FC2ブログ

ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀ブログ

「コミュ障はオフ会に行ってはいけない」それがコミュ障の兄の最期の言葉だった。

第2320回「オフ会に行ったことがありますか?」

私はコミュ障が病的レベルなのでオフ会の類は一度も行ったことがないですが、私よりはコミュ障が若干マシな兄は何回か行ったことがあるみたいです。兄が北海道での仕事を辞めて関東に上京し、オフ会で最初に会った有名ブロガーは近代麻雀漫画生活のいのけんさんで、綺麗な牌の切り方を見て、「はぁー、内地(※道民の本州の呼び方)の人は麻雀の打ち方がなまら綺麗だべさー」と衝撃を受けたらしいです。ちなみに兄が2回目に参加したオフ会はこれで、当時としてはなかなか濃いメンツのオフ会だったみたいですが、この頃の兄は麻雀ウェ○カムでの勤務で心身ともにボロボロになっていて、記憶があまりないみたいです。


今回は通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

180909a.jpg

下家さんに500‐1,000をツモられてラスのまま終了でした。


・2戦目

180910a.jpg

3着目でのオーラス、1筒を引いてドラ白を切りました。
1筒を残すことで2筒のテンパイ受け入れが増えるので
ドラを切るならここしかないと思って切ったのですが……、


180910d.jpg

結果的にはドラ白を3枚河に並べる羽目になりました。
ドラ白を3枚引いたのは言うまでもなくたまたまなのですが、
ドラ白を使わないとこの手牌は大体リーチのみにしかならず、
運よくそれをアガれたとしても3着目で変わらず、
全員30,000点以下で南入するだけなので、
1つ上の画像の段階で1筒をツモ切り、2筒の受け入れをなくしてでも
ドラ白が重なる可能性をギリギリまで残す選択肢はあり得ました。


180910c.jpg

上家のCPUの1人テンパイで流局し、私は3着のまま終了でした。


・3戦目

180911a.jpg

対面さんが切った東をスルーしました。
一応ターツの数は揃っているので鳴いてもそこまで悪手ではないと思いますが、
雀頭候補がなく愚形だらけで打点もあまり期待できないとなると、
東を鳴いて手を進めても他家に先制リーチをかけられて苦しい展開になりそうなので、
スルーして安牌候補を2枚確保するほうがマシだと判断しました。


180911b.jpg

上家さんが切った2枚目の東をポンして2索を切りました。
守備を考えてスルーして東を雀頭として使う選択もあるのですが、
ここで最後の東を鳴かないとアガリ率が大幅に落ちてしまうので、
放銃を絶対に避けなければならない局面以外は鳴いたほうがいいと判断しました。


180911c.jpg

対面さんから親リーチがかかっている状況で、4索を引いて6索を切りました。
こちらも役ありテンパイなので字牌やスジ、
さらにリーチ前の外スジぐらいまでなら勝負して行く予定でしたが、
さすがに両無スジ4索を切るのは無謀だと判断してベタオリを選択しました。
局の結果は上家さんと対面さんの2人テンパイで流局でした。


180911d.jpg

2着目でのオーラス、3萬を引いてテンパイし、8萬を切って即リーチしました。
ツモアガっても裏が乗らなければトップに届かず、
上家さん以外からの出アガリだと裏が1枚乗ってもトップに届かない苦しいテンパイですが、
8萬切りダマで手変わりを待ったところで嬉しい手変わりは4筒3索7索の3種だけで、
運よくそれらを引いたところで結局ツモ条件や裏条件は残ってしまいます。
それにこちらが役なしダマでグダグダしていたら、
その間に下家さんに逆転手を作られかねないので、
とっとと即リーチして2着確定アガリを本線にしつつ、
ツモ裏1か赤5索ツモの逆転トップをほんのちょっぴり期待するほうがいいと判断しました。


180911e.jpg

2,600点の出アガリで2着のまま終了でした。


・4戦目

180912a.jpg

4枚見えの5-8萬と0枚見えのペン3索の比較なら、
場に萬子が安くなっている分前者のほうが強いかと思い1索をツモ切ったのですが、
直前に上家のCPUに5枚目の5-8萬を切られたのを完全に見落としていました。
ペン3索のほうが見た目の待ち枚数で勝る上に、
4索や7索引きからリャンメン変化を望めないこともないので、
6萬7萬を落としていったほうがよかったです。
局の結果は5,200点の横移動でした。


180912b.jpg

南入後のオーラス、ドラ9筒を引いてテンパイし、5萬を切ってダマテンにしました。
この巡目の西単騎ならリーチでもダマでもアガリ率に差はないので、
リーチをかけて満貫やハネ満を狙いに行く選択肢もあるのですが、
私がリーチ棒を出すことで上家と対面のCPUの30,000点越え終了の条件が
3,900点出アガリに下がってしまうので、
リーチでもダマでもアガリ率が変わらないのなら
他家の終了条件を緩和させないダマのほうがいいという判断です。


180912c.jpg

6,400点の出アガリで逃げ切りトップ終了でした。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

フェスキュー草が揺れた。兄の心も揺れた。西園寺靖子、25歳と6か月。

第2319回「あなたのバスタイム事情は?」

バイトに出かける30分前にシャワーを浴びて身体を洗っています。逆に言うと休みの日はシャワーを浴びないということになりますが、休みの日の私は滅多に外に出ることはなく、加齢臭漂い始める頃合いのオッサンイーシャンテンの兄としか人との触れ合いがないのでおそらく問題ありません。また、湯船にお湯を入れての入浴は週に1回です。最近は湯船に浸かりながらブックオフで買った『風の大地』を読むのがマイブームです。この漫画に出て来る河内俊一郎というキャラは、ゴルフ漫画界どころかすべての漫画においてナンバーワンのウザキャラと言っても過言ではないと個人的には思っているので、漫画を読んで心からイライラしてみたいという人がいたら是非読んでみてください。


今回はジャンナビプロ対局の91戦目を打ちました。半荘戦です。

180907a.jpg

対面さんから親リーチ、下家さんにドラ3の2副露が入っている状況で、
8筒を引いてテンパイし、ドラ1萬を切ってダマテンにしました。
対面さんにドラ1萬が当たる場合はシャンポンか単騎だけなので、
放銃すると最低7,700点からという残念すぎる結末になりますが、
こちらもテンパイなら放銃率的に考えてこれぐらいええやろという感覚で切りました。
6萬単騎でめくり合いに勝てるとも思えないので、
後々オリる選択肢を残すためのダマテンです。

ただ、逆にドラ1萬単騎にした場合は打点的には十分な勝負手になるので、
いっそのこと6萬切りリーチをかけて2軒リーチのスジであるドラ1萬の出アガリを
期待する攻撃的な選択のほうが有力だったかもしれません。


180907b.jpg

7索を引いて3筒を切りました。
親リーとドラ3仕掛けに対して7索はスジになってはいますが、
7索が場に1枚も見えていないとなるとカンチャン以外にシャンポンの可能性も出て来るので、
3,200点愚形テンパイでは押せないと判断してオリました。
ここで7索をツモ切りたいならそもそもドラ1萬単騎で追いかけてなきゃダメという話です。
局の結果は3,900点の横移動でした。


180907c.jpg

ドラ5索を引いて7索を切りました。
1索切りも7索切りも受け入れ枚数にほとんど差はありませんが、
7索切りは2索引きテンパイ時にリャンメンに受けるとドラ5索が出て行ってしまうので、
すべての受け入れでドラ5索を無理なく使ってリーチを打てる1索切りのほうがよかったです。
局の結果は5,200点の出アガリでした。


180907d.jpg

發をポンして5萬を切りました。
状況が特になければ4萬を切ってトイトイ変化を見る選択も有力ですが、
今回はトップ目と33,700点も離された2着目という点数状況で、
逆転トップを目指すよりは2着維持が現実的な目標になるので、
待ち枚数が一番多い3-6萬待ちに受けてアガリ率を重視するほうがいいと判断しました。
局の結果は2,000点の出アガリでした。


180907e.jpg

6索を引いてテンパイし、9萬を切ってダマテンにしました。
打点上昇効率を考えると9萬切り即リーチ一択なのですが、
トップと30,000点以上離れている点数状況を考えると、
リーチによる打点上昇のメリットよりも、3着目かラス目に追いつかれたときに
リーチで無防備な状態になっているデメリットのほうが大きいと判断してダマにしました。


180907f.jpg

2萬2筒シャンポンならカン6萬テンパイよりアガリ率が高くなったはずなので、
これならまあイケるだろうと判断してリーチをかけましたが、
456カンチャンと28シャンポンのアガリ率にそこまで大きな差はないと思うので、
カン6萬をダマにしていた以上、リャンメン変化以外はダマテン維持が無難だった気もします。
局の結果は満貫のツモアガリでした。


180907g.jpg

7筒を引いてテンパイし、赤5萬を切って即リーチしました。
まずリーチかダマかの選択ですが、トップと20,000点以上離れた点数状況で
ダマ2,900点をアガってもしょうもなさすぎるのでリーチの一手です。

次にアタリ牌が出たときに見逃しを入れるかどうかですが、
3着目ラス目とはそこそこ離れた点数状況でもあるので、
ここで2着確定アガリをするのは
ちょっともったいないと考えてできるだけ見逃しも入れます。

具体的には、下家さんからのアタリ牌はすべて見逃し、
上家さんからは一発目だけ見逃し、それ以降はアガります。
上家さんからの出アガリ裏1は飛ばし2着終了になりますが、
そこまで気にして見逃していたらキリがないので堂々とアガりましょう。

ツモアガリの場合も一発ツモは裏1で逆転トップなのでそれに賭けてアガり、
二発目以降は裏が乗らなければ続行なのでこちらもまたアガります。
裏1の4,000点オールの場合も飛ばし2着終了になってしまいますが、
それを気にするならそもそもリーチするなという話になるので気にしてはいけません。

……と、ここまで長々と見逃しについて書きましたが、
ここまで面倒なことを考えるぐらいなら、
いっそのことテンパイ取らずの2萬切りで
タンヤオ三色ドラ2を狙いに行くという選択もありだったかもしれません。


180907h.jpg

結果論ではありますが、前巡に2萬を切っていれば
ここでタンピン赤赤高め三色の最高形でリーチを打てていました。


180907i.jpg

2着終了も覚悟のリーチでしたが、
局の結果は対面さんから親マン(裏ドラ6索)の出アガリでした。


180907j.jpg

2着目でのオーラス、3索をツモ切りました。
手なりで打つならオタ風の東切りになりますが、
それだと南のみやリーチのみの手になる可能性がそこそこ高く、
1,400点差のトップ目対面さんに対して直撃条件やツモ条件になってしまうので、
それよりはホンイツを狙って最低2翻を確保し、
どこから出てもトップになるようにしたほうがいいという判断です。


180907k.jpg

おそらくこれがこの半荘で一番のミスで、カン3筒をチーして南を切りました。
5-8筒待ちのチンイツテンパイだと勘違いしたのですが、
よく見るまでもなく7筒単騎の超愚形待ちです。
アガリトップで打点が全く関係ない状況なので、
チーして7筒を切り、リーチ者の現物である南単騎に受ける一手でした。


180907l.jpg

すさまじい結果論ではありますが、南を切って7筒を残したことで、
南単騎待ちより待ち枚数が2倍あるカン5筒に受け変えることができました。


180907m.jpg

そりゃカン5筒より南単騎のほうがいいに決まっていますよねわかります。


180907n.jpg

上家さんが1,300-2,600をツモり、私は2着のまま終了でした。

人気ブログランキングへ

鍵垢で他人の悪口を書きたくなるほど他人との関わりがないので鍵垢は作らない

第2318回「鍵につけているもの」

何もつけていません。鍵はおろか自分の身体にも装飾品の類いをつけたいという気持ちが湧き上がることがないので、そういう点に関しての私の女子力は限りなくゼロです。指輪よりもメリケンサックにロマンを感じる系女子です。また、キーホルダーをつけることで紛失防止の効果が多少あるのでしょうが、私の場合は外出で家のドアに鍵をかけた直後にその鍵を財布の中に入れるようにしているので、財布をなくさない限り鍵もなくしようがありません。逆に言えば、財布をなくした場合は同時に家の鍵もなくなって実質この世の終わりみたいな状況になりますが、そこは目をつぶります。


今回も通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

180906a.jpg

7筒をポンして東を切りました。
5-8索が出てもアガれない役なしテンパイですが、
この巡目では運よく門前テンパイしてもリーチをかけにくいので、
それなら堂々と形テン狙いでテンパイ料を拾いに行く一手です。


180906b.jpg

下家さんのリーチ一発目、8索をチーして9筒を切りました。
鳴いても安手フリテンなので苦しいことに変わりはないのですが、
一応役なしが役ありに変化し、下家さんの一発を消し、
ツモ番を放棄することで危険牌を掴む確率を減らすという、
地味ながら一石三鳥ぐらいのメリットがあるので鳴きの一手です。


180906c.jpg

8萬を引いて7筒を切りました。
こちらもテンパイとは言え、さすがに1,000点のフリテンで
リーチに通っていない8萬を切るのはちょっと苦しいので、
素直に現物の7筒を切って撤退しました。
局の結果は満貫の横移動でした。


180906d.jpg

対面さんのリーチ一発目に8筒をツモ切りました。
愚形1,000点テンパイでリーチ一発目に無スジ勝負はしたくないのですが、
現物ゼロでどれを切っても放銃の可能性がある以上、
通りそうな牌がある程度増えるまでは
テンパイを維持してゼンツするほうがマシだと判断しました。
局の結果は1,000点の出アガリでした。


180906e.jpg

オーラスは1,300点の横移動で2着のまま終了でした。


・2戦目

180908a.jpg

上家さんのリーチ一発目、6萬を切って追いかけリーチしました。
最終盤かつ6萬が上家さんに相当危ないという厳しい状況ではあるのですが、
東パツ親の役なしドラ3リャンメンテンパイで勝負しない選択肢はほぼ存在しないので、
機械的にぶん曲げてどんな結果でも受け入れる心の準備をするしかありません。
局の結果は親マンの出アガリでした。


180908b.jpg

赤5筒を引いてテンパイし、2萬を切って即リーチしました。
トップ目のカンチャンテンパイでドラポン相手に無防備になりたくはないのですが、
ツモって2,600点オール、出アガリ裏1で9,600点となると打点的には立派な勝負手なので、
張っているかどうかわからないドラポン相手なら
トップ目でも積極的に勝負して行ったほうがいいと判断しました。
ちなみに入ったのが赤5筒ではなく普通の5筒の場合は勝負手とは言えなくなってくるので、
トップ目ということを考えると後々オリに回れるようにダマに構えるのが無難だと思います。
局の結果は上家さんの300-500ツモでした。


180908c.jpg

南を引いて5萬を切りました。
赤5萬引きテンパイの可能性を考えると残しておきたい5萬ではありますが、
片割れの1索が2枚切れの上に、
ピンフも一通も崩れる受け入れを残すメリットもあまり大きくないので、
場に2枚見えの南を残すほうが攻守のバランスで優れていると判断しました。


180908d.jpg

1萬をチーして南を切りました。
状況関係なくこれを鳴くのはさすがにちょっと腰が軽すぎますが、
ラス前のトップ目で、2着目が親番という状況を加味するなら、
これを鳴いて局流しに行かないのはヌルいと判断しました。
局の結果は親マンの横移動でした。


180908e.jpg

2着目でのオーラス、6萬をチーして6筒を切りました。
シャンテン数が変わらず門前を放棄する鳴きなので
場況抜きならまず鳴かないほうがいいのですが、
今回は満貫ツモでもトップを逆転しないオーラスなので、
白バックか白のポンテンを取れる手組にして
最速の2,000点で2着確定アガリを狙うほうがいいと判断しました。


180908f.jpg

3,900点の横移動で2着のまま終了でした。

人気ブログランキングへ

はみがきじょうずかなクチュクチュシュワシュワしあげはおにいちゃん

第2317回「1日に何回歯を磨きますか?」

起きた直後と寝る直前の2回です。ランチの後にも歯磨きをするほうが女子としての意識が高い気もしますが、そもそも私が起きる時間が昼過ぎなのでランチという概念が存在していません。残念系女子です。また、1日2回の歯磨きの時間にほぼ必ずするのが、

hyoudou.jpg

天鳳三麻の東南戦です。四麻の東南戦だと長すぎて歯磨きの終了タイミングと全然合わず、四麻の東風戦は制限時間の短さで歯磨きしてる余裕がなくなるので、私の中で三麻が一番ちょうどいいという結論になりました。このやり方だと起きた直後と寝る直前の2回三麻を打つことになるので、1日が三麻で始まり1日が三麻で終わる三麻人生です。


今回は通常の東風段位戦を打ちました。

・1戦目

180902a.jpg

満貫の横移動で逃げ切りトップ終了でした。


・2戦目

180903a.jpg

2着目でのオーラス、8筒をチーして2索を切りました。
トップを目指すなら門前で出アガリ5,200点か1,000-2,000ツモを狙うところなのですが、
下位2名との点差があまりなく、下手に長引くと面倒なことになりかねないので、
チーして2,000点の2着確定アガリで妥協するほうがいいと判断しました。


180903b.jpg

7萬をチーして5萬を切りました。
後付け見え見えの下品な仕掛けは清楚系雀士の私としてはあまり好まないのですが、
今回は着順的に中を止めてる余裕がなさそうな人が2人いるオーラスなので、
多少あからさまでもテンパイに取っておいたほうがいいと判断しました。
局の結果は対面さんからの2,000点出アガリで南入しました。


180903c.jpg

南入後のオーラスは、対面さんにハネ満(裏ドラ6萬)をツモられて2着のまま終了でした。


・3戦目

180904a.jpg

2索と5索の比較で特に深く考えず外側の2索をツモ切ったのですが、
1巡目に8索を切っているならどちらを切っても河の強さには影響がなく、
1索引きによる純チャンの可能性も考えるなら5索切りの一手でした。
局の結果は上家さん以外の3人テンパイで流局でした。


180904b.jpg

7萬を引いてテンパイし、7索を切って即リーチしました。
筒子ホンイツテンパイ濃厚な上家さんに対して
トップ目で無防備なリーチをかけるのは守備面で不安が残りますが、
東2局の役なしドラ2リャンメンテンパイをダマにして
アガリを逃すのはさすがにヌルすぎるので、
ここでトップを決めに行くつもりで即リーチするしかないと思います。
局の結果は上家さんに満貫放銃でした。


180904c.jpg

上家さんから親リーチがかかっている状況で、7索を切ってダマテンにしました。
安めメンピンの4枚見えリャンメンで親リーチに追いかけるのは微妙かと思ってのダマでしたが、
高めメンタンピンの裏1満貫なら十分な勝負手なので、
ラス前3着目のここは追いかけリーチで親と真っ向勝負したほうがよかったと思います。


180904d.jpg

結果的にはダマテンにしたことで赤5索引きの3面待ち追いかけリーチを打てましたが、
局の結果は下家さんに3,900点の放銃でした。


180904e.jpg

オーラスは上家さんに1,000-2,000をツモられてラスのまま終了でした。


・4戦目

180905a.jpg

上家さんが切った3索をスルーしました。
チーして6索切りでイーシャンテンに受ける選択も悪くはないと思いますが、
ただのカンチャンならまだしもリャンカンなら自力で引くことも結構あるので、
この程度の牌ならまだ鳴かずに門前テンパイへの色気を出していいと判断しました。
中盤を過ぎるとまた話は変わりますが、現状で鳴く牌は6筒と赤5索だけでいいと思います。
局の結果は対面さんの300-500ツモでした。


180905b.jpg

3着目でのオーラス、8萬を引いて8筒を切りました。
8萬の重なりはクイタン移行に必要なので、
一番鳴きにくそうなドラ受けカンチャンを嫌ったのですが、
打点も速度も微妙なこの手牌でドラ引きの裏目は致命傷になるので、
メンツ崩しの9萬切りでクイタン受け入れを最大にしたほうがよかったと思います。


180905c.jpg

2筒をポンして3筒を切りました。
見ての通りの役なし仕掛けですが、
門前で粘っても1-4索が5枚見えでは速度で勝てそうもないので、
せめて流局時のノーテン罰符で上家さんに捲くられないように
形テンを必死に目指すのが現状でできる数少ない抵抗だと判断しました。


180905d.jpg

2,000点の横移動で3着のまま終了でした。

人気ブログランキングへ

手首に1円玉を貼ると車酔いしにくくなるとかいうオカルトシステム

第2316回「乗り物酔いしますか?」

今は人並み程度に平気になりましたが、小学校低学年の頃はかなりひどかった記憶があります。田舎育ちだったので電車が通っておらずバスか父親の車で移動することが多かったのですが、どちらも数10分もすると具合が悪くなっていました。何なら子供の頃に乗り物酔いで嘔吐した回数のほうが、大人になってから飲み過ぎで嘔吐した回数よりも多いと思います。そんな少女時代を過ごしたので車やバスは今もあまり好きではなく、休みの日は家に引きこもってパソコンの前から動かない立派なインドアガチ勢女子になりました。


今回はジャンナビプロ対局の90戦目を打ちました。半荘戦です。

180810a.jpg

上家さんのリーチ一発目、7萬を引いて6筒を切りました。
現物なしの完全イーシャンテンなので自己都合で7萬をツモ切る選択もあるのですが、
こちらが3,900点以上のテンパイになる見込みがあるならまだしも、
現状だとどうあがいても1,000~1,300点の手なので、
中スジの6筒を切って様子見するほうがマシだと判断しました。
ちなみにここで7萬をツモ切ると上家さんの満貫と対面さんの親マンのダブロンで
綺麗に死ぬ羽目になっていたので危ないところでした。
局の結果は5,200点の横移動でした。


180810b.jpg

9萬を引いてドラ發を切りました。
孤立数牌がないのでシンプルに浮いている字牌を切ったのですが、
愚形だらけの役なしドラなしリャンシャンテンで最速テンパイを求めてもしょうがないので、
6筒あたりを切ってドラ發を手牌に留めておくほうがよかったと思います。


180810c.jpg

下家さんのリーチ一発目、2索を引いて8筒を切りました。
自分のツモ番が来る前に「7萬が現物だけど手が進んだら8筒ぐらいは押そう」と考えていて、
索子がリャンカンになる2索を確認した瞬間、反射的に8筒を切ってしまいました。
受け入れ枚数はほとんど変わらないので、
放銃リスクのある8筒より現物の2索をツモ切る一手でした。
局の結果は親マンの横移動でした。


180810d.jpg

対面さんのリーチ一発目、2索をチーして2筒を切りました。
愚形1,000点テンパイで危険牌を切ってめくり合うのはできれば避けたいのですが、
スルーしてオリたとしても現物が4索1枚しかなく数巡後の手詰まりが目に見えているので、
それならこちらもテンパイに取ってめくり合ったほうがいくらかマシという判断です。

また、6筒切りのスジ待ち3筒のほうが通った後のアガリ率は高そうですが、
両無スジである6筒の放銃率や赤5筒による打点上昇を考慮するなら
2筒切りのカン5筒待ちのほうが若干優位ではないかと考えました。


180810e.jpg

対面さんに続いて下家さんからもリーチがかかった状況で、
4萬を引いて8萬を切りました。
共通安牌がないなら4萬をツモ切ってテンパイを維持する選択肢もあるのですが、
いくら何でも愚形1,000点で2軒リーチの無スジ4萬を切るのは厳しすぎるので、
片方の現物かつトイツ持ちの8萬を切って2巡凌ぐほうがいいと判断しました。
局の結果は下家さんの1,000-2,000ツモでした。


180810f.jpg

7索をツモ切りしました。
リャンメンテンパイのなりやすさで考えるなら7筒か8索を切るのがセオリーですが、
今回は5-8筒も6-9索も4枚見えであまり魅力的な受けとは思えないので、
ポンテンの取りやすさやツモり三暗刻を見て7索を切ったほうがいいと判断しました。
局の結果は上家さんと対面さんの2人テンパイで流局でした。


180810g.jpg

ハネ満の横移動で下家さんが飛び、私は2着で終了でした。


これだけだとやや短いので通常の東風段位戦の検討もします。

180901a.jpg

3萬を引いてテンパイし、6萬を切って即リーチしました。
5筒単騎はアガリやすさとしては最悪の部類ですが、
12巡目はもう単騎待ちの振り替えを待てる巡目ではなく、
高打点テンパイという意味ではこの手牌の最終形とも言えるので、
即リーチで他家を押さえつけてツモアガリを狙うほうがいいと判断しました。
局の結果は上家さんに3,900点の放銃でした。


180901b.jpg

ラス目でのオーラス親番、3索をツモ切りしました。
タンヤオ移行の1索切りだと678の三色が狙いにくくなるので
1索を雀頭にする気持ちで3索を切ったのですが、
既にそこそこ価値が高い5ブロック候補が揃っているこの手牌では
5678索の4連形を残すメリットがそこまで大きくないので、
5索切りで113索の形で構えて2索の受け入れを残したほうがよかったです。


180901c.jpg

2,000点の横移動でラスのまま終了でした。

人気ブログランキングへ

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

西園寺靖子

Author:西園寺靖子
  
ネット麻雀とお兄ちゃんとチューハイが大好きなごく普通の女子です。6歳年上のお兄ちゃんと東京で同棲しています。ネット麻雀の天鳳とジャンナビで遊んでおり、現在のブログはジャンナビでの牌譜検討がメインです。

ジャンナビ四麻:七段
ジャンナビ三麻:七段
天鳳四麻:七段
天鳳三麻:五段

ジャンナビのプロ対局は木曜と日曜の20時頃に不定期で募集しているので、興味のある方はお手合わせお願いします。

次回プロ対局募集予定日:未定

西園寺本

hyousiyasuko2.jpg
ブラコン女子大生の最短で強くなる麻雀

最新記事

カテゴリ

このブログについて (2)
ジャンナビ(三麻) (58)
ジャンナビ(四麻) (94)
ジャンナビ(プロ対局) (91)
ヤスコ-鳳南に降り立ったJK- (173)
鳳凰卓 (202)
特上卓 (9)
雀荘戦 (74)
技能戦 (3)
牌譜検討 (12)
イベント (4)
兄妹会話 (47)
麻雀家庭教師 (12)
日記 (26)
ゲスト (10)
西園寺本 (4)
麻雀本 (2)
近代麻雀 (79)
MJ (1)
雀龍門 (8)
日本麻雀ブログ大賞 (6)
スレまとめ (1)
犬漫画 (1)
未分類 (0)

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん