ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

近代麻雀感想・33 前編

注意!
この感想はアンチ日本プロ麻雀連盟・アンチ雀鬼流の口の悪いJKが書いています。
読んでる最中にイラッ☆とした場合は至急画面を閉じてください。


■近代麻雀 2012年3月15日号


・表紙
ものっそい三白眼で牌をつまんでいるシンヤさんがメイン。
まさかこのチンピラ主人公が表紙のメインを張る日が来るとは誰が想像したでしょうか。
例えるなら、中学校の部活動で4月に2年生になったばかりの生徒が
新入部員に先輩ヅラして教えているのを見て、
「おうおう、お前らも偉くなったもんだのう」とからかう3年生の気分です。
例えが分かりづらいですかそうですか。そもそも例える意味が分かりません。

いつも15日発売号の表紙のメインだった人鬼さんが
表紙の下の方で恨みがましくこちらを見ているのが微妙に切ないです。

★★★★☆


・巻頭特集
『[我流]グランドオープンのお知らせ』。近代麻雀が提供する新しいネット麻雀の宣伝。
サンプル画像を見る限り見た目はかなり良さそうですね。
演出に力を入れてる感じなので、雀龍門みたいなモッサリ感も容易に想像できますけど。
基本料金は無料らしいので24日にオープンしたら私もやってみようと思います。

★★★★☆


・鉄火場のシン
シンヤさんが我慢の麻雀で連荘を続ける話。
国士の3シャンテンの配牌のときに他家に發カンツのオバケ手が入ってたり、
強打気味になった他家にキッチリ大物手のテンパイが入っていたりなど、
ちょっと演出がベタでご都合主義な感じもしますが漫画としては面白いです。

絵も見やすく闘牌もシンプルで熱いという、
雑誌の中で一番ライト層受けする漫画になっていると思います。

★★★★☆


・麒麟児の一打
麒麟児その1鉄鳴かず
『超速の鳴き』。片アガリのチーテンを取るかどうかの判断。
当然のチーです。これをスルーするのはさすがに麻雀劇画の読み過ぎです(『天牌』『むこうぶち』あたりの)。
早い巡目ならスルーする書かれているのですが、
それだと第1回のコラムで物議を醸した1巡目ポンテンと矛盾するんじゃね?と一瞬思ったのですが、
スルーするという理由を読んで自己解決しました。フリテンのリスクの差ですか。

麒麟児その2鉄一点
『魔人の守備』。今までの内容を盛り込んだ総合問題。
とりあえず誰もが思う挿絵へのツッコミを私が代表して言いますね。
「ヨシロウ、それ魔神やない、野人や」
内容の方はあまりに理詰めすぎて実戦の中でできる気がしません。
たぶん私を含む大多数の人は「うわぁ親に振りたくねー」と現物の6筒を切るんじゃないかと思います。
ここで的確にサシコミ牌を打てる人が鉄板強者を名乗れるわけですね。

麒麟児その3鉄反射
『鬼の場況読み』。1人攻めだと見極めた際の鳴き判断。
並の反射神経じゃその超短時間で押し引きの切り替えはできません。
つまり反射神経を鍛えるために東方をやれと
天鳳位サマは暗に言っているわけですね分かります。

鉄定石
『最新デジタルセオリー』。早い巡目の内カンチャンテンパイのリーチ判断。
現代の麻雀っ子なら脳が認識するより先にリーチ棒が出てるレベルです。

麒麟児への道
作者がオカルティトップを取る話。
引きそうな気がしたというオカルト発言はともかくとして、
この第1打の7萬をチーする人は好きです。
こんな2ページ漫画で燻ってないで早いとこ麻雀漫画を連載してください。
いっそのこと『麻雀革命児シュート第2部』でもいいので。

★★★★★


・バード 雀界天使VS天才魔術師
星野さんがエンジェル姉妹に挑む話。
エリート眼鏡喪女の星野さんがネタキャラとしてまずまずいい感じです。
もはやセリフのすべてが敗北フラグにしか見えないです。

それと、エンジェルさん方の歌の歌詞から漂うバブル臭でちょっと背筋がこそばゆくなります。
まぁリアルの麻雀界においては、
一時期話題になったような気がしたような雰囲気が多少漂っていた程の人気を誇る
鶯谷チョンボ』がいるので大丈夫ですね。

★★★☆☆

参考



・ぴんきり
知美さんのマンション麻雀がスタートする話。
とりあえず旭日旗みたいなぶっとい集中線の多用で目が痛くなります。
内容の方は、久々に闘牌シーンが出たにもかかわらず相当な中だるみ感が漂ってます。

それと、クラブナンバーワンのルミさんが作者の画力のせいで
毛ほども綺麗だと思えないあたりはちょっとだけどうかと思います。

★★☆☆☆


・雀荘うえだ繁盛記
女性声優のコラム。ただの写真の多い日記ブログでした。

★☆☆☆☆


・侍父雀荘に行く
現代の侍が外道の父親と対決する話。
画力も安定していて話もまとまっており、
読み切り漫画としてはかなりの高品質だと思います。
しかし前髪パッツンオカッパ眼鏡っ娘はさすがにフェティシズム要素が多すぎて、
読者が美しさに同意できるかはやや微妙なところです。

★★★★☆


・ムダヅモ無き改革~獅子の血族編~
乾さんが科学に身を捧げるきっかけになった過去の話。
直前の漫画で前髪パッツン眼鏡巨乳が出たかと思えば次は前髪パッツンペタンコ幼女でした。
これが竹書房の狙いなのか奇跡的なシンクロニシティなのかは分かりません。

1ページにつき最低2つのツッコミどころがありますが、
轟盲牌のかっこいい使用タイミングや
麻雀漫画誌上最も雷のスクリーントーンを使ったと思われる大迫力の演出など、
魅せ方は相変わらず神がかっています。

★★★★☆


・病葉流れて―泡沫の闘牌―
梨田さんと韋駄天さんの勝負の決着編。
何と!今回は誤植がないです!いやまぁ驚く必要はないんですけど。
ですがその代わり韋駄天さんの作画が安定していないのでおあいこですね(何が?)。

前回に引き続き今回も話の内容=闘牌の漫画になっています。
そういうのは『麻雀小僧』でやってるので無理しなくても大丈夫ですよ。
白川さんの原作小説は読んだことはないんですけど、
実際にこれぐらいマニアックな闘牌の小説なら読んでみたいですね。

今回の闘牌シーンも非常に見応えがあって良いですね。
東大を出たけれど脚本を担当している須田さんは
元々鳴きが上手いというのがウリの人ですから、
まさに今が一番輝いているときなのかもしれません。
バキっぽく言えば、須田良規36歳の冬―灼熱の時間(とき!)という感じでしょうか。

★★★★★



後編は近いうちに上げます。




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

重箱の隅をつっつくようなことを言うと、病葉でラス前とオーラスで座り位置が回転してるのとかはありましたね。

コマの使い回しでしょうがないのかも知れませんが、気をつかって欲しいなとも思います。

城埜ヨシロウ先生のピン東風打法が大好きです。

個人的には「シュート」は面白かったですが、近麻の読者層をかんがみるに「ウラセン」方面じゃないと人気出ないんですかね。

>ツケマイせんせいさん
さすがに確認はしませんけど、まぁ病葉なら平常運転でありそうですね。

>Frank Jaegerさん
そもそも近麻のメイン読者層ってどこらへんなんですかね?40代ぐらいのリーマン?
ナシナシセットしか打たない人にとってはピン東風なんて完全別ゲームですからまずウケないでしょうね。

『ムダヅモ無き改革』
近代麻雀でトップをねらえ!ネタを目にするとは…
それにしてもこの作品がここまで連載が続くなんて思ってもいませんでした。

出オチ漫画のはずが今や近麻トップクラスの知名度ですからね。
1巻のときと比べると画風が変わりすぎてて笑えます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yasuko329.blog25.fc2.com/tb.php/225-2819ca45

 | HOME | 

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビのプロ対局は土曜の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いしますm(__)m

次回プロ対局募集予定日:未定

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (40)
ジャンナビ(四麻) (69)
ジャンナビ(プロ対局) (69)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん