ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

楽なバイトだけで食いつないでいる今の生活が実質長期休暇みたいなもん

第2307回「もし1か月休みが取れたら何をしますか?」

旅行欲は一切ないので、ひたすら家で引きこもりつつ動画鑑賞やネット麻雀や読書をしていたいですね。そして飲みたいときにチューハイを飲んで、寝たいときに寝ます。本音を言えばこれが理想ではあるんですけど、実際に長期の休みを取るのなら、北海道の実家に一度帰省すると思います。私も兄も7年以上帰っていないので、さすがに人としてそろそろ帰らないといけないかなあと。ただ、帰ろうと思う理由は両親への申し訳なさだけで、故郷そのものへの思い入れは全然ないですし、何なら北海道で過ごした18年間よりも、上京してから過ごした7年間のほうが明らかに楽しいと感じているので、いかに私が北海道の片田舎でろくでもねえ青春を過ごしていたのかという話になってきます。


今回は通常の三麻段位戦を打ちました。

・1戦目

180701a.jpg

ドラの東をツモ切りました。
他家にトイツ以上で持たれていたら永遠に出て来ないドラ東より
1筒のほうが出アガリしやすいかと思っての選択ですが、
順子で使われる可能性がある1筒とアガリ率に差が出るかは微妙なので、
下手に捻らずドラ東単騎待ちのハネ満テンパイに受けたほうがよかったと思います。
局の結果は満貫の出アガリでした。


180701b.jpg

赤5索を引いてテンパイし、6筒を切って即リーチしました。
点数に余裕のあるトップ目親番なので1筒切りダマ親マンに構える人も多いと思いますが、
せっかくのドラ2のチャンス手で待ち枚数を減らしてアガリを逃すのは緩手なので、
一番待ち枚数が多い形でスパッとリーチをかけたほうがいいと判断しました。
局の結果は親マンのツモアガリでした。


180701c.jpg

下家さんからリーチがかかっている状況で、3索を引いて9索を切りました。
ダントツの親番なので現物の4索を中抜きして機械的にオリてもいいとは思いますが、
次巡に現物を引かない限り結局は放銃リスクのある牌を切らなければならないのなら、
この段階でゼンツして自分でアガリに向かうほうがマシだと判断しました。

なお、4索のノーチャンスの3索ではなく無スジ9索のほうを切ったのは、
ただ単にノーチャンスの見落としです。
リーチ宣言牌が4索であることを考えると3索含みシャンポンの可能性は低く、
巡目が早いことから3索単騎待ち即リーチの可能性も低いので、
安全度的には9索より3索のほうが高かったです。
まあ3索を切ったら見事に刺さっていたわけですけど。


180701d.jpg

中をポンして5筒を切りました。
中をスルーすれば安牌が3枚に増えてオリるのには困らなさそうですが、
鳴けばこちらもドラ4リャンメンテンパイで十分すぎる勝負手になりますし、
満貫やハネ満放銃程度ならそこまで問題がないぐらい持ち点に余裕があるので、
ここはゴリ押しして特大トップを狙うほうが得だと判断しました。


180701e.jpg

親マンの出アガリで110,000点持ちのトップ終了でした。


7dan3.jpg

今回のトップで7段に昇段しました。
次は四麻の8段を目指します。


・2戦目

180702a.jpg

2索を引いてテンパイし、3索を切ってダマにしました。
3索切りダマはリャンペーコードラ3で打点は文句ないですが残り1枚しかなく、
ドラ8萬切りダマは手変わりの前に出アガってしまったときの打点が微妙、
ドラ8萬切りリーチはトップ目でよくわからん中張牌単騎と心中したくないので微妙と、
どの選択も失敗したときのダメージはそこそこありますが、
手変わり前にアガれば決定打になり、
程よい単騎に手変わりしてからのリーチでも悪くない3索切りダマが、
持ち点が多いほどポイントも増えるジャンナビのルールにおいては一番だと思います。


180702b.jpg

局の結果は場に1枚見えの白でリーチをかけて9,600点の出アガリでした。


180702c.jpg

北を引いてテンパイし、8筒を切って即リーチしました。
残りツモが1回しかないのにリーチをかけるのは
リーチ棒がもったいないと考える人もいると思いますが、
自分と他家を合わせてここからまだ7回も牌が場に出るのに、
役なしダマにして4-7索が出てもアガれないほうが数倍もったいないので、
親番ということも考慮して強気にリーチをかけたほうがいいと思います。
局の結果は3,900点の横移動でした。


180702d.jpg

オーラスは対面さんに満貫をツモられましたが逃げ切りトップで終了でした。


・3戦目

180704a.jpg

7索を引いて8筒を切りました。
これが一番ロスの少ない選択ではあるのですが、
既に良形ターツの数は揃っている十分な形なので、
3筒1筒を落として678の三色の可能性を残す選択も有力でした。


180704b.jpg

5筒を切って対面さんに2,600点を放銃しました。
放銃という結果自体はしょうがないですが、
親で残りツモが3回あって役なしドラ1で危険牌を切るならリーチしたほうがよさそうなので、
5筒切りダマはやや中途半端な選択だったと思います。


180704c.jpg

2着目でのオーラス、6筒を引いてテンパイし、5筒を切って即リーチしました。
リーチ棒を出すことで着順が落ちて
3着終了やラス終了の可能性が高まるのはやや苦しいですが、
裏1の満貫ツモで逆転トップ終了できる点差である以上、
強気に曲げて行くほうがいいと判断しました。


180704d.jpg

満貫の出アガリで2着終了でした。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

兄以外の誰かと夏祭りに行った記憶が一度もないブラコン女子の鑑

第2306回「お祭りの屋台は好きですか?」

ジャンクフードが好きなので屋台の食べ物も結構好きです。お祭りの屋台でお好み焼きや焼きそばや焼き鳥を買い込んでの宅飲みは夏場に1回はしたいですね。ただ、基本的にコスパ脳なので、いざ屋台の前に立つと、「お好み焼き600円か……セブンで200円ちょいで買えるし……」「焼きそば500円か……ペヤング3個買える……」「焼き鳥か……ファミマでもっといいのが買えるんだよな……」などと頭をよぎり、結局何も買わなかったことが何度かあります。ああいうところの食べ物でコスパを考えるのが無粋なのは重々承知しているのですが、お祭りのようなウェイ系リア充パリピ陽キャが大勢集う空間にいると、周りの空気に溶け込めず逆にどんどん冷静になってしまう典型的陰キャ女子なので仕方ないです。


今回はジャンナビプロ対局の87戦目を打ちました。半荘戦です。

180609a.jpg

7索を引いて中を切りました。
5-8索引きのヘッドレスイーシャンテンを期待しての7索残しですが、
5-8索を引いてからの変化が、

・3-6萬引きの1-4筒ノベタンテンパイが弱い
・4萬引きテンパイは赤5萬が出て行ってしまう
・2-5筒引きテンパイは赤5萬単騎になってしまう

こんな感じで嬉しい受け入れがさほど多くないので、
7索切りで現状のリャンメン2つのイーシャンテンのまま
生牌の中を抱えておいたほうがよかったです。
局の結果は親マンの出アガリでした。


180609b.jpg

9筒を引いて6索を切りました。
孤立牌3種の打牌比較ですが、
9筒はリャンメンくっつきが8筒しかない代わりに
メンゼン一通テンパイや4筒8筒のチーテンが期待できるため優先的に残します。
残る2種の内、6索は7索引きで亜リャンメンになる可能性がある分5萬にやや劣るので、
一番弱いくっつきである6索を切るのがいいと判断しました。


180609c.jpg

6筒を引いて9筒切りでリーチをかけました。
5筒が自分で使っている1枚しか見えていないなら
積極的にリャンメンリーチをかけたほうがいいと考えたのですが、
打点を下げてまで2,600点リャンメンリーチをかけるよりは、
6筒切りダマ5,200点で下家さんからの直撃か、
ツモアガリでの飛ばし終了を狙うほうがよかったです。
局の結果は上家さんに満貫放銃でした。


180609d.jpg

引いて来た發を加カンしました。
他家全員が門前で自分はまだノーテンとなると、
他家の打点アップを警戒して發をツモ切りする人もいそうですが、
こちらは現状3着目で、手牌も一応は満貫が見える勝負手である以上、
先制テンパイを取るためにツモを増やす加カンしたほうがいいと判断しました。


180609e.jpg

2筒をチーして3索を切り、カン4索待ちに受けました。
ドラ5索切りのシャンポン待ちのほうがアガリ率は高そうですが、
4枚待ち5,200シャンポンと3枚待ち満貫カンチャンなら、
多少アガリ率が落ちても局収支的には後者優位だと判断しました。


180609f.jpg

2索を引いてドラ5索を切りました。
4枚待ち5,200シャンポンと3枚待ち満貫カンチャンなら後者優位ですが、
5枚待ち5,200リャンメンと3枚待ち満貫カンチャンで2枚差になったのなら
わずかに前者優位と判断しました。
局の結果は5,200点の出アガリでした。


180609g.jpg

6萬をチーしてドラ2筒を切りました。
平場なら2筒を残して3筒引きテンパイや2筒重なりの目を残すのも悪くないのですが、
南場トップ目なら守備を考慮して全員に安全な9萬を残しつつ
2筒を先に処理するほうがいいと思います。
局の結果は1,000点の出アガリでした。


180609i.jpg

3,900点の横移動で逃げ切りトップ終了でした。


プロ対局だけだと若干短いので通常の三麻段位戦の検討もします。

180614a.jpg

南をポンして8索を切りました。
トップ目と9,000点離れた2着目ということを考えるなら、
6筒7筒と落としてホンイツの満貫を狙う人もいると思いますが、
ジャンナビ三麻は南ドラ1の2翻でもツモれば2,000点オールになり、
さらに3本場も含めると5,000点オールという十分な点数になるので、
無理にホンイツを狙ってアガリ率を下げるよりは
目先のリャンメンテンパイを取るほうが得だと判断しました。
局の結果は満貫のツモアガリでした。


180614b.jpg

トップ目でのオーラス、3筒を引いて赤5索を切りました。
序盤~中盤であれば素点増やし目的での赤5索切りホンイツ狙いは悪くないと思いますが、
残りツモ1回でそれをやるのはほとんど意味がなく、
上家さんのダマ満貫に刺さった場合は目も当てられないことになるので、
1筒か2筒を切って流局を期待する一手でした。


180614c.jpg

上家さんの1人テンパイで流局して逃げ切りトップ終了でした。

人気ブログランキングへ

ドブネズミみたいに美しくなりたい系女子

第2305回「似ていると言われる動物は何ですか?」

佐藤さん靖子ちゃんって動物に例えると○○に似てるね!」なんて一度も言われたことがないので自分で考えてみたのですが、集団行動や共同作業が嫌いで他人とのコミュニケーションを取ることが苦手なことを考えると、野良猫に似ているかもしれません。自分で書いてて悲しくなってきました。ちなみにお兄ちゃんの知り合いに、面接で「自分を動物に例えると何ですか?」と聞かれて、「チワワです!」と答えた男の人がいるらしいのですが、私にはそんなスタイリッシュな回答はとてもできません。


今回も通常の三麻段位戦を打ちました。

・1戦目

180610a.jpg

ハネ満をツモって2着のまま終了でした。


・2戦目

180611a.jpg

特にミスったわけでもない手なりリーチのアガリですが、
80符2翻のアガリが珍しかったので記念にスクショしました。


180611b.jpg

ラス目でのオーラス、1筒をポンして3索を切りました。
アガればトップ終了なのでホンイツを狙う必要はないのですが、
索子のリャンメンターツを残して中の後付けに依存するよりは、
2筒か西からでも鳴いて行ける手組にしたほうが速度で勝ると判断しました。


180611c.jpg

親っパネをツモられて2着落ち終了でした。


・3戦目

180612a.jpg

1萬をポンして發を切りました。
東の後付け以外にも9索ポンでもチャンタテンパイになる仕掛けですが、
門前イーシャンテンを役なしテンパイにするのはさすがに微妙なので、
東以外の牌はすべてスルーしたほうがよかったです。
局の結果は満貫の横移動でした。


180612b.jpg

下家さんが切った赤5索を大明カンしました。
ラス前トップ目親番の終盤で、しかも既に親マンリャンメンテンパイとなると、
カンして無駄に場を荒らす必要はないと考える人もいると思いますが、
カンをしたからと言って極端にアガリ率が下がるわけではなく、
むしろ他家にカンドラが乗って攻めっ気が増すことで、
結果としてこちらのアガリにつながる可能性も十分にあるので、
親マンが親っパネにレベルアップするのなら強気にカンしたほうがいいと判断しました。
局の結果は全員テンパイで流局でした。


180612c.jpg

トップ目でのオーラス、9萬を引いてテンパイし、2索を切ってダマテンにしました。
役なしダマにするぐらいならとっとと即リーチをかけるという
シンプルな選択も個人的には嫌いではないですが、
3-6-8索引きでの中バック、中ポンの3-6索待ち、4索引きイーペーコー、5索引きリャンメンと、
悪くない変化がそれなりの枚数ある以上、
愚形カン7索と心中するよりはダマに構えるほうがトップ目としては無難だと判断しました。


180612d.jpg

6索を引いて8索切りリーチをかけました。
変則3面張なら文句ないだろうと反射的にリーチをかけてしまったのですが、
他家から3-6索が出た場合も三暗刻が付いてダマでアガれるので、
トップ目オーラスのこの場面でリーチをかける意味はほぼありませんでした。
局の結果は下家さんの親マンツモでした。


180612e.jpg

オーラス1本場は親っパネの横移動で2着落ち終了でした。


・4戦目

180613a.jpg

2索をツモ切りして下家さんに親マンを放銃しました。
下家さんは索子を余らせておらずテンパイかどうか怪しいので、
こちらがテンパイなら勝負してもいいかと思って2索を切ったのですが、
下家さんはこの終盤で發のトイツ落としをしており、
ホンイツのメンツオーバー形からチンイツに移行したと読めるので、
例え下家さんに索子が余っていなくても
2索を止めて3筒か4筒を抜いてベタオリするほうがよかったです。


180613b.jpg

7索を引いてテンパイし、8索を切って即リーチしました。
中盤過ぎのダマ満貫テンパイで一手変わり役満となるとダマに構えてもよさそうですが、
対面さんが回線切れでダマでもリーチでもアガリ率があまり変わらない状況になっているので、
リーチをかけて出アガリで最低ハネ満を確定させるほうがいいと判断しました。
局の結果はハネ満のツモアガリでした。


180613c.jpg

トップ目でのオーラス、8索を引いて5索を切りました。
これが四麻ならチーしてのリャンメンテンパイを考えて4索9索と切る選択もあるのですが、
チーができない三麻は素直に受け入れ最大の5索切りの一手だと思います。
2筒や8筒が入っての単騎テンパイでも、
牌の種類が少ない三麻ならノベタンや字牌単騎への変化も四麻より期待できます。


180613d.jpg

満貫をアガって逃げ切りトップ終了でした。

人気ブログランキングへ

凡人に必要なのは『挑戦する勇気』ではなく『挑戦しない勇気』

第2304回「この夏にこれだけはやっておきたいことは?」

結構考えましたが何も思い浮かばないです。今まで通りにアルバイト・ネット麻雀・筋トレをしているうちに、いつの間にか夏が終わっていた……という展開以外がまったく想像できません。どうも私は他の人と比べると、新しいことをしてみようというチャレンジ精神に欠けているみたいです。うちの兄ですら、学生時代にプロ連盟のプロテストを受けて合格したり、新卒で入った会社を1年で辞めて北海道から東京に出て雀荘メンバーをしたりと、チャレンジ精神だけは結構あるので、その点は尊敬すべきなのかもしれません。前者はとある理由で1年でプロを除名になり、後者も11ヶ月でメンバー業が嫌になって自主退職と、チャレンジの結果はどちらも残念な結果に終わっていますけども。


今回は通常の三麻段位戦を打ちました。

・1戦目

180607a.jpg

上家さんの親リーチ一発目、1索を引いて2筒を切りました。
ドラ6の完全イーシャンテンからオリるのは弱気な選択に見えますが、
既に12巡目で5-8筒が5枚見えとなると、
こちらが追いついてアガれる確率はかなり下がっているので、
ここで分の悪い勝負をするよりは次局に期待するほうがマシだと判断しました。
局の結果は上家さんの親っパネツモでした。


180607b.jpg

対面さんからリーチがかかっている状況で、赤5索を大明カンしました。
リーチ者がいる状況で大明カンをするのはちょっとアホっぽく見えますが、
ラス前のラス目で打点がハネ満から倍満に上がるのなら、
この局を勝負所とみなしてカンする一手だと思います。


180607c.jpg

最終的に白ドラ10というとても頭の悪そうな三倍満まで育ちましたが、
局の結果は対面さんのハネ満ツモでした。


180607d.jpg

ラス目でのオーラス1本場、2筒を引いてテンパイし、7筒を切って即リーチしました。
たぶん私は他の人に比べて良形ダマ親マンのダマ率が高いタイプなのですが、
オーラスそこそこのラス目でこの巡目なら、
さすがにリーチをかけて親っパネのアガリを期待するほうがいいと判断しました。
局の結果は私の1人テンパイで流局でした。


180607e.jpg

ラス目でのオーラス2本場、ダブ東をポンして4索を切りました。
ダブ東ドラ2で親マンが確定しているなら受け入れが多いほうがいいと考えての選択ですが、
親っパネテンパイだと積み棒と供託のおかげで
上家さんからの直撃かツモアガリで逆転トップ終了できるので、
5筒6筒を落としてホンイツを付けに行ったほうがよかったです。


180607f.jpg

1索をポンして9萬を切りました。
既にリャンメン2つのイーシャンテンから
シャンテン数が変わらない仕掛けをするのに抵抗がある人もいそうですが、
ポンすることで良形テンパイの受け入れ枚数が倍近くに増えるので、
終盤でツモ回数を1回でも減らしたくないという状況以外は鳴いたほうがいいと思います。


180607g.jpg

上家さんに満貫を放銃してラスのまま終了でした。


・2戦目

180608a.jpg

5筒を引いて3索を切りました。
パッと見では唯一のメンツをぶっ壊すあり得ない選択に見えますが、
この手がこのまま普通手になったとしてもせいぜい愚形3翻ぐらいにしかならないので、
ホンイツを狙うために5筒を残しつつトイトイ目やチートイ目を残す索子落としが
一番速度と打点のバランスが取れていると判断しました。
局の結果は下家さんにハネ満放銃でした。


180608b.jpg

ラス目でのオーラス、6索を引いて7索を切りました。
この点数状況では4筒切りダマからのうっかりツモアガリに何の意味もないので、
テンパイを外して変化を待つ一手です。
1索切りでタンヤオ効率を最大限にする選択もありますが、
それがはっきりと優位なのは6索を引いてテンパイしたときぐらいなので、
5索8索9索引きに備えて7索を切るほうがいいです。


180608c.jpg

2筒を引いてテンパイし、1索を切って即リーチしました。
ラス回避するには下家さんからの満貫直撃かツモ裏1のハネ満ツモ条件に見えますが、
ジャンナビ三麻での満貫ツモは2,000-4,000ではなく3,000-5,000なので、
満貫ツモだと親の下家さんとの13,000点差が縮まってきっちり同点2着になれます。
なのでこの手は赤やイーペーコーなどの変化を待たずにとっとと即リーチして、
上家さんからアタリ牌が出た場合のみ見逃す選択が正解になります。


180608d.jpg

満貫をツモって逆転2着終了でした。

人気ブログランキングへ

ラスって壁を殴った数だけ強くなれるよアスファルトに咲く花のように

第2303回「なおしたい癖や習慣は?」

ネット麻雀で酷いラスを引いたときに物に当たってしまうことですかね。キレたナイフのようだったJKの頃に比べればだいぶマシにはなったのですが、今でもマウスを布団に叩き付けたり空の段ボールを思いっきり蹴っ飛ばしたりしてしまうことがあります。自身の勝ちに対しても負けに対しても短期の結果として無関心でいられるデジタル雀士の理想形を目指してはいるのですが、なかなかその境地には達せないです。とは言えラスに対する怒りが単純な破壊衝動に直結してる現状ならまだしも、今後その怒りのベクトルが性的衝動に繋がってしまった場合は、「ラスを引くたびに兄に性行為を強要する妹」という超絶メンヘラ女子になってしまうので、今の段階はまだ健全と言えるかもしれません。


今回はジャンナビプロ対局の86戦目を打ちました。半荘戦です。

180601a.jpg

南を引いて2萬を切りました。
自風の南をポンすればドラ5テンパイに取れると考えての選択ですが、
テンパイ時に出て行く4萬は3副露している下家さんにかなり危険ですし、
運よく通ったとしても待ちが6枚見えの1-4索ではアガリが厳しいので、
場に1枚見えで単騎待ちにしか当たらない南をトイツで落としつつ
流局時テンパイを狙って行くほうがよかったと思います。
局の結果は上家さん以外の3人テンパイで流局でした。


180601b.jpg

中をポンして1筒を切りました。
トップ目であることも考慮すると、
このぐらいバラバラの手なら中はスルーして守備的に構えてもよさそうですが、
ここでスルーしてアガリ率を下げると、
その分だけ2着目親番である下家さんのアガリ率が上がってしまうので、
とりあえず役だけ確定させて自力での親流しを狙ってみました。
とは言え他家に早いリーチを打たれたときはだいぶどうしようもなくなってしまうので、
リスキーな選択であることは間違いないです。


180601c.jpg

上家さんが切った5萬をスルーしました。
鳴けばもちろんシャンテン数は進みますが、
鳴いたところで雀頭がない愚形安手ではただただ苦しいだけなので、
スルーしてツモ牌で少しでもマシな形になることを祈るほうがいいです。
仮に鳴いた中の刻子が暗刻だったらこんな5萬は当然スルーするわけで、
1つ鳴いた後でも門前の感覚で打つのがバラ手からの仕掛けのコツだと思います。


180601d.jpg

2軒リーチのダブル一発目、6筒を引いて8筒を切りました。
この点数状況で下位陣の2軒リーチならテンパイからでも強引にオリたいところなのですが、
片方にだけ通る唯一の現物ですら赤5萬しかないというどうしようもない状況なので、
テンパイなら打ってもしょうがないと言い訳をしつつ8筒を切るしかありません。


180601e.jpg

満貫の横移動で対面さんが飛び、逃げ切りトップ終了でした。


プロ対局の検討があっさり終わったので通常の三麻段位戦も打ちます。

・1戦目

180605a.jpg

5索を引いてテンパイし、7筒を切ってダマテンにしました。
手広いイーシャンテンなので3索を切って良形テンパイを模索する手もありますが、
筒子にくっついてのテンパイだと筒子染め気配の対面さんと色がかぶってやや微妙なので、
それなら愚形テンパイに取って索子の変化を重視するほうがいいと判断しました。
局の結果は6,000点の出アガリでした。


180605b.jpg

オーラスは対面さんに字一色をツモられてラス落ち終了でした。


・2戦目

180606a.jpg

2軒リーチがかかっている状況で、1萬をツモ切りました。
4筒を切ってインパチ追いかけリーチをかけたいところなのですが、
索子待ちがなさそうな対面さんに両無スジ4筒の放銃率は5割ぐらいはありそうですし、
かと言って字牌のトイツ落としの回し打ちもこんな終盤ではそこそこ危険なので、
横移動期待でベタオリするのが一番無難だと判断しました。
局の結果は満貫の横移動でした。


180606b.jpg

2着目でのオーラス、ドラ1索を引いて5索を切りました。
残り1枚の7筒とドラ1索はポンしにくいからと7筒を切る人もいそうですが、
チーできない三麻ではポンテンが取れるかどうかでスピードに大差がつくので、
アガリトップである以上は多少鳴きにくいトイツだろうと索子のリャンカンを切る一手です。

また、9索を切れば4索引きでのリャンメン変化がありますが、
一種しかない良形変化を考慮するよりも
即テンパイ時の待ちの強さを重視して5索を切るほうがいいです。


180606c.jpg

下家さんに3,000-4,000をツモられて2着のまま終了でした。

人気ブログランキングへ

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
ネット麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビ四麻:七段
ジャンナビ三麻:七段
天鳳四麻:七段
天鳳三麻:四段

ジャンナビのプロ対局は土曜の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いします。

次回プロ対局募集予定日:未定

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (58)
ジャンナビ(四麻) (86)
ジャンナビ(プロ対局) (87)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
犬漫画 (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん