fc2ブログ

ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

料理上手な母の能力を受け継ぐ気がまったくない自炊アンチ女子

第2288回「おふくろの味といえば?」

ポークカレーですかね。ジャワカレー中辛のルウを使ったごく普通のカレーでしたが、夕食でポークカレーが出たらそこそこの確率で翌日の朝食と夕食にも出て来たので一番印象に残っています。自炊をろくにしない私はおふくろの味であるこのポークカレーを作ることができませんが、今後もおふくろになる予定がないのでまあ別にいいかなと思っています。西園寺家のおふくろの味は、一児の母である私の姉が受け継いでくれることでしょう。

若葉・7(2011年7月30日)

80回目のブログ記事です。内容は天鳳の雀荘戦の反省です。特に書くことはないです。

銀南・2(2011年7月31日)

81回目のブログ記事です。内容は天鳳の雀荘戦の反省です。冒頭でこのきーさんの名が出てきて懐かしい気持ちになりました。当時のこのきーさんと言えば天鳳プレイヤーとしても麻雀ブロガーとしてもカリスマ的存在で、天鳳七段かつ弱小麻雀ブロガーの当時の私はいつか追いつきたいと思っていたものです。その後、純粋な天鳳ネタではまるで追いつけないことを悟った私はブログ上で兄とトチ狂った会話をし始めるのですが、それはもう少し先の話です。


今回はジャンナビプロ対局の218戦目を打ちました。半荘戦です。

231103d.jpg

4筒を引いて1索を切りました。
牌理通りに打つなら2筒を切って5ブロック形に受けるところですが、それだと端牌1索トイツが残ってかなり門前寄りの手牌になってしまいます。鳴いてもしょうがない愚形安手の手牌ならそれでもいいのですが、今回は赤ドラ5萬があって鳴いても最低3,900点にはなるので、113索を払ってドラ表示牌カン4萬を鳴けるクイタンを本線にするほうがいいと判断しました。
局の結果は2,600点の横移動でした。


231103j.jpg

東をポンして3萬を切りました。
シンプルにテンパイ受け入れを最大にする選択ですが、2000点のカンチャンとリャンカンのイーシャンテンは苦しく、萬子のリャンメントイツ形を見切る価値があるのか怪しいところです。4筒を切ると5筒引きのテンパイは逃すものの9筒切りでより良いイーシャンテンになり、それ以外でも筒子索子の縦重なりで萬子のリャンメントイツ形を活かせるようになるので、テンパイ受け入れを1種減らしてでも4筒を切るほうがよかったかもしれません。
局の結果は対門さん以外の3人テンパイで流局でした。


231103e.jpg

上家さんから親リーチがかかっている状況で、白をツモ切りしました。
親リーチ相手に2着目が無スジを最低2本押さなければいけないのは厳しいと考えて一番安全度の高い白暗刻を切ったのですが、リーチ者の残りスジはまだ14本もあり、こちらの手牌も十分整っています。点数状況で考えても、ここでトップ目の親リーチを潰すことは2着目の私にとって大きな価値があるので、1筒を切って全力でアガリに向かうほうがよかったかもしれません。


231103f.jpg

8筒を引いて3索を切りました。
うっかりツモアガリの可能性を残すために1筒か8筒を切ってテンパイを維持したいところですが、どちらも親リーチに対して無スジで、役なしドラ1カンチャン程度ではダマ押しもリーチ勝負も見合わなそうです。また、テンパイ復活しやすそうな南トイツを切る選択もありますが、こんな大したことがない手からシャンポンや単騎に刺さったら目も当てられないので、現物が2枚ある以上は無理せず中抜きしてベタオリするほうがいいと判断しました。
局の結果は私以外の3人テンパイで流局でした。


231103g.jpg

3索を引いてテンパイし、1筒を切って即リーチをかけました。
序盤の端牌と字牌のシャンポンなら即リーチで問題ないと考えたのですが、リーチ棒を出すことで2着目に落ちる安手リーチなので、南場トップ目の選択としては何気にリスキーです。さらに国士気配の対門さんに1索と東を複数枚持たれていたら待ちとしても微妙になってくるので、ここは1索切りテンパイ取らずでリャンメン変化や123三色変化を見るほうがよかったかもしれません。
局の結果は上家さんの満貫ツモでした。


231103h.jpg

2着目でのオーラス、8索を引いてテンパイし、9索を切ってダマテンにしました。
2副露している3着目の親のアガリを防ぐために即リーチで自力決着を狙う選択もありますが、アガれても2着変わらずのカン4筒テンパイで打点不明の親の仕掛けに防御不能になるのは少し微妙な気がします。ダマにしておけば5索引き345三色や二手変化タンピンによるハネ満ツモで逆転トップの可能性があり、終盤に危険牌を掴んだ際にオリを選ぶこともできるので、ほぼ逆転トップがなく放銃率も上がりそうな即リーチよりは、ダマのほうが平均順位が良くなりそうだと判断しました。


231103i.jpg

2,600点を出アガって2着のまま終了でした。


通常の三麻段位戦も打ちます。

・1戦目

231103a.jpg

上家さんが親ッパネをツモって下家さんが飛び、私は2着のまま終了でした。


・2戦目

231103b.jpg

上家さんの親リーチ一発目、3筒を引いてテンパイし、1索を切ってダマテンにしました。
対門さんからの出アガリを期待して現物1索単騎のダマもしくはリーチという選択もありますが、北2枚抜きの親リーチ一発目に間4軒の2索を切って2枚待ちテンパイはだいぶ分が悪そうです。2索単騎に受けた後に多面待ち変化をするようなら当然2索は勝負するのですが、それは多面待ちで勝算があって一発もないからこその2索勝負なので、現状の愚形テンパイからは無理せず現物1索を切るほうがいいと判断しました。
局の結果は満貫の横移動でした。


231103c.jpg

オーラス親番1本場は6,000点の横移動で2着のまま終了でした。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

お母さんやお姉さんの話が出ることはなかなかないですね。
プロ対局南一局、イーシャンテンのときは押したほうがよかったかもしれなくてテンパイ時にベタオリというのは興味深いですね。巡目が極端に経っていたわけでもないですし。

母も姉もろくに交流がないので話の出しようがないというのが正直なところです(^^;
確かに良形3翻イーシャンテンと愚形2翻テンパイでは後者のほうが価値は高いですね。3巡の間に無スジが何本か通ったことで、気持ちが急激にオリ寄りになったんだと思いますw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yasuko329.blog25.fc2.com/tb.php/1369-99a2cbb3

 | HOME | 

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
ネット麻雀とチューハイとお兄ちゃんが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀のジャンナビと雀魂を遊んでおり、ブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビ四麻:20段
ジャンナビ三麻:20段
雀魂四麻:魂天Lv2
雀魂三麻:雀聖3

noteも不定期で書いています。
西園寺靖子|note

ジャンナビのプロ対局の参加者を毎月1~2回募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いします。

次回プロ対局募集予定日:3月10日(日)20時~

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(四麻) (268)
ジャンナビ(三麻) (150)
ジャンナビ(プロ対局) (223)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (46)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
犬漫画 (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

Template by たけやん