ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

近代麻雀オリジナル感想・1

もうどこのコンビニにも置いてないと思われる今号の近代麻雀オリジナルの感想を書いていきます。
今更感が爆発していますが、こんな過疎ブログでネタの旬も何もありはしないので気にしません。


■近代麻雀オリジナル 2010年12月号

・表紙
不敵な笑みを浮かべたイケメンのお兄さんがメイン。「強者雀ゴロ」のイメージ像ってところでしょうか。
表紙でデカデカと「月10万勝てる!」と書かれていて、結構胡散臭い感じです。


・巻頭特集
カンチャン即リーで月に10万勝てるようになる!という内容。そこらの麻雀プロより有名な麻雀ライターの福地先生が、どんな打ち方で勝ち組になれているかを毎月特集していくらしいです。お兄ちゃんも私も愚形即リーに躊躇いはまったく持たない方なので、特に目新しい内容だとは思えませんでした。とは言え改めて活字として読むことで、自分のシステムの細かい部分をより明確にすることが出来るので、個人的には十分意味のある特集でした。
それと、井出さんが2010年現在も未だに「手変わりする牌がアガリ牌より多かったらダマ」などと昭和クラスの戦術を言ってることに驚きました。


・麻雀で月10万勝てるのか
巻頭特集のカンチャン即リーは本当に使えるのか実際に試してみたレポート漫画。
たった半荘4回で結論を出されても・・・という最大の問題はまぁ漫画だから仕方ないとして、とりあえず欠片も似せる気がない福地先生に若干イラッときます。
内容自体も、巻頭特集では「すでにリーチしている人がいる場合は即リーせずにオリた方が得」と書いてあるのに、初っ端からカンチャン追っかけリーチをかけててヅッコケました。
絵の気持ち悪さも相まって、なかなか人を不快にさせるのが上手いです。


・牌王伝説ライオン
黒田さんの回想と、堂嶋さんが楽しく麻雀を打つ話。
黒田さんがメンゼン派になった理由はよくわかりませんが、とりあえず黒田さんがロリコンだということだけはよくわかりました。
それと、堂嶋さんが大三元の3つ目を鳴かれて「よし、間に合った」と言ってるコマがなかなかいい味出してます。


・シャモア~孤高の闘牌~
滝沢さんが暴走族と半裸で喧嘩をする話。
無意味な半裸、無意味な乳首、無意味な抱擁と、内容云々よりも、わざと狙った腐女子受けネタにお腹いっぱいになれます。
滝沢さんが10翻をアガったら怪我が全回復していることなんて、些細すぎてツッコミにすらなりません。


・二階堂亜樹のパッと見牌効率
「456677」というようなイーペーコー含みの牌効率について。小学校2年生ぐらいの教科書を読んでる感覚になりました。


・麻雀忍法帳
字牌の切り順に関するコラム。私は字牌の切り順に関しては小倉孝プロの戦術本を鵜呑みにしているので、「へー、こういう考え方もあるんですね」程度の感想でした。


・麻雀革命児シュート
麻田君が強面のオッサンを倒してマンション麻雀に行く話。
闘牌シーンはなかなか現代的な内容で面白いですし、サッパリした絵柄とスピーディーな展開もいい感じです。
麻雀漫画に影響を受けやすいお兄ちゃんは、この漫画を見てから「明治ミルクチョコレート」を買い溜めしてきました。影響の方向性が確実にズレているのもお兄ちゃん仕様です。


・鬼ヅモ無双
織田信長が麻雀をやる漫画。正直クソも面白くないのですが、雑誌のバランス上こういう4コマ漫画も必要だとは思います。


・ジャンケット
主人公が自分の命と重要なUSBを賭けて1対3で対決する話。
駆け引きとかセリフ回しとか、オサレ系麻雀漫画といった印象です。
それと主人公が清々しいぐらい悪人ヅラです。


・ワシズ~閻魔の闘牌~
ワシズ様が変則ルールの麻雀で苦戦したり、敵キャラがバッタを食べたりする話。
後半7ページの敵のテンションがやばいです。この作者は相変わらず狂人を描くのが上手いですね。
多少あざとすぎる感じもしますけど。


・バビィの捨て牌読み講座
ドラ絡みの変則切り順について。言ってることは概ね理解できますが、その変則切り順がわかったところで具体的に何をすればいいのか書かれていないので意味がありません。


・トップ4割に挑戦
喰い仕掛け、ホンイツの字牌の切り順、赤牌の抱え方などを相手側の視点に立って考えたコラム。
こういう細かいところにも気を配れる打ち手になりたいものです。
それと荒ジャスティスと一緒に歌舞伎町をうろついていた時の話もちょこっと書いてます。このイケメンはどんだけ荒ジャスティスが好きなんですか。BLに興味はないんですけど、「荒×滝沢」本があったら600円までは出します。


・第21回麻雀最強戦
ぷろ連盟の板川何とかさんが優勝したらしいです。これで3期連続でプロが最強位になったらしいです。さすがぷろですねー。


ツカンポ!
『ミリオンシャンテンさだめだ!』の芥川さんと『スーパーヅガン』の豊臣さんが勝負する話。
こういう同窓会的な麻雀ギャグ漫画を描けるのは、地球上で片山まさゆきさんしかいないですよね。ギャグじゃなければ福本さんとか嶺岸さんとかもいけそうですけど。
ちなみに『ミリオン~』は片山さんの漫画の中でベスト3に入るぐらい好きです。まぁベスト3と言っても5つぐらいしか読んでないんですけど。


・むこうぶち外伝 EZAKI
江崎さんと野上の秀が横浜で赤4の変則麻雀を打つ話。
作画も闘牌も優秀なソツのない漫画ですが、元ネタの方を読んでない人にとっては「主人公っぽくないロン毛のオヤジと悪人ヅラのオヤジがただ麻雀をしてる漫画」なので、面白さが半減しそうです。秀さんのチートイツ四筒タンキとか完全にむこうぶち読者前提のネタですし。


・つぶやき広場
右ページは読者が本当にただつぶやいているだけのコーナー。感想も何もありません。
左ページは編集スタッフの人のコラム。福地先生が本当に麻雀が強かったという話です。オチも挿絵も色々下品でいい意味で終わってます。


・近オリ麻雀都市伝説
4コマ漫画。感想以前に、目次にこの漫画を置く必然性が欠片もないことに驚きます。


・広告ページ
雀荘とか出会い系とか包茎治療とか麻雀DVDとか。
乳首が星で隠された女性が「感度良好バック好き」などと書かれているページをめくると二階堂姉妹がほほ笑んでいます。何故か「女性の価値って何なんでしょう・・・?」というフェミニズムちっくな疑問を抱いてしまいました。


・総評
巻頭特集と麻雀革命児シュートがとても面白かったです。麻雀プロに欠片も興味がない私は、現代の雀ゴロがピン雀で凌ぐ系の、それなりに現実味のある話が好きみたいです。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yasuko329.blog25.fc2.com/tb.php/24-b0117fa0

 | HOME | 

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビのプロ対局は土日の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いしますm(__)m

次回プロ対局募集予定日:10月29日(日)

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (46)
ジャンナビ(四麻) (72)
ジャンナビ(プロ対局) (74)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん