のプロ(苦笑)としての成長を見せたりしていました。

★★★★☆


・病葉流れて―泡沫の闘牌―
梨田さんがレフティに接触する話。
高級クラブでの立ち振舞いといいボスキャラと接触したときのリアクションといい、
梨田さんのローテンションぶりはアカギクラスになりつつあります。
それとも昔の19歳はみんなこんな感じなんですかね?凄い時代です。

闘牌の方は、永田さんがクールな差し込みをキメてました。
細眼鏡で海藻ヘアーなのにかっこよく見える永田さんは流石です。

★★★☆☆


・アカギ 闇に降り立った天才
憤怒の鷲巣様が黒牌をツモる話。
物語の進行としては本当にこれだけです。1牌ツモるのに1ヶ月。
これといった見所もなく、感想を書きようがありません。

今後の展開予想としては、
今回ツモった牌は安牌⇒仰木落胆⇒アカギがツモ切った牌を安岡がチー
⇒鷲巣様にハイテイが回る⇒危険牌を引いて手詰まり、北を切って満貫放銃⇒ぐにゃあ
と、こんな感じだと思います。
今年の12月にマヤ文明の予言が的中しなければ、
1年以内に鷲巣麻雀の決着が見られそうですね。

★☆☆☆☆


・麻雀人口増加計画☆
大崎さんが麻雀講師として奮闘する話。
ぶっちゃけ前号の予告の時点では
女流プロ()の話かよwと内心かなり見くびっていたのですが、
なかなか悪くなかったです。
画風にかなりクセはありますが主人公の大崎さんは可愛く描けてますし、
セリフの量や話の構成もいい感じだと思います。
まぁ殺伐とした近麻連載陣の中で唯一のほのぼの読み切りですから、
多少評価が甘くなるのも致し方ないところですね。

★★★☆☆


・ムダヅモ無き改革~獅子の血族編~
真田さんが鳩山さんの特殊能力に対抗する話。

Q.見た目が地味になりがちな麻雀漫画で躍動感を出すにはどうしたらいい?

A.麻雀牌や麻雀卓で殴り合えばいい。

はい、実にシンプルな答えですね。
魅せ方を工夫すれば、麻雀漫画に闘牌シーンなんか要らないのです。
近代麻雀漫画賞に応募しようと考えているプロ志望の方は参考にするように。

★★★★★


・牌龍 異能の闘牌
竜馬さんたちが10人の牌龍使い相手に戦いを始める話。
最初の相手はクソウゼェ双子のロリ幼女でした。
ロリコンでない私にもハッキリ分かります。これは萌えません。
この作者、グラマラスな女性を描くのは得意な反面、幼女を描くのは苦手なようです。
コミックLOでも読んで勉強することをお勧めします。

10人相手ということで、これから5回戦+ボス戦をやっていくみたいです。
月1連載でこの展開ということは、かなりの長期連載を想定してるんですねこの漫画。
途中で人気が落ちたらソードマスターヤマトみたいになりそうなのでその点は楽しみです。

★★☆☆☆


・麻雀小僧
一歩抜けだしたまー坊に対して白鳥さんが対策を考える話。
2対2の展開になるかと思ったら、まー坊一人を完全に包囲する展開になりました。
『根こそぎフランケン』の最終戦や『リスキーエッジ』の序盤など、
この作者は3対1の闘牌には定評があるのでなかなか面白くなりそうです。

闘牌の方は、まー坊の1巡目4索チーが地味に素敵でした。

二二六九九(3赤5)2367發中 ドラ(8) チー4、打九

東風が主戦場の麻雀打ちなら鉄チーですけど、
麻雀漫画でこの仕掛けをフォームにしている主人公はまずいません。

★★★☆☆


・実戦によく出る100の基本
読者参加型の懸賞クイズ。
福地さんの新連載です。抽選で10名に5,000円が当たるそうです。
私は押し引きで迷ったときは現代麻雀技術論のこの項を参考に判断しているのですが、
ここによると今回の問題は全ツが正解なんじゃないでしょうか。
ハガキを出すのがめんどくさいので私は送りませんけど。
今回は説明だけだったので星による評価はできません。


・バイヅケmini
作者の誕生会に来た女流プロが画力対決をする話。
練習していないアマチュアの描く絵なんて大抵そんなもんだと思います。

例)梨田さん
wakura1.png

★★☆☆☆




人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

コメント

テコのぬくもりリターンズは卑怯。

麻雀小僧でみーちゃんに○○○○○を勧められてあせるまー坊がかわいい。
未成年になんてことをするんだみーちゃんは。
いやシャンパンだけど。

渋川さんの話は、平面図では理解できるしおおむね正しい打牌を選択できるのですが、天鳳の東風の5秒で常に同じ正しい選択をできるかといわれると自信がないです。
当たり前ですが、理屈として正しいと理解することと、それを反射的に打てるフォームにすることは別ですよね。そこが十段のレベルなのかと思います。

あと、現代麻雀技術論は僕もよくお世話になっています。

>表裏裏さん
梨田さんは自信作なので何度でも使います。
まー坊は酒もタバコもやらない実にクリーンな主人公ですね。
私は勧められたらありがたく飲みます。

>ふたつきさん
確かにそうですね。あのカチカチ音の中で正着を打ち続けられる能力が欲しいです。
現在麻雀技術論には内容面でもアクセス的にもお世話になってます。
ネマタさんに足を向けて寝られません。

条二だけに情事とは…なんてハイレベルなギャグ…!!

アカギは後ろで見てるオッサンの妄想をカットすれば良いんじゃないかと常々思います
「もしアカギが○○れば○○…っ!」で2ページ使って 
さらに「アカギ手牌(想像図)」でページの上半分も使うのは無駄遣い過ぎじゃねーのかと

敢えて言わないでください恥ずかしい(//・_・//)カァ~ッ…

後ろのオッサンは一般人視点からの解説をすることで
アカギの天才性を表現しようとしているのでしょうけど、
あのオッサンのページの無駄遣いっぷりは半端ないですね。

ワシズ様がツモった牌は、おそらくドラではないかと。
ずいぶん長いですが、今年中にオーラスまで進むのでしょうか…

私はオーラスまで行かないよ派なので、今年中に麻雀としての決着は付けて欲しいところですね。
オーラスまで行ったら「この局でケリつけるぜ」的なことを
言っていたアカギさんがカッコ悪すぎるので……。

麻雀人口増加計画が普通に良い話で軽く涙腺にきました
おばあちゃん出すのは卑怯です

私は心が穢れているのでそこまで感動はしませんでしたw
その気持ちをいつまでも大切にしてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yasuko329.blog25.fc2.com/tb.php/251-39293f42

 | HOME | 

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビのプロ対局は土曜の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いしますm(__)m

次回プロ対局募集予定日:未定

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (40)
ジャンナビ(四麻) (69)
ジャンナビ(プロ対局) (69)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん