ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

近代麻雀感想・25 前編

■近代麻雀 2011年11月15日号

・表紙

斜めりつつジト目をしている人鬼さんがメイン。
背景の紅葉と合っているように見せかけてさほど合っていません。
超久々に掲載された『兎』は主人公の代わりに山口さんが表紙にいます。
前回掲載時の表紙はチョイ悪オヤジでしたし、
武田さんの冷遇され具合が半端ないです。


・巻頭特集
マイナープロ代表決定戦(仮)のレポート。
最強戦にも大半の麻雀プロにも興味のない私がどう感想を書けと。
とりあえず優勝者は人の良さそうな顔をしてました。


・むこうぶち
人鬼さんが3人麻雀でバンダナピザから役満をアガりまくる話。
安永さんの「俺も見てくれ傀!」「傀の目の前でこんなザマを」
「俺は今猛烈に恥ずかしい」発言は、
人鬼×安永で薄い本を作れという天獅子先生のメッセージですね。
ガチ腐女子の方は頑張って下さい。

結局バンダナピザの素性は一切明かされないまま終わりました。
リアクションが弱くてしかも引き際も無駄に良いので、
むこうぶち的には最低クラスのやられ役でした。
もはや何のために出てきたのかすら分かりません。

闘牌の方は、まさかの七対清老頭はクスッときました。
確率的に考えれば完全にギャグ漫画です。


・第四回燃えよ!!青龍會
仮テンからの手替わりに関する話。
嬉しい変化が4枚か5枚程度なので
私ならよほど早い巡目じゃない限り即リーします。
ツモって裏乗っければ満貫です。十分です。

安永さんにナース好きという設定が追加されました。
安永さんは本編でもオバサンのお尻にふがふがしてたりするので
そんなに違和感はないですね。
むこうぶちレギュラーの中でダントツに俗物臭いのはこの人です。
日蔭さんは童貞臭いですけど。


・病葉流れて―泡沫の闘牌―
梨田さんがストリップ劇場に行ったり雀荘に行ったりする話。
無表情でストリップ劇場で働いてたりコンビプレーへの敗北を
素直に認めたりする永田さんがちょっと素敵です。
天牌外伝の黒沢さんやザ・シェフの味沢さんみたいに、
自分の世界が出来あがっている人というのは得てしてかっこいいものです。
まぁ私もこんなブログを恥ずかしげもなく1年以上も書き続けているので、
ある意味アプシュルドと言えなくもないかもしれません。

最後の方でタイトルの病葉の意味も判明して、
予想外にスタイリッシュで面白い展開になってきました。
前号の時点では厨二病をこじらせたネタ漫画だと思っていたんですけど、
これは展開次第では考えを改めなくてはいけないかもしれません。
ただ、相変わらず梨田さんの寝グセは凄まじいです。


・麒麟児の一打
麒麟児その1鉄鳴き『超速の鳴き』
役牌から鳴くより後付けの方が良いまである、という話。
少なくともこれをピン東風で鳴けない人は負け組になりますね。
まぁこれを鉄ポンと言う人が連盟の老害連中に
嫌われる理由もわからなくもないですけど。
世の中の多くの麻雀打ちの感覚からすれば
この鳴きは「節操がない」「下品」「絵合わせ」と思われますから。

前号の福地さんの問題の堀内さんによる解説も
なかなか分かりやすかったです。
筒子のリャンメンがロスのなるので後付け仕掛けをしても
スピードで優位に立てないというのは説得力があると思います。

麒麟児その2鉄一点『魔人の守備』
喰いのばしの待ち読みのセオリーの話。
実に教科書的内容です。
知らなかった人は5回ぐらい読み返しましょう。

麒麟児その3鉄押し『鬼の場況読み』
人読みも駆使して形テンから無スジ5萬を押す話。
理屈は一応理解できますけどちょっとレベルが高すぎます。
私を含めた情報処理技術に難のある凡人は完全に置き去りです。

鉄定石Vol.4『最新デジタルセオリー』
普通のイーシャンテンでリーチに字牌の押すバランスについての話。
科学する麻雀はシャンテン押しの愚かさを世に知らしめましたけど、
逆にあまりに押さなすぎな打ち手を生み出した功罪もありますよね。
私もかなりその傾向があります。

どの人の押し引き判断も十分実戦的なので、
誰を選ぶかは読者の好みで決めて問題ないレベルだと思います。


・ムダヅモ無き改革~獅子の血族編~
奥村さんが奇襲の大四喜を土井タカコさんから直撃する話。
東南西が全部暗刻なら普通に打ってればダブル役満テンパってね?
というツッコミをする気が失せるほど
奥村さんがかっこよく描かれているので問題ないです。
そりゃあ土井さんも墜ちます。
デレモードの土井さんはキモ可愛いというやつでした。

実は私この漫画、小泉さんが主人公の頃の初期は読んでないんですけど、
強者が役満をアガると衝撃波が出ることについて何か説明があったんですかね?
何か気が付いたら即死クラスの波動が普通に飛んでるんですけど。
ちなみにお兄ちゃんは先日ピン東風で上家のリーマンに
天和をアガられましたが生きて帰ってきました。


・言いたい放題麻雀最強戦2011
作者が最強戦の予選に参加したときの話。
渋谷の「G1」のネガキャンかと思ってしまうぐらい参加者が怖いです。
ですがクソ高い参加費を払ってこんな超初心者と同卓したら、
本戦出場を目指している人にとっては迷惑極まりないですよね。
制限時間あるのにルールも知らないオッサンの世話してる場合じゃねーよ、みたいな。

それと作者が誤ツモをしたときのコマで、
9索をツモって堂々とタンヤオと言っているのは
ガチなのかジョークなのか微妙なところです。
少なくとも作者はまだ公の場に出て麻雀を打ってはいけないレベルだと思われます。


・麻雀最強戦最新情報!
アマチュア予選の突破者の一覧。
それ以上でもそれ以下でもありません。


・雀荘うえだ繁盛記
女性声優の日記。
つまるとかつまらないとかそういう内容じゃないです。
次号以降はじゃんきさまのコラム同様「読んでません。」でいきます。



続きは後日書き上げます。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

No title

読み物系の紙面では、近年稀に見る質の高さだと思います、キリンジ。
次号ではもう堀内プロの十段位の肩書きは外されちゃうのかな。
でも、こういう読める記事を書いてくれる人がトップだと、プロにも
納得感が出る気がします。

内容は関係ないですが、やっぱり髪型に突っ込まれていた渋川さんにニヤリ。
でももうそこには触れない西園寺さんもちょっとイイです笑

ムダヅモのアガり時エフェクトは天井知らずのインフレで、
リングにかけろも真っ青のテンションです。
そもそも麻雀で死んだりとか、ないですし。
作者の狙い通りすぎて若干悔しいですが、でも燃えてしまう。


そして、「読んでません」笑
タミーラが居なくなっても、読まない席数はかわりませんね笑

No title

麒麟児の一打は、純粋な娯楽としてのコラムではなく、
本当の意味で麻雀に強くなりたい人向けの内容なので好感が持てます。
以前近オリかどっかで連載していた瀬戸熊新十段位のコラムなんてk(ry

あんまり日記でボンバヘッ!とか書きすぎると、
お兄ちゃんがじゃんぱちに行って渋川さんと同卓したときに
逆恨みで狙い打ちされかねないので自重しました。
ごめんなさい嘘です。

前章のヒトラー戦で行くところまで行った感はありますけど、
作者の表現力は底なしなのでまだまだ期待できますね。

女性声優の日記コラムは「嫌なら見るな!」の典型だと思います。
ページ下部のライブ情報といい、完全にファン向けの内容ですからね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yasuko329.blog25.fc2.com/tb.php/153-3f749b96

 | HOME | 

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビのプロ対局は土曜の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いしますm(__)m

次回プロ対局募集予定日:9月23日(土)

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (42)
ジャンナビ(四麻) (72)
ジャンナビ(プロ対局) (72)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん