FC2ブログ

ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

ぜんぜんわからない。俺たちは雰囲気でデジタル麻雀をやっている。

第2368回「子どものときに覚えたことを、意外と今でも覚えてる!と思ったこと」

勉強関係は結構怪しいです。さすがに九九やはじき計算や小数計算ぐらいは覚えていますけど、分数の掛け算あたりからだいぶ怪しくなってきます。仮に今小学6年生の算数のテストを無勉強で受けたとしたら結構悲惨な点数になると思います。それとデジタル雀士を謳っているわりに確率計算の仕方も全然覚えていません。このブログで確率がどうとか期待値がどうとか書くことが結構ありますが、実はわりとフィーリングです。


hunniki.jpg


デジタル雀士がそんなんでいいのかよとツッコまれそうですが、私のような数学の能力がない文系雀士でも「理系の頭のいい人が書いた麻雀本を何回も読んで気合いで覚える」という、文系お得意の作者の気持ちを考えるアレでわりと何とかなるもんです。


今回はジャンナビプロ対局の103戦目を打ちました。半荘戦です。

190308a.jpg

赤5萬を引いて6索を切りました。
リャンメン2つのイーシャンテンなので真ん中に近い6索を先に処理したのですが、さすがにこの巡目なら守備よりも変化を優先したほうがいいです。良形確定形なので6索残し7索ツモにあまり魅力はないものの、5索を引いたときは筒子ターツを払って3面張、もしくは2索を切って345と456の三色の両天秤という魅力的な変化があるので、完全イーシャンテン変化の牌や完全安牌を引くまでは6索は抱えていてもよさそうです。
局の結果は3,900点の出アガリでした。


190308b.jpg

3索を引いて8索を切りました。
5ブロック大好き女子としては、3萬を切って萬子を2ブロックに固定して普通手とチートイをどちらもバランスよく狙える手組に美しさを感じてしまうのですが、3萬切りだと2-5-8萬を引いたときに普通手の形が弱くなり、2枚切れの8索を残すことでチートイの受け入れも減っているので、美しさは諦めて8索を切るのが実戦的な選択だと判断しました。


190308c.jpg

上家さんのリーチ一発目、4索を引いて7萬を切りました。
リーチへの安牌がなく、白のトイツ落としをしようにも白はドラで切りにくいという手詰まりの状態なので、自己都合で4索をツモ切りする選択もあります。しかし、両無スジの4索と普通の無スジの7萬では放銃率にそれなりに差がある点と、7萬が通ればもう1枚の7萬→中スジ4萬と切って行ける点を考慮するなら、テンパイしたら4索を勝負すると言えども、ノーテンの現状では7萬を切るほうが攻守のバランスが取れていると判断しました。
局の結果は上家さんの親マンツモでした。


190308d.jpg

対面さんからリーチがかかっている状況で、7萬を引いてテンパイし、1筒を切って追いかけリーチをかけました。
終盤・現物待ち・待ちが残り4枚……と、リーチをかけたくない条件はいくつもありますが、タンピンをメンタンピンにする打点上昇のメリットがあまりに大きいので、細かいデメリットは気にせずズバッとぶん曲げるほうが局収支的に大体得だと思います。
局の結果は満貫の出アガリでした。


190308e.jpg

2索をチーして西を切りました。
下家さんに本来なかったハイテイを回してツモられでもしたら悲しい気持ちになりますが、ここで2索をスルーして残り2回のツモ番で危険牌を掴んだ場合、押し引きに非常に困ることになります。チーをするとツモ番を1回放棄することができ、さらに次巡どんな危険牌を引いてももう1枚の西を切ってテンパイを維持して連荘することができるので、「下家さんのツモが1回増える」というメリットなんだかデメリットなんだかよくわからない点は気にせず鳴く一手だと思います。
局の結果は全員テンパイで流局でした。


190308f.jpg

ドラ2萬を引いて8萬を切りました。
状況なしなら5萬か6筒を切ってイーシャンテンに取る選択のほうがわかりやすくて個人的には好みですが、今回は直前に上家さんが切った7萬にポンラグがかかっていたので、悩むことなくペンチャンを落とせました。この場面で鳴きなし設定にしていなかったらポンラグに気付けなかった可能性があるので、面倒だと思っても状況に応じて鳴きのありなしをこまめに変えるのは大事です。ジャンナビは天鳳と違ってランダムラグが存在しないので、ラグはそのまま読みに使える重要な情報源になります。
局の結果は1,300点の横移動でした。


190308g.jpg

下家さんからリーチがかかっている状況で、西を引いてテンパイしましたが、6索を抜いてオリました。
ここで放銃すると2着目から一気にラス争いに巻き込まれてしまうので、全方向に危険な6筒はとても切れないと判断して6索を中抜きしたのですが、リーチ役牌のリャンメン待ちは立派な勝負手で、ツモか裏1で一気にトップが見えてくる……と考えることもできるので、トップ取りを最優先に考えるなら6筒切りで追いかけリーチをかけたほうがよかったかもしれません。
局の結果は対面さんの500点オールツモでした。


190308h.jpg

8索を引いて9索を切りました。
変則的な捨て牌の下家さんに対応しての打牌なのですが、さすがに消極的すぎました。周りが仕掛けをたくさん入れていて生牌の白と發が浮いている……みたいな状況ならこの打牌でいいと思いますが、まだ誰も仕掛けていない序盤なら手なりで字牌を切ったほうがよかったです。
局の結果は上家さんの1人テンパイで流局でした。


190308i.jpg

4索をチーして白を切りました。
鳴いて役なしリャンシャンテンの終盤となるとアガリ目は限りなくゼロですが、手が進んだら切ることになる3索も9索もそれなりに安全度は高いので、黙ってノーテン流局を待つよりは仕掛けるだけ仕掛けてみてドラ中単騎の形テンを狙っても悪くはないと判断しました。
局の結果は対面さんの1人テンパイで流局でした。


190308j.jpg

2着目でのオーラス3本場の親番、9索をポンして北を切りました。
後付け安手の仕掛けでアガってもトップに届かないとなると、スルーしてリーチを狙いに行きたいところではあるのですが、ここで9索を鳴いて後付けを狙うか、南以外は鳴かないお上品な打法をするかで、アガリ率はだいぶ変わってきます。その上、好ヅモが続いて門前リーチを打てたとしても打点的にトップに届かないパターンも結構あるので、無理に打点を追わずアガリ率を最大にして勝負を次局に持ち越すほうがいいと判断しました。
局の結果は1,500点の出アガリでした。


190308k.jpg

オーラス4本場は上家さんが1,300-2,600をツモアガって、私は2着のまま終了でした。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

兄「靖子も大きくなったらビールの美味しさがわかるよ」靖子(19)「ビール美味しい」兄「ちょっと待って」

第2364回「子供の時は苦手だったけど大人になったら好きになった食べ物は?」

大人になってから好きになった食べ物は特に思い浮かばないですが、大人になるまでの間に好きになった食べ物・飲み物ならいくつかあります。小学校低学年の頃に苦手だった炭酸飲料を飲めるようになり、高学年の頃にお寿司をワサビありで食べるようになり、中学の頃にマクドナルドのハンバーガーをピクルスを抜かずに食べるようになり、19歳になる頃に苦いビールを美味しく飲めるように……あ、最後のは何でもないです。ビールはビールでもリトルビールですよもちろん。


385a34e5.jpg


とは言えこのブログの過去記事を漁れば未成年時代に飲酒したと思われる記事の1つや2つありそうなので今更手遅れな気もします。田舎の陰キャ女子は貞操観念は高くても飲酒に関してはわりとガバガバなことが多いです。言い換えるなら下の口は嫌がっていても上の口は正直、みたいな感じです。ちょっと自分でも何言ってるかわかんないですけど。


今回も通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

190305a.jpg

3筒をチーして3索を切りました。
8萬を切ればドラ6索でもアガれる多面待ちになりますが、この巡目まで1枚も見えていない8萬はワンチャンスとは言えいかにも危険なので、4索のノーチャンスになっている3索切りで8萬単騎に受けるほうがいいと判断しました。結果的にもここで手拍子で8萬を切っていたら、3,900点と満貫のダブロンでえらいことになっていました。
局の結果は上家さんの満貫ツモでした。


190305b.jpg

北を引いて3萬を切りました。
手なりで北をツモ切りしてシャンポン受けを残す選択もありますが、シャンポンは既に場に2枚見えで重なりがあまり期待できないので、安牌の北を抱えるほうが攻守のバランスがよさそうです。また、233萬の形を残すことで3筒や5筒引きから萬子の2度受けを解消できるメリットもありますが、ドラ4萬の受け入れチャンスが2回ある現状の形は打点面のメリットがかなり大きいので、わざわざ筒子変化を期待することもないと判断しました。
局の結果は3,900点の出アガリでした。


190305c.jpg

オーラスは1,000点の横移動で3着のまま終了でした。


・2戦目

190306a.jpg

白を引いて7索を切りました。
2萬か4萬を引いたときに完全イーシャンテンになるように白をツモ切りしてもいいのですが、索子は2度受けなのでテンパイ受け入れが広がるわけでもなく、最終受けがリャンメンになってもピンフが付いて打点が上がるわけでもないので、それなら完全安牌の白を1枚持っておくほうが攻守のバランスがいいと判断しました。
局の結果は上家のCPUの満貫ツモでした。


190306b.jpg

7筒をツモ切りしました。
4索を切ればツモり三暗刻の目が残りますが、1筒8索引きテンパイはリャンメン待ちに受けるため、三暗刻テンパイはドラ表示牌で1枚見えている7筒を引いたときだけです。それなら4索を残してリャンメンくっつきを期待するほうがよさそうだと判断しました。
ちなみに、7筒はツモ切りではなく空切りしたほうがカンチャンを処理した感が出て6-9筒待ちになった際に若干出やすくなるので、ツモ切りは厳密に言えばミスですが、この対局はCPUが2人いるので影響は限りなくゼロだったと思います。
局の結果は7,700点の出アガリでした。


190306c.jpg

2着目でのオーラス、4索をポンして2萬を切りました。
ドラ色の染め手気配の下家さんに刺さったらラスまで見えてくるので、シャンテン数の変わらない4索はスルーして安牌2枚として使う選択もあるのですが、アガれば2着終了できるこの状況では、受け入れが倍近くになる4索が出たのなら難しく考えずとりあえずポンしておいたほうがいいという判断です。


190306d.jpg

1,000点を出アガリして2着のまま終了でした。


・3戦目

190307a.jpg

8萬をポンして9筒を切りました。
愚形が多く打点も低いので通常ならあまり仕掛けたくはない手牌なのですが、運よく門前リーチで満貫をツモっても、上家さんが飛んで3着のまま終了してしまう点数状況なので、門前で粘ってもあまり旨みがありません。しかし食い仕掛けて食いタンドラ1に打点を落としてしまえば、500-1,000をツモっても上家さんは飛ばず、食い仕掛けなら見逃しをかけることも容易なので、低打点速攻の局流し狙いで次局の親番に賭けるほうがいいと判断しました。
局の結果は満貫の横移動でした。


190307b.jpg

回線切れの上家さんが切った8萬をスルーしました。
2,000点オールをツモれば上家さんが飛んで逆転2着終了できる状況なので、ポンしてドラ4筒雀頭の最速テンパイを狙う選択もあるのですが、その後發を鳴いての5-8筒待ちになるならまだしも、上家さんから出アガれない片アガリ發待ちになった場合はいかにも窮屈です。まだ巡目が早いことも考慮して、親マンが確定するドラ4筒か赤5筒、もしくは役が確定する發以外はまだ鳴かないほうがいいと判断しました。


190307c.jpg

親マンの出アガリで上家さんを飛ばし、逆転2着終了でした。

人気ブログランキングへ

引きこもりをより引きこもらせる『花粉』という罪深い粉

第2362回「お家での過ごし方は?」

なかなか漠然とした質問ですね。週3日はずっと家に引きこもり、アルバイトがある週4日も概ね1日14時間ぐらいは家にいる、家ガチ勢の私としては、家で過ごすことが日常を過ごすことと大体同義なので、過ごし方を聞かれても「普通に過ごしてる」としか言えません。とは言え「普通に過ごしてる」では回答としてあんまりなので、とある休日の過ごし方を書いてみます。

11:00 起床、歯磨きしつつMTGアリーナをプレイ
11:30 洗濯をしつつ朝食を食べたりジャンナビを打ったりする
12:30 東映特撮を観つつ筋トレ
15:00 天鳳1ゲーム→掃除(数分)→ネマタさんの麻雀ウォッチ内の記事を1記事読む→ジャンナビ記事作成(画像1つとその検討)→ヨーヨーの練習(5~10分)→MTGアリーナの攻略サイトを1記事読む→Web漫画を数ページ読む→天鳳1ゲーム→……の無限ループ
18:00 夕食
18:30 無限ループ再開
24:00 シャワー
24:30 宅飲み&夜食
25:00 歯磨きしつつMTGアリーナをプレイ
26:00 クソゲー実況動画を観つつ寝酒を飲み寝落ち

大体こんな感じです。自分で書いておいてアレですが、これを「普通に過ごしてる」と言っていいのか怪しくなってきました。少なくとも一般的な25歳女子の1日で、『天鳳』『東映特撮』『ヨーヨー』という単語が出てくることはあまり多くない気がします。


今回は通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

190302a.jpg

ドラ8萬を引いて1萬を切りました。
5ブロックの候補は揃っているからと言って5萬を切る人もいるかもしれませんが、仕掛けても親マンが確定するこの手牌で萬子の中ぶくれはとても大事なので、1萬を切って食いタンを狙えるようにするのが正着です。
また、2萬を切って4トイツの形に構える選択もありますが、わりとどこからでも食い付くことになるこの手牌がチートイツになることはほぼないので、1萬切りで2萬重なりによる食いタン受け入れの増加や、3萬引きのピンフ完全イーシャンテンを想定するほうがいいです。


190302b.jpg

7筒を引いて3索を切りました。
223の形のリャンメントイツは優秀なので雀頭固定することはあまりないのですが、今回はタンヤオ確定による打点の高さやくっついたときの待ち枚数の多さで孤立6索残しが優位になります。
ちなみに萬子の形が中ぶくれ形ではなく4連形や亜リャンメン形ならば、良形テンパイのなりやすさを重視して6索を切ります。


190302c.jpg

5索を引いてテンパイし、5萬を切ってダマテンにしました。
リーチをかけて出アガリ18,000点を確定させる豪快な打ち方も個人的には嫌いではないですが、好みではなく単純に損得で考えるなら、やはりダマ親マンのリャンメン待ちは堅実なダマでアガリ率を最大にするのが基本です。
ちなみに7萬か4筒を引いて高め三色になったとしても当然ダマ継続です。「最終形はリーチ」とかいう何の根拠もないセオリーは、平成の終わりと共に忘れ去りましょう。
局の結果は1,300点の横移動でした。


190302d.jpg

オーラスは2,000点を出アガって逃げ切りトップ終了でした。


・2戦目

190302e.jpg

3着目でのオーラス親番、4萬を引いて7萬を切りました。
7索よりも暗刻持ち4萬のスジの7萬のほうが後々危険になりそうと考えて切ったのですが、牌効率で考えた場合、7萬残しの6萬ツモは純粋なリャンメンターツになりますが、7索残しの6索ツモは7索切りでリーチを打つので7索が機能しません。3着目のオーラスで守備よりも攻撃を考えなければいけない状況なので、ここは7索切りのほうがよかったです。


190303b.jpg

上家さんに3,900点を放銃してラス落ち終了でした。


・3戦目

190304a.jpg

対面さんのリーチ一発目、2萬を引いて2筒を切りました。
2萬をツモ切りして3筒引きテンパイの目を残したいのは山々ですが、「リーチの一発目に危険牌を切って受け入れ最大良形イーシャンテン」と「リーチの現物を切ってそこそこ良形イーシャンテン」の比較では後者のほうが期待値が高そうなので、勝負手と言えどもノーテンからはフルゼンツをしないバランス打法がいいと判断しました。


190304b.jpg

6筒をツモ切りしました。
2萬を切れば相当受け入れの広いイーシャンテンになりますが、これも一つ上の画像と似たような押し引きで、危険牌を切って5萬3-6筒受けを増やすよりは、比較的安全な中スジ6筒切りで3面張とリャンメンのイーシャンテンに受けるほうがいいという判断です。もう少し巡目が早ければ2萬を押していいと思いますが、11巡目となると判断がやや引き寄りになります。
局の結果は対面さんの1,300-2,600ツモでした。


190304c.jpg

8萬をチーして3筒を切りました。
北を切ってイーシャンテンに受ける選択もあるのですが、3筒トイツを残して白か中をポンしても、序盤のこの手牌ならテンパイを取らずホンイツに向かうほうがよさそうなので、それなら今の段階で北が重なる可能性を残したほうがいいという判断です。
局の結果は上家さんのハネ満ツモでした。


190304d.jpg

6萬を引いて7筒を切りました。
5ブロック理論に則って一番弱い2度受けリャンメンを嫌ったのですが、2筒と4筒が場に1枚ずつ見えていてシャンポン受けを残すメリットが薄くなっているので、これなら4筒切りの6ブロックに構えて9筒引きのメンツ完成や6筒引き3面張の可能性を残したほうがよかったと思います。
局の結果は1,000点の横移動でした。


190304e.jpg

ラス目でのオーラス、上家さんのリーチ一発目、8索を引いて赤5索を切りました。
一つでも着順を上げるために打点を落としてでも一番受け入れ枚数の多い選択をしたのですが、ここで赤を1枚捨てると満貫になる確率がやや下がる点と、仕掛けてテンパイを取った際に片アガリになってしまう点が気になります。8索切りは9索の受け入れはなくなるものの、赤3枚使いで仕掛けても満貫確定、さらにタンヤオも確定でフリテンの恐れもなく、満貫ツモによる逆転2着はもちろん、上家さんからの直撃で南入のサドンデスも期待できるので、総合的に考えるならこちらのほうがよかったと思います。


190304f.jpg

対面さんからもリーチがかかった状況で、5萬をポンして6萬を切りました。
前巡に8索を切っていれば出アガリでもツモでも2着になれるテンパイだったのですが、5索を切ったせいで対面さんからの直撃以外は3着終了のしょぼいテンパイになってしまいました。もちろん鳴ける牌が切られる前に門前でリーチをかけられる可能性も十分あるのですが、9索絡みのアガリだと大体5,200点で2着になれないことが多いので、思っていた以上に5索切りの完全イーシャンテンに魅力がなかったです。


190304g.jpg

対面さんが2,600点オールをツモアガり、私はラスのまま終了でした。

人気ブログランキングへ

スキー場とかいうクソ寒くて死の危険があってカレーが高いこの世の地獄

第2359回「好きなウィンタースポーツは何ですか」

これはいい質問ですね。西園寺家は北海道生まれ北海道育ちなので雪を嫌というほど見ていますし、私と同郷の人でスノーボードのオリンピック選手もいるぐらいウィンタースポーツも盛んです。そんな私の好きなウィンタースポーツですが、


5a3b9c44b5140db2c4d77c9e4d1f002c_400_20190224184426283.jpg


ないです。スキーもスケートも苦手ですしスノーボードはやったことすらありません。私が通っていた小学校では、冬場にバスで片道数時間かけて雪山に行ってスキーをするという実にくだらねえ授業が年に数回あったのですが、生徒の能力に応じてAランクからGランクまで分けてのスキー授業で、私はFランクでした。テストで90点より低い点数を取った記憶がないぐらい優秀なこの私をFランク呼ばわりとはケシカラン、貴様ら教師こそFラン大学の教育学部出身だろうが! と女子小学生時代の私が内心思っていたわけはないのですが、さすがにFランクは納得いかんと思ってかなり集中して授業に臨み、最終的にDランクまで行きました。しかし、Dランクまで行くと集中力だけではどうしようもなくなり、その中で私は完全に落ちこぼれでした。そのとき私は「あ、スキーって才能ゲーだな」と悟り、ウィンタースポーツが嫌いになりました。


今回はジャンナビプロ対局の102戦目を打ちました。半荘戦です。

190301a.jpg

6筒を引いて4索を切りました。
3索を切っての普通手イーシャンテン取りは打点的にも受け入れ的にも微妙で、手なりのドラ發切りはさすがに打点を犠牲にしすぎなので、4索切りでチートイイーシャンテンに取りつつトイトイや三暗刻、最高形で四暗刻を狙う4索を選びました。しかし、1筒と8筒が既に1枚ずつ見えていてトイトイ系の手がだいぶ苦しくなっているので、6筒切りでチートイツに決め打ちして受け入れ最大の形にしたほうがよかったかもしれません。


190301b.jpg

8萬をツモ切りしました。
こちらは場に2枚見えのシャンポン待ちで、ドラポン含みの3副露で萬子ホンイツ気配の上家さんに対してこの8萬が刺さったら大体ハネ満となると正直押したくはないのですが、打点で考えればこちらはツモれば親マンのそこそこ勝負手なので、上家さんはまだ萬子が溢れていないからまだ張っていない可能性もあるとポジティブに考えて押してみました。
局の結果は3,900点の出アガリでした。


190301c.jpg

赤5萬を引いて普通の5萬を切りました。
手なりで打つなら2度受けの萬子ペンチャンを払うところですが、役なしドラ1愚形テンパイ濃厚な手牌を棒テン即リー一直線で打つのも微妙な気がするので、5萬切りで一旦6ブロックに受けて、筒子か索子のカンチャンを引く前に3-6萬を引けばドラ2のイーシャンテンになるように構えるほうがバランスがいいと判断しました。
局の結果は下家さんの700-1,300ツモでした。


190301d.jpg

下家さんのリーチ宣言牌のドラ東をスルーしました。
鳴けばもちろん役が付いて満貫も確定するのですが、いくら満貫とは言え鳴いて愚形含みリャンシャンテンでは親リーチとまともに戦えないので、スルーして安牌2枚として使うほうがいいと判断しました。
局の結果は下家さんの親マンツモでした。


190301e.jpg

8筒を引いて8萬を切りました。
後々危険になりそうなドラスジ8筒を切って萬子の一通変化を見据えた567三色狙いも選択として考えられますが、9萬引き以外は一通にならない萬子の4連形を残すよりは、ドラ5筒を引いても使えるように筒子の4連形を残すほうが実戦的だと思います。
局の結果は下家さんの2,000点オールツモでした。


190301f.jpg

4索を引いて9索を切りました。
手なりなら孤立している東切りですが、対面さんが手出しで4筒3筒のリャンメンターツを落としていて萬子の染め手濃厚です。いくら現代麻雀で絞りはそこまで重要ではないと言っても、この東を鳴かれて親マン以上を確定されたら単純に損なので、手を狭めてでも自分から東を切り出してはいけない局面だと判断しました。


190301g.jpg

9萬を引いて4筒を切りました。
東か9萬を切って普通手とチートイのイーシャンテンに構えたいところなのですが、対面さんが2副露で萬子の染め手をしており、東か9萬で刺さると最悪18,000点や24,000点に放銃しかねないので、中盤過ぎのこの巡目ではどちらも切らずにオリるのが無難だと判断しました。
局の結果は上家さんの1人テンパイで流局でした。


190301h.jpg

下家さんからリーチがかかっている状況で、ドラ7筒をポンして赤5萬を切りました。
現状2着目の6本場で切る牌が赤5萬となると、鳴くのをためらってしまう人もいると思いますが、確定満貫のノベタン待ちは十分すぎるほどの勝負手なので、混沌としている2着争いから抜け出すために強引に突っ込んだほうがいい局面だと思います。
ちなみに言うまでもないことですが、これは東南戦の東4局だから押すのであって、東風戦の東4局なら100%スルーします。下家さんからの満貫直撃でもトップに届かず振るとラス終了では押しが見合わなすぎです。


190301i.jpg

6索を引いて3筒を切りました。
この終盤で無スジ6索は打ちにくく、かと言って現物4筒か5筒を抜いてオリるのももったいないということで、ノーチャンスの3筒を切ってテンパイを維持する選択です。しかし、場に1枚も見えていない3筒は普通に放銃の可能性がありますし、流局までまだ4回もツモ番があることを考慮するなら、押し引きが中途半端な3筒切りよりも押し一直線の6索ツモ切りのほうがよかったと思います。


190301j.jpg

結果的にはラス牌の6索で満貫出アガリでした。中途半端な手順でもアガれるときはアガれてしまうのが麻雀です。


190301k.jpg

上家さんが切った8筒をスルーしました。
鳴けば食い三色ドラ1の2,900点リャンメンテンパイになりますが、門前テンパイなら12,000点が十分に狙える手牌である以上、多少アガリ率が落ちてももう数巡はスルーしたほうが期待値は上だと思います。


190301l.jpg

7筒を引いてテンパイし、6筒を切って即リーチをかけました。
中のトイツ落としをしてメンタンピン三色ドラ1を目指すのが王道の麻雀だと言う人もいると思いますし特に否定もしませんが、現代の基準だとこの手でテンパイ崩しをするには残り巡目が少なすぎるので、さすがに即リーチをかけるしかありません。もう5巡ぐらい早ければ、中のトイツ落としという選択も有力になると思います。
局の結果は対面さんの1,000-2,000ツモでした。


190301m.jpg

下家さんからリーチがかかっている状況で、赤5索をチーして4筒を切りました。
見ての通り鳴いて役なしイーシャンテンですが、門前で進めてもアガリ目がほぼない手牌で、チーして出て行く牌が安牌の4筒、さらに6-9萬が埋まってのテンパイ時に出て行くのも比較的安全そうな2萬なので、ここは形テンを狙いに行く一手だと思います。仮にここから危険牌を引きまくったとしても、リーチ者への現物は3枚あるのでどうにでもなります。
局の結果は上家さんの300-500ツモでした。


190301n.jpg

2着目でのオーラス、6筒をポンして9萬を切りました。
点数条件がなければさすがに鳴かない牌ですが、今回は倍満ツモでもトップに届かないオーラスです。そうなると目指すべきは最速での2着確定アガリになるので、鳴かないよりは鳴いたほうがアガリ率が上がる6筒が出た以上、残った形がヘナチョコだろうと1巡目からでも関係なく仕掛けたほうがいいと判断しました。


190301o.jpg

1,000点を出アガって2着のまま終了でした。

人気ブログランキングへ

「なべなべそこぬけ そこがぬけたらかえりましょ」とかいう考察厨が湧いてきそうな謎の歌

第2358回「好きなお鍋は?」

「この鍋が一番好き!」みたいなこだわりは特にないです。肉と野菜がバランスよく入っていれば、トマト鍋でもカレー鍋でも美味しくいただきます。逆に言えば、肉ではなく魚メインの鍋はそこまで心惹かれないですね。少し前の記事のタイトルで石狩鍋よりもキムチ鍋が好きと書いたのもそれが理由です。押し引きをハッキリさせたいデジタル雀士的には、押し(肉)と引き(野菜)がわかりやすい鍋がベストで、鮭がメインの石狩鍋はスジ切りで回し打ちしてるみたいなボンヤリした印象になります。鮭の筋子とスジ切りをかけた高度なギャグです。それと同様に、メインが何かわからない寄せ鍋もいまいち好きになれないです。寄せ鍋の汁を飲んで「うますぎる。うま杉良太郎。」という高度な感想を述べるには、私はまだ人生経験が足りていないみたいです。

361b79cb3e58c98e8d42733b0e606906.jpg

参考:孤独のグルメSeason3 第十話 荒川区西尾久の炎の酒鍋と麦とろ飯


今回も通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

190211a.jpg

上家さんからリーチがかかっている状況で、7筒を引いてテンパイし、6索を切って追いかけリーチをかけました。
現物待ちでもない役あり愚形7,700点テンパイとなるとダマに構えても問題なさそうですが、2軒リーチで他家の攻める意欲を減らすことで結果的にスジの3索が出やすくなる可能性は十分にあるので、アガリ率が下がらなさそうなら親マン以上を確定させるリーチのほうがいいという判断です。
局の結果は上家さんの1,300-2,600ツモでした。


190211b.jpg

1筒をツモ切りしました。
7索を切ってイーシャンテンに取る選択も有力ですが、そこそこの確率でペン3筒待ち役なしテンパイになってしまい、ラス前僅差トップ目という状況でこのテンパイはあまり嬉しくありません。一方1筒切りはタンヤオ含みの役ありテンパイになる可能性が高く、仕掛けが可能なことで速度も落ちるわけではないので、極力リーチ棒を出したくない状況である点を重視するなら1筒切りのほうが優れていると判断しました。


190211c.jpg

上家さんのリーチ一発目、5索を引いてテンパイし、2筒を切って追いかけリーチをかけました。
放銃するとラスまで見えてくるのでダマにする選択も当然あるのですが、タンヤオドラ1はリーチによる打点上昇効率が高く、4萬が枯れているとは言え待ちもそこまで悪くないので、オーラスをラクにするためにここでめくり合い勝負を挑んでおくのが個人的には好みです。
局の結果はハネ満の横移動でした。


190211d.jpg

2着目でのオーラス、中をポンして1筒を切りました。
逆転トップの条件がせめて満貫ツモであれば、1枚目の中はスルーしてリーチチャンタを目指そうかという気にもなりますが、満貫直撃ハネ満ツモ条件となるとちょっとこの手牌では厳しそうなので、とっととポンテンを取って2着を拾いに行く一手だと思います。


190211e.jpg

2,600点の横移動で2着のまま終了でした。


・2戦目

190212a.jpg

6索を引いて9索を切りました。
筒子の2度受けを嫌う8筒切りや、メンツオーバーに構えて様子を見る6索切りもありますが、6-9筒が薄い状況でこの手牌はドラ7筒か8筒をポンしてクイタンテンパイを目指したいので、その際に受け入れが一番広くなる9索トイツ落としが最善の選択だと判断しました。
局の結果は親マンの横移動でした。


190212b.jpg

オーラスは対面さんが500-1,000をツモり、私は2着のまま終了でした。


・3戦目

190213a.jpg

4萬をツモ切りしました。
孤立4萬と3索の比較で、くっついたときの待ちの強さや後々の危険度を考慮して4萬を切ったのですが、9筒を残して8筒引きのヘッドレス形になるよりは、4萬か3索にリャンメンでくっつくほうが可能性が高く仕掛けやすさも上なので、9筒切りで雀頭を固定して4萬と3索の2種のくっつきの可能性も残したほうがよかったと思います。
局の結果は上家さんの満貫ツモでした。


190213b.jpg

ドラ6筒をチーして9萬を切りました。
愚形だらけで鳴いても苦しい手牌ではありますが、上家さんが国士狙い気配でもう1~2牌ぐらいは鳴けそうな感じなので、自ツモを無暗に信じるよりは仕掛けるほうがよっぽどアガれそうだと判断しました。
局の結果は下家さんに2,000点の放銃でした。


190213c.jpg

8萬を引いて6筒を切りました。
8萬ツモ切りのほうが見えている受け入れ枚数は多いですが、待ちとしての強さは0枚見え4-7筒より2枚見え6-9萬のほうがまだよさそうな点と、6筒切りは裏目の4筒を引いてもタンヤオ変化のフォローがある点で、6筒切りのほうがいいと判断しました。
局の結果は上家さんの1,300-2,600ツモでした。


190213d.jpg

ラス目でのオーラス、2筒を引いて7筒を切りました。
2索引きテンパイの可能性を残す手なり手順ですが、2索はドラ表示牌と場に1枚ずつ見えて残り2枚しかなく、運よく2索を引いてシャンポンリーチをかけたとしても、下家さんからの直撃かツモ以外は裏が乗らなければ2着まで届かず3着止まりで終了してしまう点数状況なので、1索切りでタンヤオを確定させつつ7筒へのくっつきを見るほうがよかったと思います。


190213e.jpg

上家さんから3,900点の出アガリで逆転3着終了でしたが、仕掛けた後の手であれば見逃して下家さんからの山越しロンが可能なので、まだ巡目に余裕がある以上はもう少し欲を出してツモか下家さん直撃での逆転2着を狙ってもよかったかもしれません。
とは言えここで見逃した結果他家にアガられてラスのまま終了するパターンもかなりあるので、1着順上昇するならまあいいかと思いつつ渋々アガりました。妥協系女子です。

人気ブログランキングへ

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
ネット麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビ四麻:八段
ジャンナビ三麻:八段
天鳳四麻:六段
天鳳三麻:七段

ジャンナビのプロ対局は20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いします。

次回プロ対局募集予定日:未定

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(四麻) (111)
ジャンナビ(三麻) (64)
ジャンナビ(プロ対局) (103)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
犬漫画 (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん