ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

ブラコン女子大生のテレビ離れ

第2154回 「毎週必ず見るテレビ番組は?」

そもそも家にテレビ自体がないのでテレビ番組を見れません。お兄ちゃんと同棲して5年以上、一度もテレビを家に置いたことはないですがそれを不便に思ったこともないので、我々兄妹の人生においてテレビという家電はもう不要なのだと思います。ただし、パソコンがないと1週間で発狂しかねない程度にパソコンには依存しています。もしもパソコンが使えなくなったら、娯楽がないド田舎の若夫婦みたいに兄とひたすらセックスし続けるだけの生活になるやもしれません。


今回は通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

160816a.jpg

6筒を引いて4萬を切りました。
46萬のカンチャンよりリャンメン変化の枚数が多い45679筒のターツを残したのですが、
9筒切りで筒子の4連形を残しつつ萬子のリャンメン変化も期待するほうが良かったです。
局の結果は8,000点の横移動でした。


160816b.jpg

7筒を引いて8索を切りました。
赤5萬を切れば678の三色が狙えて最高形でメンタンピン三色ドラ1になりますが、
789萬引きテンパイが打点も待ちもかなり残念なことになるという欠点があるので、
8索切りで良形テンパイをほぼ確定させつつ(※8萬引き時のみ愚形テンパイ)、
あわよくば一通を狙う選択のほうが良さそうです。


160816c.jpg

3萬を引いてテンパイし、6索切りで即リーしました。
点差的にトップはほぼ無理なので3,900を8,000にするメリットはやや小さくなりますが、
リーチをかけることで下家さんを飛ばして2着終了できる可能性が出て来るので、
他家の反撃を恐れてリーチをかけないのはこの状況では悪手だと思います。


160816d.jpg

8,000点をアガって下家さんを飛ばし、逆転2着終了でした。


・2戦目

160817a.jpg

オーラスの2着目、5筒を引いて4萬を切りました。
9萬切りの喰いタン狙いのほうがテンパイ速度は若干速そうですが、
トップ目と2,100点差ということは喰いタン赤1をテンパイしても
トップを捲くるにはツモか直撃条件になってしまうので、
4萬切りでメンピンドラ1を目指すほうが良さそうです。


160817b.jpg

一発と裏ドラ9萬でハネ満になり、
素点もガッツリと稼ぎつつ逆転トップ終了でした。


・3戦目

160817c.jpg

2筒を引いて赤5筒を切りました。
余剰牌がない形にしつつ3索引きでのリャンメンテンパイを期待したのですが、
赤5筒を使い切りつつドラ5索引きにも対応できる1索切りのほうが良さそうです。
局の結果は上家さんから1,000点の出アガリでした。


160817d.jpg

オーラスは満貫(裏ドラ3索)の横移動で逃げ切りトップ終了でした。


・4戦目

160817e.jpg

9筒を引いてテンパイし、5萬を切って即リーチしました。
この広いくっつきイーシャンテンからリーのみ亜リャンメンテンパイは正直不満が残りますが、
麻雀牌に不満を漏らしたところで9筒が4筒あたりに変わってくれるわけもないので、
一応良形テンパイになったならいいかと自分を納得させて即リーチするのが大人のデジタル打法です。
局の結果は対面さんから1,300点の出アガリでした。


160817f.jpg

ド終盤に無スジ7萬を押して対面さんに親マンを放銃しました。
7萬はリーチ者にも通っていないかなりの危険牌ではありましたが、
アガればトップ目の満貫良形テンパイで残りツモが1回あるのなら当然押します。
ちなみにこういう押しをしていても放銃率は8.41%なので、
これを無謀なクソゼンツだと思う人は放銃率7%台を目指して頑張ってください。


160817g.jpg

オーラスのラス目、5萬を引いて8萬を切りました。
中をポンする前提の手だからと2筒を切って6ブロック形に構える人も多そうですが、
5ブロック大好き系女子としては慌てず騒がず一番弱いターツを外します。


160817h.jpg

満貫出アガリで逆転2着終了でした。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

わたしのウチには、なんにもない(※ただし大量の麻雀本は除く)。

第2153回 「あなたのお部屋のこだわりは?」

こだわりというほどでもないですが、部屋にはポスターや置物等のインテリアを一切置かないようにしています。決して買うお金がないという理由ではなく、個人的に「シンプルな部屋>オシャレな部屋」という価値観なので、健康で文化的な最低限度の生活のために必要なもの以外は極力部屋に置いておきたくないというスタンスです。

DSC_0118.jpg

麻雀打ちの理想はこういう部屋ですが、さすがに女子が住む部屋でカーテンがないのはキツイですし、パソコンなしでネット麻雀を打てないのも辛いと思ってしまうので、私はまだ吉岡さんのレベルには遠く及ばないです。


今回はジャンナビプロ対局の41戦目を打ちました。半荘戦です。

160815a.jpg

上家さんが切った6萬をチーしました。
カンチャンが出たからと衝動的に鳴いてしまいましたが、
残った形が微妙なので雀頭候補ができるまではスルーで問題なかったです。
局の結果は上家さんが500-1,000のツモでした。


160815b.jpg

1索を引いて西を切りました。
手なりなら3萬か6萬を切ってリャンシャンテンに取りますが、
まだ2巡目なので手役に絡まないオタ風を切りつつタンヤオや345三色を狙いに行きます。


160815c.jpg

タンヤオにも三色にもなりませんでしたが、
リーチドラ2で5,200点の出アガリになりました。


160815d.jpg

6筒を引いて2索を切りました。
手なりなら孤立字牌の中を切るところですが、
この手牌は中が重なってホンイツになった際の打点上昇が非常に大きいので、
2索へのくっつきよりもそちらが優先されます。

160815e.jpg

北を引いて6筒を切りました。
役牌の中と違って北はオタ風ですが、
これが重なってもホンイツ南赤1の満貫が見えるので、
筒子のリャンカンよりも北の重なりのほうが重要です。
赤5筒の受け入れを見て2筒から切る人もいると思いますが、
使わない予定の色であれば真ん中に近い牌から早めに処理したいので私は6筒から切ります。
局の結果は下家さんが1,300-2,600のツモでした。


160815f.jpg

5筒を引いて2索切りで即リーしました。
点パネ確定手で打点上昇効率が良いと思って曲げましたが、
5巡目というまだ余裕がある巡目で、
待ちの枚数が増えるもしくは打点が上がる変化がそこそこあるので、
8筒切りテンパイ取らずのほうが良さそうです。
局の結果は私と上家さんの2人テンパイで流局でした。


160815g.jpg

上家さんの親リーチ一発目、赤5索を引いて8萬を切りました。
現物の5索切りやスジの2索切りではイーシャンテンに取れないので、
1巡目7萬の外スジの8萬を切ってシャンテンを進めました。
上家さんがよっぽど変則的な切り順をしていない限り8萬は通るので、
タンヤオ赤々のイーシャンテンなら切っても問題ない牌です。


160815h.jpg

6筒を引いて2索を切りました。
形の上では7筒受け入れができる8筒切りが一番手広いですが、
さすがに親リーチにノーテンから通る保証のない無スジを切るのはアレなので、
スジの2索切りのほうが攻守のバランスで優れています。
2索はリーチに対してモロヒスジですが、
リーチの前巡に1索が切られていてリャンカンの確率が下がっているので、
1索が切られていないときの2索に比べればやや安全です。
ちなみに現物の5索切りは、最終的に赤5索が出て行くことになり打点面で不満が残るので、
選択肢としてはあり得ますがちょっと弱気だと思います。


160815i.jpg

2筒を引いてテンパイし、2索切りでダマに構えました。
現物の5索は残り1枚なので出アガリはあまり期待できないものの、
ダマでも5,200点なら特に不満はないですし、
4索か6索を引こうものならメンタンピン三色赤々という超勝負手に変化するので、
ここでの即リーチは明らかに悪手だと思います。


160815j.jpg

局の結果は中スジの6筒を切って12,000点に放銃でした。
この巡目のこの手牌から現物を抜いてオリという選択肢は私にはないですし、
中スジの6筒を止めて無スジの8筒を切ってカン7筒に受け変える超能力プレイも私にはできないので、
この放銃は仕方のないものとして無感情で受け入れるしかないです。


160815k.jpg

3萬をツモって7萬を切りました。
ラス目とは言え残り2枚しかない3萬7萬のシャンポンでリーチをかけたくないので、
それなら良形テンパイになるまで生牌の發は絞りたいという考えでしたが、
さすがにこの手牌はうっかりダマツモ2,000-4,000が偉すぎるので、
ポンもロンも覚悟の上で發を切ってテンパイに取ったほうが良さそうです。


160815l.jpg

2萬を引いてテンパイし、發を切ってリーチしました。
發が場に1~2枚見えていれば出アガリ重視で4索を切って發単騎待ちで曲げるのですが、
終盤リーチで生牌の發がホイホイ出て来るとは思えないので、
枚数重視で發切り1-4索待ちの選択を取りました。
局の結果は1人テンパイで流局でした。


160815m.jpg

上家さんのリーチ宣言牌の7筒をチーしました。
これを鳴いたところでドラ表示牌で1枚見えている發の後付け1,500点のしょぼい手牌ですが、
3着目のラス親でこれをスルーしてベタオリに入るのはやや消極的なので、
早めに發が鳴けてめくり合えることを祈りつつ仕掛けるのが良いと思います。


160815n.jpg

上家さんのリーチに9索を切って満貫(裏ドラ4萬)を放銃しました。
7筒を鳴いた時点ではアガる気満々だったのですが、
無スジ9索と1筒を掴んでしまっては後付け1,500点の手で押すのは相当厳しくなるので、
ここで發のトイツ落としでオリるのがバランスの取れた押し引き判断だったと思います。


160815o.jpg

オーラスのラス目で8萬をツモってテンパイし、3筒を切ってダマにしました。
点数条件がなければ100回打って120回リーチをかけるような手牌ですが、
今は満貫ツモ条件なのでせめてツモ裏1条件に変化するまではリーチをかけられません。


160815p.jpg

ドラ發を引いて9萬切りでリーチをかけました。
3面張をドラ単騎にするのは大抵の場面で悪手になりますが、
この状況においてはツモの際に裏ドラや一発に頼る必要のない最高のテンパイ形です。


160815q.jpg

5,200点の横移動でラスのまま終了でした。

人気ブログランキングへ

ちっちゃな頃からコミュ障で15でぼっちと呼ばれたよ

第2152回 「あなたのおっちょこちょいエピソードはありますか?」

トイレの電気を消し忘れたりエアコンを付けっぱなしで家を出たりするのは日常茶飯事のナチュラルボーンドジッ娘ですが、エピソードを語れるような致命的なおっちょこちょい行為をしたことは特にないです。強いて言えば、過去に書いていた麻雀ブログで自分のキャラを尖らせすぎたあまりに、ブログが炎上して閉鎖&失踪することになったのはある意味おっちょこちょいだったと言えるかもしれません。私ももういい大人なので、ナイフみたいに尖っては触るものみな傷つけた10代の頃の毒吐きキャラは封印しないといけませんね(^^;


今回も通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

160813a.jpg

上家のCPUが切った6索をチーしました。
孤立字牌だらけで泣きたくなるほどバラバラの手ですが、
言い換えれば門前テンパイなどまず無理な手牌ということであり、
こんなカンチャンの急所を見逃しているようじゃ完全にアガリ放棄になってしまうので、
鳴くだけ鳴いてみて今後のツモに期待するほうが良いと判断しました。


160813b.jpg

ダブ東が重なってポンをして完全イーシャンテンまで進みましたが、
局の結果は下家さんが1,300-2,600のツモアガリでした。


160813c.jpg

オーラスの2着目、上家のCPUが1巡目に切った1索をチーしました。
まず1索を鳴くか鳴かないかですが、
鳴けば最低でもホンイツ赤1で3,900点になりトップ条件を満たし、
スピードも赤2枚を使った門前手よりは速そうなので、これは鳴きます。
次に1索をポンするかチーするかの選択で、
ポンすれば索子の残った形が234577の4連形含みで悪くなさそうですが、
チーだと114577でポン材が2つ残るので、鳴いて手を進めるならこちらのほうが早そうです。


160813d.jpg

最終的には満貫リャンメンテンパイになりましたが、
局の結果は上家のCPUが2,000点オールのツモアガリでした。


160813e.jpg

1巡目、上家のCPUが切った6萬をチーしましたが、
ここから仕掛けるのはちょっと焦り気味だったと思います。
速攻で安手をアガっても南入してしまう状況の2着目なので、
白は当然1枚目から鳴くとしても、
あわよくばこの局で終わらせるつもりでできるだけ門前で進めたほうが良さそうです。


160813f.jpg

上手いこと4萬が雀頭になって1,000点をアガりましたが、
誰も30,000点に届かず南入しました。


160813g.jpg

4筒をチーして7萬を切りました。
8筒切りでメンツオーバーの形にして喰いタンと役牌の両天秤に取る手もありますが、
8萬が2枚見えで5-8萬の2度受けを残すのがちょっと苦しいのと、
8筒を残すことで678の三色の目が残るという2点で7萬切りのほうが優位だと思います。


160813h.jpg

下家さんが満貫をツモって私は3着落ち終了でした。


・2戦目

160814a.jpg

赤5索を引いて發を切りました。
手牌の形としてはホンイツに一直線に向かいたいところなのですが、
ラス前のトップ目では打点よりも局流しが優先されるので、
くっつきの枚数が多い5索を残して1枚切れの字牌を切るのが基本です。


160814b.jpg

(´・ω・`)


160814c.jpg

同じ局、6筒を引いて7筒を切りました。
もちろん受け入れ枚数は西切りのほうが多いのですが、
3トイツ形での7筒のロスは7筒2枚の引きだけで全然多くないので、
それならば親の下家さんに対して7筒がロン牌になる前に処理する狙いです。
もちろんこの段階で下家さんに7筒が刺さる可能性も普通にあるのですが、
こちらもアガリに向かっている以上はどこかでリスクを負わなければいけないので、
それなら13巡目や15巡目に7筒を切るよりも11巡目に切るほうが良いです。
局の結果は1,000点の横移動でした。


160814d.jpg

オーラスは12,000点の横移動で逃げ切りトップ終了でした。

人気ブログランキングへ

「休みの予定は?」と聞かれて「労働です」と答える矛盾

第2151回 「お盆休みの予定は?」

日記で取り上げるのが遅れて予定ではなく既に過去の話になりましたが、

13日:労働
14日:労働
15日:労働
16日:ネット麻雀

こんな感じでとても充実したお盆休みを過ごしました。休みって何だよ(哲学)。





これらはいずれも労働の合間のお昼休みのツイートでしたが、改めて読むと若干病んでる気がしないでもないですね。公園のベンチに一人で座って死んだ魚のような目をしてコンビニのパンを食べてる眼鏡女子がいたら私かもしれないので、絶対に声はかけないでください。


今回は通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

160812a.jpg

3索をツモ切って対面さんの3,900点と下家さんの1,000点に放銃しました。
打っているときはこちらも親でテンパイだからしょうがないだろうと思っていたのですが、
対面さんには2索も1索も通っていて3索が超危険牌になっていることを考えると、
ノーテン流局覚悟で4筒切りで回し打ったほうが良かったと思います。


160812b.jpg

5ブロックは揃っているので内側の3萬から処理したのですが、
東を鳴いていて一番早そうな上家のCPUの序盤の捨て牌に5萬があり、
ここに対する危険度は明らかに3萬よりも1萬のほうが高いので、
危険牌処理という意味なら3萬よりも1萬を先に切るほうが良かったです。
局の結果は1,000点の横移動でした。


160812c.jpg

オーラスは上家のCPUがメンタン赤裏の12,000点をアガって私は3着で終了でした。


・2戦目

160812d.jpg

前巡は4索を勝負したにも関わらず、3萬は止めてベタオリしました。
上家さんの待ちを一点で読み切ったのだと言えればかっこいいのですが、
4索を押した時点で「次に無スジを引いたらオリよう」と決めていて、
たまたま掴んだ無スジがアタリ牌の3萬だったというだけの話です。
局の結果は2,600点の横移動でした。


160812e.jpg

オーラスの3着目、下家さんが切った6筒をポンしました。
ハネ満ツモでトップなので本当は456の三色を狙いつつ門前で頑張りたいところなのですが、
7巡目サンシャンテンは他家にスピード負けしている可能性が極めて高いので、
喰いタンドラ3を対面さんか下家さんから直撃することに賭けて、
ポンして手を進めるほうが良いと判断しました。


160812f.jpg

想定外の8巡目ダマ24,000点に刺さってラス落ち終了でした。


・3戦目

160812g.jpg

オーラス1本場の2着目、8萬と中のシャンポンテンパイをダマにしました。
リーチをかけないと8萬のほうでアガれないですが、
残り1枚のドラ8萬が切られることを期待するよりも、
リーチをかけることでラス落ちのリスクが上がることを危険視しました。
ダマにしておくことで、親リーの危険牌を引いたら中のトイツ落としで回し打つこともできます。


160812h.jpg

12,300点の放銃で上家さんが飛んで私は3着落ち終了でした。
リーチをかけていたら満貫と親マンのダブロンで2着を守れていましたが、
この展開を読むのはちょっと無理です。


・4戦目

160812i.jpg

9萬を引いて8萬を切りました。
受け入れ枚数では1索切りが一番多く、
8萬を残すことで7萬ツモの3面張や7萬チーのリャンメンテンパイも期待できますが、
ドラ9萬をポンしたときに1-4索亜リャンメンになるか単騎待ちになるかの差はかなり大きいので、
8萬切りで1123索の形を残しておくほうが実戦的だと思います。


160812j.jpg

4索をチーして端牌同士のシャンポンになり、
高めのドラ9萬で満貫のアガリになりました。


160812k.jpg

対面さんの2巡目親リーチに対して6筒5萬と切って追いかけました。
満貫一つ分リードしている状況で親リーチに勝負したくはないのですが、
序盤のスジ8萬待ちならリーチをかけて目立ったほうが他家からのオリ打ちが期待できるので、
短期決着狙いで追いかけたほうが良いと判断しました。


160812l.jpg

局の結果は対面さんが4,000点オールのツモアガリでした。
序盤とは言え2軒リーチに対して両サイドが毛ほどもオリてくれなかったのはさすがに予想外でした(^^;


160812m.jpg

オーラスの親番は手なりで12,000点をアガって逆転トップ終了でした。

人気ブログランキングへ

ストリングプレイスパイダーベイビーができる系女子

第2150回 「あなたの手先の器用さは?」

それなりに器用なほうだと思います。私が幼女だった頃は折り紙ガチ勢でしたし、兄の影響でやっていたハイパーヨーヨーもハイパーレベル10まではほぼノーミスでできるようになりましたし。ただしこの器用さが料理や裁縫などの女子力系スキルに活かされたことはほとんどなく、今では完全に錆びついた指先と化してます。ちなみにネット麻雀においてはクリックミスというものをほとんどしないのですが、これが手先の器用さに関係あるのかは不明です。


今回はジャンナビプロ対局の40戦目を打ちました。半荘戦です。

160811a.jpg

7萬を引いてドラ9筒を切りました。
リャンメンターツの数は足りているのでドラ9筒を絞って7索あたりを切る手もありますが、
10巡目だともう他家からリーチがかかってもおかしくない巡目なので、
このあたりで先切り的な感覚で処理するのが良いと思います。
リーチをかけられてしまえばドラ9筒も7索も危険度は似たようなもんですが、
7索の場合は6~8索を引いてターツ振り替えで凌げる展開もあるので、
重なり以外の伸びが期待できないドラ9筒よりはややマシです。


160811b.jpg

赤5萬を引いて当然の追いかけリーチです。
ドラはテンパイまで切らないルールの某宗教団体ならここで下家さんに満貫放銃していたので、
縛りプレイをしながら麻雀を打ってる人は大変だなあと思いました。


160811c.jpg

局の結果は下家さんに3,900点の放銃でした。
終盤だし三色変化を見つつダマにしておけば6筒を引いても3筒と振り替えられたかーと悔やむのは、
結果を見て反省した気持ちになってるだけで何も意味がないので絶対にしてはいけません。
むしろこの手牌だと無駄にダマにして2,900点をアガるほうがよっぽど罪深いです。


160811d.jpg

6萬を引いて8索を切りました。
対面さんの萬子染めに対してノーテンから6萬を打ちたくないという理由だったのですが、
対面さんは4枚目の西を手出しで切って来るようではまだテンパイしていない可能性も結構あるので、
アガリに向かうのならこのタイミングで6萬をリリースしたほうが良かったです。


160811e.jpg

対面さんのテンパイ打牌の發に飛びついて最悪のタイミングで6萬をリリースした結果、
チンイツ赤1でハネ満放銃になりました。


160811f.jpg

3萬を引いて4萬を切りました。
受け入れ枚数では3索切りも4萬(3萬)切りも同じですが、
この点棒状況ではリーのみ愚形テンパイは全然嬉しくないので、
リーのみ愚形テンパイの受け入れを差し引いてみると、
2-5萬が差し引かれる4萬(3萬)切りに比べ、
4索しか差し引かれない3索切りのほうが打点面で優位でした。


160811g.jpg

上家さんのリーチ一発目、3萬を切ってダマにしました。
ラス目の役なしテンパイなので強引にめくり合いに持ち込む手もありますが、
さすがに残り3枚の中張牌シャンポンのリーのみでは、
めくり合いに勝っても旨みが少なく負けて飛んだら悔いが残るので、
次局以降に手が入ることに賭けてダマで耐えるのがベターだと思います。
局の結果は2,000点の横移動でした。


160811h.jpg

ラス前の3着目親番、9萬を引いて3萬を切りました。
テンパイ形をリャンメンか字牌シャンポンの良形になるようにする狙いでしたが、
打点は下手するとホンイツのみになってしまうので、
残り局数や点棒状況も考慮するなら
チャンタが付いて最低7,700点が保証される6萬切りのほうが良かったかもしれないです。


160811i.jpg

結果的にはホンイツ發の40符で7,700点をアガることができました。


160811j.jpg

オーラスの3着目、上家さんが切った4筒をスルーしました。
鳴けば喰いタンのテンパイにはなりますが、
現状のテンパイ形では赤5索をツモらない限り2着にもなれず、
テンパイから三暗刻変化を待つには受け入れが少なすぎ、
そもそも打ち出す7萬が2軒リーチに通る気がしないというどうしようもない状態なので、
スルーして門前テンパイに期待するほうがだいぶマシだと思います。


160811k.jpg

終盤に2軒リーチの安牌が尽きてスジの3筒を切りましたが、
4索4枚見えかつ8索が通っている状況を考えると、
単騎かシャンポンにしか刺さらない5索のほうが3筒より安全でした。
局の結果は対面さんと下家さんの2人テンパイで流局でした。


160811l.jpg

オーラス1本場の3着目、5筒を切ってラス目のリーチに追いかけました。
リーチをかけるとラスになる確率がかなり上がるので
ラス回避が大事なルールなら鉄板でダマにしますが、
プロ対局のルールであるウマがワンツーの半荘戦は連帯がえらいので、
出アガリ裏1で2着をまくれる条件ができた以上はラス落ち覚悟で追いかけます。


160811m.jpg

ハネ満の横移動で3着終了でした。

人気ブログランキングへ

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (17)
ジャンナビ(四麻) (35)
ジャンナビ(プロ対局) (41)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん