ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

Powered By 画RSS

記憶のない青年「……あれが僕……西園寺靖子と……僕と……どっちが西園寺靖子……」

第2270回「最近驚いたことは?」

Kindle版を無料でダウンロードして初めて読んだ江戸川乱歩『悪魔の紋章』の後半の展開ですね。前半は単なるオカルト小説かよと思いながら惰性で読んでいたのですが、後半の事件の解明までの流れはマジすげえってなりました。おそらく推理小説ヲタの人なら古典的かつありがちな展開だと言うんでしょうけど、私は江戸川乱歩はおろか推理小説自体まったくと言っていいほど読んだことがなかったので、かなりのカルチャーショックを受けました。そして今度は夢野久作『ドグラ・マグラ』をダウンロードして読み始めたのですが、431ページというボリュームな上に、難解かつ回りくどい表現のおかげで、ダウンロードから1ヶ月経った今も読み終えられていません。身も心も麻雀打ちになってしまった私は、もう昔の頃のような文学少女には戻れないのかもしれません。


今回はジャンナビプロ対局の76戦目を打ちました。半荘戦です。

171104a.jpg

引いて来た8索をそのままツモ切り、下家さんにチーされました。
4-7筒引きの受け入れ増加やドラ1索重なりに備えて6筒を残しておきたかったのですが、
索子染め気配で2副露している下家さんに8索を鳴かれてしまうと索子も字牌も切れなくなってしまい、
後の展開がかなり厳しいことになってしまいそうなので、
8索はこちらがテンパイするまで絞る心積もりで6筒を先に切ったほうが良かったと思います。


171104b.jpg

期待通りにドラ1索が重なったものの、下家さんに対して2索が切れず、
かと言っても役牌を仕掛けている2者に通っていない6筒もこの巡目では切りにくいので、
渋々9萬を抜いて実質オリの構えを取りました。


171104c.jpg

しかしその後は鬼のように牌が重なって行き、
最終ツモで3筒が重なってチートイテンパイになったので8筒を勝負しました。
幸い放銃ではなく上家さんのポンで済み、
全員テンパイの流局で親番を維持することができました。


171104d.jpg

3索を引いてテンパイし、2索を切って即リーチしました。
6筒を引けば一通になるとか、ドラ4筒引きで打点が上がるとか、
直前に7筒が切られて待ちが弱くなっているとかはすべてノイズです。
変化の少ない親のドラ1愚形は機械的に即リーチです。
ダマで数巡様子を見ようという謎の文化は1,990年代までで終わっています。


171104e.jpg

次のツモが透けて見える能力者であれば、
1巡ぐらい様子を見てあげても良かったですね( ˙-˙ )


171104f.jpg

ハイテイで7筒をツモって4,000点オールのアガリでした。


171104g.jpg

6萬を引いて5萬を切りました。
手なりで打つなら完全イーシャンテンに取る6筒切りですが、
筒子ホンイツ気配の上家さんが9筒を溢れさせているので、
この巡目でトップ目から6筒を切るのは暴牌です。
かと言って保留の6萬切りも、対面さんや下家さんに普通に刺さり得るので、
テンパイを取れればラッキーぐらいの気持ちで対面さんの5萬切りに合わせ打ちました。


171104h.jpg

3索を引いて6筒を切りました。
6萬がフリテンのシャンポン待ちではほぼアガリは望めないですが、
上家さんと下家さんへの危険牌の4筒を押してまで場に2枚見えのカン5筒待ちにする価値はないので、
上家さんの6筒に合わせ打っての実質形テンに構えて、
ヤバい牌を引いたら8萬を切ってベタオリするのが無難だと判断しました。


171104i.jpg

フリテンの6萬をツモって1,000点オールのアガリでした。


171104j.jpg

南をポンして7索を切りました。
持ち点に余裕があり鳴きにくいトイツが多いので、通常はスルーしてチートイツを狙うのですが、
今回は上家さんの回線が切れていて鳴き手なら実質2回ツモ番があるようなものなので、
チートイの守備力を捨ててでもトイトイのアガリやすさを優先したほうがよいと判断しました。


171104k.jpg

南を鳴いた時点では影も形もなかったドラ北を何故かポンできて、
トイトイドラ3で親マンの出アガリになりました。


171104l.jpg

下家さんからリーチがかかっている状況で、5筒を引いて1萬を切りました。
下家さんからの直撃で飛ばし終了できるので5筒押しがそこまで悪手とは思いませんが、
ここでラス目への放銃というリスクを負ってまでゲームを終わらせに行かずとも、
放銃さえ避けていればよっぽどのことがない限り自然にトップを取れそうなので、
もっと安全にアガれそうな局が来るまでは守備に徹するほうがよいと判断しました。


171104m.jpg

6萬を引いて1索を切りました。
これが平場なら親連荘狙いで中スジの5筒を切って形テンに取るのですが、
ここまで点差が付いた親なら、現物の連打によるベタオリで
徹底した放銃回避と次局の親っかぶり回避をしたほうがよいと判断しました。
局の結果は下家さんの1人テンパイで流局でした。


171104n.jpg

最後は対面さんの満貫アガリで下家さんが飛び、逃げ切りトップ終了でした。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

人付き合いは苦手なのに対人ゲームは好きという面倒な習性

第2269回「最近のマイブームは?」

バックギャモンというボードゲームを最近始めました。麻雀界隈から消えたくなったときに備えて別のゲームを覚えておこうと前々から考えていまして、世界規模で見ればプレイヤー人口がすさまじく多く、運と実力のバランスが麻雀と似ているバックギャモンを選択しました。最初は将棋を本格的に覚えようかと思っていたのですが、年齢的にも性別的にも今から始めてガチ勢になるのは無理だろうと思って諦めました。バックギャモンは日本人女性で世界チャンピオンになった人もいるぐらいなので、男女による実力差を考える必要はなさそうです。数年後、謎のアラサー眼鏡っ娘が30代半ばのオッサン(兄)を引き連れてバックギャモンの大会に出没し始めたらそれは私かもしれません。


今回も通常の三麻段位戦を打ちました。

・1戦目

171103a.jpg

6筒を引いて9筒を切りました。
24579筒引きでの良形テンパイならドラ表示牌の赤5索を勝負する気にもなりますが、
9筒1枚見えの6筒9筒シャンポン待ちで
親マンが確定している対面さんに喧嘩を売るのはさすがに無謀だと判断しました。
とは言え完全にベタオリする1索暗刻落としは巡目的にちょっと見切りが早いと思うので、
比較的通りそうな9筒トイツ落としで赤5索くっつきのテンパイ復活を狙うほうが良さそうです。


171103b.jpg

6筒を引いて赤5索を切りました。
「ああっ!2巡前に赤5索を切っていれば6索でツモアガっていた!」と考えてしまうのは人間なら仕方ないことですが、
「アガリ逃しはナガレが悪い!この局はもうオリよう」という結論に至ってしまうとそれは完全に間違いです。
さっきはシャンポンだから勝負しなかったけど、今度は4面張で十分アガれそうだから勝負しても良さそうという
シンプルな押し引き判断をすればそれで十分で、ナガレという謎の概念が入り込む余地はないです。


171103c.jpg

9索を引いて1索を切りました。
一つ上の画像では4面張なら勝負しても良さそうとは言いましたが、
さらに西を鳴いてテンパイがほぼ確実の対面さんの最終手出しが7索となると、
ここで通っていない9索を切るとそれなりの確率で放銃してしまうので、
2着目かつ安手テンパイ、巡目が中盤過ぎという状況も加味して
このあたりでベタオリを選択するのがベターだと思います。
局の結果は対面さんの1人テンパイで流局でした。


171103d.jpg

6筒を引いて2筒を切りました。
対面さんの中スジの4索を切れば満貫テンパイにはなりますが、
対面さんのリーチ宣言牌7索は357索からの7索切りが想定できて4索が通常のスジよりも危険になっており、
4索が通ったところでこちらは片割れが枯れた5筒シャンポンというアガリ目の薄い愚形テンパイなので、
テンパイだからと無理に勝負せず現物の2筒切ったほうがよいと判断しました。


171103e.jpg

7筒を引いてテンパイし、4索を切って追いかけリーチしました。
先ほどのシャンポンと違って今度は立派なリャンメンなので4索を切って勝負する価値は十分あるのですが、
巡目が深い現物待ちピンフドラ3テンパイとなると、
リーチ棒の損失や上家さんからの出アガリを考えてダマに構えたほうが良かったです。
局の結果は対面さんの7,000点オールツモでした。


171103f.jpg

9索を引いて7索を切りました。
2枚ある赤5索受けを失うのは惜しいですが、
あと3枚あるドラ9筒受けのほうが大事なのでこうするしかないです。
どちらの受けも残したいからと言ってリャンメン固定で8筒や6索を切るのは、
単純に受け入れ枚数が減る上に三暗刻の可能性もなくなるので論外です。


171103g.jpg

9筒を引いてテンパイし、8筒を切ってダマテンにしました。
場況のいいリャンメン待ちなので反射的にリーチをかけたくなりますが、
50符3翻の7,000点は平場だとしてもダマが悪くないですし、
まして今回はトップ目と大差かつ4本場で4,000点も付くので、尚のことダマ優位だと思います。


171103h.jpg

局の結果は上家さんから11,000点(7,000点+4本場)の出アガリでした。
上家さんを飛ばして2着確定終了の可能性を考えるとリーチも悪手ではないと思いますが、
トップを十分狙えるならまだしも2着を取るためだけに回避可能なリスクを負うのは微妙なので、
やはりダマが無難だと思います。


171103i.jpg

倍満の横移動で上家さんが飛び、私は2着のまま終了でした。


・2戦目

171105a.jpg

上家さんのリーチ一発目、中を引いて西を切りました。
場に1枚見えで安全度の高い西トイツを落として様子を見る選択でしたが、
こんな安手のバラバラ手では様子を見るも何もあったものじゃないので、
わずかでも放銃率のある西よりは現物の3索切りのほうが良かったです。
次巡以降も安全度の高い牌を順番に切ってベタオリするだけですが、
3索切りだと4トイツが残るので展開次第ではチートイツになる可能性もないわけではないです。
局の結果は対面さんの7,000点オールツモでした。


171105b.jpg

1筒を引いて3索を切りました。
ドラ5のイーシャンテンなので攻めたい気持ちはもちろんあるのですが、
シャンテン維持のための1筒切りか3筒切りは筒子の染め手の対面さんに危険で、
赤5索切りか8索切りは北3枚抜きリーチの上家さんに危険なので、
残り巡目も考慮して唯一の現物の3索を切って気合いでオリたほうがよいと判断しました。
局の結果は24,000点の横移動でした。


171105c.jpg

赤5索を引いてドラ9索を切りました。
正直に言ってしまうとこのときは索子の形をよく理解していなくて、
とりあえず親のドラ9索に合わせればいいかと安易に切ったのですが、
3索を切っても同じリャンメン受けが残り、受け入れ枚数もほとんど変わらないので、
打点まで考えるなら3索切りのほうが明らかに勝っていました。


171105d.jpg

6筒を引いてドラ9索を切りました。
6筒が上家さんに切りにくいからテンパイするまで切らないという考えは別にいいのですが、
それならイーペーコー目が残ってドラ9索も手に残る3索切りの一手でした。
上家さんは2巡連続でツモ切りしているので、対面さんが2巡前に切った3索は通ります。
局の結果はハネ満の出アガリでした。


171105e.jpg

トップ目でのオーラス、2索を引いてテンパイし、東を切って即リーチしました。
良形変化は8種(1245筒1245索)あるので手変わり待ちダマでもいいのですが、
筒子の変化は待ちの枚数的に現状の字牌単騎待ちとアガリやすさで大差ないので、
4面待ちになる4種の索子変化のためだけにダマにするぐらいなら
即リーチで勝負を決めに行くほうがよいと判断しました。


171105f.jpg

10,000点を出アガって逃げ切りトップ終了でした。

人気ブログランキングへ

辛さは味覚ではなく痛覚なので、辛い物好きはただのマゾヒスト

第2267回「辛い物はお好きですか?」

カレーライスは辛口派、牛丼には七味を軽くかけるで、辛い物が嫌いなわけではないですが、そこまで日々の食生活で積極的に辛い物を選んでいるわけでもないので、ちょうど人並みぐらいだと思います。しかし、衝動的に激辛ペヤングや蒙古タンメン中本のカップ麺を購入し、つらい思いをして食べて、更に翌日にお手洗いで地獄を見るという愚行は年に3~4回ぐらいやらかします。とは言え、これは単に苦痛寄りの刺激がたまに欲しくなるという私のM的な性癖が悪いのであって、辛い物が好きというのとはまた別物な気もします。11月6日からコンビニで先行販売される『ペヤングもっともっと激辛MAXやきそば』も、これアカンやつやろ……と思いつつも、好奇心に負けて買ってしまうと思います。


今回は通常の三麻段位戦を打ちました。

・1戦目

171016a.jpg

4筒を引いてテンパイし、2筒を切って即リーチしました。
ダマ6,000点でリーチでの打点上昇効率が低く、
2着目とも僅差なので堅実にダマでアガリを狙っても悪くはないのですが、
この巡目の端牌含みシャンポンをリーチしないのは
2着率は多少上がってもトップ率を大きく下げてしまいかねないので、
とっとと即リーチしてしまうほうがよいと思います。
局の結果は満貫の出アガリでした。


171016b.jpg

南入後のオーラスは、親マンを出アガって逃げ切りトップ終了でした。


・2戦目

171017a.jpg

2着目でのオーラス、安めでも倍満の逆転手をテンパイしましたが、
4,000点の横移動で2着のまま終了でした。


・3戦目

171101a.jpg

8索を引いて9筒を切りました。
シンプルに一番受け入れが広くなる選択をしたのですが、
どこが入ってもリーチのみ愚形になる手牌で最速テンパイを求めてもしょうがないので、
2筒切りで一通目を残すほうが良かったです。


171101b.jpg

6筒を引いてテンパイし、8筒を切ってダマテンにしました。
役なしなので当然出てもアガれませんが、こんな1枚使いのペン3筒リーチのみでは、
運良くアガれても旨みはあまりなく、他家に追いかけられたら死を覚悟するしかなくなるので、
他家の攻撃にいつでもオリられるようにダマに構えたほうがよいと思います。
ちなみに前巡に2筒を切っていた場合はここで4筒を切ってスジ待ちペン7筒待ちになるので、
それなら私は即リーチしていたと思います。
局の結果は下家さんの1人テンパイで流局でした。


171101c.jpg

發をポンして2筒を切りました。
牌理だけで考えるなら1索か2索を切って4ブロック形にするのですが、
今回は索子だけでも4ブロックがあって自然にホンイツ發ドラの親マン狙いに移行できるので、
2筒切りで一応1-4筒受けを残しつつも展開次第で筒子を全部払って行く手組みにするのがよいと判断しました。
局の結果は私の満貫放銃でした。


171101d.jpg

2着目でのオーラスは、ダマで4,000点を出アガって逆転トップ終了でした。


・4戦目

171102a.jpg

引いて来た8索をそのままツモ切りました。
打点は十分なのでドラ4索切りで7索受けを残す選択もありますが、
まだ巡目に余裕があることから、
索子中ぶくれ4種のくっつきで親っパネ以上のリャンメンテンパイを狙うほうがよいと判断しました。


171102b.jpg

4筒を引いてテンパイし、ドラ4索を切って即リーチしました。
索子中ぶくれの変化を待つのはあくまでもイーシャンテンまでの話なので、
筒子を引いてテンパイした以上は難しく考えず即リーチの一手です。
直前に対面さんに9萬を切られて枚数自体は1枚減ったものの、
9萬トイツ持たれの可能性がなくなったとポジティブに考えれば問題ないです。
局の結果は7,000点オールのツモアガリでした。


171102c.jpg

メンホンチートイのドラ9索単騎をダマにしていたところに7索を引き、8索を切ってリーチをかけました。
8索切りダマでもメンホンチャンタイーペーコードラ2で親倍なのですが、
この待ちならリーチでもダマでもアガリ率はあまり変わらない可能性が高いので、
それなら親三倍満を目指してリーチをかけたほうが得じゃないかという判断です。


171102d.jpg

高めの白が出たので裏が1枚乗れば三倍満でゲーム終了でしたが、
そこまで上手くは行かず親倍の出アガリでした。


171102e.jpg

2着目とも53,000点差ならもう大丈夫だろうと思っていたら、
5巡目にホンイツ白中ドラ4の倍満に放銃しました。
3本場込みで19,000点なので一気に38,000点も差が縮まりました。
こういう大味な展開も三麻の醍醐味ではありますが、
できれば自分の放銃で醍醐味を味わいたくはなかったです。


171102f.jpg

北を引いて1筒を切りました。
北は手牌に2枚までならほぼどんなときでも1巡目で全部抜いてしまうのですが、
そこそこのトップ目で北が3枚集まってしまった以上は、
打点よりも速度重視で1メンツとして使ったほうがよいと思います。


171102g.jpg

下家さんの親リーチ一発目、6筒を引いて北を抜きました。
こちらはメンホンドラ3テンパイなので通常なら6筒ツモ切りで勝負するのですが、
ここまで点差が付いた親と真っ向勝負するのは勇敢ではなくただ調子に乗っているだけなので、
甘い牌は一切切らずに流局を期待するほうがよいと思います。


171102h.jpg

北を3枚全部抜いたら何故かテンパイが復活しました。
次に無スジを引いたら結局中抜きしてオリることになるのですが、
その前にツモアガれば倍満で大トップ終了です。


171102i.jpg

メンタンピン一発ドラ4の倍満横移動で、59,000点持ちなのに2着で終了でした( ˙-˙ )

人気ブログランキングへ

なーにーが「トリックオアトリート」だこの野郎、ブチ殺すぞ……

第2266回「蚊に刺されやすいですか?」

刺されやすいほうだと思います。梅雨、夏場は当然として、10月半ばまで安定して蚊に刺されていました。序盤、中盤、終盤、隙が無いです。今回のテーマのリンク先を見ると、体温が高い人や飲酒した人が蚊に刺されやすいとのことですが、どちらも私に当てはまっているので仕方ないのかもしれません。対抗策として虫よけスプレーやかゆみ止めなどを購入する選択もあるのですが、蚊ごときに私の大事なお金を使うのは嫌なので自分で買ったことは一度もないです。私はくすぐりには弱いですがかゆみには強いので、多少蚊に刺されても大して気になりません。


今回はジャンナビプロ対局の75戦目を打ちました。半荘戦です。

171018a.jpg

9萬を引いて4萬を切りました。
手なりで打つなら受け入れ最大のドラ1萬切りなのですが、
ここでドラを鳴かれてしまうとこちらのリーチのみシャンテンでは無スジを押しにくくなってしまい、
かと言って5索を合わせ打って苦しいイーシャンテンにするほど場は煮詰まっていないように見えるので、
これらの中間に位置する4萬切りでペンチャンとリャンメンのドラ1イーシャンテンに構えるのがよいと判断しました。
局の結果は2,000点の横移動でした。


171018b.jpg

3萬を引いて3筒を切りました。
ドラ3をすべて使い切りたくてメンツオーバーの形に構えたのですが、
次にどこが埋まってもリャンメンを切るか赤ドラトイツを切るかのターツ選択で遊び牌ができてしまい、
牌効率的に考えてやや微妙なので、
5索切りでテンパイ時に赤5索が出て行っても仕方なしのリャンメン重視の選択か、
8索切りでロスのない5ブロックを意識するバランス重視の選択をするほうが良かったです。


171018c.jpg

8筒を引いて7萬を切りました。
場況抜きなら8筒切りで余剰牌のないイーシャンテンに構えるのですが、
今回は9萬が3枚見えで6-9萬受けがあまり強くなく、
門前でテンパイした場合に5筒シャンポンも6-9筒待ちもプチ迷彩ができていて出アガリが期待できるので、
萬子リャンメンを払って行くほうが実戦的だと判断しました。
局の結果は上家さんの1,000点オールツモでした。


171018d.jpg

南をポンして5索を切りました。
良形含みイーシャンテンと愚形リャンシャンテンでは速さが段違いなので、
これが中盤なら南ポンで西を切りますが、
1巡目となるとさすがに巡目に余裕がありすぎるので、
速度をだいぶ落としてでもホンイツで満貫を狙いに行ったほうがよいと思います。


171018e.jpg

ドラ6萬を引いて西を切りました。
場に1枚見えの西も待ちとして魅力的ですが、
高めでハネ満になる打点的メリットと残り巡目の多さによる自力ツモの可能性を考えると、
6-9萬ノベタンのほうがだいぶ優位だと思います。
局の結果はハネ満の出アガリでした。


171018f.jpg

7萬を引いて6萬を切りました。
絶対にタンヤオにはならない手牌なので、
くっついたときに強い筒子の中ぶくれを残しつつイーシャンテンに受けたのですが、
この巡目であれば9索切りでリャンシャンテンに戻して萬子と筒子の中ぶくれをどちらも抱え、
最低でもメンピンドラ2、あわよくばイーペーコーや567三色を付けての決定打を目指したほうが良かったと思います。


171018g.jpg

6索を引いて9索を切りました。
ドラ2あるので7筒切りで即リーチをかける選択もあるのですが、
中ぶくれと4連形の三色含みイーシャンテンになるならさすがにテンパイ取らずのほうが良さそうです。
引いたのが6索ではなく3索なら変化が弱いので即リーチ一択だと思います。


171018h.jpg

2索を引いてテンパイし、7筒を切ってリーチしました。
カン8索で即リーチしなかったのにこの待ちでリーチをかけるのはふらついた手順に見えますが、
一つ上の画像と比べて筒子の中ぶくれが明らかに弱くなっており、
さらに2索を引いたことでこれをツモ切りしても
索子変化の一番の魅力である3面張テンパイがどちらもフリテンになってしまうので、
ここでしつこく良形テンパイを狙うのは微妙だと判断しました。
局の結果は上家さんの満貫ツモでした。


171018i.jpg

南場は特に悩ましい局面がないまま進み、
2着目でのオーラスで下家さんにアガられて3着落ち終了でした。

人気ブログランキングへ

何切るを書いたテストの裏 紙ヒコーキ作って兄になげるよ

第2264回「飛行機では窓側?通路側?」

窓側のほうがいいです。日本国内の飛行時間なら一度もトイレで席を立つこともないので、それなら窓の向こうの雲を眺めながら片肘ついてたそがれていられるほうがいいです。とは言いつつも、飛行機に乗ったのは人生で数回しかなく、最後に乗ったのも7年前に北海道から上京してきたときなので、どっちがいいかを語れるほどの経験値はないです。もちろん国外に行ったこともないです。ポーカーで強くなっていつか海外のカジノでお金を稼ぐという夢があった時期もありましたが、冷静に考えたら私は別にギャンブルが好きじゃないし性格的にも向いていないという衝撃の事実に気付いたので、おそらく一度も日本から出ないまま人生を終えます。


今回も通常の三麻段位戦を打ちました。

・1戦目

171014a.jpg

7索を引いて8筒を切りました。
通常なら何も考えず發を切る手牌ですが、
今回は下家さんが切った7筒にラグがかかっていて
7筒は多くてあと1枚しか山にないのがわかっていたので、
薄い7筒を引いたときしかリーチをかけないイーシャンテンを維持するよりは
2シャンテンに戻したほうがよいと判断しました。


171014b.jpg

4筒を引いてテンパイし、南を切ってダマテンにしました。
もう少し巡目が早ければダマ親マンだろうと強気にリーチをかけるのですが、
11巡目ともなると他家にオリられてもツモれば問題ないと思えるほどツモ回数が残っていないので、
親マンの加点なら十分だと考えてダマにするのが無難だと思います。
局の結果は北をもう1枚抜いて親ッパネのツモアガリでした。


171014c.jpg

トップ目でのオーラス、3筒を引いてテンパイし、1索を切ってダマテンにしました。
対面さんが見えているだけで7翻あり、ここに刺さると大量リードが一瞬で消えてしまうので、
本来なら放銃回避のためにベタオリしなければいけない局面なのですが、
見事に安牌ゼロで何を切っても刺さる可能性があります。
それなら素直にテンパイに取って、自力アガリで終了を狙うほうがよいと判断しました。
とは言え後々安牌が2枚ぐらいできたら無理せずオリたいので、
リーチはせずに白の片アガリで我慢するのが無難だと思います。


171014d.jpg

満貫をツモって74,000点の大トップ終了でした。


・2戦目

171015a.jpg

8筒を引いて1筒を切りました。
5索を切ればテンパイで、4筒のカンが入っているペン3筒は悪くない待ちではあるのですが、
表ドラかつ赤の5索は仕掛けを入れている2者のどちらにも通っておらず、
これが通ったとしてもこちらは愚形2翻のテンパイではいまいち割に合わないので、
比較的安全そうな1筒2筒を切り出して赤ドラ5索へのくっつきを狙うほうがよいと判断しました。


171015b.jpg

狙い通り赤ドラ5索にくっつけて満貫テンパイになりましたが、
局の結果は下家さんの満貫ツモでした。


171015c.jpg

6索を引いて9索を切りました。
この手にドラも赤もなければ3索切りで一通を狙おうかと考える気にもなりますが、
既にドラ2あってピンフが付けば親マンが確定する手牌である以上、
牌効率通り索子の中ぶくれ形を残してリャンメン受け入れを最大に構えるのがよいと思います。
局の結果は親マンの出アガリでした。


171015d.jpg

1筒を引いて8筒を切りました。
少し前までの私なら親のドラ1テンパイなら十分だと考えて即リーチしていた気がしますが、
それだとジャンナビ三麻の大半を占めるフルゼンツ系雀士に押し返されて痛い目に遭うことが多々あるので、
多少テンパイ巡目を遅らせても良形テンパイ率を上げるほうが成績が安定すると最近思うようになりました。


171015e.jpg

引いて来た1索をそのままツモ切りました。
6筒を残しても嬉しい受け入れは5筒だけなので、1索を残して一通を狙う手もあるのですが、
一通になる2索か9索の引きは、1索がなくても7索が残っていればメンピンドラ1テンパイになるので、
それならまだ6筒を残すほうが即リーチ効率的には優位という判断です。


171015f.jpg

赤5筒を引いてテンパイし、親マンのツモアガリになりました。


171015g.jpg

トップ目でのオーラス、2着目の親からダブリーがかかって吐きそうになりましたが、
倍満の横移動で逃げ切りトップ終了でした。

人気ブログランキングへ

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビ四麻:六段
ジャンナビ三麻:六段
天鳳四麻:六段

ジャンナビのプロ対局は日曜の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いします。

次回プロ対局募集予定日:11月26日(日)

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (49)
ジャンナビ(四麻) (72)
ジャンナビ(プロ対局) (76)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん