FC2ブログ

ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

女子大生という陽炎は誕生日を重ねるごとに朧げになってゆく

第2417回「誕生日の悲しい思い出」

特にないです。実家にいた頃はケーキやプレゼントを毎年買ってもらえていたので、毎年それなりに楽しい1日を過ごせていたと思います。ただ、小さい頃から友達は少ないほうだったので、友達を呼んで誕生パーティーをするといった陽キャイベントは一度たりともありませんでした。ちなみに私の誕生日に起こった出来事としては、女子高生コンクリート詰め殺人事件の事件が発覚した日だったり、三島女子短大生焼殺事件の犯人に死刑判決が出た日だったりと、女子高生や女子大生の凄惨な事件関連の出来事がありました。女子高生・女子大生を売りにしてノホホンと麻雀ブログを書いてた身としては何とも言えない気持ちになりますね。


今回は通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

190904a.jpg

下家さんからリーチがかかっている状況で、3索を引いて7筒を切りました。
ドラ2の悪くないイーシャンテンなので自己都合で2筒を切る選択もありますが、下家さんのリーチだけならまだしも対面さんの字牌3つポンでいかにも高そうな仕掛けも入っているとなると、さすがにノーテンからは押すのは苦しいです。安牌も乏しくオリ切れるか怪しいですが、ここから2筒→3萬or3索と切って行くよりは、スジ7筒を切るほうが多少はマシだと思います。
局の結果は2,600点の横移動でした。


190904b.jpg

上家さんが切った6索をスルーしました。
リャンメンリーチ、字牌シャンポンリーチを狙ってチーテンを取らなかったのですが、6-9索は4枚見えでだいぶ薄くなりつつあり、下家さんが2副露でテンパイしていてもおかしくない状況も考慮すると、チーして9萬切りで後付けテンパイに取ったほうがよかったと思います。
局の結果は2,000点の横移動でした。


190904c.jpg

3着目でのオーラス、上家さんからリーチがかかっている状況で、3筒を引いて2萬を切りました。
3着目なので連対を目指してワンチャンスの3筒ぐらいはツモ切るという人もいると思いますが、こちらは後付けの苦しいイーシャンテンな上に、運よく押し切ってアガれたとしても南入となり2着以上が確定するわけではなく、放銃すると大体ラス終了です。押すメリットが大きい状況ではなく、横移動や下家さんの親っかぶりで逆転2着になる展開もあり得るので、ラス回避が最重要なルールでなくてもここはベタオリする一手だと思います。


190904d.jpg

上家さんがハネ満をツモり、私は逆転2着終了でした。


・2戦目

190905a.jpg

上家さんが切った3索をスルーしました。
これを24索カンチャンでチーすればリャンメン2つのイーシャンテンになりますが、門前ならリーチタンヤオ何ちゃらかんちゃらで5,200点程度まで見えそうなイーシャンテンを1,000点のイーシャンテンにしてしまうのはさすがにもったいないと判断しました。とは言え鳴けば良形が確定して速度が上がるのは間違いないので、オーラスアガリトップやラス前トップ目なら鳴いたほうがよさそうです。


190905b.jpg

3萬を引いてテンパイし、8索を切ってダマテンにしました。
亜リャンメンテンパイで反射的にリーチをかけそうになりますが、2萬が3枚見えでアガリ牌は残り3枚です。それでもなお変化が少なければ即リーチで問題ないのですが、現状より手がよくなる変化がパッと見でも10種ぐらいはありそうなので、さすがにダマで変化を待ったほうがよさそうです。
局の結果は1,300点の出アガリでした。


190905c.jpg

オーラスは下家さんがハネ満をツモり、私は2着落ち終了でした。


・3戦目

190906a.jpg

2着目でのオーラス、6索を引いて8萬を切りました。
チートイツのイーシャンテンを崩してしまう選択ですが、だからと言って5筒や6索を切ると普通手がだいぶ苦しくなります。メンツ1つとリャンメントイツが2つあるなら本線は普通手なので、ここでチートイを見切るのがベターだと思います。
局の結果は1,300点の横移動で、30,000点越えがいなかったため南入しました。


190906b.jpg

南入サドンデスの2着目での親番、6筒を引いて9萬を切りました。
タンヤオを確定させて打点上昇を期待しつつ後々の食い仕掛けに備えようとする選択ですが、中盤でターツが足りていない3シャンテン戻しはだいぶ苦しいです。4萬が2枚切れていて455萬から2メンツを作るのは無理そうなので、5萬切りでリャンメン固定しつつ6索のくっつきからタンヤオ変化を見る選択が、速度と打点のバランスが一番取れていると思います。


190906c.jpg

下家さんからリーチがかかっている状況で、下家さんが切った8筒をスルーしました。
8筒をポンして6萬を切れば5,800点テンパイで、アガれば逆転トップで終了ですが、巡目は終盤、出て行く6萬が無スジ、5,200点以上を振るとラス終了、ドラそばカン4筒で待ちがよくない……と、押しにくい条件がだいぶ多いです。ジャンナビがラス回避に重点を置くルールではないと言っても、さすがにこの局面でゼンツするのは勇敢ではなく無謀気味だと思うので、無理せずスルーして次のチャンスを待つほうがよさそうです。
局の結果は上家さんと下家さんの2人テンパイで流局でした。


190906d.jpg

南入サドンデスのラス目、下家さんが切った7萬をスルーしました。
タンヤオドラ3なのでポンして2索4索と落として行きたいところではありますが、下家さんが4巡目に9索をチーして以降、回線切れでもないのにオールツモ切りで不穏な気配を出しています。さすがに索子ホンイツの可能性は低そうですが、脂っこい数牌をバシバシツモ切りしている以上、テンパイの可能性はそれなりにありそうです。下家さんがテンパイなら2索も4索もそこそこ刺さり得る牌なので、スルーして様子見するのが無難だと思います。
局の結果は私と下家さんの2人テンパイで流局でした。


190906e.jpg

西入サドンデスのラス目、下家さんから親リーチがかかっている状況で、6萬を引いて8筒を切りました。
下家さんの捨て牌的に字牌待ちが十分にありそうで、東南中が孤立しているこの手牌ではとても戦えないと判断し、現物の8筒を切ってオリました。しかし点数状況的に考えて、ここでベタオリしてもそれなりの確率でラス終了してしまうので、場に1枚切れの南ぐらいは切ってイーシャンテンに取っておいたほうがよかったと思います。


190906f.jpg

下家さんが1,300点オールをツモり、私はラスのまま終了でした。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



サマータイムとかいう夜型人間破壊政策

第2415回「あなたは朝型or夜型人間?」

ここ最近は3時に寝て11時に起きる日が一番多いので夜型人間です。去年までは6時に寝て14時に起きる生活がメインだったので、3時間ほどちゃんとした人間に近づいたと言えます。その理由としては、土日だけ朝10時からのそこそこ早い時間帯のバイトを始めたからです。土日のみ人並みに早起きをしなければいけなくなり、それ以外の曜日で6時に寝ていたら金曜→土曜の生活の切り替えがキツすぎるため、自然と平日から若干早めに寝るようになりました。とは言え朝7~8時に起きる生活も別に全然苦ではないので、必要に応じて朝型人間にもすぐなれます。同棲相手の生活サイクルに応じて朝型も夜型も対応できるタイプなので、ある意味で都合のいい女と言えますね。


今回も通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

190821a.jpg

8筒をポンして5筒を切りました。
シャンテン数もテンパイ受け入れ枚数も変わらない仕掛けですが、ドラ4筒を雀頭に振り替えることで、4-7萬5-8索のチーテンを取った際に親マンになるメリットが大きいです。8筒スルーは門前リーチの可能性が残るメリットがありますが、ドラ4筒切りリーチでは親ッパネになる確率は高くなく、4-7萬5-8索のチーテンが5,800点になる打点減少も痛いです。それなら8筒ポンでクイタンドラ3の親マンを確定させたほうがバランスがいいと思います。


190821b.jpg

ドラ4筒をポンして西を切りました。
シャンテン数も打点も変わらずノーテンのまま安牌の西を切ることになる鳴きですが、リャンメンテンパイ確定形のまま受け入れが4種増え、赤5索引きのハネ満の可能性も出てくるので、さすがに鳴き優位だと思います。
局の結果は私の1人テンパイで流局でした。


190821c.jpg

6筒を引いて9索を切りました。
手なりで打つなら場に2枚切れのドラ東を切って普通手とチートイ手の天秤に受けますが、普通手として見ればリャンシャンテンで間に合いそうになく、終盤に必死に食い仕掛けて流局寸前の役なしのテンパイではあまり魅力がありません。それなら多少テンパイ率は落ちるものの、場に3枚見えの9索切りでチートイ手への比重を増やし、山に1枚生きていそうなドラ東を使ってのチートイドラ3を狙ったほうが決まった時の破壊力が大きいので、最終的なトップ率は高くなりそうです。
局の結果は私の1人テンパイで流局でした。


190821d.jpg

上家さんからリーチがかかっている状況で、8萬を引いて6萬を切りました。
現物が1枚しかないので自己都合で9筒を切る選択もありますが、さすがにリャンシャンテンから無スジ押しは苦しいです。現物は1枚とは言え中スジ4筒が2枚とスジ3萬1枚があるなら気合いでオリることができなくもないので、オリ打ち覚悟のベタオリのほうが無謀なゼンツをするよりはいくらかマシだと思います。
局の結果は上家さんの1,300-2,600ツモでした。


190821e.jpg

9萬を引いてテンパイし、7索を切ってダマテンにしました。
9筒暗カンのおかげでリーチをかければ出アガリ裏1で満貫、ツモアガリだと裏が乗らずとも満貫になり、なかなかの打点上昇が期待できるテンパイです。しかし、8萬9萬發をポンすればペン7萬待ちよりアガりやすそうな満貫テンパイ、自力で引くならツモり四暗刻テンパイとなると、さすがに手変わりが魅力的すぎるのでダマがいいと思います。
局の結果は上家さんの満貫ツモでした。


190821f.jpg

3着目でのオーラス、下家さんのリーチ一発目、9筒をツモ切りしました。
対面さんの放銃や下家さんのツモアガリで逆転2着なので、1筒か4索を切ってオリる選択もあります。しかし、こちらはまだアガリが望めそうなイーシャンテンで、放銃しても満貫までならラス落ちしない点数状況でもあるので、よっぽど危険牌が絞り込まれた状況になるまでは自己都合で押したほうがいいと思います。


190821g.jpg

2,000点を出アガリして逆転2着終了でした。


・2戦目

190901a.jpg

8索を引いてテンパイし、5索を切って即リーチをかけました。
リーチをかけると他家にアタリ牌を止められやすいメンホンテンパイはダマが基本ですが、今回は場に1枚切れの東とスジ2索のシャンポン待ちなので、リーチをかけてもそこまでアガリ率は落ちなさそうです。それなら高め東で出アガリハネ満、ツモアガリで倍満になるようにリーチをかけたほうがいいと思います。
局の結果は満貫の出アガリでした。


190901b.jpg

親ッパネの横移動で下家さんが飛び、私は2着落ち終了でした。


・3戦目

190902a.jpg

5索を引いて1萬を切りました。
4筒か7索を切ればイーシャンテンですが、2萬と5萬のどちらを引いてテンパイしても愚形リーチのみで微妙です。それなら一度リャンシャンテンに戻してでも6萬4筒7索へのくっつきでドラ7萬引きや345三色やピンフを狙うほうが、打点と速度のバランスが取れていると思います。


190902b.jpg

2萬を引いて4筒を切りました。
1萬を切っていてフリテンの可能性がある6萬を切る選択もありますが、5萬引きのフリテンでも1-4-7萬のドラ受け含み3面張なら十分優秀ですし、6萬を切るとドラ7萬引きのピンフドラ1を逃すのもシンプルに痛いです。また、7索には6索引き3面張や8索引きイーペーコーの可能性があるので、今回の孤立牌の中では4筒が一番弱いと思います。ちなみに引いたのが2萬ではなく5萬であれば345三色の目が出てくるので、7索を切るのがよさそうです。
局の結果は700-1,300のツモアガリでした。


190902c.jpg

オーラスは2,900点の横移動で3着のまま終了でした。

人気ブログランキングへ

「一人でいる心地よさ」>「誰かといる心地よさ」が陰キャの基本

第2414回「一緒にいて心地よい人はどんな人?」

価値観や考え方が自分と近い人ですかね。とは言え私はあまり人と積極的にコミュニケーションするタイプでもないので、「この人は私と考え方が似ているな」という結論に至る機会も滅多にないです。それ以前の段階で、「この人遅刻多いなー……」「この人喫煙者かー……」「この人流れ論者かー……」などといったマイナス要因を見て距離を置くパターンがほとんどです。その点兄は育ってきた環境が同じなので、価値観も考え方も私と近く、同棲していてもストレスフリーです。要するに私と兄は、心身ともに相性がいいんでしょうね。心身ともに。大事なことなので2回言いました。


今回は通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

190818a.jpg

3着目でのオーラス、7索を引いて5索を切りました。
ハネ満でトップなので6萬を切って567三色を狙う選択もありますが、ラス目と900点差しかないこの状況で受け入れ枚数を大幅に減らす選択はリスクが大きいです。リーチタンヤオの2,600点でも逆転2着になれる点数状況であることも考慮すると、無理に打点を追わず受け入れ最大の5索切りで十分だと思います。


190818b.jpg

満貫をツモアガって逆転2着終了でした。


・2戦目

190819a.jpg

7筒を引いてテンパイし、2索を切ってダマテンにしました。
序盤の外側に近いカンチャン待ちなのでリーチをかけて親ッパネを狙う選択もありますが、筒子が場に高く、リーチをかけることで2筒が他家に止められてしまう展開が結構ありそうなので、欲を出さずにダマ親マンはきっちりダマでアガるのが無難そうです。


190819b.jpg

4筒を引いて1筒切りリーチをかけました。
555索が567索などの順子であればピンフが付いて打点が落ちないので1筒切りリーチ一択ですが、ダマ親マンが7,700点に下がるとなると悩ましくなります。待ちは5筒が3枚増えるものの、打点が下がり、リーチによって2筒が他家から切られにくくなるので、4筒切りダマでも悪くなさそうです。どちらがいいかは正直わからないのですが、私は古いタイプのデジタル雀士なので、迷ったときは大体リャンメンでリーチを打つほうを選びます。
局の結果は親マンのツモアガリでした。


190819c.jpg

1索を引いてテンパイし、5筒を切って即リーチをかけました。
トップ目の役あり愚形テンパイなのでダマにする人も多そうですが、東2局で2着目と1,700点差となると局流しよりも高打点がまだ求められるので、打点上昇効率のいいチートイツは積極的に曲げます。スジ待ちにもなっていない9索では心許ないので、もっといい待ちになるまでダマにしたいという考えもありますが、序盤からバシバシと景気よく字牌を捨てて行ったおかげで、9索よりいい待ちがほとんどありません。それならこのテンパイが実質最終形とみなして即リーチを打ったほうがいいという判断です。
局の結果は1,600-3,200のツモアガリでした。


190819d.jpg

赤5筒をポンして1萬を切りました。
3筒が3枚見えていて4557筒で2メンツ作るのが無理そうなら赤5筒を鳴いて1メンツにしてしまおうと考えたのですが、ここを鳴いたところでメンツ候補不足の2,000点リャンシャンテンではアガリは相当厳しく、ラス前トップ目という立ち位置で仕掛ける牌ではなかったです。
局の結果は下家さんに1,000点の放銃でした。


190819e.jpg

トップ目でのオーラス、7萬をチーして2索を切りました。
通常であれば8筒と南以外は仕掛けない手牌ですが、アガればトップ終了のオーラスでメンツ候補が既に揃っているのであれば、形も打点も気にせず手が進む牌は全部鳴いたほうがいいという判断です。
局の結果は上家さんの親マンツモでした。


190819f.jpg

トップ目でのオーラス1本場、9索をチーして白を切りました。
5ブロックがどうとかいう前段階の手牌なので通常なら9索は100%鳴かないのですが、自風の南が暗刻で役が確定しており、雀頭候補も5索があるとなると、あとは孤立数牌にペタペタくっつけばわりと何とかなりそうなので、アガリトップなら鳴いたほうがいいと思います。他家から攻撃を受けたとしても南暗刻落としで3巡凌げるので、守備も地味に安定しています。


190819g.jpg

3,900点を出アガリして逃げ切りトップ終了でした。


・3戦目

190820a.jpg

ドラ5筒を引いてテンパイし、4筒を切って即リーチをかけました。
ラス前トップ目終盤の愚形テンパイなので無理せずダマにするのも悪くはないと思いますが、端牌含みのシャンポン待ちで残り3巡出アガリが利かないダマにしておくのもやや甘い気がするので、機械的にリーチする選択のほうが個人的には好みです。
局の結果は私の1人テンパイで流局でした。


190820b.jpg

トップ目でのオーラス1本場、対面さんのリーチ一発目、赤5筒を引いて1索を切りました。
対面さんにハネ満をツモられるとまくられるので、スジ8萬を切ってテンパイに取り自力決着の可能性を残す選択もあります。しかし、対面さんのリーチ宣言牌が9萬となると、シャンポン・単騎・カンチャンの8萬待ちに刺さる可能性がそれなりにあり、満貫を放銃すると2着落ちです。アガれる可能性の低い4筒単騎テンパイに取るために2着落ちのリスクを負うのは馬鹿らしいので、ハネ満ツモられたら仕方ないと思いつつベタオリに徹するのが無難だと思います。


190820c.jpg

ハネ満の横移動で逃げ切りトップ終了でした。

人気ブログランキングへ

汗臭そうなスポーツ漫画ランキング第一位は『柔道部物語』だと思う。

第2413回「夏のにおい対策は?」

自宅には衣服用のファブリーズがあり、外出時のバッグには汗拭きシートを入れています。夏場の屋外バイトは汗がえらいことになり、そのままだと帰宅時の電車で清楚系女子らしからぬ臭気を発することになってしまうので、人として最低限の対策はします。とは言え屋外バイトは週2日しかしておらず、それ以外は屋内バイト週2日と引きこもり週3日という生活をしているので、外に出ないことが最大のにおい対策と言っても差し支えない気もします。どうせ自宅には匂いフェチ気味の愚兄しかいないので、におい対策をする必要性がまったくありません。


今回も通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

190814a.jpg

打点と速度と見た目のインパクトで総合的に判断すると今年一番のチート配牌です。
8筒を切ると手牌が緑色と赤色しかなくなるので、実質仮面ライダーV3ですね。


190814b.jpg

ただでさえドラ3なのにカンドラまでモロ乗りして親倍の出アガリになりました。


190814c.jpg

7筒を引いてテンパイし、6筒を切って即リーチをかけました。
持ち点は十分で、ダマでも役がありツモれば上家さんを飛ばしてトップ終了なので、順位だけを考えるならリーチするメリットはあまりないです。しかし、ジャンナビルールは素点がポイントに反映されるので、この持ち点ならよっぽど待ちが悪くない限り、即リーチで強欲に打点上昇を狙うほうがいいと思います。


190814d.jpg

2,600点オールをツモって上家さんが飛び、トップ終了でした。


・2戦目

190815a.jpg

3萬を引いてテンパイし、8索を切ってダマテンにしました。
場況的には悪くなさそうな1-4索役なしテンパイなのでリーチをかけたいところではありますが、打点はリーチのみ、12巡目で待ちは残り3枚、対面さんも下家さんもテンパイしていてもおかしくないとなると、危険牌を引いたらおとなしく撤退できるようにダマに構えておくほうが無難だと思います。
局の結果は7,700点の横移動でした。


190815b.jpg

中を引いて2萬を切りました。
受け入れ枚数的には8筒切りですが、ドラ7筒の裏目が痛すぎるので切れません。萬子と筒子をバランスよく持つ4筒切りもありますが、どこを引いても愚形テンパイになってしまうのがやや不満です。2萬切りは、受け入れ枚数は4筒切りと変わらず、ドラ7筒引きで1-4筒待ちの最高のテンパイになり、逆にドラ7筒受けが残ったとしても打点的には十分なので、一番バランスがいい選択だと思います。


190815c.jpg

上家さんの親リーチ一発目、6索を引いて中を切りました。
ラス前ラス目のそこそこのイーシャンテンなのでオリたくはないのですが、親リーチの一発目に両無スジの6索を切れるほどの勝負手かと言うとやや微妙です。かと言って現物の6萬や4筒を切ると完全に手が死んでしまうので、単騎待ち以外には当たらない中を1枚切りつつテンパイするようならそこで6索切りリーチで勝負する中間的な押し引きが、この状況では一番合っていると思います。
局の結果は親マンの横移動でした。


190815d.jpg

ラス目でのオーラス親番、3萬をポンして7索を切りました。
鳴いてテンパイを取れる牌が減るので通常であれば3萬はまず鳴かないのですが、今回は上家さんが4副露をしていてドラ中が絶対に切れない状況になってしまっているので、雀頭の3萬をポンして中を強制的に雀頭にするしかないと判断しました。


190815e.jpg

対面さんに2,000点を放銃してラスのまま終了でした。


・3戦目

190816a.jpg

8萬を引いて2萬を切りました。
唯一のリャンメンを壊してしまう選択ですが、ロスは安め1萬だけでそこまで痛くなく、ここを残したとしても1萬を引くと役なしドラ1愚形が濃厚で微妙です。それなら牌を内側に寄せてメンタンドラ1を狙うほうがより高打点を期待でき、いざと言うときの食い仕掛けもしやすいので、こちらのほうがよさそうです。
局の結果は上家さんの1,000点オールツモでした。


190816b.jpg

オーラスは対面さんにハネ満を放銃して飛びラス終了でした。

人気ブログランキングへ

お化け屋敷とかいうカップルがイチャつくためだけに存在する施設

第2412回「お化け屋敷、好きですか?」

お化け屋敷自体、小学生の頃に1~2回しか入った記憶がなく、試行回数が少なすぎて好きとも嫌いとも言えません。とは言え基本的にオカルト系ジャンルは好きなので、お化け屋敷も嫌いではないと思います。どれぐらいオカルト好きかと言うと、私が高校生だった頃、友人と2人で地元の心霊スポットとして知られていた墓地に深夜に行き心霊写真を撮れるか試すという、デジタル雀士らしさの欠片もない行為をするぐらいです。結果としては残念ながら霊は写っておらず、オカルト雀士に転向する機会を逃しました。ちなみにそのとき一緒に行った友人には妹がいて、その妹が私の愚兄と交際していた期間があったというのが、私にとっては一番のオカルトです。


今回は通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

190810a.jpg

赤5筒を引いて5萬を切りました。
他家への安全度を考慮してスジ3筒を残したのですが、手牌はまだ良形テンパイが確定しておらず、もう少し変化を期待したいところです。5萬を残しておけば2種のリャンメンくっつきや345三色の可能性も出てくるので、まだ序盤のこの状況では3筒を切ったほうがよかったと思います。
局の結果は上家さんに1,300点の放銃でした。


190810b.jpg

1筒をポンして7筒を切りました。
3萬や5索よりも1萬のほうが場に切られやすいので、3萬切りで筒子リャンメンを残して三色同刻バックを狙う選択もありそうですが、自分で5索を引いたときに役がなくなって目も当てられないことになります。そのリスクを負うぐらいなら、最終形が悪くなってもトイトイを残しておくほうがいいと思います。
局の結果は満貫の出アガリでした。


190810c.jpg

オーラスは2,000点を出アガリして逃げ切りトップ終了でした。


・2戦目

190811a.jpg

3着目でのオーラス、4萬を引いて8筒を切りました。
1,000点でもアガれば逆転2着終了なので、8萬や8筒をポンしてクイタンに移行できるように4筒を切る選択も有力です。しかし、索子が2度受けの上に8索が2枚切れており、この色にアガリを依存するのもやや危ういです。6筒以外は鳴けなくなりますが、4筒にくっつけて6索7索を払う選択を残せる8筒切りが、一番バランスが取れていると思います。


190811b.jpg

上家さんのリーチ一発目、1筒を引いて8萬を切りました。
アガれば逆転2着終了の良形確定イーシャンテン、安牌2枚でオリ切れるか怪しいとなると、端牌の1筒ぐらいは切ってもよさそうですが、テンパイ受け入れは3種9牌でかなり少なく、アガリはだいぶ厳しそうです。下家さんが1,000-2,000以上を親っかぶりすると着順が変わるため、私が放銃さえしなければラス落ちする展開にはならず、下家さんの放銃で何もせず2着になれるラッキーな展開も起こり得るので、この局面はリスクを負わず傍観するのがベターだと判断しました。
ちなみにここで1筒を切っていた場合、上家さんに3,900点を振り込んでラス終了だったので、結果論的にもいい選択でした。


190811c.jpg

上家さんが700-1,300をツモり、私は3着のまま終了でした。


・3戦目

190812a.jpg

7索をチーして5索を切りました。
5枚目の4-7索を見て我慢できずにチーテンを取ったのですが、「後付け見え見えの東後付け2,000点テンパイ」と「満貫まで見えるトイトイイーシャンテン」の比較で、前者が後者と比べて優位かというとそうでもなさそうです。デジタル麻雀において「テンパイとイーシャンテンは天地の差」という言葉はあるものの、ここはスルーしてもよかった気がします。
局の結果は1,000点の横移動でした。


190812b.jpg

3萬をツモ切りしました。
現状の萬子の形が1-4-6-9萬受けでこれ以上いい形にはならないだろうと考えて3萬をツモ切りしたのですが、7萬を切ると元々の受け入れはなくさずに3萬と北の受け入れが増えることに気付きませんでした。今回は北が全見えで受け入れ増は3萬の1枚だけだったのでミスの度合いとしては比較的小さいですが、次に似た手牌が来たときに同じ失敗をしないようにしたいところです。
局の結果は私の7,700点と下家さんの満貫のダブロンでした。


190812c.jpg

オーラスは下家さんが2,600点オールをツモり、私は2着落ち終了でした。


・4戦目

190813a.jpg

上家さんが切った白をスルーしました。
これを鳴けば役が付き仕掛けも利くようになるので速度は多少上がると思いますが、わずかな速度上昇のために打点を1,000点に固定して守備力を大幅に落とすのはだいぶ微妙なので、スルーして門前リーチを狙うほうがよさそうです。
局の結果は5,200点の出アガリでした。


190813b.jpg

トップ目でのオーラス、8筒を79筒カンチャンでチーして3萬を切りました。
役牌後付けっぽさを隠すために67筒リャンメンでチーするほうがアガリ率はわずかに高くなりそうですが、カンチャンチーのせいで東と發がどっちも止められてアガリを逃すことなどそうそうないです。それなら赤5筒引き時に8筒と振り替えて満貫になるように678筒を手牌に残しておくほうが、素点がポイントに反映されるジャンナビルールに合っていると思います。


190813c.jpg

満貫を出アガリして逃げ切りトップ終了でした。

人気ブログランキングへ

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
ネット麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビ四麻:九段
ジャンナビ三麻:九段
天鳳四麻:五段
天鳳三麻:七段

ジャンナビのプロ対局は20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いします。

次回プロ対局募集予定日:9月17日(火)

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(四麻) (128)
ジャンナビ(三麻) (74)
ジャンナビ(プロ対局) (116)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
犬漫画 (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

Template by たけやん