ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

近代麻雀感想・28 前編

■近代麻雀 2012年1月1日号

・表紙

不敵な笑みを浮かべたドデカいアカギさんがメイン。
表紙で鷲巣様より目立って出てきたのはかなり珍しい気がします。
そして若かりし頃の堀江さんも登場。
表紙だけで2回も「獄中より新連載!!」と書いてるあたりで
竹書房と堀江さんの必死さが窺えます。


・巻頭特集
『麻雀ケンミンSHOW』。地域ごとのローカルルールの紹介。
私も道産子なので東北戦は知ってます。やったことはないですけど。
こういうルールはブー麻雀とかアルシーアル麻雀のように、
時代とともにひっそりと消えて行くんでしょうね。
30年後には「赤牌3~4枚のアリアリ」と「東天紅」しか残ってないかもしれません。


・ホリエ戦記 K24S EPISODE1
東大に合格した堀江さんが寮で麻雀を打つ話。
成り上がりたい!という若き日の堀江さんの気持ちはよく伝わってきます。
この熱い主人公が金の亡者になるまでのストーリーですか。楽しみですね(棒

この連載はある意味出オチスタートですから、
今後いかに物語を嘘くさくせずに盛り上げていけるかが大事ですね。
近オリの『aki』みたいに、いつの間にか麻雀がただの付け足しの
つまらん自伝漫画になるのだけは勘弁して欲しいところです。


・獄中なう。
堀江さんのつぶやきと一コマ漫画。
感想は特にないです。


・二階堂姉妹何を切る?
何切る問題5問と二階堂姉妹の回答。
デフォルメ二階堂姉妹が無駄に可愛いです。
きっとねんどろいどで出したら売れ……ないですね。マイナーすぎました。
お姉さんの方の打牌選択が完全に夢見る乙女です。
小島武○の生き霊にでも憑依されてるんですか?


・病葉流れて―泡沫の闘牌―
梨田さんがメルヘンビッチ相手に童貞を捨てる話。
前号のキッスに引き続き、今回の童貞喪失でも
相変わらず梨田さんが淡々としてます。
これが現代なら、某大型掲示板に
「厨二病こじらせてビッチに童貞奪われたったwwwwww」
などというスレタイで立ててまとめサイトに取り上げられるところです。
『寝グセ男』というタイトルで書籍化しましょう。絶対売れません。

それはともかくこの人が描く幼女が劣化浦沢直樹にしか見えません。


・麒麟児の一打
麒麟児その1鉄鳴き
『超速の鳴き』。最終受けを見据えた打牌選択について。
ボケーッとしてたら枚数重視で1萬を切っちゃいそうですけど、
確かにこれは文句なく5筒切りですね。
9萬チーも実戦では声が出せない人が多そうです。

麒麟児その2鉄透け
『魔人の守備』。空切り・振り替えを見極めることでわかる安全牌の話。
緻密すぎて実戦で応用できる気がしません。
4-7筒あたりはワンチャンスだし通るだろ、
ぐらいの浅い考えで切っちゃいそうです。

麒麟児その3鉄選択
『鬼の場況読み』。場況からのリャンメン固定判断の話。
まぁこの捨て牌を見る限り、中級者程度の人なら、
「萬子でアガれる気がしねぇ」と同じ選択をするんじゃないでしょうか。
とりあえず「リーのみが嫌だ」とか「三暗刻狙い」とか言って
雀頭固定する人が負け組になるのは間違いないと思います。

鉄定石
『最新デジタルセオリー』。出来メンツから赤牌を鳴くかどうかの話。
落ちてる500円は拾っときましょうという実にシンプルな話です。


・鉄火場のシン
シンヤさんと耕平さんが激しい打撃戦をする話。
闘牌シーンを前面に押し出した話は久しぶりな気がします。
『リスキーエッジ』の終盤みたいな雰囲気ですね。
闘牌自体は、最初の頃にデブを嵌め殺したイメージ戦略を持ってきたりして、
「俺は使い回しだけじゃなくて色々考えてるカラ」という原作者の心の声が
聞こえたり聞こえなかったりします。


・言いたい放題麻雀最強戦2011
今までの内容を振り返る話で最終回でした。
かなり打ち切り臭いですけど、
最強戦の終了と同時に連載が終わるのはまぁ自然ですね。

しかし改めて見てみると相当迷走してたんですねこの漫画。
竹書房がこの作者を便利屋と見ていたのか持て余していたのかは
私にはわかりませんけど。

「東急ハンズの変身グッズにできそう」はちょっとだけ笑いました。
今思うと、笑いのセンスは十分あるのに、
それが麻雀と上手く結合しなかったという印象が残ります。


・麻雀最強戦最新情報!
最強戦の雑感およびCD・DVDの販促。
私は120%買いませんけど、最強戦の予選に参加した人とかは
思い出として買えばいいんじゃないでしょうか。


・雀荘うえだ繁盛記
読んでません。パッと見る限り写真だらけで、
遂に日記を書くことすら放棄してきたみたいです。


・牌龍 異能の闘牌
部長さんがイカサマやダマテンで地味にやられる話。
1ページ目の横のアオリ文で主人公の名前が唐突に判明しました。
さすがに意味が分かりません。
しかも話がポンポン前後に飛んだり各キャラの説明が無さすぎたりで、
第3話にして内容の把握が既に難しいです。

それ以外では、主人公の顔文字セリフの中に天鳳位サマの名前があった点が見所です。


・麻雀侍、ツモられて候
取材後に萩原さんとセットで打った話。
某大型掲示板のスロ板にコピペされなくなるのは少し残念ですが、
あまりに読みづらい&つまらなすぎて何も書けません。

何か今度からコラムが近オリに移動するみたいです。
竹書房はただでさえクソ化が激しい近オリにトドメを刺すつもりらしいです。



続きは明日載せます。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yasuko329.blog25.fc2.com/tb.php/171-8c701a09

 | HOME | 

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビのプロ対局は日曜の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いしますm(__)m

次回プロ対局募集予定日:未定

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (40)
ジャンナビ(四麻) (64)
ジャンナビ(プロ対局) (67)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん