ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

近代麻雀感想・27 後編

続きです。


・牌龍 異能の闘牌
部長さんが超能力でフリーライターからハネ満をアガる話。
ランジェリー秘書、女流プロ、フリーライターと、
一気に3人の女性のセクシーシーンが出てきました。
完全に近麻版『To LOVEる』です。
ちなみにお兄ちゃんは「仮に2週間オナ禁しても愚息がこの漫画に反応しない自信はある」と言ってました。
さすが『To LOVEる』では美柑推しのロリコンは言うことが違います。

主人公の存在や言動が相変わらず意味不明でウザいです。
こいつのウザさどっかで見たことあるなと思い、20秒ほど考えたところ、
漫画板『餓狼伝』の鞍馬彦一という結論に至りました。
そう考えると、社長がだんだんグレート巽に見えてきました。

闘牌の方は、何かやたらリスキーな能力の龍が出てきました。
次号主人公に変則多面待ちで殺される未来が目に見えるようです。
それとフリーライターの手順があまりに謎すぎます。

二二三三四五六(888)667 ドラ二 ツモ四

ここから打8筒て何ですか。打7索リーチで高目満貫3面待ちなんですけど。
超能力漫画で闘牌にツッコむのも野暮ですけど、これはあまりに酷かったので。


・ミセスなツモり
人妻が息子の自転車のために雀荘で一稼ぎする話。
前回の次回予告の感想で絵柄がにまじさんっぽいと書きましたが、
実際はにまじさんより下手くそでした。
相変わらず決め付けですが、
ビッグコミックオリジナルあたりでよくありそうな絵柄です。

内容の方は可もなく不可もなくといった感じです。
ブサガキの成長とか人妻の正体とかラスト2ページのオチとか、
多少押し込めすぎな感はありますが綺麗にまとまっていると思います。


・麻雀姉妹(ジャンシス)
幼なじみの男の子への告白権を賭けて4姉妹が麻雀勝負する話。
え?何ですかコレ?どっかの漫画の後書きか何かですか?
萌え漫画は中身が無くてもキャラで一応どうとかなりますが、
これは萌え絵としても極めて低レベルです。
麻雀漫画の感想を書くという行為に限界を感じた1本。←一応元ネタ


・HERO アカギの遺志を継ぐ男
ひろゆきさんが本流に乗って大物手をツモりまくる話。
流れだの勢いだのと抽象的な言葉でごまかしただけの、
凄まじく単調な内容でした。
アカギほどではありませんが、
「1ヶ月待ってこれかよ!」という気持ちにさせられます。
見所は最終ページのひろゆきさんの「これは…いたい…」発言だけです。

ちなみにこの漫画では「流れに乗る」という比喩表現で水に浸かってますけど、
『ワシズ』では亀の背中に乗ってガチで水に浸かりますからね。
同じ「スピンオフのスピンオフ」とは思えない地味さです。

ちなみにひろゆきさんの「これは…いたい…」発言の真意は
3回ほど読み返してようやく分かりました。
ネタバレすんな!犯すぞ!という野蛮な人のために極力見づらくしておきますね。
携帯から見るとどうなるかは知りません。
8300オールではつのだの持ち点が100点残るため、
99,900点で半荘2戦目を打たなければいけない。
おそらくこの半荘の無理な見逃しで流れとやらを失ってしまったので、
次半荘は苦戦するとひろゆきは予想した。



・満潮!ツモクラテス
富良さんが情緒的な押し引きをする話。
風呂糸さんの打ち方が最後まで没個性的でした。
全体で見れば「典型的強者の打ち方」として括れますけど、
漫画のキャラとしてはどうかと思います。

それと富良さんの押し引き判断は良い子は真似しちゃいけない内容ですけど、
後半のメンタル回復の思考は悪くないと思いました。
麻雀中ぐらいはポジティブシンキングでいたいものです。

闘牌は、積倉さんが点数計算を間違ってました。
少し前に波溜さんも間違ってましたし、
片山さんは50符の計算が苦手なようです。
漫画はあと2回ぐらいで終わりそうですし、
単にやる気がなくなってるのかもしれません。


・キンマ大喜利
読者投稿コーナー。
雀荘で会う女子は従業員を除けば
ババァかクリーチャーか彼氏連れしかいないとお兄ちゃんが言ってました。
可愛さが2割アップしたところでどうにもなりません。


・麻雀小僧
国枝さんが本来の打ち方を取り戻して流れを変える話。
なるほど、まー坊がツネさんを連れ出したのはこういう狙いだったんですね。
まー坊がやさしいのは確かですが、
わざわざ「あんなヘボ麻雀」などと煽るあたりでドSの片鱗が見えます。

今回は完全に国枝さんパートでした。
いやらしい「に~っ」の表情でネタキャラが確定したので、
今後は麻雀小僧におけるワニ蔵要因として頑張ってください。

それと単行本3巻が17日発売なので懐に余裕があれば皆さん買いましょう。
竹書房の単行本価格設定は基本的にボッタクリですが、
麻雀小僧は内容的に考えてギリ許容範囲内です。


・むこうぶち
インチキ石商人の学生が営業でうっかり人鬼さんと同卓してしまう話。
人がカレーを食べてるときに平然と「ゲリベンカレー」などと
のたまっている時点で人鬼さんに殺されても文句は言えません。

今回のやられ役はタダ同然の石ころを「幸福の石」として売る学生ですが、
近オリの広告で毎月胡散臭い石を宣伝しているあまね屋さんのことを
一欠片も考慮していないあたりが素敵です。

「オカルトを信じるバカばっかりで驚きさ」
「一番信じないのはオカルト売ってる当人」
「バカを信じたままで居させるためにはどんなバカでもやる」
「それっぽい裏付けならいくらでも足す」
「無用な物をどうやってバカに欲しがらせるかが商売」

深読みすればこれ、
麻雀業界を痛烈に皮肉っている発言だと思うんですけどどうなんですかね?
天獅子さんは引き出しが多すぎて読者の方が混乱します。


・第六回燃えよ!!青龍會
安永さんが多河さんと出会ったときの話。
私なら通常時は9索切り、脳が働いてないときは4索切りとしそうです。
張さんのボケ役が無駄に安定してきました。


・でかぴん麻雀入門
コンピューターを駆使したイカサマについての話。
イカサマとエロスは男のロマンというやつですね。
追及してもキリがありません。

そして挿絵の西原さんがマジキチで吹きました。
狂気の沙汰ほど面白いです。


・雀狂フォーラム
読者の感想コーナー。
レンホーの妹リンホーがまさかのノンフィクションという事実が分かりました。
ムダヅモが銀魂よりも知名度が低くて良かったですね。
あれ?そう言えば今号ってムダヅモ載ってないんですけど……?


・バイヅケmini
編集部の重兼さんについての話。
「人生の配牌やツモは人によって違う」というやつですね。
私は配牌はそこそこ普通だったんですけど、
うっかりクソ鳴きして役がなくなりました。


・次回予告
誰もが予想していなかった、むしろ誰も待ち望んでいなかった、
堀江さんが主人公の漫画が新連載です。
世間に忘れられないように必死な堀江さんと、
何でもいいから話題作りをしたい竹書房の利害が一致した形ですね。
しかもエピソード1とか、長期連載する気満々ですよコレ。
守銭奴ピザのエピソードなんざ知りたくもないんですけど。


・広告ページ
新宿パークのレートの下げ方が何か妙にいやらしいです。
実際はどうなのかわかりませんが、
レートを下げてライト層を取り込みたいけど
点3にして場代までは下げたくない、という印象を受けました。
キャーノビタサンノエッチー。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

No title

餓狼伝w  確かにあのウザさはそんな感じかもしれません。


HEROのは、単に半荘一回目で10万点たたき出す猛者が何人かいそうだから、二半荘目では間に合わないかもしれないとかそんなんじゃないですかね。


麻雀小僧の国枝は一気に顔芸キャラが定着しましたね。ワニ蔵とあと若干の緑川秀っぽさを感じます。

レビューが厚くて嬉しいです
♪(´ε` )

今更ですが牌龍の作者はテラバイトの人だったんですね
そこはかとない過剰なエロスへのゲンナリ感でやっと思い出しました
板垣先生は鞍馬が嫌われていることを察知したのか、もしくは飽きたのか、ああいう形で始末してしまいましたが、この主人公の場合は、最初からデルチエのように気持ちの悪いキャラにしようと思って書いていると思うので、方向性はともかくキャラ立ての力はあると思います

ひろの縮小再生産ぶりが予想を超えて酷かったです(; ̄O ̄)こんなのひろじゃない

比喩、エクスクラメーションマーク、体言止め、三点リーダー等を使えばいいのかって、、、いや、本家も今はそんなんでしたかね、ここで愚痴ってもいた仕方ない(; ̄O ̄)

まあ何があってもまー坊の活躍が全て癒してくれます笑

No title

>Frank+Jegerさん
分かって頂けて何よりです。
鞍馬はわりかし好きなんですけど、牌龍の主人公は好きになれる要素がないです。

ひろはその展開はありそうですね。
1戦目で2~3人が予選通過して、実質2戦目が最終戦みたいな。

国枝さんに色んな役割を持たせすぎると田中さんの居場所がなくなるので、
押川さんはそこらへんも考慮して欲しいですね。



>へっぽこさん
どうもです。

テラバイトは立ち読みでしか読んでいないんですけど、
確かにアレもエロスの押し売りが凄かったような記憶があります。
まだ第2話ですし、今後主人公が魅力的になる可能性も全然ありますよね。

今月のひろは、「どのページを開いてもほぼ同じことをやっている」という、
ある意味実にスピンオフ元にならった内容でしたね。
その方向でアカギの意志は継いじゃダメですw

まぁこの雑誌は麻雀小僧と麒麟児で大体350円分ですからね。
まー坊にキュンキュン出来れば十分買った価値はあります。

>さすが『To LOVEる』では美柑推しのロリコンは言うことが違います。
お兄ちゃんを紹介してくれませんか?友達になれそうだ。

>ネタバレすんな!犯すぞ
お兄ちゃんを!

ひろについてボロクソ言ってしまいましたがよく考えると、今回のオチは天の東西戦、クリア麻雀の決着へのオマージュとも言え、ちょっとだけ評価を改める気になりました

いや、考え過ぎか(; ̄O ̄)
天好きの戯言でした


関係無いですが、Twitterこことはまた違った感じで、楽しく拝見させてもらってます( ´ ▽ ` )ノ

No title

>スペシャルフリークさん
渋谷か池袋のピン東風に行けば普通に客打ちしてますよ。
お兄ちゃんは無駄に純潔を守り抜いてるんで犯すのは勘弁してあげて下さい。


>へっぽこさん
前田さんがそこまで考えてたら尋常じゃないですね。
ツイッター上の私は限りなく素の状態なので
エンターテイメント性は皆無なんですけど、
楽しんで頂けているのなら何よりです。

No title

ひるドラ作者のロリは個人的にかなりGoodだったのですが
むむ・・クセ画風だから人によるのかな

でも今週号で一番萌えたのはドライヤーに驚いてる魔神でした(´∀`*)
僕も頭髪が魔神寄りなので魔神様の開き直りぶりが羨ましいです…
縮毛矯正とれたあとの毛先の痛みがパないです

No title

私の中では、裸体時の頭と体のバランスの悪さと、
作画の安定しなさ(コマによって7歳程度に見えたり13歳程度に見えたりする)がガッカリポイントでした。

魔神萌えですか。新境地ですね。
西園寺家はお兄ちゃんも私も無駄にサラサラヘアーなので、
ドライヤーが必要になった試しがありません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yasuko329.blog25.fc2.com/tb.php/165-49edb77a

 | HOME | 

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビのプロ対局は土曜の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いしますm(__)m

次回プロ対局募集予定日:9月23日(土)

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (42)
ジャンナビ(四麻) (72)
ジャンナビ(プロ対局) (72)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん