ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

第82話『昔の俺と似てるよ』 ヤスコ-鳳南に降り立ったJK-

靖子(以下妹)「今回は訪問者さんから依頼を受けた牌譜を検討しようの巻です」

正義(以下兄)「ああ、第50話で募集をかけておきながら一切誰からの依頼も来ず、そのまま黒歴史化しようとしてたあの企画か」

妹「内部事情をバラさないでください! あのときと違って今の私は九段ですから、牌譜検討での説得力も増してるはずです! 今回の西園寺家の素晴らしい牌譜検討を見た他の訪問者の方々からの依頼が殺到して、来週には嬉しい悲鳴をあげてるはずです。つれー、人気ブロガーで鉄強ブロガーはつれーわー、実質3時間しか寝れないわー」

兄「妄想乙。どこの地獄のミサワだよ」

妹「それではさっそく検討に入りましょう。今回の依頼者は『ななし』さんです。ノーネームの意味での名無しではなく、ハンドルネームが『ななし』らしいです」

兄「ブログ等にコメントを書く際にこのハンドルネームだと管理者に名無しと混同されてしまう恐れがあるのであまりいい選択とは言えない。改名をオススメする」

妹「そこから検討するんですか!?」



http://tenhou.net/0/?log=2012082412gm-0029-0000-x91b5a7a09413&tw=0

2012082412gm-0029-0000-x91b5a7a09413tw=0ts=0.jpg

兄「牌効率的に2萬切り」

妹「そうですね。5索切りには3索引きのフォローはありますが、4索6索のリャンメン変化を捨てる理由にはなりません。2萬切りは4萬引きのフォローもありますし、リャンメンくっつきは3萬だけですから」


2012082412gm-0029-0000-x91b5a7a09413tw=0ts=1.jpg

兄「ダブ東が重なってテンパイしたところでリーチかダマか無駄に迷うだけ。それならここで切ってしまって、タンヤオ赤々のダマ7,700を狙う方が良い」

妹「手牌があまりにタンヤオ臭いならダブ東すら邪魔です」


2012082412gm-0029-0000-x91b5a7a09413tw=0ts=2.jpg

兄「先に9萬か1索を切るべき。この6筒切りは淡白すぎる」

妹「下家の筒子染めを察しての先切りかもしれませんが、これから先すべての筒子をツモ切らなきゃいけないのは厳しいですね」


2012082412gm-0029-0000-x91b5a7a09413tw=0ts=2_20120901213840.jpg

兄「6筒を切ってしまったことでほぼ親にアシストする形になっちゃってるのが痛い」

妹「愚形含みのドラの2度受けが残るリャンシャンテンでは親の3副露に勝負できないですね」


2012082412gm-0029-0000-x91b5a7a09413tw=0ts=3.jpg

兄「親の現物の中を残して先に9筒切り。9筒がなかったとしても先に生牌の東切り」

妹「ここらへんは守備との兼ね合いを考えてのものです。少ない確率ですが、次巡親からリーチがかかるかもしれないわけですし」


2012082412gm-0029-0000-x91b5a7a09413tw=0ts=7.jpg

兄「この仕掛けはイイね。筒子が良い形だからなかなか声を出しづらい7筒だけど、これを仕掛けて行かないと親の2副露にスピードで追いつけなさそう。鳴いた後で打3索とすれば南の後々付けも狙えるから完全に發頼みの手にならないのも心強い」

妹「ちなみに仕掛けも何もない序盤ならさすがにスルーしましょう。これを常に喰い仕掛ける打ち手はさすがに鳴きすぎ病だと思います」


2012082412gm-0029-0000-x91b5a7a09413tw=0ts=8.jpg

兄「シャンポン受けとして見ると4筒5筒は最悪だけど、3-6筒チーしての3,900リャンメンテンパイが美味しいから西切りでいいんじゃないかな」

妹「10巡目の3トイツ含みのメンゼン限定イーシャンテンで和了りを見るのはあまり現実的じゃないですからね」


2012082412gm-0029-0000-x91b5a7a09413tw=0ts=9.jpg

兄「2索空切りは正直どうだろう。わざわざ2索を手出ししてソバテンの3索待ちを意識させる意味がない」

妹「他家にテンパイを意識させて降ろさせる狙いかもしれませんが、特上レベルでは全然気にしてくれません」

兄「まあそれを言っちゃうとツモ切りでも空切りでもどっちでもいいじゃんって話になるんだけども」


2012082412gm-0029-0000-x91b5a7a09413tw=0ts=9_20120901221018.jpg

兄「失礼ながらこの振り込みは甘すぎる。ダンラスの終盤リーチに真っ向勝負は論外。ノーテン罰符ぐらいくれてあげましょう」

妹「仮に手牌の發がドラだったとしてもオリが安定な気がします」


2012082412gm-0029-0000-x91b5a7a09413tw=0ts=10.jpg

兄「西園寺家も基本的に字牌への愛が足りない系の打ち筋だけど、これはさすがに2筒切りが先。親番のドラ4でメンゼンにこだわる理由が無い手だから、たとえ場に1枚切れの中だろうと役牌重なりの可能性はギリギリまで残したい」

妹「南と中と發を1枚ずつ抱えることで受け入れはリャンメンターツと同じ実質8枚という発想ですね。まあ重なっただけではまだメンツではないので、この考えを重視しすぎると逆に手が遅くなったりするので注意が必要です」


2012082412gm-0029-0000-x91b5a7a09413tw=0ts=12.jpg

兄「この仕掛けは無謀。雀頭なしの喰いタンのリャンシャンテンに戻すよりはメンゼンの方が明らかに早い」

妹「9筒の切れ具合から考えて、3面張先埋まりのカン7筒リーチでも全然問題ないので、このイーシャンテンを崩すのは勿体ないですね」


2012082412gm-0029-0000-x91b5a7a09413tw=0ts=12_20120903124816.jpg

兄「ちなみにこれは単なる結果論ではあるけど、これをスルーすると次のツモ牌が実は7筒だったという……」

妹「うわあ」





兄「まあこんなところかな。全体的に字牌軽視・合わせ打ち重視で守備意識がやや希薄、牌効率・仕掛けの面でもまだまだ課題が残ってる印象。ビギナーズラック現代麻雀技術論を読んで知識を身に着けてると同時に、鳳凰民の強い人の観戦をして実戦においての精度の高い打牌を感覚で理解するのがいいと思う」

妹「牌譜URLはもう1個貰っていたのですが、1個目で相当数の指摘箇所があったので尺の都合で省略させてもらいました。ごめんなさい」

兄「今回ので思ったんだけど、俺たち兄妹で他の人の牌譜を見直すって正直企画として厳しいよね。だって俺も靖子も打ち筋はほぼ一緒なんだから、検討においては二人もいる必要がない。次やるとしたら靖子がピンでやってくれ。俺は靖子専門のツッコミ役で十分だ」

妹「わ、私専門で突っ込むって、何かものすごい卑猥な響きなんですけど/////」

兄「そそ、そんなつもりで言ったわけじゃないから!」




人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

第83話『燃えよドラ5』 ヤスコ-鳳南に降り立ったJK-

http://tenhou.net/0/?log=2012090321gm-00a9-0000-1b806620&tw=3

2012090321gm-00a9-0000-1b806620tw=3ts=9.jpg

正義(以下兄)「3索と6索の選択で見事にハズレを引いたわけか。今までコレと似たような局面では上手いこと6を切って放銃回避をしてたけど(前々回前回)、今回はどうして3索を選んだの?」

靖子(以下妹)「『9が通っている他家には3より6の方が安全』という牌理上のセオリーに則った選択です。前々回は自分の切り番の直前に9を切られたことで全員に6の方が安全となり、前回は他家全員が9を切っていたので6を切れました。しかし今回は下家に9索が通っていないため、6索がより危険と考えて3索を選びました」

兄「30点。『9が通っている他家には~』のセオリーはリャンメン待ちが考えの基本にあるわけだろ? この状況は8索が4枚見えていて全員に対して6-9索は否定できるから、実質的に全員の河に9があるのと同じ状況になっているわけだ。つまりこの局面でも3より6の方が正着だったんだな」

妹「あ、なるほど……少し考えればわかることなのに、対局中はそこまで頭が回りませんでした」

兄「まあ俺も靖子も頭の回転力や応用力は人並み以下だからな。こういうのは実戦での失敗を通して引き出しを増やして、対局中の思考だけで無理なく結論を導き出せるようにしたいところだな」

妹「はい」

兄「ちなみに思考の重要性は西園寺システムNo.3、『感じるな、考えろ!(Don't Feel. think!)』でも述べられているから、西園寺家の打ち手としてちゃんと意識するように。麻雀にはフィーリングで選んでもいい一打は存在しないということを端的に表している」

妹「ブルース・リーに真っ向から喧嘩を売らないでください」




人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

第84話『一生一緒にいてくれや』 ヤスコ-鳳南に降り立ったJK-

正義(以下兄)「今日の仕事でつくづく実感したけど、女ってのはほんっとに面倒くさい生き物だよな」

靖子(以下妹)「帰ってきてそうそうに童貞が何を言い出すんですか」

兄「それにひきかえ靖子はいいね。変態だけど空気は読めるし優しいし恥じらいもある」

妹「『それにひきかえ』って、まるで私が女じゃないみたいな言い方ですけども」

兄「ああごめん、そんなつもりはなかった。むしろ俺はもう靖子以外の女に心底絶望したんだ。これから先ずっと靖子以外の女と必要以上に仲良くなれな……じゃない、ならないことを誓うよ」

妹「いきなり何なんですか!? 別に女友達ぐらい作っても気にしないですから!」

兄「俺の人生は長くてあと40~50年だろうけどこれから先もよろしくお願いします」

妹「ちょ、JKに告げるプロポーズとしてはさすがに重すぎます!」




http://tenhou.net/0/?log=2012091120gm-00a9-0000-5e9e8120&tw=1

2012091120gm-00a9-0000-5e9e8120tw=1ts=3.jpg

兄「この巡目の完全イーシャンテンなら3萬はスルーしても良くない?」

妹「取れるテンパイは取るのが私のやり方です。それに現状は片和了り1,000点ですが、一手変わりでタンヤオトイトイ三暗刻の満貫まで見えます」

兄「シビアだねえ。俺なら赤5萬と4索のチー以外はまだスルーしそうだな。低確率ながら四暗刻まで見える手だし」

妹「ロマン派()でしたか」


2012091120gm-00a9-0000-5e9e8120tw=1ts=3_20120911203744.jpg

妹「ドラ5萬を切っておきながらドラ3の満貫とか卑怯です」

兄「場に索子がクソ高いとは言えさすがにこれは止められないよな」



2012091120gm-00a9-0000-5e9e8120tw=1ts=7.jpg

兄「リーヅモチートイ裏2のハネ満を考えるよりは現実的……なのか?」

妹「七対子なんてのは逃げの役です。この5索ポンから西か赤5索を引いてどうにか満貫に育て上げ、両脇からの出和了りでラス回避を狙う方が幾分マシです」

兄「うまく打つなんてのは西園寺家の麻雀ではないからな」

妹「吉岡語録をキッチリ吉岡語録で返してくれる、そんなお兄ちゃんが大好きです」

兄「いちいち言わなくてよろしい。恥ずかしくなってくるから」


2012091120gm-00a9-0000-5e9e8120tw=1ts=7_20120911204156.jpg

妹「出場所次第でのラス回避条件を満たす手にはなりましたが一歩及ばずでした」

兄「あの5索ポンからホンイツトイトイのテンパイにまで持ち込んだ執念だけは認める」

妹「いえ、デジタルなんで執念とかの精神論はこの場合違くて……」

兄「やかましい」




人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

第85話『ゴールドフィンガー』 ヤスコ-鳳南に降り立ったJK-

http://tenhou.net/0/?log=2012091219gm-00a9-0000-7838baa0&tw=0

2012091219gm-00a9-0000-7838baa0tw=0ts=0.jpg

正義(以下兄)「親番とはいえこの2索ポンは焦りすぎじゃないか?」

靖子(以下妹)「前の巡目でポン材要因として2萬トイツを残して4萬を切った以上、片割れの2索を鳴かないのは一貫性がありません。メンゼンで進める気なら前巡は内に寄せるために2萬を切ってます」

兄「気持ちは何となくわかるけど、デジタルに一貫性という概念を持ち込むとグダグダになるから止めた方がいい。だってこれ、単純にこの手牌だけを見たら、6巡目にこの2索を鳴くのが正着だと思うか?」

妹「……いえ、この巡目なら6筒以外はスルーします」

兄「だろ?」



2012091219gm-00a9-0000-7838baa0tw=0ts=1.jpg

兄「何このドラ切り? 赤牌引きに期待するといっても、ドラを切ってまで黒5を残すのはさすがにおかしいだろ」

妹「……普通にドラを見落としてました。ここ最近こういうミスはほとんどしていなかったのですが、久々にやらかしました」

兄「まあ靖子も人の子だし、残りpt的に焦りが出てきてもおかしくないわな」

妹「ちょ、残りptとか不吉なことを言うのは止めてください!」

兄「え? だってもう靖子に許されてるラスの回数ってあと……」

妹「あーあー聞こえません! 何も聞こえませーん!!」


2012091219gm-00a9-0000-7838baa0tw=0ts=1_20120912195926.jpg

妹「ほ、ほらどうですか! ちゃんと和了れたじゃないですか!」

兄「思いっきり赤5萬を裏目ってるように見えるのはツッコまない方がいいのか?」

妹「うぐぅ……」



http://tenhou.net/0/?log=2012091221gm-00a9-0000-0b8f7817&tw=0

2012091221gm-00a9-0000-0b8f7817tw=0ts=6.jpg

兄「これは3筒切りが正解かな。白の後付け期待の手なんだから4筒引きにはさほど意味がない」

妹「確かにそうですね。5筒は赤牌引きがありますし、東や南は単騎待ちとしても優秀なのはもちろん、重なり次第でダブルバックの形になる点も大きいです」


2012091221gm-00a9-0000-0b8f7817tw=0ts=12.jpg

妹「まあこの半荘はオーラスのド終盤で劇的な逆転ができたので細かいことはいいんです。脳汁溢れまくりで上も下も大洪水状態です」

兄「人の膝の上で大洪水はさすがに勘弁していただきたい」




人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

第86話『本当の意味の一人ライブ』 ヤスコ-鳳南に降り立ったJK-

正義(以下兄)「ここ最近、1時間に2,3回しか人が来ないような場所で仕事をしてたんだけどさ」

靖子(以下妹)「ええ」

兄「滅茶苦茶暇なんだけど、かと言ってサボって携帯を弄ってるときにうっかり人が来たりしたらヤバいわけよ」

妹「でしょうね」

兄「で、結局時間つぶしの手段として思いついたのがアカペラで歌を歌うことなのね」

妹「なるほど。口を大きく動かさなければ遠目から見る分にはバレないですし、近くに人が来たら即歌を止めればいいわけですもんね」

兄「うん。それでふと思ったんだけど、俺がこうして業務時間に歌を歌ってるだけでも日給はちゃんと発生するわけで」

妹「ええ」

兄「つまり言い換えると、歌を歌ってお金を貰ってる今の俺の職業はプロの歌手と言っても過言ではないんじゃないかな?」

妹「明らかに過言です」



http://tenhou.net/0/?log=2012091718gm-00a9-0000-8b98f43b&tw=3

2012091718gm-00a9-0000-8b98f43btw=3ts=5.jpg

妹「西園寺家の手順では場況なしですらこの7萬は鳴くんですから、ラス目のここは尚の事鳴きます」

兄「うん、鳴いて打9筒とすれば確かに和了り率は上がるんだけど、どこからタンヤオのみ1,000点を和了ってもラス目のままなのは美味しくないな。それならスルーしてメンゼンテンパイを夢見つつ横移動に期待する方がいいと思う」

妹「私は赤5索でツモ和了るからいいんです!」

兄「厚かましすぎる」



2012091718gm-00a9-0000-8b98f43btw=3ts=8.jpg

兄「ターツの数は足りてるのに白は鳴かないの?」

妹「微差の2着目のこの点棒状況でペンチャンターツが残る1,000点仕掛けは苦しいです。これをスルーすることで親の現物が3枚になるメリットを重視しました」

兄「なるほどね。一応段位戦用の押し引きは考えてるわけだ」


2012091718gm-00a9-0000-8b98f43btw=3ts=8_20120917193734.jpg

妹「しかし最後に和了るのは私です(キリッ」

兄「あの手牌がどういう手順でこうなるんだよ!」




人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビのプロ対局は土日の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いしますm(__)m

次回プロ対局募集予定日:10月29日(日)

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (46)
ジャンナビ(四麻) (72)
ジャンナビ(プロ対局) (74)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん