FC2ブログ

ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

麻雀職人「雀ゴロを名乗るんだったら半荘2回くらいの捨て牌と2ヶ月以内に食べた食事は記憶してんのがフツーだぜ」

第2090回「おとといの夕食は何を食べましたか?」

バイト終わりにファミリーマートで買った冷凍食品の具付き味噌ラーメンです。ロング缶の金麦と共に食しました。具付きと謳う割に具の量が貧弱でしたが味は美味しかったです。ただ、今回の質問のリンク先を見る限り、おととい食べたものの内容自体を問うのではなく、何を食べたかちゃんと覚えているか記憶力を確認する質問らしいので、それならいっそ覚えている限り遡って行ってみます。昨日の夕食はやきそば弁当ちょい辛味、3日前の夕食はファミリーマートで買ったお惣菜のささみチキンカツ、4日前の夕食はやきそば弁当旨塩味、5日前の夕食はファミリーマートで買ったオムライス&デミチキンカツ丼、6日前の夕食はファミリーマートで買った10品目のいろどり弁当、7日前の夕食はスーパーカップのブタキムファイヤーラーメン、8日前の夕食はカップ麺のサッポロ一番みそラーメン、9日前の夕食は……忘れました。いい歳した一般女性の夕食が基本的にコンビニ弁当かカップ麺の2択である残念な事実はさておき、麻雀で他家の手出しツモ切りをろくに覚えられない私でも、8日前の夕食まで覚えていることがわかりました。逆に言えば、他家の手出しツモ切りを完璧に覚えられる人間であれば、1ヶ月前ぐらいまでの夕食を思い出せるのかもしれません。


今回はジャンナビプロ対局の134戦目を打ちました。半荘戦です。

200320a.jpg

2軒リーチがかかっている状況で、8索を切って上家さんに2,600点を放銃しました。
親のノベタンテンパイなら2軒リーチに勝負していいだろうという判断でしたが、打点はリーチのみ、待ちは場に2枚切れで残り4枚と、勝負していいかかなり微妙なラインです。ここは上家さんの現物かつ対門さんにも通りそうな5萬を切って8索単騎のダマにしつつ、次に通っていない牌を引いたら8萬を切ってベタオリする構えのほうがよかったかもしれません。


200320b.jpg

3萬を引いて5筒を切りました。
3萬か5萬を切ればテンパイ維持ですが、親の上家さんの最終手出しが1萬ではどちらも切りにくく、うっかり染め手に刺さろうものならラス濃厚です。ここで致命傷を負うわけには行かないと考えて5筒切りでテンパイを崩しましたが、どうせオリるのであれば、4筒を暗カンして上家さんのハイテイを消したほうがよかったと思います。
局の結果は対門さんと下家さんの2人テンパイで流局でした。


200320c.jpg

上家さんからリーチがかかっている状況で、2筒を引いて9索を切りました。
テンパイに向かうのであればここから上家さんに通っていない3萬と2筒を打って行く必要があるのですが、この終盤でそれは厳しいと判断してオリました。しかし3萬はまだしも2筒はリーチに対して本命というほどの牌ではなく、南2局ラス目の親番はお気楽にオリていられる立ち位置でもないので、ここは2筒をツモ切りしてギリギリまでテンパイを狙ったほうがよかったかもしれません。
局の結果は上家さんと下家さんの2人テンパイで流局でした。


200320d.jpg

ラス目でのオーラス、6索を引いてテンパイし、5筒を切って即リーチをかけました。
そこそこ離されたラス目で役なしドラ1を曲げて届くのかという話ですが、供託2本と5本場のおかげで、どこからアガっても少なくともラス回避はできます。しかも上家さんからの直撃やツモアガリなら2着まで浮上、対門さんからの直撃やツモ裏1なら西入してトップまで狙えるので、ダマにしたりテンパイを崩したりするのは圧倒的に緩手と言っていい局面だと思います。


200320e.jpg

上家さんに満貫を放銃してラスのまま終了でした。


これだけだと短いので通常の東風段位戦も打ちます。

・1戦目

200319a.jpg

4萬を引いて8萬を切りました。
牌効率的には筒子カンチャンを落として完全イーシャンテンを目指すところですが、8萬と西がそれぞれ1枚ずつ見えていてシャンポン受けが弱くなっています。6ブロック形にするとイーシャンテン時の形が微妙になるデメリットはあるものの、シャンポンのロスが2枚、カン8筒のロスが4枚であれば、難しく考えずイーシャンテンの受け入れ重視で8萬を切るほうがいいと思います。


200319b.jpg

6筒を引いてテンパイし、1萬を切って即リーチをかけました。
ダマでも満貫あるのでダマにしても悪くはないと思いますが、8萬の先切りが効いていてリーチをかけても9萬は出てきそうです。リーチでもアガリ率が大きく下がらないのであれば、ラス前3着目でそこそこ打点が欲しい点数状況も考慮し、リーチをかけてハネ満を狙いに行くほうがよさそうだと判断しました。ちなみに引いたのが6-9萬であれば、ドラまたぎ3-6筒待ちはリーチをかけるとかなり出にくくなると判断してダマにしそうです。
局の結果は満貫の出アガリでした。


200319c.jpg

2着目でのオーラス1本場、9萬を引いてテンパイし、赤5索を切って即リーチをかけました。
テンパイ形としては最悪の部類ですが、3副露している下家さんに8萬はかなりの確率で刺さるので、赤5索にくっつかなかったのはある意味ツイていると言えなくもないです。アガれば逆転トップ終了の役なしテンパイなのでリーチをかけましたが、場に7萬が1枚、下家さんが高確率で7萬を1枚使用、2副露で萬子を晒していない対門さんも最低1枚は持っていそうとなると、このペン7萬でのアガリはかなり厳しそうです。3着目の上家さんとは僅差で、ここでリーチ棒を出すと3着落ちの確率が上がるので、連対がえらいジャンナビルールであればダマのほうがよかったかもしれません。


200319d.jpg

下家さんに1,000点を放銃して3着落ち終了でした。


・2戦目

200402a.jpg

3着目でのオーラス親番、7索を引いて6索を切りました。
前巡に8索を切っていて7索引きはフリテンの可能性が残るものの、それでもリャンメンターツであることに変わりはないので、ここで1萬を切る選択もあります。場況が特に何もなければ実際にそうしていたのですが、今回は1萬の早切りが2人いてカン2萬受けがだいぶ良さそうに見えたので、素直にフリテンターツを払いました。
局の結果は2,900点の出アガリでした。


200402b.jpg

オーラス1本場で2,000点オールをツモアガって逆転トップ終了でした。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



旅行で日本に来たアメリカ人におススメの日本食を聞かれたら「伝説のすた丼」と答えれば大体正解

第2081回「外国からきた観光客に絶対食べてほしい日本食は?」

私は飲食業にも観光業にも携わっていないので、外国から来た観光客は好きなものを自由に食って帰ればいいと思いますが、日本の経済を潤すためにもできるだけ高いものを食べてもらったほうがいいとは思います。特にお寿司はやっすい回転寿司ではなく、ちゃんとしたお店の江戸前寿司を食べてもらいたいですね。外国人が回転寿司にあるような邪道なお寿司を食べて、「HAHAHA、見ろよジョニー!こいつは俺たちの国のカリフォルニアロールよりクレイジーだぜ!」などと言われるのは癪ですからね。ちなみに私自身は邪道の極みである炙りトロサーモンチーズ寿司も牛カルビマヨ寿司も生ハムカルパッチョ寿司もエビマヨ軍艦も美味しく食べてしまう非国民系女子です。


今回も通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

200317a.jpg

対門さんからリーチがかかっている状況で、4萬を引いて5萬を切りました。
ラス前の3着目で2着目からのリーチなので、テンパイしたら4索を勝負するつもりではあったのですが、テンパイする前に無スジ4萬を掴んでしまったらさすがに厳しいです。北のみイーシャンテンから無スジを最低2つ勝負するのは明らかに押しすぎで、ここで放銃してラス目でオーラスを迎えるのはかなり愚かなので、次局でいい手が入ることを期待してオリるのが最善だと思います。
局の結果は上家さんと対門さんの2人テンパイで流局でした。


200317b.jpg

オーラス1本場は満貫をツモアガって逆転2着終了でした。


・2戦目

200318a.jpg

トップ目でのオーラス、対門さんからリーチがかかっている状況で、3索を切ってハネ満を放銃してラス落ち終了でした。
対門さんのリーチに安牌がなくて困っているところに4枚目の4索を引き、これで3索がノーチャンスになったと考えて切ったら見事にペンチャンに刺さりました。しかし改めて考えてみると、対門さんは9索を切っているので6索もノーチャンスになっており、6索のほうが愚形に刺さりにくく、トイツ持ちで2巡凌げるので、先に6索を切る一手でした。4枚目の4索引きで3索がノーチャンスになった→3索を切ろう、ではなく、4枚目の4索引きで3索がノーチャンスになった→じゃあそのスジの6索は?→6索のほうが安全だから6索を切ろう、という思考に至れなかったのは凄まじく甘かったです。


・3戦目

200401a.jpg

上家さんが切った7萬をスルーしました。
チーして1索を切ればクイタンドラ3のイーシャンテンになりチーテンを取れるようになりますが、現状のリャンメン受け入れの枚数が少なくなっているわけでもなく、逆に鳴くことで1枚切れの亜リャンメン5-8索受けがネックになる可能性もあります。門前ならハネ満や倍満になる可能性も十分にあるので、ここはまだスルーするほうがいいと判断しました。
局の結果は倍満の出アガリでした。


200401b.jpg

下家さんのリーチ一発目、2筒を引いてテンパイし、5萬を切ってダマテンにしました。
ラス前トップ目で2着目からのリーチ一発目なので、できれば無理せずオリたい局面です。ノーテンのまま危険牌を引くようであればリーチ前の外スジの2筒を切ってオリようと考えていたのですが、テンパイするようなら話は別です。現物が複数枚あるならまだしも、外スジ2筒も中スジドラ4索もリーチに対して通る保証はないので、それなら危険牌を切ってでもテンパイに取り、自力での局流しを狙うほうがマシだろうという判断です。
局の結果は満貫の横移動でした。


200401c.jpg

トップ目でのオーラス親番、赤5筒を引いてテンパイし、中を切ってダマテンにしました。
役なしテンパイなので即リーチする選択もありますが、2着目とあまり点数が離れていないトップ目でカン6萬を曲げるのはリスクが高いです。幸いダブ東トイツで役は確保できそうなので、ダブ東のポンや5萬7萬引きのシャンポン変化を期待し、極力リーチ棒を出さない方針で進めるほうがよさそうです。ただし、現状の手牌から4萬や8萬を引いてリャンメンに変化した場合、役なしリャンメンダマはさすがにヌルいので、それは自力決着を狙ってリーチをかけたほうがよさそうです。


200401d.jpg

6筒を引いて7萬を切りました。
アガればトップ終了なので、ひょっこりツモアガる可能性を捨てるテンパイ崩しは損になることが多いですが、今回は筒子が場に安く、ダブ東をポンして筒子3面張になれば高確率でアガれそうです。まだ巡目も早いので、これならテンパイを崩す価値が十分にあると判断しました。また、萬子の切り順は、アガりやすさを考慮するなら8萬引きを想定して5萬を切るのが基本ですが、ジャンナビは持ち点もポイントに反映されるルールなので、赤5萬引きや4萬引きドラ受けリャンメン変化を狙って7萬を切ってみました。


200401e.jpg

2,600点オールをツモアガって逃げ切りトップ終了でした。


200401f.jpg

……と見せかけて、トップ目でアガリ止めせず続行してみました。勝負の後は骨も残さないです。3着目以下と大きく点数が離れているのでどんな展開になっても連対はまず外さないだろうというのが続行の主な理由でしたが、2着目の下家さんは倍満出アガリかハネ満ツモ、もしくは私からの満貫直撃で逆転トップ終了できる点差なので、改めて考えると続行せずアガリ止めしておいたほうがよかったと思います。ちなみにこの続行をした時点で、ゲーム終了と勘違いしたのか上家さんと対門さんが回線落ちしていました。これなら私のアガリ率は流局を除けば単純計算で5割なので、結果的には続行が正解になったかもしれません。


200401g.jpg

トップ目でのオーラス親番1本場、下家さんからリーチがかかっている状況で、2索を引いて4筒を切りました。
ここで下家さんに満貫を放銃してまくられでもしたら麻雀を引退するレベルなので、2巡前に自分で通した4筒を切ってノーテン流局を祈ることにしたのですが、回線切れの対門さんがリーチ一発目に2索をツモ切っているのを見落としていました。ノーテンでゲーム終了でも悪くはないですが、2人が回線切れの状況ならテンパイ流局で次局をやったほうが大体得なので、2索をツモ切って3-6筒チーか6索チーで形テンを取れる可能性を追うべきでした。


200401h.jpg

満貫の横移動で逃げ切りトップ終了でした。

人気ブログランキングへ

主食がインスタント味噌汁かけご飯なのでB級グルメすら贅沢だと感じる系女子

第2080回「好きなB級グルメは?」

真っ先に思い浮かんだのはバター醤油ご飯です。中盤までは名作だった料理漫画『美味しんぼ』の、

Ddzjf6ZV4AEtB84.jpg

この画像で有名な料理ですね。私の子供の頃は食べ物の好き嫌いが多いクソガキで、食事の際にご飯のおかずに困ることが多々あったので、その際はバターと醤油をかけて食していました。ただ冷静に考えると、バター醤油ご飯はB級グルメどころかC級かD級ぐらいな気がするので、質問の回答としてはあまり適切ではない気がします。そうなると、3種のチーズ牛丼が好きなB級グルメということになります。この前ファミリーマートでも3種のチーズ牛丼が売られていたのでどんなもんかと買ってみたのですが、味はともかくとして値段の割に量が少なく、コスパ面で微妙と言わざるを得ない商品でした。「餅は餅屋」ということわざの通り、チーズ牛丼はチーズ牛丼屋さんであるすき家に任せるのが一番ということですね。


今回は通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

200314a.jpg

6索を引いて西を切りました。
3萬3筒5筒のいずれかを切ればイーシャンテンになりますが、この巡目でリーのみ愚形イーシャンテンに取るメリットはあまりないです。現代麻雀はスピードが大事と言っても打点との兼ね合いは必要なので、ここは西トイツ落としでタンピンを狙いに行くのが基本かつ王道の手順だと思います。


200314b.jpg

5索を引いて3萬を切りました。
タンヤオのみ愚形テンパイは基本的には即リーチで問題ないのですが、さすがに今回の手牌は変化に魅力がありすぎるので、3萬切りテンパイ取らずで萬子4連形と索子中ぶくれ形のくっつきイーシャンテンにするほうがいいと思います。ただ、ドラが2萬であることを考慮すると、6索切りダマという選択もなかなか悪くなさそうです。変化の質と量で考えるなら3萬切りですが、6索切りはダマでアガれるメリットがあるので、もう数巡経ってテンパイを崩す余裕がなくなってきたら6索切りダマのほうが有利になりそうです。
局の結果は3,900点の出アガリでした。


200314c.jpg

オーラスは上家さんに満貫を放銃してラス落ち終了でした。


・2戦目

200315a1.jpg

8索を引いて3索を切りました。
5萬へのリャンメンくっつきの可能性が残るとは言え、このイーシャンテンに取るとそこそこの確率でリーのみ愚形になるので、先に萬子のペンチャンを払ってリャンシャンテンに戻す手順も考えられます。しかし、親番で極力先制リーチを打ちたいことと、2者が1萬を早くに切っていて3萬の場況がいいことを考慮すると、今回はイーシャンテン取りのほうが有利だと判断しました。
局の結果は3,900点の出アガリでした。


200315b.jpg

6筒を引いて7索を切りました。
下家さんが3筒を45筒でチーして7筒を切ったことで、7筒周辺の牌を持っている可能性が高いと読めるので、6筒はとても切れません。かと言ってこのくっつきイーシャンテンからオリるのもどうかと思い、自分で9索を切っていてくっつきが弱い7索を切ったのですが、この7索も普通に危ないので、トップ目から切るのは微妙でした。ここは上家さんが2萬を切っていて中スジになっている5萬を切るほうがよかったと思います。
局の結果は下家さんの2,600点オールツモでした。


200315c.jpg

2筒を引いて北を切りました。
ターツはすべてリャンメンで123三色の目があり、北トイツは自分の風で鳴いて行くことができるので、どのブロックも魅力的です。1巡目ならシンプルにピンフを狙いに行こうと考えて北トイツを落としたのですが、トップ目での5本場という状況を考慮すると、北ポンと123三色を同時に追うことができる7索8索落としで局流しに比重を置いたほうがよかったと思います。ちなみに556萬を落としてチャンタ三色を狙う手役派手順もありますが、1萬1筒9索の高めツモ3つ条件はさすがに厳しいのでおススメはしません。
局の結果は2,000点の出アガリでした。


200315d.jpg

トップ目でのオーラス、白をツモ切りしました。
アガればトップ終了のリャンメンテンパイなので、加カンしてツモ回数を増やしたいところではありますが、カンドラによって親や2着目の下家さんの打点が上がる可能性が出てきます。ホンイツっぽい仕掛けをしている下家さんの手が満貫になって逆転条件を満たしたりしたら最悪なので、ここはツモ切りが無難だと思います。


200315e.jpg

2,000点の横移動で逃げ切りトップ終了でした。


・3戦目

200316a.jpg

3着目でのオーラス、白を引いて南を切りました。
10種11牌なので平場なら国士無双狙いですが、オーラス3着目で悠長に国士を狙っている余裕がありません。それなら9種9牌で流そうかと思いましたが、自風のドラ西トイツがあるなら鳴いて満貫が狙えるので、他がバラバラでも中張牌にくっつけば何とかなるだろうとポジティブに考えて普通に進めてみました。とは言えここまでバラバラだと実際問題としてアガれる可能性はかなり低いので、9種9牌で流して次局に3翻以上の手ができることを期待するほうがよかったかもしれません。


200316b.jpg

満貫をツモアガって逆転トップ終了でした。

人気ブログランキングへ

君の麻雀は 満たされているか ちっぽけな2着目に 妥協していないか

第2079回「大人になった今だからこそ行きたいと思う場所はありますか?」

アスレチックジムとか運動公園みたいな施設ですかね。アラサー完全イーシャンテンになったこのタイミングで行くのはおかしいという考えもありますが、小さい頃はチビヒョロの体育落ちこぼれ系少女、10代後半から20代前半にかけても一切運動していなかったことを考えると、週4~5日筋トレをしている現在が運動能力において私の人生の全盛期である可能性が高いので、行くなら今だと思います。ちなみに一度行ってみたい運動公園は清水公園フィールドアスレチックです。ここは個人的に2番目に好きな特撮作品である『超人機メタルダー』で使われた公園で、敵の軍団が総出で運動会を行う(※その間主人公は一切出て来ない)という脚本家の気が狂ったとしか思えない回で印象に残っています。とは言え、いい歳こいた女子が一人で行くのはちょっと厳しいですし、もっといい歳こいた兄と2人で行くのも何か違う気がします。かと言って一緒に行ってくれるようなメタルダーに理解のある友人ももちろんいないので、なかなか行くきっかけがないまま現在に至ります。


今回はジャンナビプロ対局の133戦目を打ちました。半荘戦です。

200310a.jpg

対門さんのリーチ一発目、8萬をツモ切りしました。
終盤ののみ手テンパイでリーチに対して無スジ勝負はしたくないのですが、リーチの現物待ちかつ場況もよさそうな4-7索待ちテンパイともなると、この8萬さえ通ればかなりアガれそうに見えます。放銃はもちろん痛いですが、アガれそうな手からオリて相手のリーチを実らせてしまうのも同様に痛いので、これぐらいいいテンパイであれば強気に押して相手のリーチを潰しに行くほうがいいと思います。
局の結果は1,000点の出アガリでした。


200310b.jpg

3索を引いて7索を切りました。
一見するとドラ2でリャンメン2つの勝負手イーシャンテンですが、5-8索が7枚見えでほぼ死んでいるので、実質はリャンシャンテンです。それでもノーチャンスの3索ぐらいは切っても問題ないと考える人もいると思いますが、この巡目でノーチャンスの3索が1枚も見えていないということは誰かにトイツ以上で持たれている可能性が高く、まったく安全とは言えません。3筒も3索も切れない以上、安全度の高い7索を切りつつ、ドラ6索が重なったときのみ勝負するぐらいの慎重な打ち回しでちょうどいいと思います。
局の結果は下家さんの1人テンパイで流局でした。


200310c.jpg

6萬をツモ切りしました。
親マンまで見えるイーシャンテンなので自己都合で6萬を切ったのですが、対門さんは萬子ホンイツ気配の2副露をして4萬をあふれさせており、普通に読むならそこそこの確率でテンパイしていそうです。平場であってもこの6萬はだいぶキツいのに、南2局で僅差のトップ目という立ち位置を考慮するとより一層キツくなります。ここは8索を切って6萬は一旦保留しておくほうがよかったと思います。


200310d.jpg

5索を引いて8索を切りました。
7索切りの親マンテンパイと8索切りの2,900点テンパイでは打点が大差ですが、待ち枚数3枚と8枚の差も大きいです。巡目が早ければ愚形テンパイに取ってもアガリ抽選をたくさん受けられるので悪くはないのですが、12巡目ではその余裕もなくなりつつあるので、他家の手を潰す意味でも8索切りでアガリ優先のリャンメンに取るほうがいいと思います。
局の結果は2,900点の出アガリでした。


200310e.jpg

6筒をツモ切りしました。
一見するとメンツオーバー形に取る現代麻雀らしくない選択ですが、ターツ選択の結果がこれです。まず、2組の字牌トイツはどちらも役牌なので手をかけられません。次に56萬と23筒のリャンメンターツですが、これはどれも下家さんに通っていないので、鳴かれて手を進められてしまう可能性が高いです。667筒のリャンメントイツは、6筒は鳴かれるリスクがあるものの7筒が現物なので、アガリを目指しつつ絞りも考慮するのであれば、このターツを嫌うのが一番バランスが取れていると判断しました。
局の結果は3,900点の横移動でした。


200310f.jpg

トップ目でのオーラス、4筒を引いてテンパイし、2索を切って即リーチをかけました。
僅差のトップ目でなるべくリーチはかけたくないので、2索切りダマや3索切りダマという選択もあります。しかし4巡目のリャンメンテンパイならそんなリスクは微々たるもので、むしろ最大限にアガリを追わなかったが故のアガリ逃しのほうが罪深いので、2索切りリーチが最善の選択だと思います。


200310g.jpg

1,300点を出アガって逃げ切りトップ終了でした。


これだけだと若干短いので、通常の東風段位戦も1戦打ちます。

200313a.jpg

2着目でのオーラス、2筒を引いてテンパイし、6萬を切ってダマテンにしました。
逆転トップ終了の確率を上げるだけなら、どちらかの単騎で即リーチをかけてツモか裏か直撃に期待するのが一番だと思います。しかし今回は、リーチ棒&満貫放銃でラス落ち終了という点数状況なので、微妙な待ちでリーチをかけるのはリスクが高いです。麻雀において2着順ダウンはかなり罪深いので、とりあえずダマに構えてよさそうな待ちになったらそこでリーチ、それまでにアタリ牌が出たらアガって2着終了という選択が、このオーラスの状況では一番バランスが取れていると思います。


200313b.jpg

白を引いて5筒切りリーチをかけました。
この巡目で生牌の白は誰かしらにトイツか暗刻で持たれている可能性が高いので、そこまでいい待ちとは言えません。しかしよくわからない中張牌単騎よりはよっぽどいい待ちなので、トップが見える状況である以上は、この待ちで妥協してリーチをかけるのがバランスの取れた選択だと思います。


200313c.jpg

1,600-3,200をツモアガって逆転トップ終了でした。

人気ブログランキングへ

飲んで飲んで飲まれて飲んでやがて妹は静かに眠るのでしょう

第2078回「日々の小さな癒しはなんですか?」

一日の終わりの宅飲みですね。むしろ充実した宅飲みを毎日するために日々の生活を送っているまであります。適度に身体を動かしてから飲むお酒のほうが美味しいから筋トレをして、適度に頭を使ってから飲むお酒のほうが美味しいからネット麻雀をしているという感じで、趣味と宅飲みが連動しています。そんなにお酒好きならさぞや宅飲みで大量にお酒を飲むのだろうと思われそうですが、二日酔いになるまでガッツリ飲むと翌日の筋トレやネット麻雀のパフォーマンスが落ち、その日の終わりの宅飲みの充実度も下がるので、結果的に二日酔いしない程度でセーブする意識高い系酒飲みです。ちなみに私のお酒の適量は、度数7%以上の350ml缶チューハイ1缶と、ちょっと濃い目のウイスキーの水割り1杯程度で、これ以上飲むと翌日に頭痛のリスクが生じてきます。これぐらいで程よく酔った感覚を味わえるので比較的リーズナブルなほうだと思います。もし私が大量に飲まないと酔えない体質だとしたら西園寺家の財政が破綻するので、適度にお酒が弱くてツイていました。


今回も通常の三麻段位戦を打ちました。

・1戦目

200309a.jpg

4筒を引いてテンパイし、2筒を切って即リーチをかけました。
役なしドラ3テンパイにつき機械的に即リーチをかけましたが、まだ6巡目、筒子が4連形で変化がそこそこ、くっつき次第でピンフが付き打点上昇の可能性がある……と、テンパイ崩しで悪くない条件が揃っています。さらに今回の手牌の場合、アガリ逃しの7筒ツモでも6筒切りで3面ノベタンリーチが打てたり、索子が6連形で2手変化の索子待ち良形が期待できたりもするので、9筒切りテンパイ崩しがやや有利だったかもしれません。
局の結果は満貫のツモアガリでした。


200309b.jpg

上家さんの親リーチ宣言牌の2枚目の南をスルーしました。
自風の南をポンして共通安全牌の3筒を切れば安全にイーシャンテンに取れますが、テンパイ時に出て行く2索か3索が、索子ホンイツ気配の3副露をしている対門さんに危険です。また、とりあえず手を進めておいて無理そうならそこでオリればいいという考えもありますが、今回の手牌の場合、親リーチの現物である8索か9索を切ってオリようとすると対門さんに刺さる可能性があります。このような状況であれば、南をスルーして安牌として活用するほうが大怪我をすることもなく、最終的な順位もよりよくなると思います。
局の結果はハネ満の横移動でした。


200309c.jpg

オーラスは親マンを出アガって逆転トップ終了でした。


10dan3.jpg

今回のトップで10段に昇段しました。
次は四麻で11段を目指します。


・2戦目

200311a.jpg

南入サドンデスでのオーラス、7萬を引いてテンパイし、6萬を切って即リーチをかけました。
1枚切れシャンポンで役はリーチのみ、しかもリーチ棒を出すことで3着目に落ちるので、まったくリーチはかけたくないところです。しかし、筒子が適度に場に安く待ち自体はそこまで悪くなさそうで、裏ドラが1枚でも乗れば逆転トップ終了できる点数状況も考慮すると、リスクを承知で即リーチするほうがダマよりはマシだと判断しました。
局の結果は500-1,000ツモでしたが、30,000点まで100点届かずゲーム終了にはなりませんでした。


200311b.jpg

次局は満貫の横移動で2着落ち終了でした。


・3戦目

200312a.jpg

6索を引いて8索を切りました。
索子が3面張なので、門前リーチを最大限に狙うのであれば5筒切りという選択もあります。しかし、既に12巡目で先手を取れているか怪しい状況であることを考慮すると、親の下家さんに対して危険な8索を処理しつつ、5萬か4-7筒でチーテンを取れるように構えるほうがバランスが取れていると思います。また、4萬6萬の重なりを期待して4索切りという選択もありますが、それはもう少し巡目が早いときに採用する選択なので、12巡目であれば遊び牌を作らないようにするほうがいいと思います。
局の結果は私と上家さんの2人テンパイで流局でした。


200312b.jpg

4筒を引いて1索を切りました。
手なり手順ならスジで浮いている4萬か7萬を切るところですが、今回の手牌は456三色と567三色のどちらの可能性もあるので、萬子のどちらを切っても三色逃しのリスクがあります。まだ巡目も早く2シャンテンを3シャンテンにするロスもそこまで気にならないので、ここは索子ペンチャン落としで懐深く構えるのがベターだと思います。


200312c.jpg

2萬をツモ切りしました。
萬子カンチャン2つの狭いイーシャンテンに受けるよりは筒子索子どちらのくっつきも残せる2シャンテンのほうが強いだろうと考えたのですが、今回の手牌は567三色が明確に見えているので話はちょっと変わってきます。三色目があれば、門前テンパイ時の打点的な魅力は当然として、3萬6萬でチーテンを取れる速度的な魅力もあるので、ここは4筒切りでイーシャンテンに取ったほうがよかったと思います。また、筒子4連形残しの5索切りイーシャンテン取りでも悪くはないと思いますが、ドラ8索を引いたときによくわからないことになりそうなので、個人的には4筒切りが好みです。
局の結果は満貫の出アガリでした。


200312d.jpg

オーラスは対門さんが1,000-2,000をツモり、私は逃げ切りトップ終了でした。

人気ブログランキングへ

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
ネット麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビ四麻:十段
ジャンナビ三麻:十段
天鳳四麻:七段
天鳳三麻:七段

ジャンナビのプロ対局は20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いします。

次回プロ対局募集予定日:4月10日(金)

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(四麻) (153)
ジャンナビ(三麻) (84)
ジャンナビ(プロ対局) (134)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
犬漫画 (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

Template by たけやん